2004年11月

2004年11月28日

続・チェスボクシング

検索したら、実際に試合を見た人の体験談を見つけた。

http://home8.highway.ne.jp/galzo/clumn/column14_chessbox.htm

ますます生で見たいっす。(^^ゞ

予想に反して。
やはりボクシングラウンドのほうが盛り上がるようで(当たり前か?)

schulze at 03:56|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

チェスボクシング

今日の日経夕刊に載ってるコラムで触れられていたんだけど、
「チェスボクシング」というスポーツが世の中にはあるらしい。

本当に驚いた。
チェスボクシングとは、その名の通り、
チェスとボクシングの複合競技、なんだそうだ。(^^;)

対戦する選手は、第一ラウンドで4分間チェスを指し、
第二ラウンドで2分間ボクシングを闘う。
これを交互に11ラウンドまで繰り返し、
ボクシングでKOするか、チェスで相手のキングを取れば、勝ち。

…よくまぁ、こんなことを考え出した人がいるものだ。続きを読む

schulze at 00:12|PermalinkComments(1) 日記 | ネタ

2004年11月27日

フィフス

フィフスとって194まで行った。
200には届かず。

もう寝ます(^^;)

schulze at 02:08|PermalinkComments(0) ボウリング | 日記

淡麗グリーンボウリング

8フレ以外ノーミスの164をマークしたら
おじさんに「ファンタスティック!」と言われた。(^^ゞ
淡麗グリーンラベルは10個ゲット。

このゲーム、一投目ノーヘッド覚悟でのオールスペア狙いなら
ノーミスでもいけそうだね。

schulze at 01:00|PermalinkComments(0) ボウリング | 日記

ボウリングゲーム

キリン淡麗グリーンラベルのサイトで、ボウリングゲーム発見!!
http://www.greenlabel.tanrei.com/game/

お、おもろいじゃないか(^^;)
モグラが邪魔やー!!

とりあえずやってみたら、スコア137.

schulze at 00:51|PermalinkComments(0) ボウリング 

2004年11月26日

準婦女暴行

よく新聞等の報道で、「準婦女暴行」という言葉を見かける。
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/20041126k0000e050064000c.html

どうも、この「準婦女暴行」って表記に、馴染めないんだよね。
なんだか奇妙な違和感を感じて。

もちろん「準強姦(刑法178条後段)」のことだってことは、
すぐに分かるんだけど…。
「準婦女暴行」って言われると、なんだか「女性へのマイルドな暴行」って
感じがしませんかね?続きを読む

schulze at 15:25|PermalinkComments(0) 日記 | 司法試験

楽天・久米島キャンプ

今日のNHKニュース。
(プロ野球・楽天の)キャンプ地に決まったという問いかけに
「バーベキュー?」と答えた地元のガキに一票。

schulze at 04:12|PermalinkComments(0) ネタ | 野球

魁皇

魁皇、またダメだったね。。。
残念。

なんだか憎めないんだよ、こういう勝負弱い人って。(^^;)
おそらく自分も周りから見たら
魁皇と同じなんだろうなぁ…って思うし。続きを読む

schulze at 03:23|PermalinkComments(0) 日記 

2004年11月24日

イジョンヒョン紅白出場

マジっすか!?
ならば「ワッ!」を唄って欲しい。
(ロッテ時代の石井浩郎の応援歌)

schulze at 21:15|PermalinkComments(11) 音楽 | 野球

中央線東京駅.tbl

作ってる途中から、やめときゃ良かったと、激しく後悔。(^^;)
でも、最後まで作ってしまった。

っていうか、公開しても、
誰か使う予定ありますかね、このデータ(苦笑)。続きを読む

schulze at 03:24|PermalinkComments(0) 日記 | 鉄道・交通・乗りもの

負け組

ここを読んでくれてる友人から
「負け組って言葉を使うなよ。
人生に勝ち負けなんて、ないだろう」と注意された。。。


…でも、今の自分は、間違いなく負け組だろうと思う。

どう説明すればいいのかな。
人生の勝ち負け、じゃなくて。
自分自身との勝負に負けてるんだな…。

別に試験に受かることが勝ちだとは思わないよ、俺だって。
むしろ受かった後のほうが、何倍も苦労するし、大切だと思う。
人生に勝ち負けはないのは、そりゃそうさ。
逆に、もし来年も不合格だとしても。
たぶん自分がきちんとこの試験に向き合って、
そして得るものを得たのならば、それは「勝ち」だと言えると思う。

でも、今の自分は「負け組」なんだよ。
それは自分自身が一番よく分かっている。
その認識は、多分変わらない。

schulze at 03:18|PermalinkComments(0) 日記 | 司法試験

2004年11月21日

ドラえもんの声は永遠に大山のぶ代であって欲しい

ドラえもん声優陣が交代
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041121-00000108-kyodo-ent


ルパン三世の栗田貫一にも、いまだ馴染めないというのに。
大山のぶ代がやめるのなら、もう新しいドラえもんなんて作らなくていい
ってぐらいの気分だよ…。

25年間、お疲れ様でございました。

schulze at 22:43|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

ふなどけい対応・高崎線高崎駅上り.tblファイル

82c652b5.bmpココを読んでくれている知り合いから要望されてしまったため、
高崎線・高崎駅の上り時刻表ファイルも作ってみました。

って、なぜに高崎!?(^^;)続きを読む

schulze at 00:37|PermalinkComments(0) 日記 | 鉄道・交通・乗りもの

2004年11月20日

往生際の悪さも粘りのうち?

たまたまなんだけど
答案練習会で、ここ2回ほど連続して
問題文が配布される直前に自分のサブノート見返していた
領域から問題が出されたので、ちょっと驚いた。

おかげで、自信もって書けたのはいいんだけど。
これではあまり練習にならないのよね、実際のところ。(^^;)
難しいところだ。
直前までノートを見ていたんだから、
具体例とか、スラスラと思い出せるんだけど、
本番では、そんな風には絶対いかないし。
なかなか具体例が思い出せなくて、
七転八倒するに決まってるんだから。(-_-;)
だからあまり試験直前までガツガツノートを見返すのも、
果たしてどうのかなと、いつも悩んでいる。
法文を引きながら、自然に具体例が頭に浮かんでくるような、
そんな状態が理想なんだけどね。

ただ、今年の本試験のように。
刑法の2問目(横領の問題)なんて、まさに試験直前にノートで
見ていた判例でね。
しかも近時の最高裁大法廷判決と関連した、細かい下級審の事案まで
僕はチェックしていたんだけど。
その事案と類似した事例問題だったので、本当にビックリした。
あれは、あのとき、直前に見返してチェックをしていなかったら
現場でパニックになっていたかもしれない。

結果はおかげさまで「A」だった。

こういうこともあるので、
往生際の悪さも、土俵際での粘りのうちであって、
それも実力のうちなのかもしれないけどね。

schulze at 05:25|PermalinkComments(0) 司法試験 | 日記

領置

横田めぐみさん:「遺骨」高温で焼かれ、鑑定は困難
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20041120k0000m040154000c.html

>北朝鮮による横田めぐみさんの拉致事件の捜査に
>当たっている新潟県警は19日、日朝実務者協議で
>政府代表団が持ち帰った横田さんのものとされる
>「遺骨」を領置した。
>(中略)
>領置は、証拠品などを差し押さえる押収と似ているが、
>裁判所の令状は不要で、所有権を移す刑事手続きだ。


「所有権」移らんだろ>毎日新聞
正しくは「占有権を移す刑事処分」。

schulze at 05:09|PermalinkComments(0) 日記 | 司法試験

2004年11月19日

「ふなどけい」にハマる

73dd2c2d.bmpみなさん、「ふなどけい」というフリーソフトをご存知でしょうか。
http://nsm.s35.xrea.com/soft/stclock/outline.php
もうすっかり、これにハマってます。(^^;)

要するに、ですね。
JRの駅のホームに、電光掲示板があるでしょ。
次に来る電車の時刻と行き先を表示するヤツ。
あれをパソコン上に再現するソフトです。

パソコンの時計と連動していて、
時間が来ると自動的に列車の表示が切り替わる。
またJRの公式サイトから、運行情報を自動的にダウンロードするので
ホンモノの表示みたいに、遅延情報も流してくれる優れもの!なんです。

って、そんなことして、一体何の意味があるんだって?
いいのいいの、そんなこと。(^^;)続きを読む

schulze at 01:10|PermalinkComments(0) 日記 | 鉄道・交通・乗りもの

2004年11月17日

タクシー

JR五反田駅のガード下、国道1号線上で
いつもタクシーが客待ちして並んでいるんだけど。

並んでいるのは、なぜか個人タクシーばかりで
法人タクシーが一台もいないのよ。
駅前の正規のタクシー乗り場には、法人タクシーもいるんだけど
あそこだけは、どういうわけか個人タクシーばかり。
なぜなんでしょう?(^^;)

いや、別にタクシーなんて、普段は乗らないからいいんだけど。
でも激しく気になる。
業界でルールでもあるのかな。

schulze at 00:24|PermalinkComments(2) 鉄道・交通・乗りもの | ネタ

2004年11月16日

俺はニートか

今日も答練受けた後、疲れて帰ってきたら
ウチの親がニヤニヤしながら

「さっきクローズアップ現代でやってたけど
お前みたいな人間のことをニートって言うらしいね」


おいおい、俺はニートかよっ!(^^;)
ニートにしちゃ、毎日予備校通ってますが?(汗)
ちっきしょー、いつか見てろ。

schulze at 23:32|PermalinkComments(0) 日記 | 司法試験

2004年11月14日

女子アイスホッケー、トリノ行きならず

いやぁ、惜しかった>女子アイスホッケー日本代表
格上のロシア相手に、1点差負け。
引き分けでも出場権取れたんだけどねぇ。
オリンピックへの自力出場は、本当に遠いなぁ。。。

ただ、そこまで世界と差があるわけでもないんだよね。
わずかな差なんだけど、それが埋められない。
たった1点なのだけど…。

こういう惜敗のニュースばかりで。
もういい加減、「結果」ってヤツを見たいよね。
「良い試合」とか「惜しい試合」は、もういいよ。
欲しいのは結果だよ、結果。

と自分自身に言ってみる。(^^;)

schulze at 18:17|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 日記

ATTACK60

今日アタック25を申し込んできたよ。

25じゃないだろって。(^^;)
アタック60。LECの択一模試ね。
いよいよ、また択一からスタートですよ。
なんか胸がドキドキするね、この緊張感。

それにしても、LECは
2年連続択一合格者は、択一模試全回無料だとか。
択一合格者に受講料返還とか。

なんか、もう必死でしょう(笑)
予備校がそこまでする意味がよくわからんけどね。
別に半額程度でも、同じぐらいの受講数が集まると思うんだが。
おかげさまで、ロハで16回も模試が受けられて、まぁ幸せだこと。

ということで、今シーズンは択一模試
全部で40回を受講予定。・・・激しく鬱。(-_-;)
精神を病まない程度に、乗り切りますわ(苦笑)

schulze at 05:20|PermalinkComments(0) 司法試験 | 日記

2004年11月12日

鈴木重子さんの世界

TSUTAYAで鈴木重子さんのベストアルバムを借りてきたので
先ほどから聴いているんだけど。
なんか、とっても気分が落ち着くね。いい感じだ。

このブログにも、自分の好きな音楽ってのは
「癒し系」という言葉による括り方ではなく、
「流浪の民の音楽」というイメージなんだ、と。
そういうことを書いたんだけど…。

鈴木重子さんの世界は、たしかに「癒し」なのかもしれない、と思うね。
あまり、常日頃から毎日欠かさず耳にしようとか、
そういう気分にはならないのよ。
でも、なんだか精神的に疲れたときとか、
のんびりしたいときとかに、何となく部屋にかかっている。
そういうシチュエーションがふさわしい音楽だと思う。

つまり、自分と正面から向き合う必要がない時間。
そういう時間に、ピッタリの音楽だと思うんだよね。

自分の中で、こういう正真正銘の「癒し」のための音楽というのは
重子さんの世界もそうだし、
国府弘子さんのピアノとか。
そういうものが当てはまるのかもしれない。

schulze at 01:41|PermalinkComments(0) 音楽 | 日記

民訴克服が課題

そろそろ民訴も佳境に入って、答案がぼちぼち戻り始めているんだけど、
なんだか危機的な状況。(-_-;)
商法は、まがりなりに目標としているラインはキープできていたんだけどね。
民訴は借金スタートって感じかなぁ。
点数ばかりに一喜一憂していても、仕方ないんだけどね。続きを読む

schulze at 00:48|PermalinkComments(0) 司法試験 | 日記

2004年11月11日

中指を痛めた…

ボウリングのやりすぎで、中指を痛めました。
非常に痛い。まいった。(-_-;)

実は最近になって、以前より重いボールを使うようになったのよ。
ボウリング場で、プロボウラーの人に
「ボールが軽すぎだよ。もっと重いほうがいい」とアドバイスされまして。

今までは、ボールの重さに腕が負けてしまうことを恐れて、
どうしても軽いボールしか使わなかったのよ。
いつも11ポンドのボールを使ってました。それって女性用やん(^^;)
自分にはそれ以上だと使いこなせないような感じがしてね。

でも、たしかに重いボールのほうが、軌道が安定して、
コントロールがつきやすくなった感じがしたのよ。
それで「これはいいかも!」と思い、早くボールの重さに慣れようと
無理に投げ込みすぎたんだね。

中指が猛烈に痛いです…(T_T)続きを読む

schulze at 00:58|PermalinkComments(0) ボウリング | 日記

2004年11月10日

最終合格発表

今日が今年度の最終合格発表でしたね。
合格された方、本当におめでとうございます。
自分も今日一緒に喜べれたら、どんなに嬉しかったことか。

こんな日に限って、予備校は択一答練のパンフなんかを
自宅に送りつけてきやがる、と。(-_-;)
なんだか「現実を見ろよ」と言われているようで、
良い気分ではない。

ちゃんと現実は見てるので、まったく余計なお世話(苦笑)。続きを読む

schulze at 20:34|PermalinkComments(0) 司法試験 | 日記

人の幸せに勇気をもらう

昨日、育児休暇中の友人と中華街で昼食を共にした。
生後6ヶ月になる彼の子供と、今回初めて顔合わせ。

赤ちゃんは、やはりかわいいものだ。
こちらが笑顔で覗き込むと、向こうも微笑み返してくれる。
友人の親バカぶりをとくと見てやろうと期待していたのだが、
意外にもクールで淡々としていたのが印象的だった。
立派に父親をやっていて、なんだかとてもかっこよかった。
 
最近、人の幸せな姿に、勇気をもらうことが多い。
そいつだって、きっと今までの人生、決して順風満帆だったわけではなく、
いろいろな挫折や苦労があったことは、僕もよく知っている。
しかし、そういうことも、今の幸せに至る過程のひとつだったのだろう。

だから、今は自分にとって我慢のとき。
ここを乗り越えれば、きっと僕にも良いことがあるはず。

schulze at 03:25|PermalinkComments(0) 日記