中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

京都

昇龍図





採集地 京都

『孤独のグルメ』





採集地 京都(丹波マンガン記念館)

茶人用





採集地 京都(佳水園)

御所の細道







採集地 京都

黄色は注意!









採集地 尾道
     
     鞆の浦
     
     京都

丹波マンガン記念館再開







2009年5月31日に閉館した、京都の鉱山資料館「丹波マンガン記念館」。閉館の情報を知り直前のゴールデンウィークに駆け込んだ時の画像を紹介しよう。かつて現代美術家高嶺格はこの鉱山跡地に小屋を建て住み込み、焼き物を作り、真っ暗闇の坑道の中で体験するインスタレーション「在日の恋人」に取り組んだ。その製作過程は彼の著書「在日の恋人」に詳しい。在日韓国人である奥さんと高嶺の関係についても語られた一冊。

この本の中でも印象的だったマンガン記念館の館長・李さん一家が、手作りで手がけてきたこの観光坑道と資料館は、全国各地の鉱山資料館を巡ってきた私にとってもひときわ異彩を放つ存在だった。坑夫人形のマネキンたちの朽ち果てた姿には戦慄すら覚えたし、朝鮮人強制連行の資料を中心とした展示室の執着には目を見張るものがあった。






丹波マンガン記念館はその後曲折を経て、今年7月3日より再開館されたことを最近知った。毎週日曜開館、金土は予約制での見学となるそうである。私が訪れた2009年には、高嶺が過ごしたらしき小屋も残っていたのだが、今はどうなっているのやら。




丹波マンガン記念館公式ホームページはコチラ

2009年のその他の画像はflickrの丹波マンガン記念館set

「在日の恋人」を読んで書いた記事はコチラ

京都の居酒屋 神馬

神馬

かつての朱雀大路にあたる京都千本通りに面した蔵造りの古風な建物。数年前に初めて訪れ、是非再訪したいと思っていた居酒屋「神馬」(しんめ)である。ゴールデンウィークに京都の一夜を過ごした。

奥の深い店内には大きくコの字型にカウンターが回り、太鼓橋まである凝った内装。よく見ると壁一面の飾り棚には、数々の古ぼけた酒器が並んでいる。昭和9年創業のこの佇まいだけでも、稀にみる居心地のよさだ。

酒は大きな甕に灘の酒数種をブレンドして入れており、銅の燗付け器でお燗してくれる。灘の酒は男酒、伏見の酒は女酒というのだとか。そして、地元京都の料亭で修行したという若い三代目の料理がなんとも旨い。

充実のお通し

この日は希少なシャケ、時知らずの刺身や絶妙の火加減で香ばしくジューシーに焼かれた地鶏塩焼など楽しんだが、メバルと筍の煮付けにとどめを刺された。身がぷりぷりとはち切れそうな新鮮で大きなメバルと、筍・ゴボウなどの野菜がたっぷり盛られた大皿。甘辛目の煮汁に、思わず白い飯が欲しくなり注文。

飯についてきた漬物とちりめん山椒も只者ではなかった。自家製のちりめん山椒の鮮烈な芳香は、その日の朝、ホテルの朝粥セットで食べたちりめん山椒を、たちまちにして駄物に感じさせるほどだった。

神馬の難点を挙げるならば、一品のボリュームがありすぎて一人で飲むにはもてあましてしまう料理が多いということだろう。

前回は穴子寿司で締めたので、今回は最後に肉厚な鯖寿司を。高級食材から黒ホッピーまで。その品揃えは懐が深く、懐にあわせた飲み方のできる居酒屋だ。

京都市上京区千本通中立売上ル玉屋町38
営業17:00〜22:00 日曜休

東海道ぶらり旅

佳水園

4月25日から30日まで、京都を中心に東海道をぶらぶらしてきました。高速1000円乗り放題利用の車旅です。さいわい渋滞は一度もなし。車での長旅は久しぶりで、サービスエリアにスターバックスがあったり、コンビニがあったり、高速道路の様変わりに驚きました。さて今回の旅はカテゴリー別に振り返ってみます。

建築
佳水園(村野藤吾)
京都東山のウェスティン都ホテルの別館。建築に興味のない方にとっては普通の数奇屋建築に見えるかもしれませんが、平面構成のリズム・家具・建具・照明など、村野流のモダンなディテールにあふれた空間でした。夕食は部屋食で京懐石をいただき、ゆったりと過ごしました。

京都御所
申し込み不要の一般公開期間中と現地で知り、急遽見学。すごい人出でした。

京都国立近代美術館( 槇文彦)
今見ると、ちょっと野暮ったい。平安神宮の大鳥居の馬鹿でかさに負けてます。

豊田市美術館(谷口吉生)
いつ見ても、クールで美しい。

・豊田大橋、豊田スタジアム(黒川紀章)
有機的で過剰な造形の大橋と、巨大なスタジアム。バブリーです。

資生堂アートハウス(谷口吉生)
達人にも模索の時代があったのか。いまいちです。

アート
・ヤノベケンジ「ウルトラ展(豊田市美術館)
巨大な新作は、電磁波を発する強烈なエレクトリック作品。でも「キンダガルテン」のときほどの規模の個展ではなく、物足りなさも・・・

石田徹也展と静岡県ゆかりの画家(浜松市美術館)
石田徹也の展覧会ははじめてでしたが、原画ならではの感動はあまりなし。かなり大きな作品があることや、NHKでは放送しないだろうダークな作品もあることは発見でした。

・都築響一「着倒れ方丈記(京都国立近代美術館)
常設展の新コレクションとして特集展示。チープな狭いアパートに住み、ブランドもののファッションに人生を捧げる、「着倒れ」な人たちの部屋の写真がズラリ。あきれた人たちがいるものだ。「オブジェ倒れ」な私も笑えませんが。

丹波マンガン記念館

B級スポット
丹波マンガン記念館(京都)
今年5月31日で閉館する、鉱山観光スポット。苔むした坑夫マネキンの姿に感動。「在日の恋人」の高嶺格が住み込んだ小屋も発見。裏京都観光を堪能しました。

五色園(愛知県日進市)
広大な敷地にコンクリートの人形たちが散在する宗教テーマパーク。侘びさび系。

紫峰人形美術館(愛知県高浜市)
3万体の人形たちが繰り広げる、豪華絢爛な舞い踊り。言葉にできない物凄いパワースポット。

旅めし
神馬(京都)
西陣近くの蔵造りの居酒屋。雰囲気もお料理も最高です。再訪してますますファンになりました。

大甚本店(名古屋)
大衆酒場の王道を感じさせる老舗。なぜかシャネルの眼鏡をしたご主人が、いい味出してます。

・千代娘(豊橋)
タイムスリップしたような懐かしい店内。料理もいい。

あんかけ家(名古屋)
名古屋独特の食文化、「あんかけスパゲティー」を体験。B級だけどくせになる。

登喜和(京都)
丹波マンガン記念館からの帰り道、京北周山町で昼飯に立ちよった肉屋さん併設の食堂。何気なく喰った牛肉野菜炒め定食が驚きのうまさ。あとで知ったのだが、実は黒毛和牛のステーキ・すき焼きが格安で食べられる名物店だった。今は寂しいこの町が、かつては北山杉の産地として栄えたという。

ドライブイン藤田屋(知立)
昭和の雰囲気の街道沿いの食堂。安くて大盛り。名物お菓子「大あんまき」も旨い。

・すいのや(掛川)
掛川城の大手門横の駄菓子屋。静岡おでんを格安でおやつにいただく。黒はんぺんにじゃがいもが旨い。

スマート珈琲店(京都)
ご主人が毎朝焙煎するコーヒー。お土産にも買いました。

鈴木珈琲店(豊橋)
上質でシンプルなモーニングセットがよい。

ジャズ遍路
・ろくでなし(京都)
・ロジウラのマタハリ(名古屋)
・グッドベイト(知立)
・キーボード(豊田)
・グロッタ(豊橋)
・アドリブ(豊橋)

いつものごとく盛りだくさんな旅となりました。この中からいくつブログにアップできることやら。それにしても、我ながらダイナミックレンジの広い旅でした。(悪趣味とも)

明日から京都へ

明日から新緑の京都へ向かいます。

高嶺格の「在日の恋人」の舞台となった、丹波マンガン記念館が5月31日で閉館するのです。今まで全国各地の炭鉱・鉱山の資料館・テーマパークを旅してきましたが、丹波マンガン記念館は初訪問です。朝鮮人強制連行の歴史を前面に打ち出した資料館と、ボロボロに朽ちかけた坑夫マネキンがいい味を出しているという坑道見学。京都の山奥にひそむ見逃せないスポットです。

いつも旅の宿はチープなビジネスホテルなのですが、今回は村野藤吾設計の佳水園に1泊します。ウェスティン都ホテルの離れの数奇屋建築です。簡素な中に、村野のディテールへのこだわりが感じられるといいます。

京都では、蔵造りの老舗居酒屋「神馬」(しんめ)を再訪しようと思っています。喫茶店のモーニングも楽しみです。

神馬※2005年の年賀状で、神馬
を紹介しました。

若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会

鶏卵若冲の動植綵絵全30幅を観るため、京都の相国寺に行ってきた。ブルータスの若冲特集号でこの企画展を知ったときから心は決まっていた。今回の展示については、すでに優れたレポートをされている方がいるので、このブログでは、私と若冲についての思い出を書いてみよう。

最初の画像、無論若冲ではない。小田原に住んでいた20年近く前、古書店で見つけた、昭和のものと思われる鶏卵のポスターである。鶏と旭日の鮮やかさに惹かれ、手に入れた。

その後だいぶたってから、画集で若冲の描いた鶏をはじめてみた。その克明な描き込みに驚いたが、鶏卵のポスターのことを思い出し妙にポップな印象も受けたのを覚えている。鶏卵ポスターの名もなき作者も若冲を知っていたのだろうか。

鳥獣花木図屏風時は過ぎ、初めて若冲の作品を目にするときがやってきた。森美術館開館記念の「ハピネス」展である。プライス氏のコレクション、「鳥獣花木図屏風」が、数多くの現代美術作品とともに展示されていたのだ。このモダンさには驚いた。古典でありながらポップ。若冲の名を再認識した。

そして昨年の東博の「若冲と江戸絵画 プライス・コレクション」展を見に行ったのだが、「鳥獣花木図屏風」との再会はうれしかったが何か物足りない。そう、私はもっと鮮烈な鶏の絵が見たいのだ。そこで、すでに4期目を迎えていた宮内庁三の丸尚蔵館の「動植綵絵」展に出かけた。

そこで出会った「群鶏図」。まさに私が求めていた若冲がそこにあった。鮮烈で繊細で大胆でポップ。残る5期にももちろん出かけ、相国寺での若冲展を心待ちにした。

群魚図(蛸)いよいよ相国寺の若冲展がはじまった。会期2日目の月曜日、会場の相国寺承天閣美術館へ向かった。第一会場の鹿苑寺大書院障壁画をはじめとする作品もすばらしかった。全部若冲なのだ!そして長いプロローグを経ていよいよ第二会場へ。入り口に立ち、会場全体を見渡したとき、身体が震えそうになった。釈迦三尊像を中心に左右を取り巻いた動植綵絵。稠密な張り詰めた空気が、会場を包んでいる。

全体と細部の緊密なバランス。これが動植綵絵1幅づつにこめられた魅力なのだが、そのことは、30幅すべてが一堂に会したとき空間全体と、1幅づつの細部の緊密なバランスにそのまま置き換えられるのだ。慎重に推測され再現された動植綵絵の配列は、見事にひとつの世界を構成していた。

太陽系が銀河系のなかに存在し、その銀河系もまた宇宙全体の片隅に存在するように、蛸の足に絡まる子蛸という細部が群魚図のなかに存在し、群魚図が動植綵絵全体のなかに存在する。釈迦三尊という至高の存在と、花・虫・蛙・鶏・魚・蛸・・・、地上の万象が同時に存在する世界がそこにある。まるで宇宙全体の成り立ちの不思議さえ感じるような体験をした。

若冲の1枚1枚の絵の持つポップとも感じられる世界が、仏教の摂理の高みにまで昇華されるのだという解釈は、こうして釈迦三尊像と動植綵絵がすべて出会って初めてダイレクトに体感することができる。

鶏卵のポスターからはじまった(?)私の若冲体験も、今回ひとつの頂点を迎えたのである。

若冲展公式サイト

京都若冲ツアー

群鶏図京都若冲ツアー行ってきました。詳細レポートは、ゆっくりアップしていきますが、今回の若冲展、ほんとに凄いです。これほどの展覧会を体験できるチャンスは今後なかなかないでしょう。釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会、展示会場に足を踏み入れたとたん、体が震えるような光景が広がっていました。

6月3日(日)までです。

それでは旅のスケジュールの振り返りです。



5月12日(土)
東福寺 方丈庭園(重森三玲)
三十三間堂
京都国立博物館(片山東熊・谷口吉生)「藤原道長展」
赤垣屋(居酒屋紀行)
JAZZ IN ろくでなし(ジャズ・バー)
喫茶ソワレ

5月13日(日)
イノダコーヒ本店 朝食
大山崎山荘(安藤忠雄)「川上澄生展」
建仁寺(双龍図)
六波羅蜜寺(空也上人像)
新京極 スタンド(大衆食堂で昼ビー) 
進々堂(喫茶店)
東華菜館(川床で中華・レトロ建築) 
JAZZ IN ろくでなし(ジャズ・バー)

5月14日(月)
スマート珈琲店 朝食
相国寺 承天閣美術館 若冲展
大阪中之島 ダイビル(レトロ建築)大大阪(喫茶店)
国立国際美術館(シーザー・ペリ、休館日で外観のみ)
舞洲清掃工場見学(フンデルトヴァッサーのデザイン)
明治屋(居酒屋紀行)
京都駅ビル(原広司)

アート・庭園・仏像・レトロ建築・現代建築・居酒屋・カフェ・ジャズなどなど。
大阪にも足を伸ばし、こてこての2泊3日でした。
舞洲(まいしま)の清掃工場は強烈な異形の建築です!

若冲展について参考になるのは

Takさんのブログ

はろるどさんのブログ
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ