yogurting ヨーグルティング

2008年07月14日

在特会來來! 新風來來!

わしが愛国学園園長真・愛国無罪である。

わしは「下関市教育長”第二次壇ノ浦の合戦”に敗北す」

http://blog.livedoor.jp/school_for_patriot/archives/50676851.html

で、

だが、在特会と日本国を憂うるものたちの声援・激励を受けたにも関わらず下関市教育長は謝罪したそうだ。

と書いたが、せとさんのブログを読むと意外と今回の街宣活動の評価が高く、教育長の謝罪に失望していないのに驚いた。

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』/「在特会」が下関闘争で敵を追い出す

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51975454.html

<引用開始>

朝鮮総連は総力を挙げて抗議行動を行い。市庁舎に入り込み市長室前で違法な座り込みまでして、圧力をかけて嶋倉教育長の発言を撤回させようと躍起になっていました。

 謝罪を勝ち取った後には、これまで通り、反日朝鮮民族学校への多額の補助金をせしめようとしていたことは明らかでした。ただ、詫びるなどということでは、朝鮮総連は絶対に引かないのです。

 正式に謝罪させ、その上で補助金を増額させる。これが朝鮮総連のいつもの常套手段であり、そのための座り込みでありました。連日70人ほどの朝鮮人が動員されていたと言います。

 ところが、どうでしょう。『在特会』の桜井誠会長が下関市に乗り込むことを知った朝鮮総連は、市側と急遽妥協して座り込みを解除して市庁舎から姿を消しました。

 桜井誠会長「7・10下関街頭活動」

 http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10115297404.html

 嶋倉教育長が「自らの発言で迷惑をおかけしました。」と謝罪はしたが、それは朝鮮総連側へ直接したわけでもなく、補助金についても増額を認めたわけでもないのです。

 これまでだったら、とても考えなれないケースです。

 朝鮮総連側も『在特会』との前面衝突を恐れ避けたのではないか?今多くの人はそのように見ているようです。

 彼ら朝鮮人が市庁舎内で座り込んでいる姿がネットで生中継され、全国に放映されたらどうなるか?

 その場に桜井会長、維新政党・新風山口県本部が乗り込んで糾弾したらどうなるか?

 そのことを考えた末に、彼らは市庁舎から撤退したのです。

 この戦いは多くのネット市民が参加をして、支援してきた『在日特権を許さない市民の会』が全面的に勝利したのです。

<引用終了>

 

>『在特会』の桜井誠会長が下関市に乗り込むことを知った朝鮮総連は、市側と急遽妥協して座り込みを解除して市庁舎から姿を消しました

>嶋倉教育長が「自らの発言で迷惑をおかけしました。」と謝罪はしたが、それは朝鮮総連側へ直接したわけでもなく、補助金についても増額を認めたわけでもないのです。

 

「戦争は目的を達成した方の勝ちである」

といった趣旨のことをクラウゼヴィッツは言った。

在特会と新風に対して議論することもせずに退散し、教育長から直接謝罪を勝ち取ることも多額の補助金をせしめることもできなかったのだから朝鮮総連&朝鮮人学校側が敗北したのは確かだろう。

だが、こんな小さな勝利で満足していいのだろうか?

この”第二次壇ノ浦の合戦”は在日に対する究極の勝利の前の小さな一歩に過ぎない。

次の段階では正しい歴史認識を広め、日本人の中から

>私(ウリ)たちよりも日本(イルポン)

の方々が率先して動いてくれている

 

などと在日に言わせるような輩の権威を失墜させ、日本人がそいつの意見を無視するようにする。

第三段階では反在日の世論を盛り上げ

在日が利権獲得を要求しても役人が毅然とした態度で

門前払いするか強制排除できるようにする

第四段階では在日から日本人より勝る在日特権を剥奪する

最終的には日本の伝統・文化を尊重し、日本に忠誠を誓うごく少数を除く大部分の在日朝鮮・韓国人を

日本から強制退去させる

これが日本の在日に対する

 

究極の勝利

 

である。

 

戦は数だぜ!兄貴

 

の言葉のとおり、究極の勝利を達成するにはやはり在特会と新風の会員・党員数の増加は不可欠である。

もう一度お願いする。

売国奴に面と向かって立ち向かう勇気のある者は

在特会

http://www.zaitokukai.com/

や維新政党・新風

http://www.shimpu.jp/?hombu47

に入会してほしい。

 

諸君らの1クリックが日本を正す。

banner2

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



school_for_patriot at 14:43│Comments(4)TrackBack(2)中等科 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 児玉誉士夫 在日説の異聞…北朝鮮利権とは何か?  [ 東アジア黙示録   ]   2008年07月14日 17:15
政界と裏社会に通じた黒幕・児玉誉士夫が非日本人だったとする説がある。韓国政界・在日組織との不可解な接点。そして児玉の失墜で浮上した半島絡みの利権が示唆するものとは…。
2. 国連は「中露の根城」  [ 博士の独り言 ]   2008年07月15日 23:00
中露に振り回される「国連」 ジンバブエ制裁 中ロ「安保理介入」に神経質 拒否権を行使  独裁を続けるジンバブエのムガベ政権に対す...

この記事へのコメント

1. Posted by sarah   2008年07月14日 20:53
 やはり、Doronpaさんの正論は、史実とデータに基づいてるから、在日側は反論できないよね
 ましてや、総連なんかは〜

 早く、在特会も会員1万人越えませんかね
 まちどおしいお(^ω^)
2. Posted by 真・愛国無罪   2008年07月14日 22:18
>sarahさま

>やはり、Doronpaさんの正論は、史実とデータに基づいてるから、在日側は反論できないよね

ましてや今はインターネットが発達してウソ・ハッタリが簡単にバレるようになりましたから。
あとはその真実・正論を信念をもって、気迫をもって在日に叩きつけて屈伏させるだけです。
3. Posted by abusan   2008年07月15日 08:24
大義の無い連中が「勝てない」のは至極当然の事で有り逆に言えば在特会、
維新政党新風等は「国民の大義」を大事にしなければならないと言った
当たり前の事が改めて示されたと言うことです。

何の大義も持たず、徒に日本に対し敵対的行為をとる朝鮮半島の連中に
舐められるようではお終いです。┐(´ー`)┌

目先の勝敗に一喜一憂するは愚かしい事。大義を以て信念を貫いてこそ
目的は達成できる事も示しているのでしょう。

戦に「なんとかの大義」が如何に大事か。ウサマ・ビンラーディン容疑者が
なんとか親米派などに捕まらずに生きていけるのは幾ばくかの
「アラブの大義」を保持しているからだと考えられます。それに比べれば
朝鮮の糞連中は屁のつっぱりにもならん!と言うことです┐(´ー`)┌
4. Posted by 真・愛国無罪   2008年07月15日 22:23
>abusanさま
>戦に「なんとかの大義」が如何に大事か。
大義があればこそ人は勇気を振り絞って敵に立ち向かえるのです。
そして、大義をもって立ち向かう仲間が増えれば増えるほどより大きな力を発揮できるのだと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字