2017年04月24日

GG佐藤が大河ドラマ出演

【朗報】G.G.佐藤さん、大河ドラマに出演
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54730615.html
GG佐藤1

GG佐藤2


ひぇぇぇぇ、大河出演!?

役者やるなら、サラリーマン金太郎みたいなイメージでいました。
Σ(=゚ω゚=;)


<再掲>
【画像】都内のオフィスビルの前で、サラリーマンスタイルを披露したG・G・佐藤 Photo By スポニチ
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52094540.html
GG佐藤

<GG関連>
GGイオンカード(2014年10月4日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52093736.html

schulze at 12:58|PermalinkComments(0)野球 | 思わず保存した画像

平成29年司法試験予備試験 出願者数(修正)13,178人(昨年+411人、3.2%増)、過去最高更新が確定

平成29年司法試験予備試験の出願者数が正式に公表されました。
http://www.moj.go.jp/content/001222797.pdf

速報値からは2人、減少しています。



【予備試験の実施結果】
平成29年(2017年)
出願者数 13,178人

平成28年(2016年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00170.html
出願者数 12,767人
受験者数 10,442人(受験率81.8%)
短答合格 *2,426人(合格点165点以上/270点満点、対受験者合格率23.2%)
論文受験 *2,327人
論文合格 429人(合格点245点以上、対論文受験者合格率18.4%、対受験者合格率4.1%)
口述合格 405人(合格点119点以上、対受験者合格率3.9%)

平成27年(2015年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00142.html
出願者数 12,543人
受験者数 10,334人(受験率82.4%)
短答合格 *2,294人(合格点170点以上/270点満点、対受験者合格率22.2%)
論文受験 *2,209人
論文合格 428人(合格点235点以上、対論文受験者合格率19.4%、対受験者合格率4.1%)
口述合格 394人(合格点119点以上、対受験者合格率3.8%)

平成26年(2014年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00117.html
出願者数 12,622人
受験者数 10,347人(受験率82.0%)
短答合格 *2,018人(合格点170点以上/270点満点、対受験者合格率19.5%)
論文受験 *1,913人
論文合格 392人(合格点210点以上、対論文受験者合格率20.5%、対受験者合格率3.8%)
口述合格 356人(合格点119点以上、対受験者合格率3.4%)

平成25年(2013年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00093.html
出願者数 11,255人
受験者数 *9,224人(受験率82.0%)
短答合格 *2,017人(合格点170点以上/270点満点、対受験者合格率21.9%)
論文受験 *1,932人
論文合格 381人(合格点210点以上、対論文受験者合格率19.7%、対受験者合格率4.1%)
口述合格 351人(合格点119点以上、対受験者合格率3.8%)

平成24年(2012年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_000101.html
出願者数 9,118人
受験者数 7,183人(受験率78.8%)
短答合格 1,711人(合格点165点以上/270点満点、対受験者合格率23.8%)
論文受験 1,643人
論文合格 233人(合格点230点以上、対論文受験者合格率14.2%、対受験者合格率3.2%)
口述合格 219人(合格点119点以上、対受験者合格率3.0%)

平成23年(2011年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00032.html
出願者数 8,971人
受験者数 6,477人(受験率72.2%)
短答合格 1,339人(合格点165点以上/270点満点、対受験者合格率20.7%)
論文受験 1,301人
論文合格 123人(合格点245点以上、対論文受験者合格率9.5%、対受験者合格率1.9%)
口述合格 116人(合格点119点以上、対受験者合格率1.8%)


<参考>
旧司法試験の出願者数と受験者数の推移(左から出願者数受験者数
http://www.moj.go.jp/content/000057099.pdf
平成10年(1998年) 30,568人26,759人
平成11年(1999年) 33,983人29,890人
平成12年(2000年) 36,203人31,729人
平成13年(2001年) 38,930人34,117人
平成14年(2002年) 45,622人41,459人
平成15年(2003年) 50,166人45,372人
平成16年(2004年) 49,991人43,367人
平成17年(2005年) 45,885人39,428人
平成18年(2006年) 35,782人30,248人
平成19年(2007年) 28,016人23,306人
平成20年(2008年) 21,994人18,203人
平成21年(2009年) 18,611人15,221人
平成22年(2010年) 16,088人13,223人

司法試験予備試験の出願者数と受験者数の推移(左から出願者数受験者数
平成23年(2011年) *8,971人*6,477人(受験率72.2%)
平成24年(2012年) *9,118人*7,183人(受験率78.8%)
平成25年(2013年) 11,255人*9,224人(受験率82.0%)
平成26年(2014年) 12,622人10,347人(受験率82.0%)
平成27年(2015年) 12,543人10,334人(受験率82.4%)
平成28年(2016年) 12,767人10,442人(受験率81.8%)
平成29年(2017年) 13,178人


<H29年予備試験関連>
平成29年予備試験会場の公募 短答式は昨年より+900人増加想定
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166976.html
平成29年司法試験予備試験の試験場
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52184245.html

<H29年司法試験関連>
平成29年司法試験出願者数【速報値】6,716人(昨年▲1,014人、13.1%減) 6年連続減少、ピーク時(平成23年)から43.5%減、受験者数は5千人台も?人材枯渇はより危機的に
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52178088.html
平成29年司法試験の受験予定者数が確定 6,624人(昨年▲1,020人、13.3%減)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52184967.html

schulze at 12:53|PermalinkComments(0)司法試験 | 司法制度

Legal Apprentice

現在修習中の司法修習生の方からいただいたメールのシグネチャが
the Legal Training and Research Institute
Legal Apprentice
となっており、モノは言いようカッケー!と思いました。


<参考>
最高裁判所の英語ページの「司法研修所」の解説
http://www.courts.go.jp/english/institute_01/institute/index.html

schulze at 12:04|PermalinkComments(0)司法修習 | ネタ

法科大学院別 平成29年度ロースクールの入学者数【4月24日現在】

法科大学院別 平成29年度ロースクールの入学者数のまとめ【4月24日現在】

判明分から順次、掲載します。(本記事は随時更新します。)

読者の皆様も、積極的な情報提供をお願いします。
コメント欄に情報ソースとなるURLを記載してください。
よろしくお願いします。

(当ブログのコメント欄は、「通りすがり」とか「名無し」といったいわゆる捨てハンドルの使用はお断りしています。何らかのお名前を名乗られますようお願いいたします。)

【更新履歴 判明26校】
2017/4/1 福岡大、南山大、大阪市立大
2017/4/3 甲南大、専修大、創価大、九州大
2017/4/4 上智大、広島大、岡山大、駒澤大、神戸大
2017/4/5 京都大、近畿大、金沢大
2017/4/6 立教大
2017/4/7 立命館大、大阪大
2017/4/10 西南学院大、日本大
2017/4/11 関西大、北海学園大
2017/4/12 名古屋大
2017/4/14 青山学院大
2017/4/17 桐蔭横浜大
2017/4/24 慶應義塾大

【未判明のロースクール17校】
(国公立)北海道大、東北大、東京大、一橋大、千葉大、首都大東京、筑波大、横浜国立大、琉球大
(私立)中央大、早稲田大、明治大、法政大、学習院大、同志社大、関西学院大、愛知大


<入学者数が今年、過去最低を更新したロースクール>
神戸大、岡山大、広島大、関西大、上智大、立命館大、創価大、西南学院大

<入学者数が昨年より10人以上減少したロースクール>
上智大(31人→20人)、立命館大(30人→18人)、西南学院大(15人→3人)


【国公立】
京都大学
https://lawschool.law.kyoto-u.ac.jp/entrance/result_29.html
157(H29)←155(H28)←156(H27)←161(H26)←162(H25)←170(H24)←159(H23)←166(H22)←206(H21)
※ただしH29は入学手続者数

神戸大学
70(H29)←74(H28)←79(H27)←77(H26)←84(H25)←84(H24)←85(H23)←83(H22)←97(H21)
法科大学院と経営学専門職学位課程の入学者141人
http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/info/2017_04_04_01.html
経営学専門職学位課程(神戸大学MBA)のHPによると、MBAの入学者数は71名
http://mba.kobe-u.ac.jp/?c=applicants&L=past_entrance_files/orientation/2017/2017.htm
よって法科大学院は141-71=70名

大阪大学
http://www.lawschool.osaka-u.ac.jp/dean/20170403.html
52(H29)←50(H28)←81(H27)←80(H26)←91(H25)←84(H24)←86(H23)←82(H22)←99(H21)

九州大学
http://www.law.kyushu-u.ac.jp/lawschool/admission/admission.php
40(H29)←35(H28)←35(H27)←34(H26)←50(H25)←71(H24)←79(H23)←83(H22)←99(H21)

名古屋大学
http://www.law.nagoya-u.ac.jp/ls/examination/result_2017.html
29(H29)←21(H28)←41(H27)←61(H26)←63(H25)←68(H24)←84(H23)←65(H22)←91(H21)

大阪市立大学
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2016/170330
19(H29)←17(H28)←17(H27)←15(H26)←45(H25)←55(H24)←58(H23)←54(H22)←74(H21)
※ただし3/30付リリースによる

岡山大学
https://www.facebook.com/okadai.lawschool/posts/1702488903101714
13(H29)←19(H28)←17(H27)←17(H26)←25(H25)←36(H24)←32(H23)←37(H22)←51(H21)

金沢大学
http://knzwls.w3.kanazawa-u.ac.jp/news/whatsnew.html
12(H29)←8(H28)←4(H27)←8(H26)←20(H25)←23(H24)←18(H23)←16(H22)←19(H21)

広島大学
https://youtu.be/9tqCuX9Upuk?t=518
11(H29)←13(H28)←13(H27)←21(H26)←27(H25)←29(H24)←44(H23)←44(H22)←58(H21)
※入学式の映像8:40付近で入学者数の言及あり。

【私立】
慶應義塾大学
http://www.ls.keio.ac.jp/4_entrance2017.pdf
182(H29)←166(H28)←204(H27)←199(H26)←216(H25)←230(H24)←229(H23)←235(H22)←248(H21)

日本大学
http://www.nihon-u.ac.jp/lawschool/admissions/statistics.html
38(H29)←42(H28)←30(H27)←27(H26)←29(H25)←34(H24)←64(H23)←95(H22)←105(H21)

専修大学
http://www.senshu-u.ac.jp/sc_grsc/houka/exam_houka_bef.html
28(H29)←21(H28)←21(H27)←19(H26)←29(H25)←41(H24)←50(H23)←61(H22)←47(H21)

関西大学
http://www.kansai-u.ac.jp/ls/about/greeting.html
26(H29)←28(H28)←31(H27)←27(H26)←28(H25)←40(H24)←54(H23)←101(H22)←128(H21)

上智大学
https://www.facebook.com/SophiaUniversity/posts/1612434928784493
20(H29)←31(H28)←37(H27)←49(H26)←74(H25)←80(H24)←93(H23)←95(H22)←109(H21)

立教大学
https://www.rikkyo.ac.jp/about/president/speeches.html
19(H29)←13(H28)←20(H27)←30(H26)←33(H25)←50(H24)←69(H23)←67(H22)←75(H21)

立命館大学
http://www.ritsumei.ac.jp/lawschool/admission/admission
18(H29)←30(H28)←43(H27)←42(H26)←57(H25)←87(H24)←107(H23)←133(H22)←139(H21)

創価大学
http://www.soka.ac.jp/news/information/2017/04/17919/
18(H29)←27(H28)←22(H27)←25(H26)←23(H25)←28(H24)←35(H23)←32(H22)←41(H21)

甲南大学
http://www.konan-u.ac.jp/lawschool/profile/student.html
http://www.konan-u.ac.jp/lawschool/because/8412
18(=秋6+春12、H29)←25(=秋9+春16?、H28)←16(=秋9+春7、H27)←15(H26)←13(H25)←24(H24)←21(H23)←36(H22)←49(H21)
※H29、H28、H27は秋入学者を含む。

青山学院大
http://www.law.aoyama.ac.jp/selection/pdf/senbatsu2017_040501.pdf
12(H29)←13(H28)←13(H27)←12(H26)←19(H25)←11(H24)←24(H23)←29(H22)←33(H21)

桐蔭横浜大学
http://toin.ac.jp/lawschool/nyushi/data/h29data/
10(H29)←13(H28)←14(H27)←9(H26)←15(H25)←20(H24)←38(H23)←41(H22)←53(H21)

駒澤大学
https://www.komazawa-u.ac.jp/lawschool/exam/past/29.html
10(=秋1+春9、H29)←9(H28)←18(H27)←8(H26)←7(H25)←9(H24)←15(H23)←28(H22)←33(H21)
※H29、H28、H27は9月入学希望者を含む。

福岡大学
http://www.fukuoka-u.ac.jp/news/17/04/01110001.html
9(H29)←5(H28)←7(H27)←8(H26)←7(H25)←11(H24)←17(H23)←22(H22)←31(H21)

南山大学
http://www.ustream.tv/recorded/101609592
7(H29)←9(H28)←7(H27)←6(H26)←14(H25)←32(H24)←26(H23)←27(H22)←36(H21)
※入学式の映像26:00前後で法務研究科の入学者数に言及

近畿大学
http://www.kindai.ac.jp/lawschool/examination/29.html
6(H29)←9(H28)←10(H27)←6(H26)←16(H25)←6(H24)←19(H23)←22(H22)←23(H21)

北海学園大学(※H30より募集停止)
http://hgu.jp/info/2017/04/%e5%b9%b3%e6%88%9029%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e5%85%a5%e5%ad%a6%e5%bc%8f%e6%8c%99%e8%a1%8c/
6(H29)←1(H28)←5(H27)←3(H26)←8(H25)←15(H24)←22(H23)←19(H22)←20(H21)

西南学院大学
http://www.seinan-gu.ac.jp/es-law/information/entrance_exam_result.html
3(H29)←15(H28)←13(H27)←11(H26)←16(H25)←17(H24)←19(H23)←33(H22)←36(H21)


<備考>
平成29年度の募集停止済み(今年度入学者なし)のロースクール31校
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52156646.html
姫路獨協、大宮、駿河台、明治学院、神戸学院、東北学院、大阪学院、島根(山陰ロー)、東海、大東文化、信州、関東学院、新潟、龍谷、久留米、鹿児島、香川・愛媛連合(四国ロー)、広島修道、獨協、白鷗、東洋、静岡、愛知学院、熊本、京都産業、山梨学院、神奈川、國學院、中京、成蹊、名城
(※注)北海学園は平成30年度から募集停止予定で、今年度まで募集あり。

<参考:入学者の総数(判明分)>
・国公立(9校) H28=392人、H29=403人(+11人)
・私立(17校) H28=457人、H29=430人(▲27人)
・平成29年度より募集停止となっているロースクール(2校)の平成28年度入学者数の合計は18人。
成蹊(10)、名城(8)
・トータル 昨年より34人減。

schulze at 08:58|PermalinkComments(56)司法試験 | 司法制度

地球に将棋星人が攻めてきたときの地球代表が交代のお知らせ

将棋・藤井聡太四段 羽生善治三冠に勝利!「炎の七番勝負」6勝1敗の快挙(2017.04.23 23:14 AbemaTIMES)
https://abematimes.com/posts/2290276
『想像を超えるからこそ天才だ。将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)が7人の先輩プロ棋士と対決するAbemaTV将棋チャンネルの対局企画「藤井聡太四段 炎の七番勝負〜New Generation Story〜」の最終局で羽生善治三冠(46)と対戦し、111手で勝利した。解説に佐藤天彦名人(29)も駆けつけた注目の一局は序盤から激しい展開になったが、慌てる様子もなく落ち着いて指し続けた藤井四段が徐々に優勢に。ミスなく指し切った完勝譜で、将棋界全体の度肝を抜く勝利を挙げた。』


これは地球に将棋星人が攻めてきたときの地球代表は交代になりますわ!
Σ(・ω・ノ)ノ


<元ネタ>
http://blog.livedoor.jp/i2chmeijin/archives/1671778.html
839:名無し名人:2008/07/25(金) 09:39:28 ID:0ulRSLnj
おまえら、もし地球に将棋星人が攻めてきて、向こうの大将と
地球代表が将棋一番勝負で対決し、負けたら植民地にされる
という事態になったら、地球代表は絶対羽生でないとイヤだろ?
深浦でもいいのか?深浦に地球の命運を託せるのか?

羽生をけなしてるやつは地球規模で考えるんだ


schulze at 08:53|PermalinkComments(0)ネタ | イイハナシダナー

2017年04月23日

70期で修習中に修習地替えが発生?

某地での実務修習中に班を解散、配属修習地替えへ・・・って話、本当?

schulze at 00:01|PermalinkComments(0)司法修習 | 司法制度

熊本市のインハウス募集条件

ひまわり求人ナビより
https://www.bengoshikai.jp/kyujin/search_lawyer_kankocho_detail.php?id=596
自治体名:熊本県熊本市
求人対象者:弁護士・修習生いずれでも可
修習生の修習期の指定:修習期を指定しない
標準的な初任給
237,300円(大学卒業後、採用時30歳(8年勤務実績)の場合)
196,600円(大学院卒業の場合)










宮城県富谷町の「3年間の任期付き、年間報酬480万円」と比べたら、期間の定めがない分、マシなのかな。


これからロースクールへ進学しようとされる皆さんへ。
これらの事例をよく踏まえて、ジュリナビが言ってることを読んだほうがいいですよ。

ジュリナビに比べたら、「年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」「就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。」と公言するLaw未来の会の人たちのほうが、まだ本当のことを言っているとすら感じます。


<参考>
法曹の収入・所得,奨学金等調査の集計結果(平成28年7月)
http://www.moj.go.jp/content/001198284.pdf

弁護士1人あたりの国民数 (1990年)8957人→(2016年)3352人→(2061年)1496人
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52176366.html
JILA調査 企業内弁護士に関するアンケート集計結果(2017年2月実施)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52182784.html
社内弁護士の基本的な給与や賞与は一般の正社員と同等(2016年11月6日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52171605.html
ジュリナビメルマガに掲載されている「新規求職者の採用に必要な年収」(2016年10月22日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52170380.html
マーケッターを自認する「先駆者」の一人は、既にこの世界をビジネスの「妙味」としては見切っている
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52180567.html
週刊ダイヤモンド「弁護士にもうバラ色の人生はない。司法制度改革は失敗だった。もう法曹資格に経済的価値はない。」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52180590.html
弁護士の給料半減! 年収200万〜300万も当たり前の悲惨な現実 「おそらく最近合格した人たちの中に、圧倒的多数の貧乏弁護士が発生した」(プレジデントオンライン)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52161136.html
岐阜の弁護士にはイノシシ捕獲の補助金狙いの人がいるほどの窮状
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52149998.html
【特別企画】成仏理論生誕10周年 フリートークエントリー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52150353.html
今一度、法科大学院へ進学する経済的リスクを確認しよう
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52152035.html
5年目の弁護士の年収は平均300万〜400万円(わかやま新報)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52146285.html
ロー教授「それでも地球は回る。潜在的需要はある。」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51953991.html
弁護士に対する「潜在需要」の中身
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51812191.html
日経の言う「企業のニーズ」の正体
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51956971.html

<参考 Law未来の会関連>
「そんな希望のない職業を目指す人が減るのは当然」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165406.html
「ネガティブキャンペーン」をしているのは誰なのか
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165321.html
Law未来の会「弁護士会が弁護士が儲からんというようなことを吹聴しているのは問題である」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52156033.html
Law未来の会主催セミナー 「弁護士就職難」の謎を解く(2015年3月5日開催)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108387.html
「年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」(後藤富士子弁護士の発言)、「就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。」(岡田和樹弁護士の発言)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html

<ジュリナビ関連>
ジュリナビ「弁護士ならびに法科大学院修了生は決して就職難などではなく、むしろ、売り手市場である」(2017年4月19日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52184960.html
ジュリナビ「TOP50法律事務所成長力分析」 若手弁護士の採用拡大は新興系事務所に依存している実情が明らかに(2017年3月17日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52182273.html
【ジュリナビ:69期司法修習終了者の就職状況調査】新興事務所の隆盛とマチベンの斜陽化が明白に
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52179176.html

schulze at 00:00|PermalinkComments(8)企業法務 | 司法制度

2017年04月22日

冷したぬき・むじな事件




冷しむささび、冷しもま
(´・ω・`)

schulze at 22:53|PermalinkComments(0)食べ物・飲み物 | 思わず保存した画像

日中ロの三国同盟

日中ロ三国同盟
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54730276.html
日中ロ三国同盟


この結束は、容易に崩れなさそう…
(ノД`)

schulze at 22:24|PermalinkComments(1)野球 | ネタ

弾道ミサイルが日本に落下した場合の対処法

【悲報】弾道ミサイルが日本に落下した場合の対処法が「不安過ぎる」とネットで話題!
http://www.yukawanet.com/archives/5203875.html


「弾道ミサイル落下時の行動について」(内閣国防国民保護ポータルサイト)
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou1.pdf
弾道ミサイル落下時の行動について




これ、どこか既視感があるなぁ・・・と思ったのですが、
思い出しました。



「テロから身を守る方法」だ!





<参考>
第1回口頭弁論期日での陳述(2017年3月23日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52182735.html
野村修也教授が解説する「テロから身を守る方法」(2016年7月23日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52162046.html
プラネット・View 野村修也の木曜政経塾「多剤耐性菌」(2010年9月10日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51758191.html
「独学で旧試験をやってると正確な知識が身に付かない」発言(2008年11月5日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51452379.html

schulze at 22:18|PermalinkComments(0)思わず保存した画像 | 日記

首都高横浜北線完走

今日、先月開通した首都高の横浜北線を完走してきました。

山手トンネルのような地下区間ばかりで面白味には欠けますが、
新横浜へ高速で直接入れるようになったので、便利になったと思います。

第三京浜の港北ICの変貌ぶりに驚きました。
レイアウトを抜本的に変えたんですね。

schulze at 22:03|PermalinkComments(0)鉄道・交通・乗りもの | 日記

2017年04月21日

【ネタ】超朗報!ロー制度を維持しつつ司法試験受験者を激増させる方法が発見される

法科大学院の教育効果を伸長して、過去の失権者に受験資格を与えればいいんじゃね?

      |
 \  __  /
  _ (m) _ピコーン
    |ミ|
 /  .`´  \
   ∧_∧  
  (・∀・∩
  (つ  丿
   ⊂_ ノ
       (_)



そうすると、ローに再入学する人がいなくなったり、在学中の失権者が中退したりしますが、
そんなことは「知ったことか」と言うつもりでありまして(笑)。


っていうか、マジでやりそうな気もするんですが、どうでしょう?



<参考>
「ロースクールの教育効果は5年で薄まる」というのが政府見解です。
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20121230/1356828107
http://kounomaki.blog84.fc2.com/blog-entry-478.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52061554.html

schulze at 12:04|PermalinkComments(11)司法試験 | ネタ

アイスホッケー女子日本代表(スマイルジャパン)世界選手権トップカテゴリーへ昇格

オーストリアで開催されている、アイスホッケー女子の世界選手権ディビジョン1 グループA
http://www.iihf.com/competition/605/

日本代表(スマイルジャパン)は地元・オーストリアとの全勝対決を制しました。
これで4連勝(無敗)、最終戦のフランス戦を待たず、トップカテゴリーへの昇格決定(のはず)。


4/15 ハンガリー 0 - 1 日本 ( 0 - 1 , 0 - 0 , 0 - 0 )
4/16 日本 3 - 0 デンマーク ( 1 - 0 , 1 - 0 , 1 - 0 )
4/18 日本 5 - 3 ノルウェー ( 2 - 2 , 2 - 0 , 1 - 1 )
4/20 オーストリア 1 - 4 日本 ( 0 - 2 , 1 - 2 , 0 - 0 )


五輪自力出場は伊達じゃないねぇ!
何とか五輪1勝、そしてトップカテゴリー定着をしてもらいたいものだと思います。

ホント、今のアイスホッケー界は女子しか希望がない(泣)。
頼むよ、男子・・・。
。・゚・(ノД`)

schulze at 08:58|PermalinkComments(5)アイスホッケー | 日記

日本郵政、子会社の減損で巨額損失の恐れ 豪物流子会社トールの業績が低迷(東洋経済オンライン)

日本郵政、子会社の減損で巨額損失の恐れ 豪物流子会社トールの業績が低迷(東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/168705
『日本郵政グループが、2015年に買収した豪物流子会社の業績悪化に伴い、17年3月期連結決算で損失の計上を検討していることが20日、分かった。損失額は数千億円に上る可能性がある。海外企業の買収戦略が裏目に出た形だ。東芝が買収した米原子力発電子会社を巡って、巨額損失の計上を迫られるなど、同様の事態が相次いでいる。損失計上の対象になるのは、豪物流子会社のトール・ホールディングスだ。国内の郵便事業が低迷する中、成長が見込める国際物流事業に本格参入することを狙って、日本郵政が子会社の日本郵便を通じて約6200億円で買収した会社だ。』


あれまぁ。日本郵政まで…。
Σ(´д`;)

日本郵便のインハウスの人で、問題となってるトールへ出向しているという方を知っています。
日本の弁護士登録は一時抹消した上での海外出向ですが、
日本のインハウスも海外子会社へ出向して活躍する時代になったんだなぁ…などと感慨深く思っていたところ、まさかこんな問題に巻き込まれるとは!

タフな経験となるでしょうが、帰国したら色々と経験談が聞けるかもしれません。
いやぁ、これは決して他人事ではないです。。。。。


東芝もそうかもしれませんが、海外事業のリスク把握は日本企業の課題なんでしょうね。
「リスクを見抜く力」ももちろん必要ですが、日本企業は一旦事業にゴーサインが出ると、なかなかブレーキが利かないというか、「不都合な情報は上げてくるな」という風潮があるように感じます。
これは東芝や日本郵政に限った話ではないように感じられ、これからも同じような問題はあちこちで噴出するのかもしれません。

schulze at 08:49|PermalinkComments(0)企業法務 | 司法制度

富士フイルムHD、2017年3月期決算発表を延期

富士フイルムHD、17年3月期決算発表を延期(2017/4/20 18:23 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20HWD_Q7A420C1000000/
『富士フイルムホールディングスは20日、2017年3月期の決算発表を延期すると発表した。当初は今月27日の予定だったが、未定とした。連結子会社である富士ゼロックスの海外販売子会社で、16年3月期以前の一部のリース取引に関わる会計処理の妥当性に確認が必要になったため。社内調査委員会の調査では、過去数年間にわたる純利益に与える影響額は累計で約220億円の損失になるという。富士フイルムHDは第三者委員会を設置し、5月中をめどに調査結果の報告を受ける予定。』


これは驚き。
まさか!という感じです。

私は、富士フイルム、東レ、島津製作所の3社については、日本の製造業の良心だと思っていて、
常に目標としたいと日頃から感じている会社でした。
その富士フイルムでこのような問題が起きたというのは残念ですね。

原因や本質は全く異なるでしょうが、
東芝に続いて、日本企業の会計処理に疑念の目などが向けられなければいいなと願います。

schulze at 00:01|PermalinkComments(0)企業法務 | 日記

予備試験は予備でしかないのか

司法試験の受験予定者が減少していることは、かなり話題になっていますが、
一方で、予備試験の出願者数が今年も過去最高を更新したことは、あまり注目されていないようです。

これは仕方がないことかもしれません。
予備試験は予備でしかないと言ってしまえば、それまでですが、
法科大学院が学生を確保できず、法曹志望者が激減している中で、予備試験の出願者が微増とはいえ増えていることは、非常に心強いことだと思うのです。
もっと注目されても良いのではないかと思います。

なぜなら、まだ法曹志望者がそれだけ存在しているということを意味しているわけで、法曹という職業が完全に見限られたわけではないからです。
これが反対に、予備試験にも出願者が集まらなくなるようだと、本格的に法曹は職業としての魅力を失い、誰からも志望されないものとなっていくでしょう。
いよいよ、業界ごと成仏する運命が待ち構えているということになりかねません。

法科大学院制度に固執せず、法曹養成制度を立て直すには、まだ最後のチャンスが残っているようにも思うのです。
残された時間はわずかでしょうが、改革の失敗を直視し決断をするには、今しかないとあらためて思います。

schulze at 00:00|PermalinkComments(2)司法試験 | 司法制度

2017年04月20日

福岡の4億円泥棒

【悲報】 松坂大輔さん、長期離脱へ
http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/8815647.html
368:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 14:33:52.83 ID:4qyrliL4a.net
福岡で3.8億奪われたニュースってこれか

428:風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 14:39:11.77 ID:LsC4h6W80.net
福岡では4億盗むのがブーム


悲しいなぁ…
(´・ω・`)

松坂の晩年が、このようなものになってしまうとは。。。。

イチローが「(松坂は)深いところで野球を舐めてる」と評したのは、見抜いていたのかもしれませんね。



<関連>
3億8000万円余強奪 男性けが 車で逃げた男ら捜査(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170420/k10010955171000.html

schulze at 21:25|PermalinkComments(0)野球 | ネタ

全大学「奨学金延滞率」ランキング(東洋経済オンライン)

独自集計!全大学「奨学金延滞率」ランキング(東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/print/168512
『日本の大学教育において、課題のひとつとなっている奨学金の延滞問題。その大学別の延滞率が4月19日、日本学生支援機構のホームページ上で公開された。2016年の段階では、日本学生支援機構は「大学別の順位を明らかにする予定」と説明していたが、「不当な序列化につながる」という大学側の反発に配慮したのか、学校ごとに個別に検索しなければデータを閲覧できない形で公表されている。そこで、東洋経済オンライン編集部では日本学生支援機構が公表した情報をもとに可能な範囲で全体の集計・整理を試み、独自に大学別の奨学金延滞率ランキングを作成した。』

奨学金延滞ランキング



ロースクール別 延滞率ランキング
マダー? (・∀・ )っ/凵 ⌒☆チンチン


修習期別の貸与金延滞率ランキン・・・・うわ〜!なにをするやめqあwせdrftgyふじこlp

schulze at 17:43|PermalinkComments(1)司法制度 | 思わず保存した画像

イチロー 凱旋シアトルで日米25年連続本塁打達成、なおマ

シアトルで1042日ぶりヒット、日米を通じて25年連続本塁打は日本人歴代2位
https://full-count.jp/2017/04/20/post65683/
『マーリンズのイチロー外野手は19日(日本時間20日)、かつての本拠地セーフコ・フィールドでのマリナーズ戦に「9番・ライト」で出場し、9回に今季初本塁打を放った。4回の第2打席でシアトルでは1042日ぶりとなるヒットを放ち、4打数2安打。マリナーズ時代に「エリア51」と呼ばれたライトの守備も3年ぶりとなった。試合はマーリンズが5-10で敗戦。田澤純一投手は6回途中から3番手で登板し、1回2/3を無安打無失点1四球2奪三振と好投した。』



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!



さすがイチロー!
セーフコで達成とは、役者ですなぁ!



・・・なおマ(笑)

schulze at 12:07|PermalinkComments(0)野球 | 日記

教授のお宅へお呼ばれ

教授の家にお呼ばれした時の女子大生の服装が話題に
https://matome.naver.jp/odai/2142625781089050801
教授のお宅へお呼ばれ



  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、     ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 ) ┃                ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・




「教授のお宅へお呼ばれ」(ロー教授とは言っていない)



なるほど、これでは問題を教えてし・・・おっと誰か来たようだ。

schulze at 00:00|PermalinkComments(3)思わず保存した画像 | ネタ

2017年04月19日

【超朗報】祝!篠原慎平、プロ初登板初勝利!

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017041901/top
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54729545.html


おめでとう!
緊急登板にもかかわらず、よく結果を出しました!

篠原慎平は、私が伊良部を見に高知まで訪ねた際に、愛媛の先発だったんです。
あれから8年・・・
長かった。。。。

自分が見たことのある選手が結果を出してくれるのは、気持ちが良いものですね。


2009年8月23日高知×愛媛@高知市営
篠原


schulze at 20:50|PermalinkComments(0)野球 | 写真

71期司法修習の日程

弁護士山中理司先生のウェブサイトに、71期司法修習の日程が掲載されています。


71期から給費が一部復活(給付制?)することから、これまで司法修習を見送っていた方の中には、これを機会に修習へ行くことを検討されておられる方も多いのではないかと思います。
勤務先等と交渉される際の参考にもなるのではないでしょうか。


http://www.yamanaka-law.jp/cont4/28.htmlより
1 導入修習(2017年)
平成29年12月4日(月)〜12月22日(金)

2 分野別実務修習(2018年)
第1クール:平成30年1月4日(木)〜2月28日(水)
第2クール:平成30年3月1日(木)〜4月24日(火)
第3クール:平成30年4月25日(水)〜6月19日(火)
第4クール:平成30年6月20日(水)〜8月10日(金)

3 A班の集合修習及びB班の選択型実務修習(2018年)
A班の集合修習:平成30年8月14日(火)〜9月26日(水)
B班の選択型実務修習:平成30年8月11日(土)〜9月28日(金)

4 A班の選択型実務修習及びB班の集合修習(2018年)
A班の選択型実務修習:平成30年10月1日(月)〜11月14日(水)
B班の集合修習:平成30年10月3日(水)〜11月14日(水)


二回試験の日程までは載っていないですね。
例年は、二回試験の合格発表、弁護士一斉登録が12月中旬です。


参考:昨年(2016年/平成28年)の実績

二回試験日程
11月18日(金)検察
11月21日(月)民事弁護
11月22日(火)民事裁判
11月24日(木)刑事弁護
11月25日(金)刑事裁判

12月13日(火)二回試験合格発表
12月14日(水)司法修習を終える日
12月15日(木)弁護士一斉登録



【追記】
毎日新聞が4/19付の配信記事「司法修習生 給費制復活、月13.5万円 改正法成立」の中で、一部復活した司法修習生への給付金について「今年の司法試験合格者から導入される」と報じています。
https://mainichi.jp/articles/20170419/k00/00e/040/256000c

この意味について、過去の司法試験合格者であっても、71期司法修習生として採用された者には給付されることで間違いない旨、法務省へ確認済みですので、お知らせします。

schulze at 17:51|PermalinkComments(1)司法修習 | 司法制度

平成29年司法試験の受験予定者数が確定 6,624人(昨年▲1,020人、13.3%減)

3月末での法科大学院修了者が確定したことから、今年の司法試験の受験予定者数も確定しています。


平成29年司法試験の受験予定者(法務省)
http://www.moj.go.jp/content/001222811.pdf
1 受験予定者数等 6,624人
(1) 性別構成
男性 4,904人(74.03%)
女性 1,720人(25.97%)

(2) 受験資格
ア法科大学院課程修了の資格に基づいて受験する者 6,214人(93.81%)
(ア) うち既修者・法学部卒 2,738人(44.06% )
(イ) うち既修者・非法学部卒 309人( 4.97% )
(ウ) うち未修者・法学部卒 2,224人(35.79% )
(エ) うち未修者・非法学部卒 943人(15.18% )
(注) 受験願書に基づく情報
イ司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者 410人( 6.19%)

(3) 受験回数
1回目2,269人(34.25%)
2回目1,611人(24.32%)
3回目1,280人(19.32%)
4回目1,035人(15.63%)
5回目  429人( 6.48%)

2 選択科目別受験予定者
倒産法 1,019人(15.38%)
租税法 471人( 7.11%)
経済法 964人(14.55%)
知的財産法 902人(13.62%)
労働法 1,920人(28.99%)
環境法 408人( 6.16%)
国際関係法(公法系)  91人( 1.37%)
国際関係法(私法系)  849人(12.82%)

3 試験地別受験予定者
札幌市 199人( 3.00%)
仙台市 256人( 3.87%)
東京都 3,793人(57.26%)
名古屋市 451人( 6.81%)
大阪市 1,334人(20.14%)
広島市 235人( 3.55%)
福岡市 356人( 5.37%)

出願時には「司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者」は408人となっていましたので、2人増加しています。
これは、出願時に「法科大学院課程修了見込者で,同課程修了の資格に基づいて受験するが,同課程を修了できなかったときは司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者」のカテゴリーを選択した138人のうち、2人が法科大学院を修了しなかったためであると推測できます。


<シミュレーション>
出願者数 6,716人
受験予定 6,624人
受験者数 5,961人(受験率9割を想定)

最終合格者が
1,600人の場合⇒対受験者合格率26.8%
1,500人の場合⇒対受験者合格率25.2%
1,400人の場合⇒対受験者合格率23.5%
1,300人の場合⇒対受験者合格率21.8%

※ここ最近の対受験者合格率の推移
H28年 22.9%(合格者1,583人)
H27年 23.1%(合格者1,850人)
H26年 22.6%(合格者1,810人)
H25年 26.8%(合格者2,049人)
H24年 25.1%(合格者2,102人)
H23年 23.5%(合格者2,063人)

<参考>
司法試験 会場公募の想定人数と出願者数・受験者数
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52183066.html
数字は左から、公募の想定人数→司法試験出願者数(会場充足率%)→受験者数
平成30年/2018年 *7,200人→?
平成29年/2017年 *7,300人→*6,716人(*92.0%)→?
平成28年/2016年 *9,400人→*7,730人(*82.2%)→6,899人
平成27年/2015年 11,700人→*9,072人(*77.5%)→8,016人
平成26年/2014年 10,400人→*9,255人(*89.0%)→8,015人
平成25年/2013年 12,400人→10,315人(*83.2%)→7,653人
平成24年/2012年 12,900人→11,265人(*87.3%)→8,387人
平成23年/2011年 11,700人→11,892人(101.6%)→8,765人


年度別司法試験結果(まとめ)

平成29年/2017年【71期予定】
出願者数6,716人(速報値
受験予定6,624人(法科大学院修了6,214人、予備試験合格410人)
※法科大学院修了6,214人には、予備試験合格者で法科大学院を修了した136人を含む。

平成28年/2016年【70期に相当】
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00126.html
http://www.moj.go.jp/content/001202508.pdf
出願者数7,730人(速報値
受験予定7,644人(法科大学院修了7,249人、予備試験合格395人)
※法科大学院修了7,249人には、予備試験合格者で法科大学院を修了した120人を含む。
受験者数6,899人(受け控え745人、受験率90.3%)
短答通過4,621人(114点以上/175点満点、通過率67.0%)
合格者数1,583人(880点以上、対受験者合格率22.9%)
合格者の司法試験受験回数 1回目867人、2回目333人、3回目206人、4回目124人、5回目53人
※平成28年司法試験の受験資格による受験回数。
法科大学院別合格者数等/予備試験合格者受験状況 http://www.moj.go.jp/content/001202510.pdf
法科大学院別合格率ランキング http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166234.html
予備試験合格者の結果
 出願395→受験382→短答合格376→最終合格235(対受験者合格率61.5%)
予備組を除いたロー修了生の結果
 出願7,335→受験6,517→短答合格4,245→最終合格1,348(対受験者合格率20.7%)

平成27年/2015年【69期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/001158038.pdf
出願者数9,072人
受験予定8,957(法科大学院修了8,650人、予備試験合格307人)
※法科大学院修了8,650人には、予備試験合格者で法科大学院を修了した154人を含む。
受験者数8,016人(受け控え941人、受験率89.5%)
短答通過5,308人(114点以上/175点満点、通過率66.2%)
※短答式試験が3科目へと変更になったのに伴い、満点も350点満点から175点満点へと変更。
合格者数1,850人(835点以上、対受験者合格率23.1%)
合格者の司法試験受験回数 1回目920人、2回目505人、3回目267人、4回目158人
※平成27年司法試験の受験資格による受験回数。
法科大学院別合格者数等/予備試験合格者受験状況 http://www.moj.go.jp/content/001158039.pdf
法科大学院別合格率ランキング http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52131578.html
予備試験合格者の結果
 出願307→受験301→短答合格294→最終合格186(対受験者合格率61.8%)
予備組を除いたロー修了生の結果
 出願8,765→受験7,715→短答合格5,014→最終合格1,664(対受験者合格率21.6%)

平成26年/2014年【68期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000126773.pdf
出願者数9,255人
受験予定9,159人(法科大学院修了8,908人、予備試験合格251人)
※法科大学院修了8,908人には、予備試験合格者で法科大学院を修了した143人を含む。
受験者数8,015人(受け控え1,144人、受験率87.5%)
短答通過5,080人(210点以上/350点満点、通過率63.4%)
合格者数1,810人(770点以上、対受験者合格率22.6%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,059人、2回目427人、3回目324人
法科大学院別合格者数等/予備試験合格者受験状況 http://www.moj.go.jp/content/000126774.pdf
予備試験合格者の結果
 出願251→受験244→短答合格243→最終合格163(対受験者合格率66.8%)
予備組を除いたロー修了生の結果
 出願9,004→受験7,771→短答合格4,837→最終合格1,647(対受験者合格率21.2%)

平成25年/2013年【67期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000114385.pdf
出願者数10,315人
受験予定10,178人(法科大学院修了9,994人、予備試験合格184人)
※法科大学院修了9,994人には、予備試験合格者で法科大学院を修了した57人を含む。
受験者数*7,653人(受け控え2,525人、受験率75.2%)
短答通過*5,259人(220点以上/350点満点、通過率68.7%)
合格者数*2,049人(780点以上、対受験者合格率26.8%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,198人、2回目524人、3回目327人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000114386.pdf
予備試験合格者受験状況 http://www.moj.go.jp/content/000114387.pdf
予備試験合格者の結果
 出願184→受験167→短答合格167→最終合格120(対受験者合格率71.9%)
予備組を除いたロー修了生の結果
 出願9,994→受験7,486→短答合格5,092→最終合格1,929(対受験者合格率25.8%)

平成24年/2012年【66期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000101956.pdf
出願者数11,265人
受験予定11,100人(法科大学院修了11,005人、予備試験合格95人)
※法科大学院修了11,005人には、予備試験合格者で法科大学院を修了した6人を含む。
受験者数*8,387人(受け控え2,713人、受験率75.6%)
短答通過*5,339人(215点以上/350点満点、通過率63.7%)
合格者数*2,102人(780点以上、対受験者合格率25.1%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,080人、2回目651人、3回目371人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000101962.pdf
予備試験合格者受験状況 http://www.moj.go.jp/content/000101958.pdf
予備試験合格者の結果
 出願95→受験85→短答合格84→最終合格58(対受験者合格率68.2%)
予備組を除いたロー修了生の結果
 出願11,005→受験8,302→短答合格5,255→最終合格2,044(対受験者合格率24.6%)

平成23年/2011年【新65期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000079294.pdf
出願者数11,892人
受験予定11,686人
受験者数*8,765人(受け控え2,921人、受験率75.0%)
短答通過*5,654人(210点以上/350点満点、通過率64.5%)
合格者数*2,063人(765点以上、対受験者合格率23.5%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,140人、2回目591人、3回目332人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000079295.pdf

平成22年/2010年【新64期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000053691.pdf
出願者数11,127人
受験予定10,908人
受験者数*8,163人(受け控え2,745人、受験率74.8%)
短答通過*5,773人(215点以上/350点満点、通過率70.7%)
合格者数*2,074人(775点以上、対受験者合格率25.4%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,183人、2回目619人、3回目272人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000053692.pdf

平成21年/2009年【新63期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000006465.pdf
出願者数9,734人
受験予定9,564人
受験者数7,392人(受け控え2,172人、受験率77.3%)
短答通過5,055人(215点以上/350点満点、通過率68.4%)
合格者数2,043人(785点以上、対受験者合格率27.6%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,275人、2回目597人、3回目171人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000006467.pdf
※注:この年から最終合格判定での短答/論文の点数比率が1:4から1:8へと変更

平成20年/2008年【新62期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000006423.pdf
出願者数7,842人
受験予定7,710人
受験者数6,261人(受け控え1,449人、受験率81.2%)
短答通過4,654人(230点以上/350点満点、通過率74.3%)
合格者数2,065人(940点以上、対受験者合格率33.0%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,312人、2回目633人、3回目120人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000006425.pdf

平成19年/2007年【新61期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000006382.pdf
出願者数5,401人
受験予定5,280人
受験者数4,607人(受け控え673人、受験率87.3%)
短答通過3,479人(210点以上/350点満点、通過率75.5%)
合格者数1,851人(925点以上、対受験者合格率40.2%)
合格者の司法試験受験回数 1回目1,250人、2回目525人、3回目76人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000006384.pdf

平成18年/2006年【新60期に相当】
http://www.moj.go.jp/content/000006357.pdf
出願者数2,137人
受験予定2,125人
受験者数2,091人(受け控え34人、受験率98.4%)
短答通過1,684人(210点以上/350点満点、通過率80.5%)
合格者数1,009人(915点以上、対受験者合格率48.3%)
合格者の司法試験受験回数 1回目748人、2回目247人、3回目14人
法科大学院別合格者数等 http://www.moj.go.jp/content/000006359.pdf


司法試験 論文最低ライン未満者(実人数)の推移
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52095174.html
平成18年/2006年 *12人(短答通過者1,684人、足切り率*0.7%)
平成19年/2007年 *71人(短答通過者3,479人、足切り率*2.0%)
平成20年/2008年 238人(短答通過者4,654人、足切り率*5.1%)
平成21年/2009年 237人(短答通過者5,055人、足切り率*4.7%)
平成22年/2010年 374人(短答通過者5,773人、足切り率*6.5%)
平成23年/2011年 382人(短答通過者5,654人、足切り率*6.8%)
平成24年/2012年 456人(短答通過者5,339人、足切り率*8.5%)
平成25年/2013年 401人(短答通過者5,259人、足切り率*7.6%)
平成26年/2014年 684人(短答通過者5,080人、足切り率13.5%)
平成27年/2015年 360人(短答通過者5,308人、足切り率*6.8%)
平成28年/2016年 210人(短答通過者4,621人、足切り率*4.5%)


<参考:修習期別に見た該当年度の司法試験合格者数>
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52084350.html
修習期------旧 ----新 ----計
第56期----*990--****--*990
第57期----1183--****--1183
第58期----1170--****--1170
第59期----1483--****--1483
第60期----1464--1009--2473
第61期----*549--1851--2400
第62期----*248--2065--2313
第63期----*144--2043--2187
第64期----**92--2074--2166
第65期----**65--2063--2128
第66期----****--2102--2102
第67期----****--2049--2049
第68期----****--1810--1810
第69期----****--1850--1850
第70期----****--1583--1583
(注:修習期に相当する年度の司法試験合格者数であって、その修習期の人数ではありません。)

schulze at 12:57|PermalinkComments(5)司法試験 | 司法制度

ジュリナビ「弁護士ならびに法科大学院修了生は決して就職難などではなく、むしろ、売り手市場である」

「法律家・法務人材を目指す人の為のキャリアデザイン」実施レポート(2017年4月17日 株式会社ジュリスティックス/「ジュリナビ」の運営会社
http://www.juristix.com/report/233
『4月1日から東京、関西、九州の法科大学院で新入生向けに弁護士・法務人材のキャリアデザインに関するセミナー「法律家・法務人材を目指す人の為のキャリアデザイン」を実施し、約300名の学生にご参加いただきました。
「司法試験合格者数減少」、「法科大学院入学者数減少」、「弁護士の就職難」等、ネガティブなニュースが一部メディアや弁護士から発信されていることもあり、セミナーが始まる前は不安を抱えながらこれからの法科大学院での生活に臨む新入生が大半でしたが、セミナー終了後には多くの学生から「報道と実情がかけ離れていることが分かった」、「就職が心配だったが安心した」、「自身のキャリアや専門性を意識しながら法科大学院で勉強を頑張りたい」などの前向きな意見が聞かれました。
まず、弊社から新入生の方々にお伝えしたのは「弁護士・法務人材の採用マーケットは、法律事務所、企業、官公庁、地方自治体、どの業種においてもニーズが高まっている。弁護士ならびに法科大学院修了生は決して就職難などではなく、むしろ、売り手市場である」ということです。
(中略)
新司法試験制度に変わって弁護士の供給が増えた結果、それまで以上に競争が発生し、収入が少なくなった弁護士が出てきたり、弁護士の平均年収が数年前より下がったりしたのは事実ですが、弁護士業界全体がそのような暗い話ばかりかというと、当然そんなことはありません。
下がったと言っても、平均年収は依然として会社員や公務員より高い水準にあり、中には数千万から億単位の報酬を得ている弁護士もいます。また、若い弁護士でも渉外事務所は1年目から1,000万円以上の報酬を得ていますし、そうでなくても専門性を高め、若くして独立して1,000万円以上の報酬を得ている弁護士や大都市圏への集中を逆手に取り、弁護士の少ない地方でマーケットを確立して業績を上げている弁護士もいます。』


これは、ひどいミスリードとなりうる文章だと思います。
さすがにこれを読んで、「弁護士になれば1000万円以上の報酬が楽勝!?」などと信じる人はいないと思いたいですが…。
一部の成功者の事例を取り上げて、全体もそうなのだと、誤信させかねないものがあると思います。


それではここで、ジュリナビが企業の人事・採用担当者へ配信しているメールマガジンに記載されている条件を見てみましょう。
(再掲)第16号(2016/10/19発行)より
〜〜今月の新規求職者ピックアップ〜〜

・30代 男性 弁護士
一般民事系法律事務所 実務経験1年以上
採用に必要な年収 450〜500万円程度

・20代 女性 司法修習生(70期生)
事業会社 法務経験2年以上
採用に必要な年収 500〜600万円程度

・30代 女性 弁護士
一般民事法律事務所 実務経験3年以上
採用に必要な年収 500〜600万円程度

・30代 女性 弁護士 
総合法律事務所 実務経験2年以上
採用に必要な年収 600〜700万円程度

・30代 男性 弁護士 
企業法務系事務所 実務経験2年、事業会社(インハウス)実務経験3年以上
採用に必要な年収 800〜900万円程度

・30代 男性 弁護士
大手渉外法律事務所 実務経験5年以上(事業会社に出向経験有り)
採用に必要な年収 1,000〜1,500万円程度

志望者に対しては「売り手市場だ!」などと煽りながら、
企業に対しては「こんなにお買い得ですよ!(買い叩けますよ!)」という案内を出す。
こういうのを【二枚舌】っていうんですね、分かります。

この条件では、新卒で入社した人材の年齢見合い相当か、むしろそれより低い水準だと思います。
これは、企業側にとって、弁護士資格に一般社員を上回るだけの価値を見出していないということの証左だと思います。
めでたく弁護士になれた後でもこの待遇ということは、初めから企業就職するのと変わらないか、かえって(逸失利益や負債を考慮すると)条件が悪くなることを意味します。


これからロースクールへの進学を検討されている皆さんへ。
よく情報収集して、冷静に、客観的に判断してください。

耳触りの良い、都合の良い情報だけで判断してはいけません。
ロースクールやジュリナビは、あなたの将来を保証してくれません。「知ったことか」なのですから。

企業へ入るのなら、新卒で入るほうが、はるかに合理的です。
ロースクールへ進学するリスク、それは司法試験不合格のリスクだけでなく、合格・不合格を問わずに将来の経済的リスクについて、真剣に検討してください。
学費が全免だから大丈夫、という話ではないのです。あなたの人生に関わる問題です。目先の利益で判断してはいけません。
客観的なデータは、たくさん出ています。覚悟をもって、決断を下してください。



<参考>
法曹の収入・所得,奨学金等調査の集計結果(平成28年7月)
http://www.moj.go.jp/content/001198284.pdf

弁護士1人あたりの国民数 (1990年)8957人→(2016年)3352人→(2061年)1496人
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52176366.html
JILA調査 企業内弁護士に関するアンケート集計結果(2017年2月実施)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52182784.html
社内弁護士の基本的な給与や賞与は一般の正社員と同等(2016年11月6日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52171605.html
ジュリナビメルマガに掲載されている「新規求職者の採用に必要な年収」(2016年10月22日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52170380.html
マーケッターを自認する「先駆者」の一人は、既にこの世界をビジネスの「妙味」としては見切っている
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52180567.html
週刊ダイヤモンド「弁護士にもうバラ色の人生はない。司法制度改革は失敗だった。もう法曹資格に経済的価値はない。」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52180590.html
弁護士の給料半減! 年収200万〜300万も当たり前の悲惨な現実 「おそらく最近合格した人たちの中に、圧倒的多数の貧乏弁護士が発生した」(プレジデントオンライン)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52161136.html
岐阜の弁護士にはイノシシ捕獲の補助金狙いの人がいるほどの窮状
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52149998.html
【特別企画】成仏理論生誕10周年 フリートークエントリー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52150353.html
今一度、法科大学院へ進学する経済的リスクを確認しよう
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52152035.html
5年目の弁護士の年収は平均300万〜400万円(わかやま新報)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52146285.html
ロー教授「それでも地球は回る。潜在的需要はある。」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51953991.html
弁護士に対する「潜在需要」の中身
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51812191.html
日経の言う「企業のニーズ」の正体
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51956971.html

<参考 Law未来の会関連>
「そんな希望のない職業を目指す人が減るのは当然」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165406.html
「ネガティブキャンペーン」をしているのは誰なのか
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165321.html
Law未来の会「弁護士会が弁護士が儲からんというようなことを吹聴しているのは問題である」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52156033.html
Law未来の会主催セミナー 「弁護士就職難」の謎を解く(2015年3月5日開催)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108387.html
「年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」(後藤富士子弁護士の発言)、「就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。」(岡田和樹弁護士の発言)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html

<ジュリナビ関連>
ジュリナビ「TOP50法律事務所成長力分析」 若手弁護士の採用拡大は新興系事務所に依存している実情が明らかに(2017年3月17日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52182273.html
【ジュリナビ:69期司法修習終了者の就職状況調査】新興事務所の隆盛とマチベンの斜陽化が明白に
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52179176.html

schulze at 12:09|PermalinkComments(3)企業法務 | 司法制度

平成29年司法試験予備試験 出願者数(速報値)13,180人(昨年+413人、3.2%増)、過去最高を更新

2月17日に開催された司法試験委員会の第130回会議にて、予備試験の出願者数の速報値が開示されていたようです。
http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi01700095.html
http://www.moj.go.jp/content/001221082.pdf

4月19日10:30現在、法務省の予備試験のページには掲載されていません。


予備試験の出願者数の速報値は、例年2月ころには公表されていましたが、
昨年から4月に確定値の開示へと延期されているという経緯があります。
内部的には2月には速報値が取りまとめられているんですね。当たり前かもしれませんが。


【予備試験の実施結果】
平成29年(2017年)
出願者数 13,180人(速報値
※速報値であるため変動の可能性があります。

平成28年(2016年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00170.html
出願者数 12,767人
受験者数 10,442人(受験率81.8%)
短答合格 *2,426人(合格点165点以上/270点満点、対受験者合格率23.2%)
論文受験 *2,327人
論文合格 429人(合格点245点以上、対論文受験者合格率18.4%、対受験者合格率4.1%)
口述合格 405人(合格点119点以上、対受験者合格率3.9%)

平成27年(2015年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00142.html
出願者数 12,543人
受験者数 10,334人(受験率82.4%)
短答合格 *2,294人(合格点170点以上/270点満点、対受験者合格率22.2%)
論文受験 *2,209人
論文合格 428人(合格点235点以上、対論文受験者合格率19.4%、対受験者合格率4.1%)
口述合格 394人(合格点119点以上、対受験者合格率3.8%)

平成26年(2014年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00117.html
出願者数 12,622人
受験者数 10,347人(受験率82.0%)
短答合格 *2,018人(合格点170点以上/270点満点、対受験者合格率19.5%)
論文受験 *1,913人
論文合格 392人(合格点210点以上、対論文受験者合格率20.5%、対受験者合格率3.8%)
口述合格 356人(合格点119点以上、対受験者合格率3.4%)

平成25年(2013年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00093.html
出願者数 11,255人
受験者数 *9,224人(受験率82.0%)
短答合格 *2,017人(合格点170点以上/270点満点、対受験者合格率21.9%)
論文受験 *1,932人
論文合格 381人(合格点210点以上、対論文受験者合格率19.7%、対受験者合格率4.1%)
口述合格 351人(合格点119点以上、対受験者合格率3.8%)

平成24年(2012年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_000101.html
出願者数 9,118人
受験者数 7,183人(受験率78.8%)
短答合格 1,711人(合格点165点以上/270点満点、対受験者合格率23.8%)
論文受験 1,643人
論文合格 233人(合格点230点以上、対論文受験者合格率14.2%、対受験者合格率3.2%)
口述合格 219人(合格点119点以上、対受験者合格率3.0%)

平成23年(2011年)
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00032.html
出願者数 8,971人
受験者数 6,477人(受験率72.2%)
短答合格 1,339人(合格点165点以上/270点満点、対受験者合格率20.7%)
論文受験 1,301人
論文合格 123人(合格点245点以上、対論文受験者合格率9.5%、対受験者合格率1.9%)
口述合格 116人(合格点119点以上、対受験者合格率1.8%)


<参考>
旧司法試験の出願者数と受験者数の推移(左から出願者数受験者数
http://www.moj.go.jp/content/000057099.pdf
平成10年(1998年) 30,568人26,759人
平成11年(1999年) 33,983人29,890人
平成12年(2000年) 36,203人31,729人
平成13年(2001年) 38,930人34,117人
平成14年(2002年) 45,622人41,459人
平成15年(2003年) 50,166人45,372人
平成16年(2004年) 49,991人43,367人
平成17年(2005年) 45,885人39,428人
平成18年(2006年) 35,782人30,248人
平成19年(2007年) 28,016人23,306人
平成20年(2008年) 21,994人18,203人
平成21年(2009年) 18,611人15,221人
平成22年(2010年) 16,088人13,223人

司法試験予備試験の出願者数と受験者数の推移(左から出願者数受験者数
平成23年(2011年) *8,971人*6,477人(受験率72.2%)
平成24年(2012年) *9,118人*7,183人(受験率78.8%)
平成25年(2013年) 11,255人*9,224人(受験率82.0%)
平成26年(2014年) 12,622人10,347人(受験率82.0%)
平成27年(2015年) 12,543人10,334人(受験率82.4%)
平成28年(2016年) 12,767人10,442人(受験率81.8%)
平成29年(2017年) 13,180人


<H29年予備試験関連>
平成29年予備試験会場の公募 短答式は昨年より+900人増加想定
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166976.html
平成29年司法試験予備試験の試験場
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52184245.html

<H29年司法試験関連>
平成29年司法試験出願者数【速報値】6,716人(昨年▲1,014人、13.1%減) 6年連続減少、ピーク時(平成23年)から43.5%減、受験者数は5千人台も?人材枯渇はより危機的に
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52178088.html
平成29年司法試験の受験予定者数が確定 6,624人(昨年▲1,020人、13.3%減)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52184967.html

schulze at 10:35|PermalinkComments(4)司法試験 | 司法制度