ジャスティス・リーグ 感想アベンジャーズ・インフィニティウォー 感想

2018年04月28日

トレイン・ミッション 感想

リーアム・ニーソンが格好いいよ。
ぶっちゃけこの一言で十分だと思います。


ただ、これだと感想記録の意味が無いので、もうちょっと書きましょうか。

リストラされた中年男性の苦悩とお金と意地のストーリー。
「報酬の為に、帰りの電車の中で人と物を探す」
中核はこの一言で説明できます。
そして、当初の主人公に与えられる情報もその程度。

全貌は終盤までほぼ不明。
推理しながら見るタイプの密室ミステリーではないように思えました。
主人公の目線だけを通して、一緒に悩んでいく楽しみ方は出来そうです。
分かった上で2周目を見ると、多分違う見方が出来るんじゃないかな。
レンタル始まったらもう一回見ようか。

ご都合主義なオチでしたが、アレはアレでいいと思います。
特に、最後に皆が協力する場面は熱かったですね。
ああいうシーンでも、ちゃんとヘタレを用意するのはお約束なんでしょうか。

個人的には、連結器を外したおっちゃんにも生き残って欲しかったなあ。

schlag18 at 07:04│Comments(0) 映画 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ジャスティス・リーグ 感想アベンジャーズ・インフィニティウォー 感想