中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

人形

「なんだ、これは!」







採集地 川越 東京

メルヒェン直売所





採集地 横浜

こどもの日





採集地 愛知(紫峰人形美術館)

メーデー





採集地 夕張(石炭の歴史村)

商店街のジュリエット





採集地 横浜

『かわいいコックさん』





採集地 モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

内臓が無いぞう





採集地 歌志内(北海道)

羊蹄丸 青函ワールド アルバム










9月30日に公開休止した船の科学館。展示されていた青函連絡船「羊蹄丸」は譲渡される予定だそうだが、その内部にあった再現展示「青函ワールド」は失われてしまうのだろうか?

今まで日本各地の鉱山テーマパークなどを訪れ、人形を使った再現展示は見慣れていたが、この「青函ワールド」にはかつてない強烈なインパクトを受けた。昭和30年代の青森駅前や青函連絡船乗船場を再現した空間に入り込むと、1体1体が個性にあふれた人形たちと来場者が渾然一体となり、まるで演劇世界の中に鑑賞者たちが巻き込まれてるような感覚に包まれる。

食堂で酔いつぶれたオヤジの背後に忽然と現れる本物のディーゼル機関車の巨躯。これをシュールな劇場空間といわずして何といおう。
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ