2016年07月22日

一学期、無事に終了。

IMG_9842

一学期も本日で無事に終了。
今年は軽井沢キャンプや保護者面接などの関係で終業式が例年よりも約1週間、遅くなりました。長かった〜。
今年度のバディウォーカーさんたちは総勢51名、大所帯でのスタートでしたが、誰も当番を忘れたり、さぼったりすることなく、本当にみんな一生懸命、犬たちのお世話に取り組んでくれていました。まだまだベローナに振り回されたり、ウィルが歩かなくなったりとドタバタは続いていますが、とてもいいチームになりつつあります。
これから始まる長い夏休みは、学校犬たちは家庭で過ごすことになります。暑い日は散歩も億劫ですが健康管理に気をつけながら、ケアしていきたいと思います。

小学館の学習雑誌「小学2年生」の取材を受けました。9月号にて掲載予定だそうです。

2016年07月13日

ベローナお見合い写真に。

IMG_0862

定期的にボランティアでお願いしているベローナのトリミング。
今月はいつものトリマーさんたち総勢5名で2時間半のグルーミングでした。
背中の毛もビシッと張り付いて素敵に仕上げていただきました。なんちゃってショー立ち。

IMG_0813


2016年07月12日

軽井沢キャンプ 無事に終了しました。

IMG_1183

無事に3年生から6年生までが4期間にわたって行われた軽井沢キャンプが終了しました。
千ヶ滝の立教女学院キャンプ場が利用できないため、6月末から7月上旬という時期での実施は天候や準備期間、引率教員の配置など課題が多く、正直言って運営する側は本当に苦しいところなのです。
しかしながら、その苦労をおしてでもキャンプの教育的効果は大きく、プライスレスです。
子どもたち一人ひとりの成長、クラスや学年、集団としての成長。生活をつくる、一人ひとりが役割を持つ。仲間と協力をする。神様の支えを感じることができる。しんどいけれど、他には代えられないプログラムだと実感しています。

IMG_9792

だからこそ、立教女学院のキャンプ場の再建を一日も早く実現させたいと願っています。

IMG_1171


IMG_1166

2016年度キャンプ、一番の大物は千ヶ滝で遭遇したカモシカ!

IMG_3380



2016年07月11日

軽井沢キャンプ第四期「第3日目」

IMG_1062

本日で3年生は帰京。優しい6年生に支えられ、無事に全てのプログラムを終了。

IMG_1066

緑の芝生でたっぷり遊びました。

IMG_9810


IMG_1140

さて、6年生は最後の夜。午前中は小瀬から白糸の滝までのハイキング。午後からは水遊びや肝試しとプログラムが目白押し。水鉄砲や水風船で遊びました。

IMG_1159

そして夜に備えてテントの設営。

IMG_3449

消灯時間が過ぎても、暑いです〜、水飲みたい〜。トイレ行きたい〜!となかなか落ち着かない様子。
不安な夜中は犬が守りますよ?

IMG_3517


軽井沢キャンプ第四期「立教女学院キャンプ場」

IMG_9791

2015年度から耐震問題で利用が中止されている「立教女学院キャンプ場」。
1952年から長きにわたって女学院生の野外教育、修養の場として大切に使われてきました。
卒業生の皆さんにとってはかけがえのない思い出の地。「今の子どもたちにもその想いを受け継いでもらいたい。」と、すべてのキャンプ期間中に一度は訪問し、千ヶ滝の木々に囲まれた素晴らしい環境を味わってもらうことにしています。
初めて訪れた3年生の中には「お母さんが話してくれたのと一緒だ!」とか、「キャンプのしおりの絵と同じだ!」「ここでキャンプができたらいいなぁ」などの声が上がりました。

IMG_0964


IMG_0956

森の中でベローナと駆け回る子どもたち。こちらは2003年から毎年繰り返された光景です。

IMG_9789


2016年07月10日

軽井沢キャンプ第四期「第2日目」

IMG_0891

朝の礼拝、ラジオ体操が終わると自由時間。
この1週間は毎朝、7時半から犬も子どもも全速力で駆け回っています。

IMG_0872

芝生でのフリスビーも日課に。子どもたちも上手に投げることができるようになりました。

IMG_0853

ウィルは優雅にお昼寝。枕にしたり、されたり。気持ち良さそうです。

IMG_0893


IMG_0912

ふとした瞬間、犬がいるとその場の空気が和みます。
犬を間において、人が集まり、会話が生まれ、笑顔や柔和な表情に。
こういうのを人は「癒し」というのでしょう。
「癒し」と言うよりは「和み」の方が近いように感じる瞬間です。

IMG_0920



2016年07月09日

軽井沢キャンプ第三期「第4日目」/ 第四期「第1日目」

IMG_9773

6年生だけのテント泊は夜中からずっと雨。困ったなぁと思っていましたが、それほど大雨にはならず、なんとか朝まで耐えしのぎました。
6時の起床の合図で犬たちも子どもたちのテントへ。雨が降っていたのでテントの片付けに時間がかかりましたが、無事に東京へ到着したということでした。とても充実したAキャンプでした。

IMG_0679

充実感と疲労感を感じる間もなく、12時には3Bと6Bのフレッシュな子どもたちが到着。
個人的には3回目のハンバーグで初日がスタートしました。

IMG_0660

夕方から、ようやくお天気が回復したので、犬たちと対面。さっそくボールで遊びます。

IMG_0672


IMG_0664

低気圧、曇り空のキャンプ初日で、多少ホームシックになる子もいるようですが、楽しいことを考えるようにして、なんとか乗り切ってもらいたいと願っています!

IMG_0685



2016年07月08日

軽井沢キャンプ第三期「第3日目」

IMG_0599

3年生との合同キャンプは今日の朝で終了。たった三日間でしたが、6年生が本当によく3年生のお世話を頑張ってくれたので、楽しく濃密なキャンプとなったようでした。
来週すぐに学校でまた会えるというのに、最後は涙、涙の感動のお別れセレモニーでした。
その後、6年生は小瀬から白糸の滝までのハイキングと千ヶ滝での水遊び。
夕方はスイカ割りの後、みんなでテントの設営。

IMG_0610

ウィルとベローナも不思議そうにテントが組み立てられていく様子を眺めていましたが、最後は中に入れて!と駄々をこねていました。
現地での雨雲レーダーでは今夜遅くに大雨になりそう。
テント泊はこの後、どうなることでしょう・・・。

IMG_0624


2016年07月07日

軽井沢キャンプ三期「第2日目」

IMG_0578

キャンプの朝は6時起床、6時半から礼拝、そして芝生でラジオ体操。

IMG_0577

子どもたちに混じってウィルも体操に参加?

IMG_0585

今期は6年生のバディウォーカーがいるので犬のお世話は安心です。ただ、外で遊ぶのが楽しすぎるからなのか、ハウスに悪戦苦闘しております。

本日の軽井沢の「いきもの」トンビ。
IMG_0583




2016年07月06日

軽井沢キャンプ三期「第1日目」

IMG_0549

昨日、4年生が霧の中、帰校したかと思ったら、もう翌日には3年生6年生のA組さんのキャンプがスタートです。軽井沢の気温は30度と、急に暑くなりましたが、木陰では爽やかな風が吹く気持ちの良い一日となりました。

IMG_0566

とんぼ返りの犬たちも、自宅でシャンプーをしてコンディションを整えて参加。
ここに来ると楽しいことが待っていると知っているので、ご機嫌です。

IMG_0571

開会礼拝、ベッドメイキング、自由時間、キャビン紹介と全てのプログラムが無事に終了。
夜中に「寝れない・・・」、と起きてくる3年生も何人かおりましたが、概ね順応している様子です。

IMG_0565