2005年03月

2005年03月31日

teacupの掲示板

サーバー移してから、やたらと重くなってませんか?
容量が格段に増えたのは嬉しいんだけど。

schulze at 00:23|PermalinkComments(0) 日記 

論文答練終了!

やっと終わったぁ!
あぁ、このなんとも言えない解放感(笑)。サイコーですね。
これから1ヶ月ほどは、論文の勉強からは完全に離れて、択一1本に絞るつもりです。

さて、そろそろ択一マシーンになりますか…(^_^;)
過去問解き直して、条文素読して、最新判例チェックして。
やらなければならないことが多すぎ。

schulze at 00:19|PermalinkComments(0) 司法試験 

2005年03月30日

最近の地震多発について

素朴な疑問。

気象庁の山本課長は、いつ寝ているのだろうか(^_^;)
最近大地震が起こるたびに、テレビ画面に出てくるんですけど。

スマトラ島沖地震のときも、真夜中に記者会見やってまして。
飛び起きてわざわざ出てきたんでしょうけどね。お疲れ様です。

schulze at 22:08|PermalinkComments(0) 日記 

振り込め詐欺

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050330-00000057-mai-soci

こいつはなかなかうまいこと考えたもんだなぁ…と、少し感心してしまいましたよ。
感心してる場合じゃないんだけど。(^_^;)

うちの大学は、一部の例外を除いてゼミの履修が必修になってるもんで。
詐欺グループも、いいところに目をつけた感じはします。

でも払っちゃうバカは…まさかいないよな!?(^_^;)

schulze at 22:03|PermalinkComments(0) 日記 

ヒョンデが西武球団買収?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050330-00000208-yom-bus_all

ほりえもん、おもしろすぎ!!(^_^;)
こいつは、ちょっと想定外の発言(笑)

でもヒョンデ自動車は日本のシェアが低すぎて苦戦してるから、どうなのかなぁ。
サムソンとかLGのほうが、まだ可能性あるんじゃないのかな。
サムソンがライオンズ買ったら、日韓両国でライオンズ球団を持つとは、なかなか画期的だと思うんだけど(←もちろん冗談なので、マジレスしないように)。


ヒョンデ自動車はプロ野球球団を買うぐらいなら
ホッケーのアジアリーグに参加してほしいのだが…。(-_-;)

schulze at 21:56|PermalinkComments(2) ライブドア 

2005年03月29日

またスマトラ沖で大地震

時事通信のメールニュースによると
またスマトラ島沖で、マグニチュード8.5の地震があったようです。

これほどの規模の地震って、普通は続かないはずなんだけどなぁ。
余震にしてはデカすぎるような気もするし。

津波などの被害も心配ですが
現地の人々が精神的にパニックに陥らないことを祈ります。

本当に最近は地震が頻発していますね。
明日は我が身と思って、対策を立てねば。

schulze at 01:54|PermalinkComments(1) 日記 

2005年03月27日

コクド、アジアリーグアイスホッケー優勝

http://www.alhockey.com/sheet/4/game/ogs14.html

去年からスタートのアジアリーグ、コクドが初優勝です。
コクドは去年まで日本リーグ4連覇中だったから、実質的にトップリーグ5連覇ということになります。

クレインズは今年も勝てませんでした。
レギュラーリーグではコクドと完全に互角の結果だったけど、プレーオフでは完敗です。コクドとの差は、小さいようでとてつもなく大きいという感じ。

コクドは会社がゴタゴタしていて、選手も不安の中でのプレーだったと思います。そういう中できちんと結果を出したことは立派だろうと。
おめでとうございました。毎年のことながら、強さを認めざるを得ない。


それにしても、納得のできない負け方だったな…。
もっとやりようはあったはずなんだけど。
昨日の3ピリ17分、コクドのパーピックがペナルティ取れられた段階で、クレインズはどうしてタイムアウトを取らなかったのだろう。
チームとしての戦術を、あそこで確認するべきではなかったかな。
場合によっては、早い時間で全員攻撃かけても良かったと思う。点を取らない限り負けてしまうのだから。ツーメンアドバンテージで、何が何でも点を取りに行くという決意を示して欲しかった。もちろん普通にスペシャルセットでいくという戦術もいいんだけど、そこのところ確認がチーム内できちんと出来ていたのだろうか。あそこで簡単にゲームを続けて、連続ペナルティで自滅したのが悔しくてならない。仮に結果として負けたとしても、もっと納得の出来る方法はあったはずだろう。

schulze at 17:36|PermalinkComments(0) アイスホッケー 

2005年03月26日

実写版サザエさんオープニング

http://megwin.com/movie/27/01.htm

これ、たとえ思いついたとしても、実際に撮影に行くのは相当大変だったろうと思う。
アングルもバッチリ合っていて、ただひたすら感心するばかり(^^ゞ

schulze at 05:04|PermalinkComments(0) 日記 

択一模試20勝目

辰已・短答オープン8回目を受験しました。
悪いなりに合格推定点はキープできたんじゃないかと思います。

これで今シーズンの択一模試は、通算で20勝目の大台となりました。
負け数が4もあるのが気にはなりますけど、悪かったことは忘れて、何とか残り試合全てを無敗でいきたいですね。
そろそろ3月も終わりでして、本試験までの残り日数も少なくなってきますが、本番当日(5月8日)まで択一模試はあと11回ほど受験予定です。
最終的に30勝台には乗せたいと思います。いや、絶対に乗せます(^_^;)

論文答練も、いよいよ最終週となりました。
残り2回、計4通を残すのみとなっています。
正直、論文のほうの出来は不完全燃焼でした(-_-;)。特に民法の後半からすっかり調子を落としてしまい、刑法では自信喪失になりかけたときもありました。民法・刑法は本試験でも比較的高い成績しか取ったことがなかったので、得意科目のつもりでいたのですが、全くそんなことはなくて、もっと謙虚に勉強しないとダメだということを再認識させられました。

ただ、ここまでよくサボらずに続けてきたなぁと我ながら思います。10月以降、この半年間で書いた答案の数は、合計170通近くに達しています。山あり谷ありの答練生活でしたけど、どんなことがあっても絶対に休まなかったというのは大きかったんじゃないか、と。今年はとにかくアウトプットの量をこなそうという方針で、毎日が答練答練という感じでスケジュールを組んできました。これだけの演習量をこなした経験は、自分に何らかの効果を残してくれたと信じたいです。

schulze at 02:57|PermalinkComments(0) 司法試験 

リーマンの儲け方

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050325-00000112-yom-bus_all

今回の一件で、「リーマン・ブラザーズはどう転んでも損をしない」だとか、「儲かるのはリーマンだけ」とか、そういう論調ばかりが溢れるのを目にして、本当にそうなんだろうか?と少し疑問に思っていたところがありました。
転換のタイミングとか、市場への放出の仕方によっては、案外損失になることもあるんじゃないのだろうか?と。私は漠然とそう思っていたんですけど…。

そんな心配とは全く関係なく、彼らは100億円近くのボロ儲けだったわけですね。
笑いが止まらんでしょうなぁ、これでは。(^_^;)
やはり素人の発想とプロの考えはちがうんでしょうね。

これほど手早く社債を転換して、さっさと市場で売却するとは、正直考えていませんでした。様子を見ながら少しずつ放出するんだろう…と。そうしないと株価は一気に暴落して、とても投資額は回収できないだろうと思っていたんですが、こういう勝負事はタイミングが大事なんでしょうね。


ま、今回の件は、明らかに勝者がリーマンなんでしょう。お見事としか言いようがないです。
ただ、彼らはこんなにも「おいしい商売」でボロ儲けをしたのはいいけれど、一方で何かとてつもなく大切なものを失ったような気がしますね。世間では「リーマン=ハゲタカ」のイメージが完璧に定着しただろうし、人々も決して良い感情を抱かないでしょう。こんなナメたやり方は、お天道様が許すはずがないというか…。(-_-;)きっと彼らには、いつかこのツケを払わされる日が来るように思えて仕方ありません。これもまた素人の感情でしかないのでしょうか?

schulze at 02:39|PermalinkComments(0) ライブドア 

2005年03月25日

ヤクルトの優勝確率34%

ネット上で該当記事が検索できなかったんですが、
時事通信が面白い記事を配信しています。

プロ野球選手会のイベントで、ヤクルトの古田が「チームが今年優勝する確率は?」と聞かれ、それに対して「34%です」と答えた、というもの。

理由は「34%超えれば、議決権が取れるから」…だって(^_^;)
会場は大爆笑だったらしい。

ま、正確には1株でも持っていれば、議決権自体はあるんですけどねぇ(笑)。
そういう突っ込みは野暮でしょうか。


でも、セ界の経営権とるなら、過半数は最低とらんとアカンのではないですか?古田サン(^_^;)

schulze at 00:47|PermalinkComments(0) 野球 

2005年03月24日

ソフトパンク系がフジの筆頭株主に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050324-00000001-reu-bus_all

かなり大きな動きがありましたね。

株式の譲渡ではなく消費貸借(貸し株)という形態を取ったのは、背任の恐れを潜脱することと、ライブドアからの防衛を果たしたときに株を戻すことを意図しているからでしょうか。

ただ、厳密な意味では、譲渡でも消費貸借でも、第三者の利益を図るための資産処分として(商法上罰則規定もある)背任の疑いは残るんじゃないかと思います。今回の行為がフジテレビ本体の防衛目的のためであることは明らかだと思いますので、ニッポン放送の利益にならないことは確実なんじゃないかと。となると、貸し株が将来戻ってくることと、貸与の対価などを通じて、ニッポン放送に財産上の損害があるのかどうか。このあたりが判断の分かれ目になってくるでしょうね。刑事責任だけでなく代表訴訟の対象にもなりかねず、ニッポン放送の経営陣にはかなりリスクの高い防衛策だとは思います。

そうは言っても、ギリギリ何とかセーフというところなんじゃないか(?)と私には思えますが(まだソフトバンクとの契約内容をきちんと把握していないですけど)、この話は新株予約権と同様に、そう簡単に通る話ではないように思われます。


やはり、フジの究極的・抜本的な防衛策は、もはやライブドア自身の経営権を取ることしかないように思います。事業提携や和解の話も出てきているけど、フジとライブドアには歩み寄れる余地はほとんどないんじゃないですかね。もともとライブドアの戦略が「提携、提携」とは言ってみても、事実上自分たちが自由に支配することしか念頭にないようだし、ライブドアと組んでもフジにはメリットがあるようには思えません。
果たして今回登場したソフトバンクグループがフジの「ホワイトナイト」なのかどうかは分からないけど、パックマンディフェンスですね。フジには、もうこれしか抜本的な策はないと思うし、実際に彼らは動き出している形跡がありますよね。リーマンがすでに社債を転換して市場で大量に放出しているにも関わらず、ライブドアの株価がなかなか下がってませんから。

今後もこの問題は、フジ側の動きから目が離せないと思います。

なお、パックマンディフェンスについては、こちら(↓)で勉強しましょう。
(激しくちがう)
http://www.ksky.ne.jp/~dain/game/pac.html

schulze at 20:55|PermalinkComments(0) ライブドア 

韓国野球の評価

「NY紙、具台晟・徐在応のマイナー落ちを予想」


「不振極めるイ・スンヨプ、開幕2軍スタート確実に」


野球界では、韓国人選手の評価が下がりっぱなしですなぁ(-_-;)
一方で、韓国球界から日本入りしたラス(楽天)とブランボー(オリックス)の2人は順調そうで、結果を出せそうな予感がある。横浜→中日のウッズだってあれだけやれてるのだから、イスンヨプもきっかけさえつかんでくれればと思うんだが…。

schulze at 02:35|PermalinkComments(2) 野球 

2005年03月23日

上村教授のコメント

先ほどの話の続きになりますが、
ネット上で上村先生のコメントを見つけました。

《以下引用》
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003013&sid=aqNCvHwpgaaY
早稲田大学大学院法学研究科の上村達男教授は「ライブドアは立会外取引によりニッポン放送株を取得した、いわば『裏口入学』をした株主。それを『正規入学』した立派な株主として、商法の規定に基づき判断するのはおかしい」と裁判所の判断を批判した。そのうえで、今回のような立会外取引による株式取得が妥当との判断が司法で示されたことで「今後は証券取引法の盲点をつけば良いとする風潮になりかねない」との危惧を示した。
《引用終わり》


うーーーん。
どうもよく分からないなぁ。(-_-;)

今回の裁判は、あくまでも新株予約権の発行差止の仮処分申請であって、そもそもライブドアの株式取得の是非を判断するものではないはずなんです。裁判所の判断も、そこのところは前提というか傍論の判断にすぎず、それ以上の積極的な意義付けを与えられるものではないでしょう。

上村先生の言っている、ライブドアが裏口入学かどうかというのは、たとえばライブドアが証取法違反で告発されてしまい刑事責任を問われる…だとか、そういう場面での裁判手続きで明らかにするほかない事柄であって、今回の仮処分申請で白黒が決着するものではないと考えます。少なくとも「証取法に反するとまでは言えない」という判示部分をもってして、ライブドアの行為が適法であると確定するわけではないですから、この点をもって裁判所の決定を批判することは、不適当なのではないでしょうか。

schulze at 23:30|PermalinkComments(0) ライブドア 

株主たる資格

新株予約権の差止について、高裁の判断が出ました。
まぁ裁判所の結論自体は当然のことだと私は思っていますから、特段の感想はありません。

また例によって、ニッポン放送の社長さんが記者会見で「ライブドアの、あのようなやり方が裁判所に認められ、うんぬん…」ということを言ってました。
だからちがうんだってば。(^_^;)
ライブドアのやり方が裁判で問題になっているのではなく、あなたたちのやろうとしている新株予約権の発行が「不公正な発行に当たるかどうか」が争われていたのであって…。

どうも彼らは、ライブドアのニッポン放送株の取得経緯を問題にしたがっているようなのだけど、そもそも今回の仮処分申請で、ライブドアの株主たる地位(の有無)が問題となりうるのでしょうかね?どうもそこのところが私にはよく分かりません…。

早稲田の上村先生あたりも、テレビで盛んに「ライブドアの株主としての資格に疑問がある」というようなことをおっしゃっているんですね。
今日のNHKのニュースでも、高裁決定について上村先生は「いま法改正の動きが出ているけど、ギリギリの駆け込みでライブドア(のやり方)が認められたという印象」などと語っていました。

私は証券取引法などについては全く不勉強なので、ライブドアの株式取得の経緯が適法かどうかは、正直なところ判断できません。
ただ、仮に何らかの違法があったと仮定した場合であっても、ライブドアが現在ニッポン放送の株式を保有している事実には変わりがないと思うのですよ。
つまり、証取法違反があったとしても、ライブドアが株主たる地位を有することには疑いがないのであって、今回の仮処分申請に当たって、ライブドアに原告適格があることは争いがないんじゃないかと思う。

この私の理解はおかしいのだろうか(^_^;)

もし、仮にも株式の取得経緯に違法があるとそもそも株主にはなれないのだ、ということになると、その株式の扱いは一体どうなってしまうわけ?
誰のものになるのだろう?元の所有者のもの?
でもライブドアは市場で株式を購入した(と表向き説明している)のであって、前所有者の所有権が維持される(復活するとでも言うか)のは変だと思う。

私の理解では、そもそも今回の決定ではライブドアの原告適格は争点にはなりえないし、裁判所の判断もライブドアの株式取得経緯が適法であったと積極的な評価を与えたものでもないと思っています。

schulze at 22:45|PermalinkComments(0) ライブドア 

手鏡没収

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050323-00000026-mai-soci

罰金だけでなく、手鏡没収(の附加刑)という素晴らしいオチに、笑いが止まりません。
(笑っちゃ不謹慎かもしれないけど…)

たしかに手鏡は「犯罪供用物件(刑法19条1項2号)」だもんなぁ(^_^;)

schulze at 22:25|PermalinkComments(0) 日記 

「ニート」定義見直しで膨らむ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050322-00000414-yom-soci

>ニートの定義に「家事の手伝いもしない」ことを加え

家事の手伝いは…自分はちょっとしてるかも(^^ゞ

schulze at 10:20|PermalinkComments(0) 日記 

2005年03月22日

今日よりファイナル開幕

アジアリーグアイスホッケー2004-2005
今日(22日)よりプレーオフ・ファイナル開幕です。
http://www.alhockey.jp/news/2005Mar/0318_main.html


クレインズ絶対勝ってくれ!!
今年は、なんだか流れがこっちに来てるような気がするんだけどね。。。
クレインズが結果出したら、次は自分の番(^_^;)

schulze at 02:03|PermalinkComments(0) アイスホッケー 

Erie「Prayer」

少し古い(4年ほど前?に出た)CDなんですけど
Erieの「Prayer」というアルバムを、このたび購入してみました。

Erieのヴォーカルは、河合英里という人なんだけど。
あまりこの人のことは、今までよく知らなかったんだよね。
「ワーズワースの冒険」の主題歌『シャ・リオン』を唄っている人、ぐらいの認識しかなかったんですけど、今回たまたま、この『シャ・リオン』の別バージョンが収録されているアルバムを見つけたので、思わず衝動買いしてしまいました。(^^ゞ

早速聴いてみたんですが、これがスゴイとしか言いようがない内容。
なんとも壮大な世界観の音楽というか。日本人でこういう音楽を表現する人がいたとは、正直驚きです。
イメージとしてはエンヤの音楽に近いと思うんだけど、何か北欧の壮大な原野を連想させるような、そういう奥の深さを感じさせる曲の連続でして…。コイツは自分的に大当たりなアルバムでした(^^ゞ

河合英里は、もともと声の質も好みではあったんだけど、自分自身で作曲も手がけていたとは、今まで知りませんでした。
なので、これから彼女のことを少し注目してみようと思っています。
一時期流行ったリラクゼーション系のコンピレーションアルバムとか、エンヤだとかシークレットガーデンとか、そういう系統の音楽が好きな人には激しくオススメのアルバムです。


ところで、どなたか『シャ・リオン』の歌詞をご存知という方、いらっしゃいませんか?(^_^;)
言葉としては全く意味のない、デタラメの歌詞であることは間違いないんですが、それにしても気になります。
一説には、ワーズワースの詩を逆から読んでいる(?)という説があるんですが、そうであるならばどの詩なのかをぜひ知りたいし、この説の真偽自体が実は曖昧なんですね。一見もっともらしいデマなのかもしれない。

schulze at 01:15|PermalinkComments(0) 音楽 

イスンヨプ打率5分

http://japanese.joins.com/html/2005/0321/20050321184243600.html

20打数1安打かぁ…(-_-;)
厳しいなぁ。

この人の場合、技術うんぬんよりメンタル面だろうね。
野球に対しては、真摯に取り組んでると思うし、何とか結果を出して欲しいんだけど。

イムチャンヨンがサムソン残留したのは正解だったと思う今日この頃(^_^;)

schulze at 01:06|PermalinkComments(1) 野球 

2005年03月18日

フジテレビ「みんなの鉄道」

http://www.fujitv.co.jp/cs/mintetsu/index2.html

深夜の時間帯に、地上波で放送しているのを見てしまいました。
うちはフジテレビ721に加入してたんだけど、今までこんな番組やってたとは、全然知りませんでした。(^_^;)

変にマニア受けするような構成ではなく、淡々と景色を見せていくというのは、なかなか感心だね(^^ゞ。あのフジテレビがこんな番組を作るとは、ちょっと意外でした(笑)。
ほりえもんが買収すると、こういう番組も見られなくなったりしてね(^_^;)


内容もさることながら、ナレーションがフジテレビ社内で随一の鉄道マニア(^_^;)と言われている堺正幸アナが担当というところも、憎い演出であります(笑)。
堺さんは、JR東日本の新幹線などで車内放送用の自動テープの声を担当している…といえば、思い出す人も多いんじゃないでしょうか。
私はなぜか車内放送のCDまで持ってますが(大汗)。

この堺アナなんですが、東海道新幹線から0系が引退する際に、特別に臨時の0系「ひかり」が運行されたことがあるんですが、夏休みの休暇を返上してまで「自分に取材をさせろ」と言って聞かなかったという伝説があります(笑)。ビュッフェにある速度計を見ながら、しみじみ「これを見ないと新幹線に乗った気がしないんですよねぇ…」などと語る堺アナを見ていて、この人は相当に鉄道が好きな人なんだなぁと実感できました。(^_^;)

schulze at 03:34|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの 

クレインズ、ファイナルへ

アジアリーグアイスホッケー2004-2005
プレーオフセミファイナル第4戦@苫小牧
日本製紙クレインズ(3勝) 5-4 王子製紙(1勝)
http://www.alhockey.com/sheet/4/game/ogs7.html


よく勝った!!(^^)
これでクレインズは初のリーグファイナル進出。
ここまで来るのが本当に長かった…。

一時、3点差つけられたときは「もうアカン」と思いましたが、そこから逆転するなんて、今までのクレインズからは考えられないような勝ち方ですわ。もうこれは、理屈じゃなくて気持ちの勝利じゃないかと。


ただ、まだ勝負は終わっていないわけで…。
今度は「王者コクド」とのファイナルです。
相手にとって不足はない。ここを乗り越えてこそ、本物の「アジアチャンピオン」なんでしょうね。

とにかく、クレインズにはこの壁を乗り越えて欲しい。
そうすれば、自分もきっと壁を越えられそうな気がするんです。
一緒に旨い酒飲みたいなぁ(^^ゞ

schulze at 01:31|PermalinkComments(0) アイスホッケー 

2005年03月17日

レバレッジド・バイアウト(LBO)

ライブドア、フジテレビ買収狙い3000億円調達へ
http://www.asahi.com/special/050215/TKY200503170242.html

なんだか、とてつもないような話になってきてると思う。
もう私のような素人には、まるっきり理解できないレベルだね…。

売り上げが300億しかないような会社が、どうしてこんなにお金を借りることが出来るのだろうか。
もちろん仕組みはあるのだろうが、素人の素朴な感情として間違っているとしか言いようがない。こういうマネーゲームって、どこかが狂っていると思う。

「レバレッジド・バイアウト(LBO)」については、次のところで軽く触れられています。
http://www.waseda.jp/dcc/consortium/in_breakfast2.html

これを読む限り、買収先の資産を担保にカネを借りるというもののようですね。

結局、ライブドアは今までもこういう形で会社を大きくしてきたんでしょう。でも、こうやって借金する→規模を拡大する→さらにそれを担保に借金…って、絶対にどこかで破綻すると思うんだけどなぁ(-_-;)。そう思うのは、自分が経済の素人だから、なんだろうか?

schulze at 23:13|PermalinkComments(0) ライブドア 

田園調布に家が建つ

漫才「セント・ルイス」の星ルイスさん死去
http://www.asahi.com/obituaries/update/0316/002.html


「田園調布に家が建つ」って、セント・ルイスの持ちネタだったんですか…。

いしいひさいちの漫画で、これのパロディーで「宮前平に家が建つ」ってネタがあるんですけど(^_^;)、元ネタをきちんと知りませんでした。

schulze at 22:51|PermalinkComments(0) 日記 

クレインズ、ファイナルへ王手!

アジアリーグアイスホッケー2004-2005
プレーオフ・セミファイナル(5戦3勝先勝式)第3戦

@苫小牧・白鳥アリーナ
日本製紙クレインズ(2勝) 2-1 王子製紙(1勝)
http://www.alhockey.com/sheet/4/game/ogs5.html

よく勝った!(^^)
ファイナル進出まであと1勝…。だけどここからが長いのよ。(^_^;)
今までどれほど「あと1勝」が届かなかったことか。

それにしても、今日の苫小牧。お客さんの数がすごいわ。
有料入場者で2600人超ということは、3000人はいますね確実に。
さすが氷都苫小牧。こんな熱気はいつ以来だろうか?

@ハバロフスク・プラチナアリーナ
コクド(3勝) 2-1 ゴールデンアムール
http://www.alhockey.com/sheet/4/game/ogs6.html

こちらもまたまた延長戦だけど、やっぱりコクドは勝負強いね。
3連勝で、当然のようにファイナル進出。

クレインズとしては、仮にファイナルへ進めても相手のコクドは試合日程が空いているので、体力差を考えると極力過密日程を避けたいところ。なので明日の第4戦、何が何でも勝って最終戦は回避したいところだろう。

今年のプレーオフは、本当に接戦の連続で素晴らしい試合ばかりだ。前評判どおりの展開になっている。

schulze at 02:29|PermalinkComments(0) アイスホッケー