2006年10月10日

母の渡独

先日から5日間ほどベルリンへ母が来ました。

彼女にとっては初めてのヨーロッパな上、語学が不自由な中で一人で乗り継ぎをしなければならず、かなり不安があったようですが、無事到着してホッと一安心。

ただでさえ外国だし、いつも1人で居るところを、親と一緒に過ごすのはすごく変な感じがしました。日本では実家暮らしだったので、一緒には居ましたが、家族が居て2人だけということはなかったので。。。

でも、いつもならあまり出かけないところを、母を案内しようと色々なところに観光に出かけたため、なまり切ったドイツ語を(笑)使わねばならず、良い勉強になりました。汗

しかし、母と一緒に居たときに会ったドイツ人が、みんな陽気で妙に親切な気がしたのは気のせい…?笑
みんな私たちを友だち同士だと間違えていて、面白かったです。

観光だけでなく、一緒にベルリンフィルも聴けたし、アシスタントの先生のレッスンにも見学に来たり、学校も見てもらたし、来てもらって良かったです。

次はいつになるか分からないけど、また来てもらえたらと思っています。

schoene_gaze at 05:44コメント(2) 

2006年09月30日

…なってしまいました。

ついに、24回目の誕生日を迎えてしまいました。

今年はこちらへ来て、2回目の誕生日。
でも「初めて」のことがたくさんありました。

30日になった瞬間から友だちから続々とお祝いのメッセージが届き、みんなが思ってくれることを実感。
天気も良く、見るもの全てが新鮮に見えました。

そして夕方からは留学仲間のおうちへ呼ばれていました。到着するとみんなおそろいで出迎えてくれ、みんなの手作り料理に驚くやいなや、“ハッピーバースデー”のピアノの音色が聞こえ…。さらに素敵なプレゼント、心のこもった寄せ書きのメッセージカードまでもらい…感激で胸がいっぱいでした。

誕生日のその日に、家族でなく友達大勢に祝ってもらったのは、私にとって初めての経験でした。

一生忘れられない、思い出深い誕生日となりました。
本当に友だちは宝物ですね。

みんな、ありがとう。

schoene_gaze at 05:29コメント(0) 

2006年09月23日

芸術週間!2

今回は、9月11日、ベルリン音楽祭の一環として行われた「アムステルダム・コンセルトヘボウ/マリス・ヤンソンス指揮」のコンサートについて書きたいと思います。


先に感想を言ってしまえば…本当に素晴らしかった!!


このコンサートに行ってから時が経った今でも忘れられないくらい、感動で心震える、印象深い夜でした。

ベルリンフィルをだいぶ聴いている私ですが、彼らには本当に圧倒されっぱなしでした。。
何より、オーケストラが本当に“一丸となって”音楽に没頭している、その姿勢に本当に心打たれました。みんな、音楽が好きで好きでたまらない…1音1音に生命が吹き込まれ、「魂」がこもっているんですね。
特に後半のマーラー1番。情景がまざまざと目の前に浮かぶようで(本当に冒頭部分では森の中に居るようでした!)、あんな経験は初めてでした。

指揮者も素晴らしかったし。的確に指示を出し、オーケストラと音楽を共有もしてて。弱音の優しく震えるような音色には、目頭が熱くなりました。


いつかアムステルダムに行くことがあったら、ぜひその時は聴きに行こう、と心に決めている私です。

schoene_gaze at 05:19コメント(0) 

2006年09月14日

芸術週間!1

いやはや、すっかりご無沙汰になってしまいましたが…私は元気でやってます。
ベルリンは最近暖かい日々が続いて(ついこの間まで秋もしくは初冬かと言うくらい寒かった!)、嬉しい限り♪

さて、そんなベルリンでは目下、「ベルリン音楽祭」というものが開催されています。
それまでは夏休みのためコンサートがほとんどなかったということもあって、コンサート会場から遠のいていた私ですが、ここ1週間のあいだに計3日間、オペラにコンサートに通いつめちゃいました!すっかり芸術づいてまーす。

あ、その前に新ナショナルギャラリーでやっていた「ベルリン―東京、東京―ベルリン展」にも行ったので、その様子からお伝えします。続きを読む

schoene_gaze at 07:02コメント(0) 

2006年08月01日

初上陸。

ここ5日間ほど、カナダのトロントに行ってました。
私にとってアメリカ大陸は初上陸でした。

トロントのダウンタウンは本当に都会で、周りは高層ビルがバンバン建っていて、あまり外国に居る感覚がしませんでした。コンビニもファーストフードもたくさんあって、アメリカ的な雰囲気を感じましたね。室内はクーラーがガンガンに効いてるし、湿気もあって…“日本の夏”を思い出しました。笑

そんなアメリカ的=日本的なトロントで、久しぶりに31アイスクリームで大好きなチョコミントアイスを食べ、ベルリンでは食べれない柔らかい牛肉(しかも半生!)を食し・・・大満足。思わぬところで、ちょっぴりだけど、“日本”を味わえちゃいました!続きを読む

schoene_gaze at 07:32コメント(0) 

2006年07月25日

やっと・・・

今朝、先のドイツ語中級終了試験の結果が出ました。

この2週間、本当〜〜に長かった!!!!


さて、結果の知る方法は3つありました。
学校の掲示、電話、インターネット。


初めから掲示を見に行く気はサラサラなかったし、ネットで出来るなんてステキ!って思ってたというのに、いざトライしてみたら一体どこで試験の結果を見れるのか、さっぱり分からない。。。困ったなぁ。。

仕方ない・・・と、震える手で受話器を取り、ダイヤルし、震える声でおぼろげな怪し〜いドイツ語で質問し、事務員のおばちゃんに名前を告げました・・・(このときの私はきっと顔は冷静を装いつつも、内心激しく動揺していたはず。心拍数も確実にあがっていたことでしょう。)



そして、結果、、、











無事合格しました!!!はーーーー良かったぁ。。。



これで学校から追い出されない!…と思います。笑


それにしてもおばちゃん、私の苗字を聞き取れなかったらしく、何度も自分の名前を連呼してはスペルも言っちゃって、ワタシなかなか怪しい人でしたね。ますますドキドキしちゃったし…頼むよ、おばちゃん。。。

でも「本当におめでとう!心から祝福するわ!!」って言ってもらえて…嬉しかったー。良いおばちゃんでした。


私には昔から、どんな試験においても『結果が出るまでに油断したり気を抜いたりしたら、その瞬間落ちてしまう』と思い込んで、ずっと緊張していようとする変な性癖(?)があるらしく、今回もそのせいで無意識のうちにかなり気を張っていたようです。もうちょっとリラックスして待ってても良かったのかな…って気もしなくもない。。。おかげで今、へとへとです。


でも、これで“本当に”一段落!!!



…でも要注意です。このままパラダイスモード全開になっちゃって、今後ドイツ語の勉強をしなくならないように気をつけないと。頑張りまーす。。。。


でも私、そういえば、フランス語も勉強したい!なんて言ってたっけな…。。
語学学校の友達とも、「試験が終わったらお互い日本語とフランス語を教え合いしようね!」なんて言ってたし…どうしましょう。笑

schoene_gaze at 02:51コメント(4) 

2006年07月15日

近況報告

すっかり、本当にご無沙汰していました。。。
ようやく時間が出来たので更新しています。


早いものでこちらに来て2学期目が終わり、バカンスに入りました。
ここ数ヶ月、いろいろなことがありました。

みなさんのご存知のところでは、サッカーワールドカップ。
開催国で試合を観戦できたことは、またとない貴重な経験でした。

日本人としては日本が敗退してしまったのが悔しかったけど、日本の分もドイツに頑張って欲しいと途中から“にわかドイツファン”になり、試合のたび観戦する日々でした。笑

しっかしすごい盛り上がりでしたよー。
日本で開催された時もあんなだったっけ?みたいな…。
どこもかしこもドイツ国旗、ドイツ国旗、ドイツ国旗。黒、赤、金。。。
お店の入り口、車の窓、帽子、洋服、ペインティングだけでなく、はたまた国旗自体を体に巻きつける人までいる始末…。

そんなこんななので、ドイツが勝った日には、もう街中大騒ぎでした。クラクションプープー鳴らすわ、大合唱するわの大興奮ぶり。夜中だろうが構いやしません。
3位決定戦でポルトガルに勝ったときなどは、夜中の1時半にも騒ぎ声が聞こえました。有終の美を飾れて本当に良かった。おめでとう、ドイツ!
カーンもレーマンもカッコ良過ぎだったよ。
ドイツの監督クリンスマンもステキだったし、本当に楽しませてもらいました。

サッカーのおかげで、すっかりドイツに愛着がわいちゃいました。
約1ヶ月にわたってドイツに夢と興奮、希望、そして連帯感をもたらしてくれたサッカーは、ものすごいパワーを持ったスポーツですね。


そして個人的なところでは、つい数日前、語学の試験が終わりました。
私が今まで語学学校に通っていたのはこの試験のためだったし、外国人に必ず義務づけられている試験でした。

試験は2日に分けて行われ、1日目は筆記(4時間以上!)、2日目は口頭でした。
あとからミスに気づいたり、後悔することが多々あり。。口頭でも妙に緊張しちゃって、言おうと思って準備していたことが言えなかった…泣。

まだ結果が分からないので気が気じゃないけれど、とりあえず一段落というところなので、近況をご報告です。

さて、これから長い夏休み。残念ながら日本へは帰りませんが、ヨーロッパをちょっと旅行しようかなと思ってます。

これからまた、気持ちを新たに頑張っていきたいと思います。

schoene_gaze at 19:22コメント(2) 

2006年05月13日

あれから1年と1週間 3

初めてベルリンに来てから、今日でちょうど1年と1週間経った。

飛行機から見たベルリンの第一印象はとにかく「四角い!!!」ということだった。都会だし、建物すべてが大きく、そして整頓されている。
それは、私がそれまで持っていた「秩序正しく生真面目」というドイツのイメージそのままだった。

実際に降り立ってみても、広い道路、整えられた歩道や車道、無情そして恐ろしいまでの信号機の「青」の短さに圧倒されぱなしであった。

もう1年か―。
去年の手帳を見て、あの頃の気持ちを色々と思い出した。メモがまた懐かしい。レッスンを受講したり見学に行ったり、発表会を聴きに行ったり、不安定な身の上でありながら初めての独逸生活を体中で満喫していたように思える。

ただ忘れてはならないのは、本当に今まで私はたくさんの人に支えられ、助けられてきたということ。彼らが居なかったら、今の私はなかっただろう…本当にありがとう。

先日も、とある近所のスーパーで助けられた。
割合高級志向のスーパーだったので思ったより値段が跳ね上がり、銀行からおろしていたと思っていたはずの現金がお留守であった。仕方なくカード払いにしようと思ったのだが、持ち合わせのカード2枚とも何故か機械が読み込まない。(残額はあるはずなのに…)

仕方なく近場のATMでおろしてこようと思い、レジに品物を置かせてもらえるかと言おうと思ったら、なんと後ろにならんでいたマダムがおもむろに20ユーロ札を出し「彼女の分をこれで払って」と店員に手渡したではないか。店員は無表情にもう1度レジ打ちし、彼女におつりを返した。

私はマダムに「近くでおろして来るので待っていてください」と伝えたが、彼女は「これはプレゼントなの、あなたに“あげる”と言ったでしょ」と言ってウィンクし、去って行ってしまった…とっさにお礼を言ったがいたたまれない気持ちになり、申し訳なさと感謝の気持ちで胸がいっぱいになった。

世の中には本当に親切で心の豊かな人がいるものだ…身に沁みて感じた。今度は私が誰かの役に立ちたい―いつか経済的に余裕が出来たらその時は、困っている人をすすんで助けたいと、心に誓った。

schoene_gaze at 21:40コメント(4) 

2006年04月25日

一段落。 3

更新またまた遅くなりました。
言い訳と言っちゃあなんですが、最近mixiを始めまして…そっちの方が日記書きやすいんですよね。どうもそっちばかり更新して、こっちがおろそかになるという構図が出来上がってしまいました…まずいまずい。

さてさて、つい昨日本番が終わりました。おとといも一応弾く機会があったので、ここのところバタバタしていたのです。学校も始まったし。。と言っても授業は語学コースのみだけど。新しいメンバーがかなり入ってきて、みんなそれぞれ個性的な人々で圧倒されっぱなしでした。語学は7月に試験が控えているので、そろそろ本腰入れていかないといけないなぁ。

でも、とりあえず今は一段落です。今後は室内楽と5月後半にあるシューマンのコンサートに向けて頑張ります。
室内楽は語学コースでの友だちA達とフォーレのピアノカルテット1番を勉強する予定です。私の希望で決まったのですが、とっても素敵な曲!みなさんも是非、聴いてみてください。
シューマンのコンサートというのは門下内でシューマンと彼に関わった作曲家達の作品を演奏する会でして、室内楽もありソロもありという内容です。私はシューマン最後のピアノ曲「暁のうた」を弾くことにしたためか、はからずもトリになってしまって…やばいなぁ。今さらながら焦ってます。。。

さぁ、気を新たに頑張ろうっと。

schoene_gaze at 14:46コメント(0) 

2006年04月13日

最近のお話。

やっとParis旅行記も書き終え、ホッと一段落…と思ったらいつの間にか時は無情にも過ぎゆき、いつしか4月、しかも中旬にさしかかってしまった。。このままではいけませんねぇ…。

遅ればせながら近況を写真とともにお伝えします。
続きを読む

schoene_gaze at 08:08コメント(3) 
Profile
Misa
ベルリンにて修行中のピアノ弾き。

早いもので、こちらで迎える冬も2度目となりました。去年はマイナス18℃まで下がった記録的大寒波でしたが、今年は打って変わって暖冬。。
ですが、最近ようやくベルリンも冬らしくなり、雪が降り積もるようになりました。日も少しずつ長くなり、春の訪れが待ち遠しいこの頃です♪

不定期ではありますが、毎日を楽しみつつ、“思いつくままに”つづってゆきたいと思います。

みなさまのコメントをお待ちしています☆