2017年01月23日

昼下がり

IMG_0383

特にすることもなくのんびり過ごした月曜日。犬はいいよなぁと。

2017年01月21日

冬のリバースミス

IMG_0407

わけあって・・・、朝から真冬のリバースミスへ日帰り出張。
2月のサケの稚魚放流バスツアーのためのお仕事でしたが、一人では寂しいので、ベローナを連れてのロングドライブ。冬の常陸太田市は空気が澄んでいて、気持ちがよく、リフレッシュできました。

IMG_0394


IMG_0412


2017年01月18日

駄々っ子

IMG_0382

ブレスは散歩が楽しいのか、帰りたくないと駄々をこねて困らせているようです。
せっかく洗ったのに砂だらけに。

IMG_0379


2017年01月17日

クレアの自由行動

IMG_0364

四頭揃っての登校。今日から六年生のA組が学級閉鎖となったのでB組のメンバーだけでのお世話。

IMG_0351

ちょっとした隙にリードが手から離れてクレアがフリーに!
中庭を全速力で駆け回るクレアにはもう誰も追いつけません。
呼び戻しの訓練はまだやって無いので来期の課題が見つかりました。
気持ちよさそうに走って満足した様子。この後の聖書の授業はバディウォーカーにリードを持ってもらって四頭揃って授業へ参加してみました。
教室に犬が四頭もいると人と犬の人口比9:1っていう光景は、やや異様でした。

IMG_0371


2017年01月15日

【告知】「ペットの王国」ワンだランド次週放送

42

以前放送していただいた朝日放送のペットの王国ワンだランドの放送日が決まりました。
次週22日の日曜日、朝9時30分から、全国放送です。
春に取材を受けてから数ヶ月、バディウォーカーの子どもたちの成長を追跡取材という企画です。

IMG_0765


IMG_0828


2017年01月13日

ベローナのトリミング

IMG_0307

ベローナのトリミングをしていただきました。
昨年から通算でもう11回目とお世話になっております。
ヒート中ということもあり、お尻が気になりながらも、「かわいいね」「いい子だね」と励まし、褒められながら綺麗にしていただきました。
ヒート(発情期)真っ最中なので、話題はベローナの繁殖にも。こんなお転婆で落ち着きがない子がお母さんになるなんて正直、今は全く想像できませんが…。

IMG_0325


2017年01月10日

玖礼愛

IMG_0297

始業式の朝、小さな書道家さんからの書き初めのプレゼント。
今年はクレアでした。素晴らしい!

2017年01月08日

BRUTUS特別編集 やっぱり犬だって。

IMG_0586

昨年、ご紹介いただいたBRUTUS(マガジンハウス)の犬特集が増ページして特別編集版が発売されました。取材時、ライターの方から「空前の猫ブームにあえて対抗したい!」というお話しがあったのを思い出しました。久々の犬特集は大好評で、あっという間に完売だった為、今回は再版プラス増ページだそうです。犬好きの方はもちろん、犬を飼ってみたいなという方は是非どうぞ。
私も記念に買っとこう!と思っていたら編集部から学校へ献本いただいていました。

IMG_0286

紹介ページは前回のものと同じです。
いつになくシリアスな表情のクレア。残念ながら新入りなので今回のBRUTUSには登場してません。

IMG_0272







2017年01月06日

ベローナ負傷、その後

IMG_0239

昨日の出血から一夜明け、血も止まっているので、学校へ今年最初の出勤。
車から降ろそうとすると、また出血。どうやらケージの網の部分でまたこすってしまったようです。
バディルームでは大きめのケージに入れて安静にさせておきました。

IMG_0249

帰宅後、消毒と止血剤で患部を治療。今はかさぶたになっているので、しばらく様子を見ることにします。こちらの止血剤こんなに少量なのに3294円!やれやれ。

IMG_0253

帰宅後はウィルとブレスを夕暮れの公園へ。
ウィルじぃさんは最近、善福寺公園の池の周りを走って一周できるほどに元気です。

IMG_0246




2017年01月05日

ベローナ負傷か?

IMG_0207


IMG_0373冬休みもあと僅か、休み中は近所の善福寺公園散歩が日課となっている犬達です。
ところが今日、散歩からの帰宅後ベローナの首輪やリードが血だらけに!
ヒート中なので多少の出血はあったのですが、ポタポタと地面にもかなりの量の血が落ちているのでびっくり。
散歩中は他の犬には近づけず、どこかにぶつかったような事もなかったのですが、血を拭き取りながら患部を探すと右耳の先端に小さな傷を発見しました。
どうやら草むらに匂いを嗅ぎに行った時に硬い棘のようなものが刺さってしまったようでした。しばらく押さえていると出血も治ってきたようなので、とりあえずケージの中でしばらく安静にさせておきます。
本人は痛みを感じている様子はなく、アタフタしている人間を見て不安そうにしていました。