中年とオブジェ

美術館・街で見かけたオブジェ 旅先で手に入れたオブジェ オブジェの視点で世の中を楽しむ中年の日常。

現代建築

夏の名残り









採集地 千葉

第3新東京市





採集地 箱根

フランク・ゲーリー





採集地 東京

こどもの日





採集地 丹沢(国民宿舎丹沢ホーム)

水族館





採集地 東京

隠れ家現代建築 丹沢ホーム




丹沢の山中にある国民宿舎丹沢ホームを今夏再訪した。京都駅ビル・札幌ドームなどを手がけた原広司による設計。建築的な側面については以前こんな記事を書いた。→原広司の丹沢ホーム







食堂の横の谷のような大階段がなんと言ってもインパクトがあるのだが、今回はこの大階段を上った裏手にある別棟に宿泊したため、デザインばかりでなく動線としての機能にも優れていることに気づかされた。また渓流側にある玄関口から、この階段を吹き抜ける川風の心地よいこと。

夜は夕食後、食堂のテーブルに陣取り持ち込んだチーズなどつまみにワインをオーダーしたのだが、なんと立派なワインクーラーで供され驚いた。山の宿の洒落た計らいに、そうか、ここは宿舎オーナーの住まう巨大な山荘に招かれたようなものなのだなと思い腑に落ちた。オーナー家族の居住スペースも、食堂の先のコーナーにレイアウトされているし、客の入浴が住んだあとに従業員も入浴。モダンで斬新な建築でありながら、デザイナーズホテルなどとは対極ともいえるこの居心地の良さは、民営国民宿舎であるこの山荘のオーナーが、自分自身の生活を愉しむ延長線上にゲストとして招かれている楽しさに負うところが大きいのである。

静かな山の夜が更けていった。



隈研吾の長崎県美術館

長崎県立美術館

ブリッジ

エントランスホール


平成17年に開館した長崎県美術館。今年長崎を訪ねた折に、はじめて見に行った。隈研吾がスケールの大きな建築でいかなる仕事をするのか。結果的には予想の範囲内で、隈研吾らしさは発揮しているかなというところ。ここでも隈はおなじみになったルーバーを多用し、鉄骨・石材・木などの質感を前面に出している。

2棟の建物を大きなブリッジで連続させた大胆なプランは、この美術館の目玉。長崎出島の運河の上に橋を架けるというのは、いかにもな隠喩的コンセプトだが、鉄骨フレームの無骨さ剥き出しの仕上げはインパクトがある。エントランスホールのガラスに囲まれた大空間からブリッジへ進むと、そこは運河を望むカフェになっている。鉄とガラスのこのスペース、クールな雰囲気だ。ジンジャーエールのグラスも絵になる。

カフェ
 
カフェカウンター屋上庭園


屋上は緑化され、ガラスとの対比が美しい。隈の素材へのこだわりは展示室にも見られ、常設展示室や廊下の内装は木質のルーバーでデザインされていた。いかにも隈テイストのこの美術館、難を言えば外装の石材は蛇足だったのではないかな。素材感を求めることを欲張らないで、潔く鉄とガラスで構成したほうが、このスケールの建物にはふさわしかったように思う。大規模な建築には、隈の小技は生きてこない。

廊下


さて隈研吾、新創開館をむかえる根津美術館はいかなる建築であろうか。

巨大建築ありそドーム

ありそドームありそドーム内部









展望台よりアリーナ









魚津の町外れに巨大な建築物を見つけた。ありそドームと名づけられたその建築は、巨大な体育館・展望塔・産業展示室などからなる複合施設で、田んぼに囲まれて、異様な迫力でそびえたっている。波打つ屋根・巨大な柱が圧巻だ。

富山湾の別称を有磯(ありそ)というそうで、ありそドームと名づけられた。魚津の居酒屋の主人に聞いたところ、もともとはワールドカップ・バレーの誘致のため建設されたそうなのだが、市民の役にもたたず、建設費・維持費も膨大な、税金の無駄遣いと批判されているという。

この日、巨大でゴージャスなアリーナでは、おばちゃんたちがバドミントンの大会をやっていた。

高層の展望塔からの眺めは見事で、立山連峰をひかえた魚津の全景を目にすることができる。この展望塔、名目上は「交流学習室」とされており、建設計画上、ただの展望塔では都合が悪かったので名前だけごまかしたような気がする。

これほど無駄に巨大な建築は、見ていてむなしくなってくる。造形的にはなかなか面白いのだが・・・

ありそドームホームページ

2007年 私のお気に入り 建築

丹沢ホーム■建築
・丹沢ホーム(原広司)
泊まれる現代建築。しかも国民宿舎。近場にありながら見逃してきた建築を夏に体験した。小さいながらも、大階段・列柱・空中回廊と原建築のエッセンスが詰め込まれている。しかし、猛暑の今年、クーラーの無い宿舎の暑さはすさまじかった。デザイン優先の現代建築の難点も身にしみる体験となった。

・香川県立体育館(丹下健三)
宇宙人の箱舟のような力強く不思議なフォルム。SF映画のセットのようなエントランスホール。丹下建築が最も魅力的だった時代の建築は、時を越えてオーラを発し続けていた。過去の遺物として忘れ去るのには、あまりに偉大。

・丸亀猪熊弦一郎現代美術館(谷口吉生)
いつもの端正さに加え、スケールの大きさ、リズムのある空間構成、遊び心あるファサードなど魅力にあふれた谷口の傑作だ。駅前に立地する現代美術館というのも面白い。カフェにはイサムノグチはじめ様々なデザインの椅子が集められ、居心地も最高。

・地中美術館(安藤忠雄)
かつては立体塩田があったという山の中に埋め込まれたコンクリートの建築は、宗教施設のような荘厳さと、シンプルな幾何学美を持つ。天窓からの自然光で観るモネの睡蓮の美しさ。ウォルター・デ・マリアの壮大なインスタレーション。ジェームズ・タレルの世界。作品と建築が一体となった見事な美術館だ。

建築展も「ル・コルビュジエ展」・「藤森建築と路上観察展」・「レーモンド展」など印象に残る企画の多い1年だった。三信ビル・ダイビル・大山崎山荘美術館などの近代建築も美しかった。

スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー

ビルバオ・グッゲンハイム美術館














近所のシネコンで、見逃していた映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」を観ることができた。フランク・ゲーリーは過激といえるほどの造形的冒険を生み出す現代建築家。彼と旧知の仲である監督シドニー・ポラックが、親密な目線でフランク・ゲーリーの作品や仕事をつづったドキュメンタリー映画だ。

スペインのバスク地方の都市ビルバオにある、ビルバオ・グッゲンハイム美術館の映像がなんと言っても鮮烈だ。この美術館、バルセロナのガウディの建築とともに、いつかは訪問したいと思っている。これはもう建築というよりも彫刻作品、巨大なオブジェと呼んだほうがいい。人口35万人の地方都市ビルバオに、この美術館のオープン後、年間100万人が訪れるようになったという。建築のあまりの存在感に、美術館としては美術作品のほうが負けてしまうという批判もあるとか。(ちなみに建物の前庭に六本木ヒルズと同じ作家の巨大グモがいる)

ダイナミックで有機的な造形を生み出すゲーリーの手法が、コンピューター・テクノロジーに裏打ちされながらも実にプリミティブなものであることを、この映画から知った。彼の設計の主要な作業は模型作りにある。助手とともにあれこれ部材の形状を思い描きながら、子供の工作のように、建物の原型を作り出す。様々なスケールでのスタディ模型を作りイメージが固まると、その模型の形状をコンピューターに取り込み、2次元の図面化の作業をするのだ。

ゲーリーは学生時代、はじめは美大で陶芸を学んでいたという。手仕事でイメージを形にしていく設計手法はそんな彼の経験の延長線上にあるのだ。テクノロジーの進歩により、彼の設計はより自由度を増していくが、根底にある躍動感は初期の作品から連なるゆるぎない個性に支えられている。

アナログな手法を土台に、テクノロジーをその実現の手段とする設計姿勢は、現代の先端的な建築家の仕事と比較すれば、旧世代のものとも言えるかもしれない。しかし、コルビュジエの作品が今でも生き生きと感じられるように、フランク・ゲーリーの建築の持つ生命力も、時代を超えた強い魅力を持っていると感じる。映画の中で、ベルリンにある自作の建築をいとおしげに見つめるゲーリーの姿が印象的だった。

デニス・ホッパーも自宅がゲーリーの設計だとか。映画でもコメントしていた。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館公式サイト(建物画像多数あり)

原広司の丹沢ホーム

丹沢ホーム秦野から丹沢山中へと車を走らせる。久しぶりの大自然の緑が美しい。ヤビツ峠を越え、しばらく下っていった渓流沿いに、丹沢ホームはポツンと建っていた。

原広司設計のこの国民宿舎については、ネット上にも建築サイドからの情報がほとんど見つからなかった。果たして予算に制約があるだろう小さな建築に、原広司の設計力はいかに生かされているのだろうか。木漏れ日を受けた玄関を入ると、吹き抜けの明るく広々した食堂と、まるで京都駅ビルを思わせる大階段が目に飛び込んできた。これは想像以上に凄い。

京都駅ビルの竣工が1997年。丹沢ホームの竣工が1996年だから、この大階段のアイデアは、ほぼ同時期に規模をちがえて構想されたものなのだろう。列柱の並ぶ廊下は、宮城県図書館とデザインが共通している。この階段の分を客室にしたら倍の部屋が取れる。この宿舎の御主人も自らそう認めていた。それでも実現したこのスペースには、グランドピアノも置かれていて、結婚式などのイベントにも使われるのだという。

この日は丹沢山中とはいえ、ものすごい猛暑。水着に着替え宿舎の前の渓流で水を浴びた。川遊びなどするのは学生の時以来だ。真夏の渓流の水はきれいで冷たくて極楽気分。

外観大階段客室











食堂食堂俯瞰渓流






列柱大階段の花客室廊下






客室は大階段をあがって、空中回廊のように伸びる廊下に沿って並んでいる。食堂の吹き抜けの上部に斜めに高くなっていく空間に配されている。しかし、エアコンの無いこの宿舎、客室の暑さは半端ではなかった。建物全体の熱気が部屋に上がっていく上に、窓は茶室風に小さく風通しが悪い。さすがにデザイン優先の現代建築の弱点も思い知らされた。夜には川風で気温も下がり、何とか扇風機の涼で眠ることができたけれど。宿舎のおばちゃんも「うちは天然暖房だからね」とあまりの暑さにやけ気味に言っていた。実際、この暑さは問題で、竣工の後に屋根に散水装置を設置したほど。それでも今年の夏のような暑さには焼け石に水だ。

共同風呂は3人も入れば一杯の小さなもので、浴室と脱衣所の仕切りも無い最小限のスペース。洗面所もトイレも共用。テレビもないし携帯は圏外。アメニティーがどうのとのたまう客にはとてもお勧めできないが、丹沢の山中にこんな空間があろうとは楽しいではないか。この大階段を一番楽しんでいたのは子供たち。キリスト教の団体の子供たちが林間学校で宿泊していたのだが、大階段でわいわい遊んでいた。

山小屋としてはじまった丹沢ホームの歴史。2代目の宿舎を大学院生だった原広司に依頼したのが始まりで、今の3代目の建物に建替えたのだという。夏の暑さにはまいったが、新緑や紅葉の時季に訪れたら素晴らしい環境だろう。自然の中で現代建築。楽しい夏の休暇だった。

丹沢ホームHP

黒川紀章の国立新美術館

新美術館ホール工事中に六本木ヒルズから見えた曲面の大ガラス壁に、ただならぬ造形を感じた国立新美術館に行ってきた。見る角度によっては巨大なサボテンのようにも見えるガラスが有機的にうねる外壁がまず目を引く。内部に入ってみると3階まで吹き抜けのエントランスホールに、外光が差し込み、ゆったりしたチェアに座りくつろぐ人々。逆円錐形の巨大なコンクリートの構造物二つの上面が、レストランとカフェになっている。美術館の入館料を払わなくても自由に出入りのできる店には、昼前から行列が出来、新美術館の一番の話題となっている。

しかし有機的なフォルムで構成されているのは、エントランス・スペースだけで、展示室の構成はごく平凡。これだけの規模でありながら、3階建ての矩形のスペースが提供されるだけで、設計には新味がない。団体展への会場提供を主眼に置いた美術館なので仕方ないことなのだろうが、東京都現代美術館や、豊田市美術館のような、大胆な空間構成が展示室に見られないのは惜しまれる。

一見斬新な設計部分にしても、細部のディテールにまで神経が行き渡った魅力は感じられなかった。美術館建築の名手、谷口吉生の作品などに見られる、「神が細部に宿る」密度の高さがなく、正面のポイントであるコーンの仕上げもおざなりだ。黒川紀章の作品としては、先進的で斬新な設計だと評価できようが、これだけの規模に対する解は他にも多様な可能性があったと思われる。

それでも幾何学的な力強い造形と、陰影のある大空間は、新しい美術館の顔としては合格点だろう。優れた企画展により、これから吸引力のある場となって欲しい。

レストランカフェ新美術館エントランス






国立新美術館

2006年 私のお気に入り 建築

札幌ドーム■建築
・札幌ドーム(原広司)
巨大建築に見せる原広司の表現力は強烈だ。野球場兼サッカー場の札幌ドームも周辺の構造物から、細部の照明に至るまで彼の妄想力が発露している。天空の展望台に延びる空中エスカレーターには言葉を失った。ロッカールームやベンチなどを見学できるドーム・ツアーも楽しめる。

・広島市清掃局中工場(谷口吉生)
デザイナーズ清掃工場という世界は斬新だった。焼却炉の排気塔がメタリックに並ぶ姿は、美術館で見る現代美術の巨大なオブジェのようだ。工場内を巡る見学ツアーは、じっくりと谷口の造形と工場の機能を堪能できる。

・首都圏外郭放水路
巨大な地下構造物は、まさに地下神殿だった。無数のコンクリート柱が林立し、貯水槽を形成する。実用性・機能性を求めた建築が、物語性を帯びてしまうという稀有な物件のひとつだろう。数々のロケの現場となるのもうなずける造形だ。

・笠原小学校(象設計集団)
神社のような土俗的な列柱が校庭を取り囲み、南方の集落のような教室群が立ち並ぶ光景は、とても学校建築には思えないディープなデザインだ。隣接する東武動物公園を訪れる人は多くても、この建築を知る人は少ないのだろう。是非子どもたちが授業を受けている様子を見てみたい。


今年は各地で見学会に参加して、建築を見た。まさに大人の社会科見学。伊東豊雄の建築展では、台湾の台中メトロポリタン・オペラハウスの模型に魅了された。竣工したら旅してこの目で確かめたい。建築を味わうことは、旅をすることだ。
プロフィール

テツ

「中年とオブジェ」とは赤瀬川原平の名著「少年とオブジェ」へのオマージュである。美術、オブジェ収集、エリック・ドルフィーを愛好する。

Archives
Subscribe with livedoor Reader
Recent Comments
Recent TrackBacks
ブクログ
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 累計:

  • ライブドアブログ