中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

即興演奏

真夏の夜のインプロ 終わる




下田でのSpirits Rejoice 40周年コンサートへの参加の興奮がまだ冷めぬ中、「真夏の夜のインプロ」Jammin'(都立大学駅)で開催した。

マルチ・リード奏者の私と浅原ガンジーさん。タイプの違う二人だが、この日もバスクラ同士のDuoなど、面白い瞬間が生まれた。

Margaticaさんと実験躰ムダイさんのダンス・パフォーマンスもまた異質な個性のぶつかり合いを見せ、ソロパートに、共演に、即興演奏で音を投げかけながらスリリングな時間を楽しんだ。

トマソンズのオリジナル曲の演奏では柳原たつおさんのベースに加わっていただき、いつもの調子のふたりの音に、空間的奥行きが付与されたと思う。

ドラムスの今村元信さんは全体の演奏を見据えコントロールするタイプ。丁寧なドラミングだった。


出演者のいろいろな組み合わせによるファーストセット、セカンドセットのあとの、飛び入りミュージシャンも交えてのラストセッションは、ある意味「真夏の夜のインプロ」というタイトルに最もふさわしい即興ならではの展開を見せた。

和楽器の能管とフルートの一完さんは、音の立ち上がりの際立ちと個性的で美しい響きでカラフルに飛翔し、ピアノの瀬木恭子さんは繊細かつダイナミックなプレイで、演奏に推進力と構成美を加えてくれた。ドラムスに至っては今村さんと林裕人さんともうお一人でひとつのドラムセットを分割解体し、3人が同時にプレイするという離れ業。

総勢11名の即興パフォーマンスは、抽象と具象、ピアニッシモとフォルティッシモ、破壊と調和の波の中を行き来して、エンディングを迎えた。

トマソンズの相方、ジョヴァンニ・スキアリはこの日はチェロの弦を切るにいたる熱演。チェロにピアノに、フリージャズの枠に収まらないユニークな表現を模索していた。

そして、トマソンズは9月9日(月)に国分寺のgieeでの演奏を控えている。どうぞよろしく。

マリア忌/阿部薫ナイト2019

Live Cafe giee 東京都国分寺本町2丁目3-9

19:00開場
19:30開演

入場料2000円+1drink


トマソンズ+庄田次郎×かつしか動物公園




3月31日、庄田次郎さんをゲストに迎え、かつしか動物公園を対バンにトマソンズのライブが開催されました。第1部は即興一筋の庄田次郎さんがトマソンズに加わり、私たちのオリジナル曲や庄田さんのオリジナル曲を演奏。かつしかのリーダーひだまなぶさんのウッドベースが加わる場面も。

なかでも、トマソンズの持ちネタであるデューク・エリントンCome Sundayをモチーフにした演奏では、庄田さんのルーツにあるJAZZスピリッツが伝わる即興が展開しました。







かつしか動物公園はメンバー7人がエネルギッシュでユニークなステージを繰り広げ、そのパフォーマンス性の高さは演劇的でもありました。

最後は、かつしか動物公園の演奏をベースに、庄田さんとトマソンズも加わっての大セッション。荒ぶるスタンド・バイ・ミーや庄田さん作曲のバラード、Like a Tabooを演奏。祝祭的で高揚した音が炸裂しました。




新宿シアターPOOでのこのメンバーとの共演、是非また実現したいですね。お客さんも巻き込んで、ほんとに楽しいライブでした。

撮影:久保田功




トマソンズ活動再開!

私の事情で1年以上演奏活動を休止していた即興ユニット「トマソンズ」。今年5月久々に、あるグループコンサートに参加した。私が参加できない間はチェロ・ピアノのジョヴァンニさんが「トマソンズ・マイナス・ワン」としてソロで活動されていたのだが、今回は2回目の共演となるテッペイさんのパーカッションを加えての「トマソンズ+1」。

YouTubeにアップした音源につけた画像は、神奈川県立近代美術館鎌倉館。サックスの私とジョヴァンニさんとの異質な個性の交錯するトマソンズの音楽は、この美術館の建築の特徴的なディテールである自然石の基礎と、H鋼の鉄柱が生み出す不思議な関係に似ているかもしれない。

ゲスト参加していただいたテッペイさんのパーカッションにより、このピロティーの持つ浮遊した空間感がトマソンズの音につけ加わっていたならばよいのだが。

近美鎌倉館は閉館するけれど、トマソンズはゆるゆると模索を続けます。

トマソンズ+1 plays Takemitsu



サックス・バスクラリネットのわたくしテツと、チェロとピアノのジョヴァンニ・スキアリの二人による即興ユニット、「トマソンズ」。現在、わたしの事情により活動を休止しているのだが、昨年のステージを恐れを知らずYouTubeにアップロードした。

この日はゲストに学生時代からの付き合いのパーカッション奏者、野村おさむ君をむかえてのトマソンズ+1。私の愛聴する武満徹の唄もの「見えない子ども」をモチーフにして演奏に挑んだ。カメラ位置の関係でフレームアウトしてしまった野村君、ごめんなさい。

音を聴けば楽譜が脳裏に浮かぶジョヴァンニさんと、音符を見ても音につながらないテツの凸凹コンビの活動再開を願って!

トマソンズ+1 YouTubeにアップロード



今年6月のステージで、私と相方のジョヴァンニさんの即興音楽ユニット「トマソンズ」が初めてゲストを交えての演奏に取り組んだ。サポートしてくださったのはパーカッションの都築さん。この日は6月29日、私の敬愛するジャズミュージシャン、Eric Dolphyの命日にあたるメモリアルデイで、「FOR ERIC」というタイトルで演奏したのである。

完全な即興から活動をスタートしたトマソンズも、回を重ねるごとにメロディーの導入やリズムへの取り組みなど次第に変化を続けている。最近はジャズのスタンダードナンバーを演奏することもあるが、今はまだまだ過渡期。より自由な音楽を目指して、試行錯誤の連続である。

今年11月には2回の演奏が決まっており、また新しい試みをしたいと思っている。チェロとピアノのジョヴァンニさんと、サックス・バスクラリネットの私。この特異なユニットの新境地。まだまだこれからである。







大友良英アンサンブルズ・パレード すみだ川音楽解放区

すみだ川音楽解放区
すみだ川音楽解放区
すみだ川音楽解放区
Sakamoto in 縺吶∩縺溘y髻ウ讌ス隗」謾セ蛹コ縲€03


7月17日(日)隅田川沿いのアサヒビール本社周辺で、音楽家大友良英が仕掛けた「アンサンブルズ・パレード すみだ川音楽解放区」というイベントに参加しました。ガムラン・ブラバン・インド音楽・フリージャズなど何でもありで演奏者が思い思いの場所で自由にプレイ。最後のフィナーレでは、隅田川沿いの公園に全参加者が集い、屋形船に乗った大友さんの指揮で集団即興大演奏。暑かったけれどゆるく楽しく演奏しました。会場で出会ったさまざまな人たちとのセッションに、音楽でコミュニケートする喜びを感じる1日でした。

Sakamoto in 縺吶∩縺溘y髻ウ讌ス隗」謾セ蛹コ縲€06




解散後は相方のジョヴァンニさんと横浜に移動して反省会。ジョヴァンニさんのブログジョヴァンニッキにこの日の様子がつづられています。

9月23日 横浜でインプロ

9月23日(火・祝)

横浜でミュージシャン・パフォーマー入り乱れての
集団即興をやります。

Liberty-Comm@横浜カーフリーデー

11:00〜 みなとみらい線 日本大通り駅コンコース
12:00頃 横浜公園 水の広場 (かもめのサックス吹き登場)
13:00〜 日本大通り パレード
14:00〜 伊勢佐木町 パレード
15:00頃 伊勢佐木町6丁目 特設ステージ


横浜トリエンナーレも開催中ですし、
横浜にお越しの方、是非お立ち寄りください!
(横浜公園というのは横浜スタジアムのある公園です)

新・即興の日@ZAIM204 ジンバブエのタイコ

マツケン&タイコ















ジンバブエのタイコ















ダンサー















サックス奏者松本健一さん主宰の「新・即興の日」に参加した。2月24日は東京都現代美術館、川俣正展の通路カフェでガンジーさんのテナー・KYOUさんのキーボードによる「カフェ・ミュージック」を応援に行ったあと、みんなで横浜のZAIMに移動。

参加者10名以上のコアなセッションとなった。サックス・チューバ・ピアニカ・ダンサー。この日一番の注目は、ジンバブエのものだという不思議なタイコ。その姿は有機的でプリミティブで、なんだか現代アーティスト加藤泉のオブジェも連想する。ひとたび叩かせてもらうと、その静かで原初的な音に無我夢中になってしまう。そうまさに「無我」。定型ビートを出そうとか、みんなでキメをあわせようとか、そんな欲を感じさせず、ただひたすらペコポコ音を出し続けることに没入してしまう。

数人がタイコを取り囲んで叩いている様は、原始宗教の儀式のような光景だ。このタイコ、4月に川俣正展に登場するかもしれません。また告知します。この不思議な魔力を持ったタイコを多くの方に知っていただきたい。
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ