シップス塾長ブログⅡ

石川県加賀市にある進学塾シップスの塾長ブログです。 塾長ブログと言ってもあんまり教育のことは書きません。 旅や映画、釣り、日常で気づいた面白いこと、そんなことだらけのブログです。まあ、時間つぶしに読んでみてくださいな。

進学塾シップスのホームページです。 http://schoolsips.wixsite.com/schoolsips 旧ブログはこちらから。 http://kubogon.at.webry.info/

昨日は早朝からかみさんと二人で海へ出た。

ルアーでシーバス(スズキ)を釣ろうと、簡単な準備をし、ボートのエンジンをかける。

どるるんと大げさに肩を揺らし、愛艇は目を覚まし、そしてゆっくりとマリーナを出ていく。

鹿島の森の脇を通り過ぎて、海へ出るのだが、この風景にはいつも胸踊らされる。

北潟の湖面に突き出た木々の枝が、風に揺れ、時折葉にたまった水滴を湖面にぱしゃぱしゃと落としている。まるで小さな魚がボイルしているように、水面が泡立つのが面白い。

見張り番のような大きな水鳥が、少し奥まった木々の奥からじっとこちらを見ている。

あまりに何度も見かけるので、もう近所の顔なじみのような気がしてしまう。


海は思ったよりも荒れていた。それでも釣りが出来ないレベルではない。平日の朝なので、プレジャーボートは俺たちぐらいしか浮いていない。

片野ビーチの前を通り、黒崎前の浅場を目指す。毎年ここでシーバスがよく釣れるのだ。

釣りを始めたかみさんにシーバスロッドを買ってやったのだが、未だシーバスが釣れていない。

カワハギやアジやフグや鯛は釣れたのだが、肝心のスズキさんの顔を拝んでいない。

魚探に反応が出たので、黒崎前の水深5mぐらいのところで釣りを始めた。

シラスがベイトのことが多いので、クリアカラーのミノーをキャストしてみる。

数投したときに、グンっと竿先が何かに引っ張られ、竿が弓なりに曲がった。

シーバスだ。

「来たぞ、網ですくってくれ。」と相棒のかみさんに頼んだが、激しくジャンプしたシーバスは、ボート手前でフックを外して海へ消えてしまった。

シーバスはよくバレる。ひどいときは二回に一回はバラしてしまう。

しかし、ルアーに反応があったことが嬉しく、揺れる海面の上で立ちながらまたキャストを繰り返す。

そして、またぐぐっと曲がる竿先。今度はしっかりとフッキングさせて、かみさんをまた呼ぶ。

慎重にボート際に寄せ、網ですくってもらう。

やった。今季初のシーバスだ。サイズは60センチほどでまだ大きくはないが、食べごろである。

33380333_1914343248598191_2406658140897542144_n

このあとも二匹追加して、なかなかの楽しい釣りになった。

かみさんは慣れないルアー釣りに手こずりながら、良型のメバルをゲット。シーバスロッドとしての役目は果たせなかったが、ボウズじゃなくて、少しご機嫌だ。

どちらも美味しい魚だ。刺身もムニエルも美味しい。

33311130_1914343308598185_8681942356372488192_n

早めに帰港し、マリーナで珈琲を御馳走になってから、帰宅。そして昼寝。

三時過ぎから再び海へ。バカみたいに釣りをしてしまう。中毒なのかもしれない。

今度は沖でアンカリングしてカワハギ釣り。停めた場所が悪かったのか、鯛しか釣れない。

陽が沈む少し前に夕陽を背にしながら、また陸へ戻る。鯛は五匹ほど釣れた。


俺の朝の釣果をFacebookで見た山中の鈴木優子先生が、「うちの娘、スズキという同じ名前の魚を食べてみたいと言っていました。」なんてコメントをくれたので、届けることにした。

ついでに友人のきみえちゃんにも鯛を届けることに。

届けたスズキは鈴木さんで無事お刺身になり、みんなで楽しくいただきました、と写真が来た。

33528419_1915117461854103_1922316289540358144_o

楽しい共食いである。

久保田家で久保田を飲むようなもんだな。

その帰り道、かどや喰堂で晩飯を食べ、まだ残っていた鯛をお裾わけして、帰宅。

うちの近くにある神社はホタルが出るので、立ち寄って確認してみたが、まだ淡い光は瞬いていなかった。

ホタルにも早熟なやつはきっといるだろう。

誰よりも早く成虫になってしまったホタルは、たった一人でもお尻に灯をともすのだろうか。

そして一番遅く成虫になったホタルは、誰もいなくなった小川を仲間を探して飛びまわるのだろうか。

そんな文学的なことを考えながら、ジムニーで家への坂をのぼって帰った。

今日はこんなところ。


釣りっていい趣味と思った方はポチリ。食べるのは好きだけど、釣るのはどうもという方もポチリ。



にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

寺西先生ブログはこちらから。http://462462abc.blog.fc2.com/

長女のオーストラリア滞在ブログはこちらから。http://blog.livedoor.jp/itsukixx46>

かみさんが友人と草むしりの話題をしていたとき、俺が草むしりが大嫌いだと言う話で盛り上がったらしい。

そこから「久保田くんがきらいな3Kを決めよう。」というわけの分からない展開になり、結果、決まった答えが、「クモ、会議、草むしり」だそうだ。かみさんは、「行列はどうよ。」と推したらしいが、そもそも頭文字がGで、Kではない。

ああ、今日はそんなどうでもいいことから書き始めてしまった。

そのかみさんは最近インスタに凝っていて、いろんな動画をアップしている。

しかし、フォロワーは70名程度。まあ、そんなもんだろう。

俺もインスタやっているが、フォロワーが430名ほど。これもたいしたことない。

ところが、最近俺をフォローしてくれる人の顔ぶれに異変が起きている。

外人の海洋写真家が二名、いつの間にか、俺をフォローしている。それも二万人とか三万五千人のフォロワーがいる人たちだ。

一人はBec Piperさんと言う方。

こんな写真を撮っておられる。

25007588_177388856184237_1446401713773740032_n


もう一人はTom Parkさんという写真家。

こちらの方の写真はこんな感じ。

images

どちらもガチのプロ写真家で、そんな方にいきなりフォローされたら、ハードル上がり上がり過ぎて、気楽にインスタに写真をアップできない。ww

と言いながらも投稿した最新作がこれ。

33189418_1913517538680762_7352988215524982784_o

子供かよ。


写真家だけではなく、こんな方にもフォローされた。

21740132_2011579485743739_2709637592592826342_n


Saint Clair というオーストラリアのミュージシャン。この方もフォロワーが9万6千人もいる。

三人の共通点はみんなオースラリア人であるということ。

きっと俺が旅行中にアップした写真が目に留まり、気に入っていただけたのだろう。地域名がタグ付けされてたしなあ。

もしかしたら、世界的な写真の才能があるのか、俺には。

オーストラリアでアップした写真はこんな感じ。

_20180423_160252
30714696_1875983849100798_7296755999719817216_o
30729401_1876086879090495_4761842004990623744_o
30739606_1877172972315219_4474549151480152064_o
33203926_1913673048665211_1123470011915042816_o

確かに、スマホで撮った写真なのに、このセンスの良さ。我ながら驚く。

そろそろ塾長引退して、カメラマンに転向するか。

器用貧乏という言葉があるように、何でもできると、何にもできなくなる。

さて、今日はこんなところ。インスタもフォローしてね。kubogon.sips でやっています。

さすが塾長、才能あるなあと思った方はポチリ。調子こいてんじゃねえぞという方もポチリ。



にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

寺西先生ブログはこちらから。http://462462abc.blog.fc2.com/

長女のオーストラリア滞在ブログはこちらから。http://blog.livedoor.jp/itsukixx46>

中間テストが近いので、自習来る生徒が多い。

そっと何をやっているか見てみると、やはり勉強の出来ない子は、勉強の仕方が分かっていない。

明日、試験だというのに、中1のある生徒はアルファベットの小文字の練習をしていた。

「書けないのか。」と聞くと、「書けます。」と言う。

できることをいくらやっても何のチカラもつかない。勉強を作業と勘違いしているのだ。

出来ないことをできるようにしていくことが勉強である。机に向かって何か書いていればいいわけじゃない。

定期テストなんてそんなに難しい問題は出ない。

勉強法としては、まず単元を理解すること。やり方や理論が分からないと丸暗記は遠回りになるからだ。

納得いかないことは、どんどん先生に質問する。そして理解できていないことをなくす。

次に暗記タイム。覚えるべきことは確実に覚える。

最も有効なのは授業時間。学校で漢字や単語など覚えてしまえばいい。聞くべくところは聞いていて、そうじゃないときはひたすら書いて覚える。

最後に問題集で何が出るかをチェック。何種類かの問題集をやれば、同じことをよく聞かれるので、そこが出ると分かってくる。

中2の理科なら、硫化鉄の化合実験では、少し熱したあとに火を止めても大丈夫なのはなぜか、なんて絶対出る。炭酸水素ナトリウムの分解で、試験管の口を少し下げる理由は、とかも出る。

理解⇒暗記⇒チェック。このプロセスがしっかりできるのに、自分ならどのくらいの時間がかかるのかを知るのも大切。

能力×仕事量は大人になっても大切なこと。それを見誤ると、試験が始まるまで全てやり終えられないことになってしまう。仕事の出来ない大人は、この客観視が出来ていない人が多い。

よく保護者の方から、「うちの子は勉強の仕方が分からないんです。」なんてグチを聞くが、勉強の仕方なんて千差万別。ある意味、自分に合ったスタイルを見つけ出すことが一番の勉強の意味かもしれない。

うちの塾なんて特別なプリント作ったり、個別に苦手箇所の対策したり、そんなこと一切やらないが、定期テストの平均点はいつも400点以上である。金だけ山ほど取る某個別指導塾より、成績もアップするし、平均点も高い。

塾というものは、あるいは教育というものは、点を取らせることより、学ぶ気にさせることが大切なんだ。

今流行りのコーチングなんて、そんな名前が出てくる前からうちではメソッドとしてとっくにやっている。

本人が賢さを必要だと自発的に思うようになれば、人はどんどん賢くなる。

33167042_1912636898768826_4173404079252307968_o

そして、お金ばかり欲しがる人は、カネゴンになってしまう。(笑)

自分に何が足りていなくて、何をすれば成長するのか、それをきちんと理解できる人に育てていきたいなあ。

深夜にビール飲みながら、書いているので、こんな内容になってしまった。ホントは違うこと書こうと思ったのに。前に書いたこととかなりかぶっている気もするが、ジジイのブログなんてそんなものさ。

ま、いいか。


勉強が好きな方はポチリ。遊びの方が好きな方もポチリ。



にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

寺西先生ブログはこちらから。http://462462abc.blog.fc2.com/

長女のオーストラリア滞在ブログはこちらから。http://blog.livedoor.jp/itsukixx46>

↑このページのトップヘ