中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

渋谷

『ビルの中に顔があってもいいじゃないか』





採集地 東京

冬はつとめて





採集地 東京

流行最前線





採集地 東京

『舞妓はレディ』





採集地 東京

ディオニュソス





採集地 東京

ユニバーサルデザイン





採集地 東京

喪服





採集地 東京

はりぼての街





採集地 東京

ガード下のとんかつ 三裕

とんかつ三裕とんかつ定食渋谷駅のガード下に昔から気になっている店があった。「とんかつ三裕」。ディープな佇まいの小さな店だ。ためしに行ってみると、あいかわらず営業していた。一間の幅の客席はカウンターと小さなテーブルふたつ。昼時は過ぎていたが、ランチの客が肩を寄せ合っている。空いていたテーブルに着いた。昼のとんかつ定食は750円と安い。じっくり時間をかけてかつを揚げ、強面の主人が定食を運んできた。ライスは大きなどんぶり、キャベツがたっぷり盛られ、かつも思ったより大きく肉厚なロースだった。

油はあまりよくなさそうだったが、肉は柔らかい。テーブルの上にはソースの壷がふたつ。甘口と辛口、2種類を用意してありなかなか旨い。野菜や果物の風味がする手作りだろう。とんかつは塩で食べるのが好きなのだが、このソースは、甘口はこってりしてとんかつに、辛口はさっぱりしてキャベツによく合う。

帰りがけ、主人に「ソースおいしいねえ」と言うと、いかついおやじの顔がほころんだ。「辛口は豆板醤か何か入れてるの?」と尋ねると「タバスコを使ってるんですよ」と教えてくれた。道理で唐辛子のような辛味があったわけだ。

小さな店だが、長く続いているだけのことはある。

三裕を紹介したサイト

八竹亭のポークソテー

八竹亭ポークソテーご飯・味噌汁・サラダ






渋谷の東急本店の脇を富ヶ谷に向かった寂しい通り沿いに、定食屋八竹亭はある。赤提灯が目印だが飲み屋ではない。渋谷で静かに旨い定食が食べられる貴重な店だ。この前はオーネット・コールマンのオーチャード・ホールでのコンサートの前に来た。今日はこれからミニシアター「UPLINK X」でレイトショーの「島ノ唄」を見る。

ドーンと長いカウンターだけの店内。先客が去り、主人とふたりきりになった。主人はテレビの日米野球をちらちら横目で見ながら、すばやい包丁さばきで豚肉を切り、じゅっと焼きはじめた。ドーンと出てきたポークソテーは、レアになるぎりぎりの火加減で焼かれ、肉汁がにじみ出る。にんにくの効いた濃い目のタレと大根おろしで食べると、ご飯によく合うのだ。「やわらかいねえ」と主人に言うと「ただ焼いただけだよ。誰がやっても同じ」と謙遜するが、この腕前は只者ではない。

そのうち客が増えはじめ、焼き魚・ポークカツ・牛肉とピーマン炒めと、主人は一人で手際よく注文をさばいていく。その間も野球の流れはチェックしつつ。

来るたびに新しい食い物屋ができては消えていく渋谷の街で、しみじみと旨い飯が食える大人の定食屋。静かに飯を食いたいときにはここが一番!
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ