たまチャン会

小学校の読み聞かせ活動の日記。

2-3読み聞かせ(5/15)


おしっこちょっぴりもれたろう
ヨシタケ シンスケ
PHP研究所
2018-06-05



第11回MOE絵本屋さん大賞2018第一位に選ばれた本で、
日常のちょっとした不快なこと、ちょっぴりもらしてしまったり、歯に詰まったほうれん草だったり、袖が上着との間でくちゃくちゃになったり、みえないけどみんな何か我慢してるし、そんなこと
大丈夫なことなんだ!というお話です。

あるある!わかる!などと
反応があり、喜んでいただけました。
準備も早く、少し時間があまったので、



をすべては読まずに、何ページか紹介しました。
公園や道に出てきましたね、ダンゴムシ。
脱皮のシーンや、お腹の中で卵がふかして、ダンゴムシの姿になってから出てくるシーンに興味があるようでした。


1-3読み聞かせ(5/15)

ぶたのたね
佐々木 マキ
絵本館
1989-10-01



授業であさがおの種をまいたので、種つながりで選びました
数名で交替で読む予定でしたが、読み聞かせが初めてだったこともあり、机を下げるところからスタートしたりと一つ一つに時間がかかり、なかなかスムーズに始められず💦結果、1冊読めたのですが、他は用意していた絵本を数ページだけ読み、あとは本の紹介をする形で時間オーバーとなってしまいました

子どもたちは元気で途中ツッコミもあったりと、普段楽しく過ごしている様子が伝わってきました✨

==管理人より==
5月になり、1年生の学校生活もバージョンアップしています。
校庭で遊べるようになったり、5時間授業が始まったり。そして朝の準備もスムーズにできるようになったので読み聞かせが始まりました。
読み手もピカピカの1年生✨ いろんなトラブルがあっても子どもたちの笑顔には救われますね。
 

4-3読み聞かせ(5/15)










三冊とも妖怪の本です
驚いたのですが、ダイダラボッチの話は大田区に伝えられているそうで、お話の中に北千束二丁目、大岡山、など地名が出てきます。ダイダラボッチの小便が今の洗足池になった、ということです。

ざしきわらしはダイダラボッチとは打って変わって不気味で美しい絵本です。みんな怖がっていました

最後ゲゲゲの鬼太郎は文章はなく一枚の長い絵巻本でたくさんの妖怪が出てきます 

 
==管理人より==
ダイダラボッチ・・初めて聞く言葉だったので、検索してみました。
伝説は全国各地にあるそうです。東京には30箇所もあると言われています。
みなさんの出身地にもありそうですよね。図書館で親子で探してみるのもおもしろそうです。 

ギャラリー
  • 3-1読み聞かせ(5/8)
  • 3-3読み聞かせ(2/27)
  • 3-1読み聞かせ(2/27)
  • 3-3読み聞かせ(12/19)
  • 2-2読み聞かせ(10/17)
  • 2-4読み聞かせ(10/17)
  • 3-2読み聞かせ(6/13)
  • 3-3読み聞かせ(6/13)
  • 3-3読み聞かせ(6/6)
Amazonライブリンク