中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

炭坑

SNOWY the frosty hour 萩原義弘写真展



 もう20年以上前の事だが、今でも昨日のことのように思い出す事がある。厳冬の下北半島を旅しながら撮影していて、突然の地吹雪に遭った。東京暮らしの私には歩くのも困難で、咄嗟に目前にあった廃工場に逃げ込んだ。廃工場は長く使われていない様子で、窓ガラスはなくなり壁はコンクリートがむき出しの状態だった。壁の上の方まで雪がこびりつき、建物内は外と変わらないくらい寒く、まるで巨大な冷凍庫の中にいるような感じだった。建物内を見回すと、ひび割れた床の僅かな土から若木が生えていた。何年もかけやっと成長したのだろう若木は雪に覆われ、時々風で揺れていた。また、機材搬入用だろうか、額縁のように見える大きな入口から、吹雪の中に立つ樹形の良い木が見えた。それらの光景はとても美しく、私は寒さを忘れて夢中でシャッターを切っていた。東京に帰り調べてみると、そこは戦時中に砂鉄を製錬していた工場だった。
 この時の体験が、忘れかけていた冬の夕張での撮影のことを思い出させた。炭鉱マンの黒い顔と対照的だった白い雪に覆われた炭鉱の風景。そんな炭鉱のイメージが再び現れた。そして、その冬から「SNOWY」の撮影が始まった。
 かつて人々で賑わった炭鉱や鉱山跡は、閉山し年月が経つと、草木が生え自然に還っていく。冬場、スノーシューを履いて、美しい白銀の世界をひたすら歩き、撮影場所に辿り着く。そこで思いがけない雪の光景が私を出迎えてくれる。自然と時間が作りだす造形は、時には美味しそうな砂糖菓子の様であったり、また得体の知れない生き物の様に見えたりする。そんな不思議な造形に、感動したり驚かされたりして、しばらく写真を撮るのを忘れてしまうこともある。
 冬場の天気は変わりやすい。夜、月明りで撮影していると、急に曇ったり、雪が降ってきたりする。長時間露光の間に目まぐるしく変わる気象条件も加わり、それが1枚の作品となる。遠くからシカやフクロウの鳴き声が聞こえ、時にはキツネやタヌキが近くを歩いているのに気が付く。そして、自分自身の存在自体が自然と一体化していくように感じられる。
 被写体と対峙していると施設の跡や主のいない炭鉱住宅が賑やかだった頃が脳裏に浮かんでは消えていく。私は、炭鉱や鉱山跡を廃墟だとは思っていない。人々が去り、たとえ朽ち果てようとしていても、そこには人々の存在が残っていると思う。人の記憶は次第に薄れ、やがてなくなってしまうだろう。しかし、撮影し作品化することで、少しでもその記憶や存在を留めることができるのではないだろうか。そして、日本の近代化や戦後復興に貢献してきた産業の証として後世に伝えることができると思う。
 春の訪れと共に消え去る一冬限りの風変わりな光景。私が撮影しなければ、もう二度と見ることができない風景でもある。

                                                 萩原義弘






炭鉱・鉱山跡の写真を撮り続けている写真家、萩原義弘さんの個展が始まった。今回は雪に埋もれた廃坑をテーマにした「SNOWY」シリーズの展示。写真集「SNOWY the frosty hour」の出版記念の写真展である。雪の白、白い日差し、月明かり、光る星、炭坑・鉱山遺構のグレートーン。モノクロームの画面には朽ちていく人工物の時間の堆積と、自然の見せる移ろいゆく時間が重層している。クローズアップで切り取られた抽象的な作品から、廃坑の構造物を俯瞰した構築的な作品まで。静かな世界だが、雪のふっくらしたフォルムが何か生命のような魂のようなものの存在を感じさせる。

萩原氏の言葉に「炭鉱や鉱山跡を廃墟だとは思っていない。人々が去り、たとえ朽ち果てようとしていても、そこには人々の存在が残っていると思う」とあるが、雪という事象を介在させることによりここには「廃墟」とか「産業遺産」といった言葉では表現できない、深い作家のまなざしが浮かび上がっている。

【会期】2014年10月3日(金)〜10月25日(土)
11:00〜19:00
    日曜・月曜・祝日休館
【会場】ギャラリー冬青
東京都中野区中央5-18-20
TEL: 03-3380-7123 FAX: 03-3380-7121

※作家の許可を得て会場・作品の撮影と掲載をしています。

SNOWY〈2〉The Frosty Hour
萩原 義弘
冬青社
2014-10

開店待ち





採集地 長崎(池島)

純粋煙突のある風景





採集地 長崎(崎戸)

緑化純粋煙突





採集地 長崎(崎戸)

『漂流教室』





採集地 長崎(崎戸)

川俣正 三笠プロジェクト2013








北海道の廃校になった小学校の体育館に、炭坑町が生まれた。

川俣正が作品を生み出す姿を初めてみた。

川俣さんと一緒に焼き肉を食べた。

川俣さんと同窓生の皆さんとカラオケBOXで歌った。


2年目をむかえた三笠プロジェクト
三笠ふれんずは秘密結社。
「ふれんず」の一員に仲間入りさせていただいた貴重な時間。

会員制の‘閉じた’アートプロジェクト
助成金に頼らない、行政の加担しないアートプロジェクト
町おこしのイベントではない、地方の秘密結社によるアートプロジェクト

あまりに特殊で、面白くて、奇妙で、新しくて、美しくて。
旅を振り返って、じわじわとその魅力を反芻しています。

これからしばらく、三笠プロジェクトのレポートを続けます。

北海道インプログレス 東京インプログレス




川俣正が東京の水辺、隅田川沿いで展開してきたプロジェクト「東京インプログレス」。10月27日(日)にこの11月には解体が始まる豊洲ドームを会場に、クロージングイベントが行われます。

川俣は、それに先行して北海道の三笠での巨大炭坑町インスタレーション制作を進行中。私はこの廃校の体育館での制作の様子とお披露目を体験するため、今日から北海道入りします。

帰り道は、室蘭の工場夜景見学バスツアーとか弘前の前川國男建築巡りなど、寄り道しつつのんびり旅の予定。東京インプログレスのクロージングには参加できませんが、豊洲ドーム・佃テラスを未見の方にはこの機会に見納めをおすすめします。川俣正のトークや、アーティストたちによるパフォーマンスもあるそうです。

それでは、久しぶりの北海道行ってきます。


川俣正 三笠プロジェクト 2013





かつて北海道の炭坑町だった三笠。アーティスト川俣正の出身地であるこの町で「三笠プロジェクト」というアートプロジェクトが進行している。廃校になった小学校の体育館を大胆に使い、かつての炭坑町の風景をモチーフにした巨大インスタレーションの制作がなされているのだ。目黒区美術館の炭鉱展の時にも川俣は炭坑町の風景をインスタレーションとして提示したが、三笠における制作ははるかに大きなスケール。

今年は、川俣がパリからやってくる10月後半に、集中的にインスタレーション制作が行われる予定だという。10月25日(金)が今年の制作完了とお披露目のイベント。このプロジェクトは、地元三笠の川俣の同窓生らを中心にした「三笠ふれんず」という賛助会員による会費や、ボランティアの手により運営されている。今年は私も三笠ふれんずの一員として自身の手で制作の一端に関わり、お披露目の場に参加すべく、北海道へ乗り込もうと計画している。

目黒区美術館のインスタレーションの拡大版であるばかりでなく、地上の町の地下部分には夜の炭鉱住宅街と坑道をモチーフにしたもうひとつの風景が内包されるというから楽しみだ。

札幌からほど近い岩見沢からアクセスできる三笠の町は、産炭地時代の炭鉱遺構もいくつか残り、この場所で川俣の炭坑へのアプローチを体験するのは、「場」のもつ記憶と現在を重ね合わせる、興味深い機会となることだろう。昨今、乱立する、レジャーランド化した地方アートプロジェクトとは一線を画した達成を期待したい。

中年とオブジェ8周年 ブログと炭坑とトマソンと



北海道 砂川炭鉱

ブログと炭坑とトマソンと

1987年 九州の筑豊・崎戸、北海道の夕張の炭鉱を初めて訪れる。
2001年 ドイツのルール地方の炭鉱をめぐる旅をする。
2002年 「ドイツ産業遺産ツアー〜炭鉱の立坑櫓を求めて〜」をホームページにまとめる。
2005年 ブログ「中年とオブジェ〜魅惑のモノを求めて〜」をスタート。
2008年 川俣正[通路](東京都現代美術館)で、コールマイン・ラボと出会う。
2009年 ‘文化’資源としての<炭鉱>展(目黒区美術館)で講座・夜の美術館大学に通う。
2011年 川俣正の北海道インプログレス・三笠プロジェクトの賛助会員になる。
2013年 坑夫・山本作兵衛の生きた時代〜戦前・戦時の炭坑をめぐる視覚表現(原爆の図丸木美術館)鑑賞。

今年で8周年を迎えた「中年とオブジェ」
このブログのそもそものきっかけとなったのは、2001年に旅をしたドイツの炭鉱についてレポートするために友人と立ち上げたホームページである。それを機にweb活動に興味を持ち、自分の身の回りにあるオブジェの数々を紹介することからブログがスタートした。アートブログにシフトし、旅日記にはまり、居酒屋など食い物記事に注力し、紆余曲折を経て現在に至るのだが、折に触れて「炭坑」との関わりを継続してもきた。

私にとっての「炭坑」とは、何の目的の建造物だか分からない不思議な炭坑遺構、巨大な無用の廃墟、失われた街の残滓。いわば大規模な「超芸術トマソン」との出会いに他ならなかった。

ここしばらくのブログ記事は大半が路上観察の写真のアップに終始している。「炭坑」という、私にとっての「トマソン」の起源をさかのぼり原点に回帰しているともいえるかもしれない。

先日、ある元学芸員の方から「最近の中年とオブジェ、写真ばかりだね。文章書くの、疲れちゃったの?」との言葉をいただいた。美術をテーマに、鑑賞体験を自分の言葉に置換することは、しんどいけれども楽しい。ただ、観てきたモノをレポートするだけではない「置換」ができたときの面白さ。

それは、最近シフトしてきた路上観察の写真を見て、スパンとタイトルの「言葉」が想起されたときの快感にも通じている。それは、言い換えれば「見立て」の快感。私はマンホールの分類そのものに興味があるのではなく、マンホールというモノが、まったく別の次元の何かに結びついていく想念のねじれ自体に関心があるのだ。

そんな私にとって「炭坑」というテーマも、どこまで行っても深まらない、自分自身を宙吊りにする対象なのだ。炭坑の本質は私にとっては「石炭」なのではなく、地の底に穿たれた坑道の暗い闇そのものなのであろう。無意識の闇を掘り進んで堆積される役に立たないズリ山。「中年とオブジェ」はそんな存在だ。

そんなズリ山にお付き合いいただいている読者の皆さんに、改めて御礼申し上げます!



ドイツ ツォルフェライン炭鉱

※ライブドアブログにHISTORY VIEWという新機能が加わりました。
「中年とオブジェ」開設以来のプレビューが画像付きで一覧できます。
よろしければ、お試しください。

中年とオブジェHISTORY VIEW

坑夫・山本作兵衛の生きた時代




原爆の図 丸木美術館「坑夫・山本作兵衛の生きた時代〜戦前・戦時の炭坑をめぐる視覚表現」展を観た。最終日に滑り込みで鑑賞したので、残念ながら会期は終了。

その炭坑を描いた絵画が世界記憶遺産に登録されたことで話題となった、山本作兵衛の作品をはじめ、戦前・戦時の炭坑の姿を伝える絵画・写真資料などが丸木美術館の企画展示室いっぱいにあふれる、企画者の熱の伝わる展示であった。

大宮昇の「炭山画譜」など、常磐炭田の往時の姿を描いた作品は中でも佳品で、洒脱さと朴訥さを併せ持つ炭坑風景や炭坑労働者の姿が味わい深かった。新発見だという大宮のスケッチブックは、150点もの丁寧な仕事を収めた貴重なもので、当時の記録写真との対比も面白い。

目黒区美術館の「炭鉱」展の時にも印象に残った井上為次郎の「炭坑風俗」は、女坑夫たちの姿をなまめかしさも帯びた美しいタッチで描き出色。坑内での出産風景なども記録し、女性の坑内労働のドキュメントとしての価値も高い。


私自身、かつて全国の炭鉱跡や鉱山跡を点々とめぐる旅をする中で気になる存在だった「坑夫像」。往時を偲んで記念碑的に建立される像も多いのだが、資材の乏しい戦時中に、鉄筋コンクリートで建造された坑夫たちが今なお現存している。

炭鉱労働者は戦時中、戦争の原動力を支える産業戦士・採炭特攻隊とも称され、坑夫像が戦意高揚のために各地で建立された。軍需生産美術推進隊彫塑班が組織され、金属を使えない戦時体制下、コンクリート造の作品が残された。オリジナルの坑夫像はプロレタリア芸術にも通じる、簡素だが力強い造形が魅力だ。藤田嗣治の回顧展が注目を集めるなど、近年タブーとされてきた戦争画への関心が高まっているが、坑夫像も戦時美術を語るための貴重な存在である。

中年とオブジェ 「戦争が残した坑夫像」 2007.5.22


写真家萩原義弘さんは、現存する坑夫像および、すでに解体された坑夫像の姿をとらえた写真を今回展示した。この戦時美術の遺産に着目した初めての機会ではないだろうか。



テツ撮影(夕張)

最終日に企画された日本の炭坑もテーマに研究しているベルギー青年、トム・アレンツさんを交えてのギャラリーツアー。ベルギーでも南部の炭田が開発の歴史は早いが中小規模で、北部の炭田は後進だが大規模で機械化が進んでいるという指摘は、日本の九州と北海道の炭田のあり方にも通じて、興味のわく論点だった。

本エントリの話題からはそれるが、初めて訪れた丸木美術館の常設の重々しく悲痛で荘厳な世界には圧倒された。手作り感あふれ熱のこもった炭坑の企画展と合わせ、貴重な体験をした1日であった。

風間サチコ 昭和残像伝

風間サチコ

高円寺のギャラリー無人島プロダクションをはじめて訪ねた。風間サチコさんが三池炭坑をテーマにした木版画の個展をやっていると知り、最終日の3月14日に滑りこんだのだ。高円寺の猥雑なガード下を通り抜け、飲み屋の並ぶ路地裏にひっそり「無」の文字の小さな看板。3階への階段を上がると、ほんとに小さなギャラリースペース。ガラス窓ごしに、いきなり大小ふたつの炭坑夫の頭部のオブジェが目に飛び込んできた。三池で昔、土産物として売られていた石炭の粉塵を素材にした石炭人形だそうだ。ちゃんとヘルメットにヘッドランプを付けている。

無人島プロダクション坑夫像

ふたつの坑夫の頭が火炎にまみれ宙を飛ぶ「火になる日」が鮮烈。かつての炭坑住宅の長屋の風景を描いた「闇に往く」は、背景の鉱業所、ボタ山の存在が炭坑マニアにはうれしい。

なんといってもインパクトがあったのは、「冥土 IN 炭坑節」 。炭坑の象徴である立坑櫓を盆踊りの櫓に見立て、骸骨が太鼓を叩き、鬼火が宙を舞う。踊っている人々をよく見ると、頭巾をかぶった囚人達や怪我をした坑夫がいる。ギャラリーにいらした作家本人に教えられたのだが、中国人と朝鮮人も描かれていた。三池炭坑の囚人労働や、外国人強制連行のダークな歴史が、ブラックなユーモアによって伝えられている。

風間さんもドイツの写真家ベッヒャーが好きで、立坑櫓の造形美に惹かれるという。そして三池の資料・歴史を調べることで、今回の作品のイメージが膨らんだようだ。

過去の作品のリストも見せてもらったが、満鉄の機関車がロボットになっていたり、お台場のビル群がまるで長崎の軍艦島のように見える大作があったり、独特の世界を持った作家だ。

版画は何枚か刷ってみて一番気に入ったもの1点のみを作品とするこだわりがあるそうで、濃淡の微妙なニュアンスが作品に奥行きを与えている。SF的要素やレトロな懐かしさ、ブラックな笑いなどの背景には、「昭和残像伝」というタイトルが象徴する「情念」の強さが感じられる。

三池炭坑万田立坑櫓未知の作家だったが、これからどんな創作を続けていくのか楽しみである。

※左の画像は2000年に訪れた三池炭坑の立坑櫓

川俣正 通路

川俣正 通路通路サンクンガーデン






東京都現代美術館で行われている川俣正「通路」。美術館を場としているが、これは「展覧会」ではないというべきか。美術館の周囲からすでに始まるベニヤ板の壁が、エントランスから展示室、サンクンガーデンにまで連なり、人の流れを作る通路を構成している。その中に川俣の過去のプロジェクトの写真や模型など、アーカイブの展示がなされているが、これらと並びあちこちに「ラボ」と呼ばれるサークルの部室のようなスペースが設置されている。そこでは、スタッフたちが展覧会の期間中、様々なテーマの研究・展示・ワークショップなどを現在進行形で実践しているのだ。

このアーカイブとラボの総体が、ワーク・イン・プログレスのアーティスト川俣の過去から現在を見せ、鑑賞者は、ラボのスタッフと能動的に関わっていくことで、この「通路」という場に自ら関与していくことが出来る。

地下2階のあの巨大なアトリウムには、コーヒーばかりかビールを飲むこともできるカフェがあり、会期中川俣正と多彩なジャンルのゲストとのカフェ・トークが企画されている。

さて、私はこの日「通路」で何をしてきたのか。そいういう形でしかこの「展覧会」は語りえないと思う。

どんなラボが活動しているのか詳細は公式ホームページの情報に任せるとして、私の関心は「コールマイン・ラボ」にあった。川俣は九州筑豊の田川というかつて炭坑で栄えた街を舞台にこの10年、「コールマイン田川」というプロジェクトに取り組んできた。炭坑のシンボル立坑櫓(たてこうやぐら)をイメージしたタワーの建設をプランニングしたり、強制連行の歴史に関わる韓国の炭坑町との交流を生む取り組みをしたり。実は川俣自身、北海道の奔別(ぽんべつ)という大きな炭坑町で育ち、父は炭坑労働者だったのだ。

志免立坑櫓コールマイン・ラボではそんな川俣のプロジェクトの資料の紹介のほかに、今も北海道に残る炭坑関連の遺構の写真・資料の展示等を行っている。日本に現存する最も不思議な造形の、九州の志免(しめ)の立坑櫓の模型の制作というユニークな企画も進行中だ。さらに、この日(2月16日)にはカフェ・トークのテーマもコールマイン・ラボ企画の「炭坑」だった。北海道で旧産炭地の記憶を呼び起こす独自の活動をリードされ、炭坑遺産の活用・活性化の先進例を持つドイツ・ルール地方の研究においても第一人者である、「まちづくりコーディネーター」吉岡宏高氏をトーク・ゲストに招いてのトークショー。吉岡さんとはネット上でのみの旧知の間柄だったのだが、1963年生まれで幌内炭坑で育った吉岡さんの、高校の10年先輩に当たるのが川俣なのだと初めて知った。

トークは川俣・吉岡両氏もカフェのビールを飲み、客席で我々もビールを飲みながらのまさにカフェ・トーク。吉岡氏が理事を務めるNPO炭鉱の記憶推進事業団の掲げる言葉は「歴史の中から未来が見える」なのだが、数十年の短い時代の中で、経済的・文化的な豊かさのにピークに達したのち急速に衰退し、少子化・高齢化・財政破綻といった問題に直面した炭坑の歴史は、未来の日本社会を予見する意義を持つのだと吉岡氏は指摘する。北海道の炭坑でアートプロジェクトに取り組んでくださいよとの言葉に、川俣が語った「アートで街興し」という風潮への批判的発言も痛快でラジカルだった。「美術は嗜好品であり、好きな人が関わればいいのだ」と川俣は述べ、「地元の人とアーティストがともに作品に関わり、現代美術の裾野が広がった」などという言辞の欺瞞を切って捨てた。

コールマイン・ポストカードトーク終了後、初対面となる吉岡さんとお話し、ラボのメンバーとも、アフターアワーズまで、ご一緒させていただいてしまった。炭坑遺産を紹介するポストカードや、グッズとして石炭の販売もしているというのは、大ヒットである。

今回のブログ記事、大変に私的な内容になったが、川俣正の「通路」を楽しむには、各人が何かしらのひっかかりを持って、自分からこの場に関わっていくことしかないような気がする。何か見つけることが出来るか、失望して終わるか。アーカイブの側面に接するだけで終わるのではもったいない。まずは、カフェ・トークなどで川俣正の生の言葉に触れることをおすすめします。

私の一押しはコールマイン・ラボ。今後の動きに注目してます。(繰り返し入場できるパスポート券があります)

コールマイン・ラボの公式ブログ

北海道産業遺産ツアー(拙サイト)

ドイツ産業遺産ツアー(拙サイト)

鉱山観光(拙サイト)
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ