中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

三鷹

そういえば9周年 中年とオブジェ








そういえば、今年9月でこのブログ「中年とオブジェ」9周年を迎えたのであった。毎年、9月23日という開設の日付でエントリを重ねていたのだが、今年はすっかり忘れていた。

ここのところ、美術展鑑賞や旅行がなかなかできない事情があるので、自分の写真アーカイブから画像を選んではタイトルをひねり出すという作業が中心になっているのだが、撮影した記憶も忘れていた画像に当時の心のひっかかりを蘇らせたり、改めて自分の撮った対象について調べてみたり。

今回の画像は友人宅の近く、三鷹にある跨線橋なのだが昭和4年に造られた歴史ある橋梁なのだと、撮影数年後にして知った。かの太宰治も渡ったという場所で、玉川上水もこの橋の近くなのである。

赤瀬川原平が、街の無用の長物的物件についての本、「超芸術トマソン」を出版したのは1985年。これが後に路上観察学会の生みの親のひとつとなった。その序文は次のようなフレーズで始まる。

東京に幽霊がでる。トマソンという幽霊である。

霊能者が幽霊を幻視するように都市の中に無意識の造形物を感受する能力は、一般に古ぼけた時間の堆積した場所で発揮されることが多いだろう。古い建造物の持つひずみやほころびは、人の無意識領域に作用する磁場を発生させる。

その磁場に引き寄せられるコンパスを、なるべく自在に無意識に働かせ路上を歩く。そんな散歩を続けていきたい。

2013年 私のお気に入り 建築




国立天文台三鷹(東京)
広大な敷地に点在する古ぼけた天体観測施設。その配列が天空に散在する孤独な星々の姿に重なって見えてくる、詩的な体験をした。廃墟感と、遠い昔のSF映画のような味わいが交錯し、我々が宇宙の片隅に在ることのもの悲しさに包まれる、宇宙の場末の建築群。




三鷹天命反転住宅(東京)荒川修作+マドリン・ギンズ
夕暮れ時から、夜の闇をキャンドルの灯りで照らすまでの移ろいゆく光を体験するワークショップに参加。過剰に色彩があふれていると感じた空間が、光の変化により繊細に多彩にその表情を変えていく様子を体験した。その造形も奇抜で個性的だが、色彩の持つ深みを再発見するイベントだった。ワインや軽食に、住人に招かれたような親密な時間が流れた。




目黒区総合庁舎(東京)村野藤吾
何度も訪問してきた建築だが、今年初めて目黒区美術館主催の建築ガイドツアーに参加。未見だった茶室の内部見学をはじめ、和室を中心としたコースで村野建築を日本建築の歴史の視点で読み解くレクチャーが興味深かった。




室蘭工場夜景(北海道)
室蘭の街の夜景スポットを巡るバスツアーに参加した。各所の展望台や、工場敷地などに特別に立ち入っての見学は、晩秋の澄んだ空気のなかに工業都市ならではの特異な景観を楽しめた。車窓から垣間見た室蘭市街の迷宮のようなさびれたアーケード、社宅街のほのかな灯りにも心惹かれ、いつかゆっくり再訪してみたい街だ。

私の街の北村西望







採集地 長崎 三鷹

国立天文台三鷹の小宇宙

広大な緑に覆われた敷地の中に点在する
古ぼけた天体観測施設の数々。

第一赤道儀室

太陽塔望遠鏡(アインシュタイン塔)

大赤道儀室

レプソルド子午儀室

ゴーチェ子午環

自動光電子午環

子午線標


天文の知識のない私には
詩の中に出てくる不思議な造語のように感じられる謎めいた名称の建物が
まるで星座の星が点々と連なるように散在している。

こうした建築物を、意味をはぎ取られたオブジェのように眺めていると
かつて旧産炭地で訳も分からずに炭鉱の産業遺産に心ひかれたときの
あの感覚を思い起こす。

炭鉱の廃墟と超芸術トマソンの関係が、この天文台にも結びついてくる。














ゴールデンウィークのさなかにも訪れる人まばらな
静かで緩やかな時間の流れる場所であった。

国立天文台三鷹
多くの文化財指定も受けている、遠い未来の思い出に浸るような世界だ。言い知れぬ宇宙の場末感。


三鷹天命反転住宅 キャンドルナイト











荒川修作マドリン・ギンズによる、三鷹の天命反転住宅。たてもの見学会をはじめとして数々のイベントがこのゴールデンウイークに行われています。夕暮れ時から夜までの2時間をこの集合住宅の一室で体験する「キャンドルナイト」というワークショップに参加してみました。

6時になり、部屋の中に案内されます。中央にキッチンカウンター。でこぼこ仕上げのフラットではない床が広がり黄色い球形の部屋、障子のあるオレンジの部屋、丸い畳と小石の敷かれたピンクの部屋、カプセルのようなシャワーブースとカーテンで仕切られただけのトイレなどが取りまいています。まずは夕闇の迫る部屋の陰影の変化を味わいながら、ワインと豆のポタージュ、ディップ、パンなどのおもてなし。自らが天命反転住宅の住人でもあるコーディネーターの榎本さんを囲み、知人の家に招かれたような気分です。

多数のガラス窓で光を取り入れるこの住宅では、日が暮れるにつれカラフルな色使いの内装は色調が変化して感じられ、開口部の色も夕空から淡い青そして濃紺へと移ろっていきます。ジェームス・タレル「光の館」に宿泊したときの体験を思い出しました。

そして、すっかり暗くなったところで無数のキャンドルをみんなで灯し、部屋のあちらこちらをその光で満たしていきます。太陽の光・部屋の照明器具・キャンドル。多彩な光で味わう空間と色彩。とても濃密で楽しい時間が流れていきました。

天命反転住宅は、こうして「体験」してこそ、その魅力に近づける気持ちがしました。興味のある方には、ワークショップへの参加、おすすめです。

記憶のドラマ 依田洋一朗展 三鷹市美術ギャラリー



1972年、画家である日本人の両親のもと香川県高松市に生まれた依田洋一朗は、生後3か月から現在に至るまでニューヨークに暮らす。そこでは私たちが想像する以上に古い建物が次々と破壊され失われており、重機の音が途切れる日はない。依田は自らの生まれ育った風景がそのように消えゆくことに反発し、描くという画家として唯一の方法で抵抗を見せる。

依田洋一朗展チラシより


三鷹市美術ギャラリーで開催中の「記憶のドラマ 依田洋一朗展」を観た。「40歳の画家が描くニューヨーク40年の追憶」というサブタイトルがつけられているとおり、幼少時よりニューヨークで人生を重ねている画家の、はじめての回顧展だ。
 

取り壊されていく古いホテル、劇場、ダイナーやバーカウンター。それらを背景に描かれる往年の映画スターやクールな面持ちの女たち。チャップリンフィリップ・マーロウグレン・ミラーハロルド・ロイドが幻影のように現れる。古き佳きアメリカ文化に憧憬を抱いた表現者は、日本にも数多い。アメリカ文化の影響抜きに、日本の戦後文化を形成した世代のことは語れないだろう。そんなリアルタイムでアメリカ文化を追いかけた日本の表現者と、40歳のニューヨーカー依田の表現は、表層的には近似しているが、そのあいだには世代の差異で語りえる以上の差異が横たわっているように思われる。

多くの日本人の表現者にとって、異文化としてのアメリカは実体をともなわないヴァーチャルな対象だ。スクリーンに投影される映画スター、レコード盤をとおして聴こえるJAZZ、写真集の中の摩天楼。


映像を学ぶためニューヨークに留学した大学時代の友人は、当時こんな葉書を私に送ってくれた。

ニューヨークはほんとにすごい街だ。でもその美しさは顕花植物のものではない。それは夜に見る隠花植物のように心をとらえるんだ。

この友人の心象は、私にまだ見ぬニューヨークの姿をイメージさせてくれた。依田の作品を前にして彼のことを思い出した。

40歳の依田洋一朗にとって、往年の映画スターは自身にとってのリアルではない。だが滅び行くクラシカルなホテルや劇場は、まぎれもなく幼少時からの実体としての記憶なのだ。その実体の記憶が彼に劇場が持つ濃密な空気を描かせ、不在の観客の息遣いを伝える赤い布張りの客席の椅子を描かせる。

彼の描く赤の色調の奥深い表現。スクリーンにモノクロの映画が投影され、一人の帽子の男が座っている客席の椅子の赤。グレン・ミラー・オーケストラの演奏で幻影のような男女が踊っているボールルームのレッドカーペット。そこには横尾忠則の赤い絵のような、デヴィッド・リンチのツインピークスの赤い部屋のような、心の病理をはらんだ赤の魔術が顔をのぞかせていた。

依田は、廃墟に立ち入った者が時に亡霊を幻視してしまうように、人の記憶が堆積したホテルや劇場という場に、もうこの世にいない映画俳優やJAZZの響き、観客のどよめきを感受する能力を持っているのであろう。それは、40歳のニューヨーカーという条件を前提にしてもなお、きわめて希少な感性を持つ作家の資質により獲得された能力である。

依田洋一朗の描く古き佳きアメリカは単なるノスタルジーではない。精神性とポップさの同居。奥底にのぞくアメリカの心の病理。日本ではまだ無名の画家だ。底が浅く感じられる作品もある。だが私の心をとらえる作家との、確かな出会いがあった。

※会期は10月21日(日)まで。三鷹市美術ギャラリーは午後8時まで開館しているので鑑賞のチャンスも多いと思います。点数も充実、見ごたえある大作も多数。お勧めします。
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ