2017年02月27日

天使園ベローナ訪問

IMG_0298

今朝は、天使園にベローナが初訪問しました!
これまではお転婆すぎて、幼稚園のちびっ子たちには刺激が強すぎるとお声を頂いても辞退していたのですが、最近の成長を見て、もう大丈夫かもと初登場。

IMG_0301

犬とのふれあい方、挨拶の仕方などを説明してから、一人ひとりとご挨拶。
誰も怖がったりする子がいなかったので驚きました。すごい天使園!
子どもたちがベローナに優しく接してくれたので、初挑戦のベローナはまるで別犬のように良い子でした。

IMG_0304




2017年02月26日

春の訪れ

IMG_0722

休日の善福寺公園。梅の花にメジロを見つけました。

IMG_0738


2017年02月23日

放課後バディウォーカー

IMG_0685

バディウォーカーの六年生も卒業まであとわずか。一年間の活動で、ようやく最近、犬との遊びを自由に愉しめるレベルになってきました。
先日のペットの王国の取材時には「半年とかで、そんなに成長なんかしてないと思いますけどねぇ…。」なんて言ってましたが、散歩の様子、部屋の掃除やトイレの処理など、友だちと声を掛け合いながらテキパキとこなしています。
忙しくて殆ど大人が関わる事が出来なかったのですが、子どもたちは自分たちで考えながら、自分たちの力で成長していると感じています。

IMG_0698

フリスビーとかじゃなく、だらだらと撫ぜられて過ごしたいブレスとウィルの福島コンビ。

2017年02月22日

朝のお出迎え

IMG_0665

少しずつ暖かくなってきたので、ウィルが朝の児童玄関に登場する機会が増えてきました。
老犬ウィルもお日様が気持ちよさそうです。

2017年02月20日

トリミング

IMG_0640

今日は月一回のトリミングの日でした。今回もプロのトリマーさん4人で綺麗に仕上げて頂きました。

IMG_0643

高級獣毛ブラシで仕上げ中。

IMG_0652

IMG_0657かなりの毛量!
最後の写真はテーブルの上の水皿を立飲みしている様子。

エアデールテリアは人間に最も近い犬種と言われるだけに、まるでヒトみたい。

2017年02月16日

連絡ボード

IMG_0636

忙しいバディウォーカーの子どもたちですが、今年度の6年生は比較的、お当番の仕事をしっかりと守ってやってくれていると思います。
例年、2学期くらいから幽霊部員みたいな子がいて、グループ内から不満も噴出します。今年度のメンバーも毎回きっちり来る人もいれば、サボりがちな子もいます。小さな揉め事はあるようですが、しっかりと仕事をする子はみんなから信頼されている様子です。
今日の「連絡ボード」。放課後はパーフェクト!犬たちはスッキリしたということ。

IMG_0627


2017年02月15日

授業の風景

IMG_0283

1年生の授業風景。
この日は聖書係さんに、一人ひとりのお机までの挨拶をお願いしました。
人間が大好きなクレアは尻尾をブンブン振って、愛想を振りまきながら歩きます。
この一年で犬が苦手だった1年生も随分と慣れてきたようで、みんな楽しそうに触れ合っています。

IMG_0291


2017年02月14日

学校犬たちの一日

IMG_0622

一年生、図工の時間の作品。朝、家から赤い車で出発。学校に着いたら聖書の授業へ参加。
とっても可愛らしい作品でした。

IMG_0620


2017年02月11日

鮭の稚魚放流バスツアー

IMG_0596

今年で3回目となる茨城県常陸太田市の久慈川での鮭の稚魚放流バスツアー。
スタディツアーで遡上観察を行なった四年生以上の希望者親子35名の参加となりました。
一昨日は10僂鯆兇┐訛臉磴世辰燭修Δ如∈能蕕卜ち寄った浅川は氷が張っていましたが、今日は青空が広がり、穏やかな天気で気持ちのいい放流会でした。

IMG_0579

学校の水槽で育った約300匹の稚魚たちを地元の方々に案内いただきながら、久慈川へ放流しました。
卵から孵化して海に旅立ち、遠くアラスカの海を周遊し、四年後にまた故郷の久慈川へ戻ってくる確率は1500分の1とも。

IMG_0594

バスツアーでは、スタディツアーでお世話になっている、かなさ笑楽校で常陸秋蕎麦のそば打ち体験。美味しい、つけけんちんそばで頂きました。
美味しいお蕎麦に美しい里山の風景、気持ちのいい1日でした。

IMG_0563







2017年02月08日

学校犬ベローナの成長

IMG_0523

本日でちょうど「ありがとうバディ。記念礼拝」から2年。
そのあとにやってきた三代目のエアデールテリアのベローナはバディの姪っ子、リンクの従兄弟にあたる血統です。同じ血統ということで、どうしても無意識にバディやリンクの面影を探してしまっていたのですが、やはり犬の個性はそれぞれでして、なかなかうまくいかず、学校ではいつまで経ってもピョンピョンと跳ねまわり、手を焼くことがしばしば。
それでも、最近?2回目のヒートが終わったあたりからか、ベローナがようやく落ち着いて学校生活を送れるようになっているのを感じています。

IMG_0514

1年生の聖書の授業へ、聖書係さんと一緒に出発。

IMG_0515

授業中は静かに寝そべって待機。子どもたちの声にもようやく慣れたようです。

IMG_0517

お昼寝の邪魔をされても、落ち着いてお相手。

IMG_0511

朝からシャンプーしたので、ドライヤーで乾燥。
これをちゃんとしてやらないと、生乾きの変な匂いがします。

初代のバディは生後二ヶ月から毎日、学校で過ごし、いろんな事件を起こしながら成長していきました。リンクは生まれて2週間から。それに比べるとベローナは自然豊かな長野県の飯田市で生まれ、その後、岐阜の訓練所でしばらく過ごして、十ヶ月くらい経ってからの学校犬登用だったので、この特殊な仕事に順応するにはそれなりの時間が必要なのでしょう。
まだまだ失敗することもありますが、それが動物との生活でもあるので、気長に見守っていきたいと思います。