シップス塾長ブログⅡ

石川県加賀市にある進学塾シップスの塾長ブログです。 塾長ブログと言ってもあんまり教育のことは書きません。 旅や映画、釣り、日常で気づいた面白いこと、そんなことだらけのブログです。まあ、時間つぶしに読んでみてくださいな。

進学塾シップスのホームページです。 http://schoolsips.wixsite.com/schoolsips 旧ブログはこちらから。 http://kubogon.at.webry.info/

月曜日は寺西です。


高校生は無事中間テストが終了。

そして今週は中学生の中間テストがスタートする。

それに合わせて土日で深夜特訓をやった。

S__13910021

今回は中三が次の日に大会だった子が多かったらしく参加は少なめ。

それでも外部から来てくれた生徒や、オンラインなども含めると、約30人ほどの生徒が参加してくれた。

朝5時まで勉強するってことは良いことなのかと言われれば、まあメリット・デメリットはあるだろう。

だが自分がどこまでやれるのか。

その限界を知ることができるのは、とても良い経験だと思っている。

別にどれだけ机に向かっていても死ぬことはない。

勉強し過ぎて死んだなんて話聞いたことないし。

何の危険も無い日本という国で、朝まで講師が質問に付き合ってくれて、みんなで楽しく勉強できるなんて、幸せ過ぎてバチが当たるかもしれないくらい恵まれた環境だ。

そうやって自分の限界を超えながら、周りに感謝するってことを学ぶ。

そういう意味でも深夜特訓というイベントは、これからもやり続けようと思う。


今回中間テストはどの学校もだいたい、5月25、26、27日に固まっている。

しかし山代中学校だけは中間テストが無いそうだ。

理由は「まだ新学期が始まったばかりで学習範囲が狭いので、期末に集中してテストをする」ということらしい。

正直あまり理解できない内容だ。

確かに、特に中三は修学旅行もあったし、三年としての授業はそこまでやれていないかもしれない。

だがそれならそれで、中二の復習範囲も含めれていいだけだろう。

各担当の先生が、授業の中で小テストをやるということも聞いたが、それならもう普通に中間テストやればいいじゃんと思ってしまう。

中一には中学生ギャップという言葉が存在する。

小学生から中学生に上がると、環境の変化が大きく、心身ともについていけなくなるというものだ。

一学期のテストが期末一つだと、そこへの負担が大きくなるし、もし上手くいかなかったときのダメージもかなり大きくなってしまう。

それを防ぐためにも、中間テストは絶対にやるべきだ。

人間どうしても「小」テストなんて言われ方したら、やる気出ないだろう。

僕だったら「小ならまあぼちぼち勉強すればいいや」って確実になってしまう。

最初の目標をきちんと定めるためにも、定期テストはぜひきちんとやってもらいたいなと思う。


堅い話ばかりだったので、最後におまけで。

久しぶりにB級映画が観たくなって、なんとなく再生したのがこれ。

S__13910023

偶然店内に居合わせた8人の男女が、街はずれのぼろいバルから出られなくなるという話。

なぜかと言われれば、店を出ていった2人の男が、理由もわからず突然狙撃されてしまうから。

ここから店の中で理由探し、仲間割れ、罵り合いに乱闘など、コメディタッチでテンポ良く話が展開されていく。

導入の設定がかなり面白く、その割にシリアスでもないので、中盤まではかなり期待できるのだが、後半の怒涛のような尻すぼみ感は、本当に感動ものだった。w

まあそこも含めてのB級映画だとおもうので、ぜひ日々に少し疲れてしまった人はご覧あれ。

きっと最後は色々な意味でビックリすることでしょう。


さて明日は田中先生ブログ。

お楽しみに。

昨夜の鵜飼の興奮から一夜明けて、今日はスコーンと抜けたような青空。

ホテルのモーニングは高いので、近くの喫茶店まで歩いて行く。朝の散歩も気持ちいい。

川のある風景も海のある風景と同じくらい好きだ。根っからの釣り師なんだろうな。

FullSizeRender

アルテアという名の喫茶店のモーニング。

これにコーヒー付いて450円。

近くにあったら通ってしまいそう。厚切りのパンがとても美味しい。

今日はこれから郡上市を抜けて加賀に戻る。

バイクの旅は移動も楽しいので、やめられない。
車で走る道の数倍、行程を味わえる。

気軽にどこにでも停められるし、細い道も入って行ける。

会話はできないが、考え事がたっぷりできる。

IMG_3236

ところで今日は少し小ネタを。

理科に出てくる科学者の話。

バネの伸びとオモリの関係について発見した科学者の名前はかなりの生徒が知っている。

フックの法則という名前で、受験によく出るからだ。

それでは、細胞というものを最初に発見し、セルという名前を付けた科学者はご存知だろうか。

実はこれも理科の教科書に出ており、こちらもまたフックなのである。

IMG_3321
正式にはロバート・フック。同一人物である。

彼はかなりいろんなことを発見したり、発明したりしているが、イマイチ有名ではない。

その理由がちゃんとある。

彼は、性格が悪かったからなのである。

やたら皮肉を言い、自分を天才と称し、あちこちに噛みついていた。

そこで、当時一番権力を持っていたニュートンの怒りをかってしまったのである。

ニュートンは怒りのあまり、彼の肖像画を破棄し、功績もあちこちから消し去ったと言われている。

何事にも人当たりというのは大切である、と言う教訓である。

理科で細胞を習うたびに、フックを思い出してほしい。

ってこと!

ヘライザー風にしめてみた。

今日はこんなところ。


しばらく旅に出ないと、息が苦しくなる。

そぞろ神がついて、日々そわそわしてしまう。

バイクにもあまり乗ってないので、ロングツーリングがてら、どこかに行こうと思いたち、片道200キロ以内のところを探したところ、長良川が目に留まった。

そうだ、鵜飼を見に行こう!

日本で、長良川の鵜飼を知っている人は数多くいれど、実際見た人は、実は1%もいないのではなかろうか。

早速、小さな荷物を積んで、かみさんとバイクで旅に出た。

IMG_3237

福井から山を越えて岐阜に入る峠道をひたすら走っていたら、途中で通行止めになっていた。

そこから引き返すのは、流石に辛く、近くにいた道路整備の方に頭を下げて、通していただいた。

3時ちょうどに、都ホテル長良川に到着。

いつもより贅沢していいホテルにしてみた。

二人で一泊二万ほど。

IMG_3244
 ベッドは大きいし、TVもでかい。

そして、リバーサイドビュー!

ホテルはリバーサイド♪

少し競馬やって、ハズして、昼寝してから、鵜飼観光船乗り場に向かう。

天気はあいにくの雨だが、それもまた風情があってよい。

IMG_3260
 
予め、二人分のチケットは予約しておいたので、安心だ。

少し時間があったので、川原町を散策し、みたらし団子をいただく。

IMG_3262

これが焼きたてで最高に美味しい。一本百円はリーズナブル。

夕食は仕出し屋さんで、豪華なお弁当を頼んでおいた。

それを乗り場で受け取ってから乗船。

鮎の塩焼き二匹に、鮎雑炊までついて、一人前3200円なり。たまには贅沢してみた。

IMG_3274

乗り合い船は一人3500円。そんなに高い気はしない。

6時半頃乗船し、お弁当を食べながら、鵜飼が始まるのを待つ。

川はすっかり暮れて、雨も上がってきた。

IMG_3279

7時半に花火が四発上がり、鵜飼が始まった。

明治時代は24艘いた鵜飼の船も、今は6艘を残すのみ。

この漁師は世襲制で、なりたくてもなれないとのこと。

赤松の松ヤニに火をつけた漁師の船が、河上からゆっくりとやってくる。

炎の間近で、鵜に4メートルのナワをつけた漁師が、たくみに鵜を操る。

鵜は鮎のみを獲るわけではない。

魚であれば、なんでも口に入れる。それを吐きださせて、漁師が鮎だけを持ち帰るわけだ。

自然に育つ鵜は、八年ほどの寿命らしいが、鵜飼の鵜は三十年も生きるとのこと。

いろんなことをガイドさんから学ぶ。

漁師の船が乗り合い船に近づいてきた。

水面に飛び散る火花が美しい。

IMG_3311

1300年も続くこの漁を見に来て、本当に良かった。

美しい夜に少し泣きそうになる。

かみさんも隣で、嬉しそうに眺めている。

「来てよかったね。楽しいね、」

二人でそう言い合って、笑った。

八時半に鵜飼は終わり、ホテルに戻ってきた。

IMG_3312

死ぬまでに見ておいて、よかった。

鵜飼はそのうち消えてしまうかもしれない。

まだ未見の方、急いだ方がいいですぜ。

さて今日はこんなところ。

日本はやはり美しい。

↑このページのトップヘ