yogurting ヨーグルティング

2008年06月27日

信賞必罰#3 必罰せざる者の運命

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

以前、「懲罰房#1 毎日が廃刊になるまで♪」

http://blog.livedoor.jp/school_for_patriot/archives/50665963.html

で伝えたが、毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」が卑猥でフザけたニュースを5年間にわたって配信し続けていた。

そのことについて批判や抗議が殺到したため、毎日新聞はあわてて謝罪し、「Mainichi Daily News」にあるコーナー、「WaiWai」を廃止した。

毎日デイリーニューズ「WaiWai」についてのご説明とおわび

http://mdn.mainichi.jp/culture/waiwai/etc/owabi.html

<引用開始>

毎日新聞社の英文サイト「毎日デイリーニューズ」(Mainichi Daily News)上のコーナー「WaiWai」にこれまで掲載した英文の記事について、「低俗過ぎる」「誤解を与える内容を世界に配信し日本をおとしめた」などの批判や抗議があり、このコーナーの廃止を決めました。この経過が一部ネットニュースに紹介され、毎日新聞社に問い合わせをいただいております。デジタルメディア局には英文毎日編集部と総合情報サイト「毎日jp」編集部があり、ご指摘を受けた記事は英文ニュースのため、Mainichi Daily News上で同コーナー中止のお断りを掲載しました。

 Mainichi Daily Newsは毎日jpとリンクしており、今回の経過説明を日本語でも詳しく行い、毎日新聞社として、批判をいただきました記事へのおわびを申し上げます。

 【概要】「WaiWai」は数年前より、国内の週刊誌などの報道を引用し、日本の社会や風俗の一端を紹介してきました。5月下旬、英文毎日編集部に対し「WaiWaiの英訳記事は低俗過ぎる」との抗議電話を受けたほか、インターネット上の掲示板での批判も始まりました。これを受け、インターネットニュースでもこの問題が取り上げられました。

 その多くは「このような記事を英語で世界に発信した影響をどう考えるのか」「日本が誤解される内容を広めているではないか」とのご意見でした。

 【対応】5月下旬に批判を受けた記事は、日本国内で発行された雑誌の一部を引用したものとはいえ、Mainichi Daily Newsサイトに掲載したことは問題があったと考え、その時点で削除し、それ以外に問題がありそうな過去記事もアクセスできないようにしました。また、外部検索サイトにも非表示にするよう要請しました。

 その後、「WaiWai」については編集方針を改め、掲載記事の選択基準も大きく変更しました。しかし、過去の記事の紹介の仕方に不適切なものがあったこと、今後同様の批判を受けることがないよう確かな編集体制をつくろうと考え、根本的な見直しを行い、6月21日、当該コーナーを廃止することを決定しました。Mainichi Daily Newsサイト上に「不適切な内容の記事とのご指摘がありました。ご批判をうけ、コーナーを廃止することにし ました」とのおわびを掲載しました。

 今回、改めて日本語と英語による経過説明とおわびを掲載するとともに、監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分します。

 Mainichi Daily Newsならびに発行元の毎日新聞社は、今回の読者の皆さまのご意見を真摯に受け止め、今後信頼される情報の編集、掲載に努めてまいります。【毎日新聞社デジタルメディア局】

<引用終了>

>監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分します。

>監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分します。

>監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分します。

そして、昨日、平成20年(2008年)6月26日、

3人は厳重に処分された

これが厳重な処分とやらだ。

毎日jp/毎日新聞社:株主総会 役員人事など可決・承認

http://mainichi.jp/select/biz/news/20080626k0000m020142000c.html

<引用開始>

毎日新聞社は25日、第31回定時株主総会を開き、役員人事など5議案を原案通り可決・承認した。続いて開かれた取締役会、監査役会で、役員、執行役員の人事と担務を正式決定した。

<役員>

代表取締役会長(代表取締役社長)北村正任

代表取締役社長(常務取締役、主筆、編集担当、出版担当、デジタルメディア担当)朝比奈豊

取締役副社長、大阪本社代表(常務取締役、東京本社代表、グループ戦略担当)観堂義憲

専務取締役、販売担当、営業戦略本部長(専務取締役、営業戦略本部長)長崎和夫

専務取締役、東京本社代表、制作・技術担当(常務取締役、人事・総務本部長、資財本部長、制作・技術担当、本店管理担当)三島誠

常務取締役、広告事業本部長(取締役、広告事業本部長)渡辺良行

常務取締役、経理本部長、本店管理担当、グループ政策担当(取締役、経理本部長)高梨一夫

常務取締役、主筆、水と緑の地球環境本部担当(取締役、経営企画担当、コンプライアンス担当、事業担当、広報担当)菊池哲郎

取締役、西部本社代表(常務執行役員、社長室長)田中青史

取締役、社長室長、コンプライアンス担当、広報担当(常務執行役員、大阪本社副代表)山崎一夫

取締役、編集担当、東京本社編集局長(常務執行役員、東京本社編集局長)伊藤芳明

取締役、人事・総務本部長、資財本部長(執行役員、内部監査室長)羽田恒夫

取締役、デジタルメディア担当、出版担当、新規事業担当常務執行役員、デジタルメディア局長)長谷川篤

取締役、事業担当、東京本社事業本部長(常務執行役員、東京本社事業本部長)常田照雄

取締役井上 弘

同山本雅弘

常勤監査役高尾義彦

同(専務執行役員、中部代表)岡部 仁

監査役志甫 溥

同藤原作弥

補欠監査役緒方喜啓

顧問(取締役副社長、大阪本社代表)出口正作

顧問(常務取締役、西部本社代表)淵上忠之

顧問(常勤監査役)中村啓三

<執行役員>

常務執行役員、中部代表(常務執行役員、出版局長)森戸幸生

常務執行役員、東京本社販売局長有澤満紀

執行役員、大阪本社副代表、大阪本社代表室長(大阪本社代表室長)渡会文化

執行役員、論説委員長潮田道夫

執行役員、内部監査室長(人事・総務本部次長)矢吹修一

執行役員、大阪本社販売局長上田薫

執行役員、西部本社販売局長宗弥治郎

執行役員、北海道支社長喜多照三

執行役員、グループ戦略本部長杉浦正明

執行役員、新規事業開発室長(新規事業開発室長)増田耕一

 毎日新聞社(20日)

【東京】制作技術局長兼務(技術本部長)清水忠

【大阪】制作技術局長(代表室次長)山崎一樹▽代表室次長(編集局次長)中村秀明▽編集局次長兼社会部長兼科学環境部長(社会部長兼科学環境部長)若菜英晴

(25日)【東京】編集局総務(編集局次長)河野俊史▽出版局長(同)大川勇▽デジタルメディア局長(デジタルメディア局次長)磯野彰彦▽人事・総務本部次長兼人事部長(人事部長)西川光昭▽編集局次長兼外信部長(外信部長)吉田弘之

毎日新聞 2008年6月26日 3時00分

<引用終了>

「WaiWai」の担当部長担当編集者がどうなったかはこの記事から知ることはできないが、デジタルメディア局長が取締役になったようだ。

取締役は局長より下なのか?

人事欄を見ると一番上が会長、次いで社長、副社長・・・となっていて、取締役の下に局長がある。

ということは取締役は局長より偉いことになる。

デジタルメディア局長は取締役に昇進したことになる。

局長が取締役に昇進することが厳重な処分なのか?

これで毎日新聞の社運は盛り返せるだろうか?

歴史を鑑みれば悪事を行った者を罰しなかった組織、国家の辿る末路が見えて来るはずだ。

 

天正3年(1575年)、織田・徳川連合軍と武田軍が戦った長篠の合戦で、武田勝頼の退却命令を待たずに穴山信君らは勝手に敵前逃亡した。

その後、家臣らが穴山信君らを処刑するように進言したが勝頼は処刑することができなかった。

その結果、天正10年(1582年)、織田・徳川連合軍が武田領内を攻めた時、穴山信君は織田・徳川方に寝返り、武田家は滅亡した。

 

昭和17年(1942年)旧帝国海軍はミッドウェイ海戦でアメリカ軍に惨敗した南雲中将を罰しなかったため綱紀が弛緩し、戦果を誇大報告したり、機密文書を敵に奪われた参謀が保身のために嘘の供述をしたり、提督が敵船団を目の前にして艦隊を退却させることが起こった。

 

これら組織の規律をないがしろにした武田家や旧帝国海軍のたどりついた末路が毎日新聞の行きつく先にある。

貴様らも

「泣いて馬謖を斬る」

という格言を知っているだろう。

組織の規律は厳正に保たれていなければならない。

そうでなければその組織はいずれ崩壊する。

だが、その「いずれ」を待つほど無気力であってはならぬ!

このまま一気に攻めめくり、毎日新聞を廃刊に追い込め!

 

貴様らの1クリックが日本を正す。

banner2



school_for_patriot at 19:47│Comments(3)TrackBack(1)高等科 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 対北「首相の三無主義」  [ 博士の独り言 ]   2008年06月27日 23:47
国民を守れない首相の「三無主義」 かすむ「拉致」福田政権打つ手なし 北朝鮮のテロ指定国家解除へ  北朝鮮が26日に核計画を申告し、??.

この記事へのコメント

1. Posted by うん   2008年06月27日 21:58
そうだ!
2. Posted by sarah   2008年06月28日 23:39
毎日新聞では、日本を貶める業績で昇進が決まると言うことか・・・・・・
3. Posted by 真・愛国無罪   2008年06月29日 19:27
>うんさま
そうです。毎日新聞に日本と日本人を侮辱した代償が高くつくことを骨身にこたえるぐらいわからせてやらねばなりません。

>sarahさま
ただ、退職金が手に入ることはないかと・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字