中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

ラーメン

なにわのブレードランナー





採集地 大阪

ラーメン構造





採集地 大阪

アンディー・ウォーホル





採集地 東京

ラーメン・グランプリ








採集地 東京

まるたかや 謎の赤割

まるたかや牛島本店赤割と串









中華そば冬の旅の最終日、富山県立近代美術館を午前中見学し、昼飯は富山駅の外れにある、まるたかや牛島本店でラーメン。この店魚津にも支店があって、最初旅の最終目的地魚津で食べるつもりだったのだが、前夜にジャズバー「ジェリコの戦い」で、富山の本店のほうが旨いと聞かされ予定変更したのだ。

日曜昼時のまるたかやは人気店らしく、小さな店内は客でいっぱい。カウンターのみの席の一角にもぐりこんだ。事前に調べた情報では、ラーメンのほかにおでんも出していて、豚バラを煮た「串」というメニューが名物だという。そのほか「赤割」という赤ワインと焼酎で作る謎のドリンクがあるというのでトライしてみた。「ワインを3割で」と指定すると、店のおばちゃんは「はい、7・3ね」と返した。通はそう注文するらしい。

甘辛の味噌をかけた豚の串は意外にあっさり味。酒のつまみにはいい。赤割の「赤」とは赤玉ポートワインのようなものらしく、7割が焼酎でもかなり甘みを感じる。

個性的なサイドメニューに対して、中華そばはシンプルな鶏がらスープが旨いなかなかの味。麺は細めだ。しかし、スープを飲みすすめるうちに、やはり結構しょっぱさを感じてくる。富山ブラックの常識を超えたしょっぱさとは別次元だが、けっしてあっさり薄口のスープではない。富山人は、しょっぱいラーメンが好みなのだろうか。

カウンターに置いてあったカリカリの「脂カス」を入れてみると、スープを吸ってぷにゅぷにゅになり、尾道ラーメン系の背脂が楽しめる。脂カスとニンニクを加えると、ややしょっぱめのスープの口当たりがバランスよくなった。

富山にこんな個性派のラーメン店が多いとは、今回の旅ではじめて知った。麺類というのはご当地の個性が強く発揮されるジャンルのように思う。

さぬきうどん
豚骨ラーメン
ちゃんぽん・皿うどん
味噌煮込みうどん
沖縄そば

地元の人が日常食として食べる麺類に、極端な個性が表れるのは、それらが主食ではないためもあるかもしれない、などと考える。食生活に欠かすことはできないけれど、メインではないというポジションに、嗜好品的な性格が出てくるのだろう。

マイナーな富山ラーメンも、全国区になる日が来るかもしれない。富山ブラックはひっそりしていてほしいが。身体に悪いから。


まるたかやHP

富山の黒いラーメン 大喜駅前店

富山ブラックこの日飲んだ居酒屋「親爺」でも「あら川」でも、このラーメンのことは話題になった。そしてジャズバー「ジェリコの戦い」のマスターの語るその魔力にひきつけられ、我々は「富山ブラック」を食わずにはいられなくなってしまったのだ。

「何年かに一度、無性に食べたくなるんですよね。でも食べるとやっぱりやめときゃよかった、って後悔するんです。すごく身体に悪そうだけど、癖になりますね」

その夜は土曜日。日曜定休の「大喜」というラーメン屋にいくなら今日しかない。ジェリコのマスターに場所を教えてもらい、大喜駅前店に10時の閉店のしばらく前、乗り込んだ。

メニューには中華そばの小・大・特大の3種のみ。富山の人はこれにライスをつけて、ラーメンをおかずとして食べるそうなのだが、すでに腹がふくれている我々は、中華そばの小のみにしておいた。

やってきた中華そばは、「富山ブラック」の異名の通り、真っ黒なスープ。たっぷりのチャーシューとメンマの上に粗切りのネギ。ブラックペッパーがふんだんにかかっている。太めの麺も、メンマもスープがしみ込んで黒く染まっている。

まずスープをすすったとたん「しょっぱい」感が押し寄せる。秋田の人がしょっつるなど塩辛いものを好むというのは知っていたが、富山人もこんなしょっぱさが好みとは。ブラックペッパーも効いている。チャーシューはやわらかく、麺もコシがあり、メンマも悪くない。食べ進むうちに最初しょっぱさばかり感じたスープに、深いコクのある出汁の旨味があることがわかってきた。鶏がらベースのようだ。京都の新福菜館のスープを出汁、醤油ともに倍増したといった感じ。それにプラックペッパーがエッジを加える。

しかし、常識を超えたしょっぱさであるのは事実。思わずビールを注文した。スープはさすがに飲み干すことが出来なかった。しかし、昭和22年から続くという老舗。単なるゲテモノではない。富山に行く機会があったら、多分また食べに来てしまうだろう。今度はライスをつけて。



ホテルへの帰り道、シネマ食堂街という、よさげな小さな飲み屋の連なる路地裏を見つけた。なんとも懐かしい風景だが、いずれ再開発でなくなるのだろうな。ラーメンで満腹のため、後ろ髪をひかれつつホテルに戻った。

大喜駅前店シネマ食堂街

普段着の京都 新福菜館の中華そば

ラーメン京都からいよいよ帰りの新幹線に乗る前に、最後の旅めし。京都駅近くにあると友人べろ蔵から聞いた老舗「新福菜館」でラーメンを食べる。晩飯時で、ひとり客の男ばかり次々に入店してくる。仕事帰りの職人風や、まだこれから残業の様子のサラリーマン風など。

ビール中瓶を飲んでいると、じきに中華そばが出てきた。色の黒いスープに青ネギがたっぷり。支那竹とチャーシューも醤油色に染まっている。「竹入り中華そば」というのを頼んだので支那竹がたっぷり。かなりしょっぱそうに見えるのだが、スープを飲んでみると、鶏がらがベースの意外に普通の味。醤油の風味はあるが塩辛いということは無い。麺によく絡むスープだ。

京都で食事といえば、つい特別なものを特別な店でと構えてしまいがちだが、こうした普段着の食事もいいものだ。京都駅の大階段には大きなクリスマスツリーが飾りつけられ、輝いていた。

新福菜館新福菜館

桂花ラーメン末広店

太肉麺桂花ラーメン末広亭






最近はあちこちに行列のできるラーメン屋があるが、ラーメンに熱心でない私は、その手の店に食べに行ったことがない。しかし、学生時代からなじみの桂花ラーメンは、時々無性に食べたくなる。

私が学生の頃はまだ珍しかったトンコツ系の熊本ラーメンの店だ。最近はライブハウス、ピットインに行く機会があると、近くの末広店に食べに行く。寄席の末広亭の近くにあり、新宿駅前店に比べると混雑もなくゆったりできるのだ。

はじめて食べた頃は、白濁したコロイド状のスープが強烈だったのだが、最近はあの強い個性は感じられなくなってしまった。トンコツ自体あたりまえになってしまったし、昔ほどスープがこってりしていない気がする。それでも太肉麺(ターローメン)のとろとろに煮込まれた角煮は旨いし、固い麺にからみつくスープの特有の臭みには、たまに食べたくなる常習性がある。

桂花ラーメン

追記:小田原にブッダガヤというラーメン屋があって、小田原に住んでいた頃よく食べに行ったのを思い出した。ここの主人は桂花で修行した人で、昔の桂花にそっくりの濃厚なラーメンを食べられた。もう10年以上行ってないけれど健在なようだ。

ブッダガヤ
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ