2007年11月

2007年11月27日

葉玉先生のタイムチャージ

先日、TMI総合法律事務所葉玉先生主催の株券電子化セミナーに出席した際に、電子化サポートサービスのチラシをもらったんですね。
セミナー自体はタダだったんですが、しっかり営業はしてるということですな(笑)。

うちの会社でも、「このサービス、検討してみてもいいんじゃないか」という話になって、タイムチャージがいくらなのかとか、細かいことを質問したくて、今日TMIに電話してみました。



いきなり、葉玉先生本人が電話に出た。

orz


ビックリしたなぁ!もう(^^;)
普通は秘書とか事務員の人が応対するんじゃないのか。


ということで、ある意味、日本で一番の売れっ子弁護士と電話でお話させてもらっちゃいましたよ(^^;)
しかも話の内容がタイムチャージがどうのというセコい話…。いくら仕事とはいえ、葉玉先生とそんな話したくねぇよぉ…。とほほ。

schulze at 20:43|PermalinkComments(0) 日記 | 企業法務

2007年11月22日

NY版電車男

ひと目ぼれの女性を探し当てた“NY版電車男”、映画化のオファーも。
http://www.narinari.com/Nd/2007118305.html


↑いやぁ、いい話ですな。
勝因はニューヨークポストが取り上げてくれたことと、サイトに掲載したイラストじゃないかな。
たしかにこのイラストは女性の特徴をよくつかんでおり、第三者が見ても分かりやすいですよね。インパクトがあり、秀逸です。
あとは本人の執念ですかな。ネットの力とはスゴいものですな。


私が王子リンクで見かけた女性も、こんな調子で見つからないものでしょうか(笑)
毛糸で編んだ茶色の帽子を被った、メガネの女性(^^ゞ


18日の日曜日、札幌10:45発の苫小牧行きの列車内で、加熱剤入りのカキ飯弁当を加熱させて車内に弁当の匂いを充満させたアホ男が近くにいた…というバックスファンの女性がいましたら、私まで是非ともご連絡ください(^^;)

schulze at 22:19|PermalinkComments(0) 日記 | アイスホッケー

何と言ってよいのか…

http://tomo-chan.air-nifty.com/about.html

↑あくまでもブログの記述だから、ネタなのかもしれないですけど、
それにしても、こんな結果ってありえるのだろうか!?

もし本当に事実だとすれば、一体何が原因なのだろうか…。
激しく同情します。
来年頑張って欲しい。

schulze at 00:13|PermalinkComments(4) 司法試験 

2007年11月21日

山手線占い

「山手線占い」やってみました!
http://www.web1week.com/tokyo/uranai/


結果は

秋葉原

でした(^^ゞ
無口な努力家、そして偉大なるロマンチスト…だそうです。
ワケ分からん(笑)


『一度自分の心に決めたことは必ず達成させる意志の強さをもつ、不言実行の努力家タイプ。自分の好きなことにはとことん熱中するマイペースな人でもある。口数は少ないほうで、お世辞やゴマすりが苦手。そのうえ、社交下手で自分の気持ちを表現するのも不得意なため、周囲から「何を考えてるのかわからない人」と誤解されることもあるが、根は親切で繊細。』

↑「社交下手で自分の気持ちを表現するのも不得意」だから口述最下位だってか?(笑)


『空想力が豊かで人一倍ロマンチストゆえに、相手に対する理想や要求はかなり高め。巡り合うまでに時間がかかるが、いったん相手とつき合い始めたら遊びや浮気の恋愛など一切考えられない真面目なタイプ。むっつりスケベという言葉もあるように、恋愛の中身はかなり濃い。歯の浮くようなセリフもサラリとこなす。』

↑むっつりスケベ…だそうです(泣)

「社交下手で自分の気持ちを表現するのも不得意」な人が「歯の浮くようなセリフもサラリとこなす」わけねーだろ!!(^^ゞ
言ってることが矛盾してないか?

この手の占いって、どんな回答でも自分に当てはまる部分があるから、「そうそう!」と納得しがちですよね。
不思議なのは、誕生日が同じ人は、性格や運勢も同じなのかなぁ。知り合いに自分と同じ生年月日の人が2人ほどいるけど、相当に性格は違うと思うんですが(^^;)

schulze at 12:00|PermalinkComments(0) 日記 | 鉄道・交通・乗りもの

2007年11月20日

合格祝賀会

伊藤塾のサイトに合格祝賀会の写真が載ってました。
http://www.itojuku.co.jp/shihou/topics/2007shukuga_houkoku/

自分が受かったときは、東京湾クルージングだなんてそんな場違いなところ(笑)とても恥ずかしくて行けないよ!と思ってましたが、
今から考えてみると、行っておいても良かったかもしれないなぁ、なんて少々後悔しています(^^;)

去年は、合格体験記を書くのが面倒だったし、すぐに修習行く気がそもそもなかったですからね。それより日々の仕事に追われていて、毎日をこなすことで精一杯だった。合格しても、とても浮かれてばかりはいられないという心境でした。

しかし考えてみると、合格してからも普通にサラリーマンやってるだけでは、他の合格者との接点なんて全くないんですよね。
全然情報が入ってこないし、修習の準備も何をやっておけば良いのかが分からない。
何となく要件事実の本あたりを買ってみてはするものの、結局眺めるだけ…で修習の役には立ちそうにもないんですね。
合格者の中には早くも就職活動に入っている人たちもいるようです。何だか自分と縁があるような話とは思えないですな。まるで実感がないです。

そう考えると、合格者向けイベントにも顔を出しておいたほうが良さそうな感じがしますね。
62期修習生向けの入所パーティーとかって、今年はあるんでしょうか?去年は辰已に案内が置いてあったんですが…。
気がつくともう年末で、修習生の採用申込書発送しないといけないし、最高裁の面接はあるし、一方で忘・新年会はあるし、ホッケーの試合も…なんて考えていくと、意外にもバタバタしそうですな。時間なんて、あっという間になくなりそうです。

schulze at 23:42|PermalinkComments(0) 司法修習 | 日記

大・社ドラフト

おおこそドラフト、ではありません(^^;)


四国ILから6人の選手がドラフト指名を受けました!
http://www.iblj.co.jp/draft2007/20071119.html
『四国アイランドリーグでは、11月19日(月)に行われたNPBの大学・社会人他ドラフト会議ならびに育成選手を対象にしたドラフト会議において、四国アイランドリーグ所属4球団から、下記の6名の選手が指名されましたことを、お知らせ致します。』


↑なんだか予備校の合格体験記みたいなページですな(^^;)


それにしても、育成含め四国ILから6人も指名され、しかも人選がこうなるとは夢にも思わなかったですよ。
梶本(愛媛)あたりは分かるけど、他の選手たちは…。
もっと魅力ある選手が他にもいると思うけどね。

一番指名の可能性があるのは、梶本より松尾のほうかと思ってました。
打者なら、森田丈武・檜垣あたり。
まさか三輪が通常指名されるとは夢にも思いませんでした。
プロのスカウトは、見る視線が違うのかもしれませんね。現時点の力より、きっと素質を見ているんでしょうなぁ。

schulze at 22:47|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

小型機の楽しさ

今回初めてHACに乗りましたけど、飛行機は小さいほうが断然楽しいと思います。
空中散歩しているような感覚が何ともいえないし、何しろ「空を飛んでいる」ということを実感できるのがいいですね。


HAC1

HAC2

HAC3

HAC4

schulze at 00:58|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

2007年11月19日

映画「スマイル」

陣内孝則監督の映画「スマイル」が12月15日に公開されます。
今日、王子スケートセンターのバックス戦の前に、トークイベントがありました。


正直なところ、この映画ってどうなんでしょう?(^^;)
見てもいないうちから偏見だけで語るのは大変失礼で不適切であることを承知で書いてしまいますが、
なんだか、とてつもなくユルい映画のような気がしてしまうのですが…(^^;)
ストーリーも「飛べないアヒル」の二番煎じのような感じだし…。
興行的にハズして陣内さんが大借金背負う…なんて事態にならなければいいなと思います。
陣内さんだけでなく、ホッケー界にもダメージが残ってしまうんじゃないかと。

ホッケーファンの間でも、この映画のことはほとんど話題に出ていないように思えてしまって、少々先行きが心配です。
さすがにキムタクの「プライド」のときのようにはいかないんじゃないかと。
それでも一応、私はネタとして見るだけ見てみようと思ってますので、良い意味で裏切られるような内容であって欲しいと思います。
うまくいけば、フジテレビにホッケーのことを素材としてアピールできると思うし、ホッケー界にはチャンスだと思うんですね。


ところで、
アジアリーグの試合会場などで配られている映画のチラシに、主人公たちが月寒体育館の廊下を歩いているシーンの写真が載っているんですが、
http://www.jihf.or.jp/jihf/photo/index_n.php?id=1382
これって、彼らはどこに向かって歩いているのでしょうか?
この写真だけからだと、売店に向かってY印の肉まんでも買いに行こうとしているようにしか見えないのですが(爆)。

schulze at 01:08|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 日記

一目惚れ

今日、久しぶりにドキッとするような素敵な女性を見かけた。
まぁ要するに一目惚れってヤツですな(^^ゞ


札幌から苫小牧まで、移動する電車の中でずっと一緒でした。
なんだか、こういう瞬間って、胸がときめいて楽しいもんだね。
自分にもこういう感情が残っていたんだと、少々ビックリしました(^^;)


もっと驚いたのは、その女性が王子リンクで自分の目の前の席に座ったことだ。
へぇ〜、ホッケー見に来てたんだ…。
しかも1人でバックスの応援とは、ますます意外。


こういうときに声をかけられない小心者の自分は、ダメな男だとつくづく思う(^^;)
知り合いでも、球場とかリンクとかで知り合った同士のカップルって何組かいるんですが、
みなさん、よく進展させてるもんだと感心しますよ(苦笑)。
自分でもどう踏み出したら良いのかが全くわからん。
まぁ、そこで実際に踏み出せるような人間なら、自分が今のような状況にはなっていないはずなんですがね。


さぁ、明日からまた会社で仕事だぁ〜。とほほ。

schulze at 00:40|PermalinkComments(2) 日記 | アイスホッケー

2007年11月16日

落合

オレ竜地獄の秋いきなり 落合監督、秋季練習に合流
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/200711/CK2007111602064698.html
『グラウンド1周およそ380メートル。走力の似通った数人が1グループとなり、1、2、3周のタイムトライアル走を行う。誰か一人でも設定タイムに遅れれば、連帯責任でノーカウントとなる。落合監督はその設定タイムをいきなりアップ。必然的に、クリアは困難となる。全員がいつもより速く、長く走ったが、極め付きはダッシュが苦手な高橋への非情指令。「2時間走っとけ!」。ひたすら走った。しかも、2時間の完走後に1、2、3周の通常メニューも消化した。』


落合って、自分が現役時代のときはランニングなんてほとんどやってなかったんじゃないですかね?(^^;)
人には厳しいようで…。


落合の現役時代でよく覚えているのは、キャンプ中のニュースで

「落合は軽めのウォーキングで汗を流しました」

と報じられたことです。
思わず茶吹いたけどね。
それって、ただの散歩とちがうの?(^^;)
「ウォーキング」自体が軽い感じなのに、さらに「軽め」という修飾語までついてしまう。
「汗は流しました」って、全然流れてねーだろ?と小一時間問い詰めたい(^^ゞ

schulze at 22:45|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

2007年11月15日

「猫」の字が含まれたことわざ

昨日、たまたまテレビのチャンネルをつけたら、「猫」の字が含まれたことわざを挙げろ、みたいなことをやってました。


その瞬間、真っ先に思い浮かんだのは・・・



『犬も歩けば、猫も歩く』



だから、そんなことわざはないって!!

schulze at 22:53|PermalinkComments(0) 日記 

2007年11月14日

合格者名簿

今年の旧試験の最終合格者名簿が、とある地方新聞のサイトに載っているんですが、
それを見る限りでは、私の知っている名前の人が1人しかいませんでした。
もちろん、面識のある人はゼロです。


去年、私が最終合格した際には、官報を取り寄せてみたんですが(^^ゞ
答練の成績優秀常連者の名前がたくさん載っており、「おぉ、この人も受かったか。あぁこの人も!」ってな感じで、勝手に自分が目標としていた人たちと一緒に名前が出ていたのは、それなりに感慨深かったのですよ。
しかし、あれから1年が経って、もう聞いたことがない名前ばかりになっているのですね。
もっと知ってる名前があっても良さそうなもんなんですが…。
ローに転向したのか、もしくは撤退してしまったのか…。

schulze at 23:58|PermalinkComments(0) 司法試験 | 日記

釧路−丘珠便

今週末、北海道遠征を計画中です。
土曜が釧路、日曜が苫小牧でのホッケー観戦です。
相変わらず無茶な強行軍ですが(苦笑)


釧路から苫小牧への移動は、ちょっと奮発して飛行機にしてみました(^^ゞ
丘珠空港を今まで利用したことがなかったので一度使ってみたかったということと、久しぶりに小型プロペラ機に乗るのも悪くないかな、と思ったもんで。
俺も贅沢になったもんだね(^^;)


釧路発の朝一番の丘珠行きは、どうしてANAとHACが同時刻での続行運航なんでしょう?
ちょっと時間をずらしてもらったほうが、お客さんには選択肢が広がるのにね。


ANAでもHACでも、どちらでも良かったんですが、ボンバルディアに乗るのはちょっと躊躇しまして(^^;)、今回はHACのほうにしてみました。
HACのサイトは、ほのぼのしたテイストで、なんだかいい感じ(^^ゞ

schulze at 23:26|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | アイスホッケー

2007年11月13日

稲尾和久氏死去

私がもっとも尊敬する野球人であり、日本のプロ野球が生んだ最高の選手だと思っている稲尾さんが、亡くなられてしまいました。

言葉にならないショックというか…。朝のニュースで一報を聞いて、絶句してしまいました。
70歳だなんて…まだまだこれからでしょうに。・゚・(ノД`)

昼休みに、あちこちのニュースを見て回ったのですが、中西太さんと豊田さんのコメントは涙なしには読めませんでした。
いや、本当にマジで泣きそうになりましたよ。
当時の西鉄戦士は、仰木さん・河村さん・関口さん…と相次いで亡くなっていますし、お二人のショックは想像に難くありません。

「西鉄というのは稲尾ライオンズ。ライオンズをつくったのは稲尾。わたしの心の中で西鉄ライオンズはきょうで終わりです」という豊田さんのコメントは、最大級の賛辞と言って良いでしょう。


私はもちろん稲尾さんの現役時代は知りませんが、一度だけ稲尾さんの講演を聞いたことがあります。三商大ゼミで大阪市立大へ行った際に、記念講演をしてくださったのですが、今から考えてもなぜ稲尾さんが来たのかが分からない(^^;)。周りの学生も稲尾さんのことをよく知らない感じでしたが、誠実な話し振りに非常に感銘を受けた記憶があります。
ロッテ監督を引き受けた経緯、落合の結婚の際の秘話など、のちに「私の履歴書」でも語られる話もありましたが、彼の人柄と野球観を垣間見ることが出来、貴重な体験だったと思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。

schulze at 23:19|PermalinkComments(2) 野球 | 訃報

今頃になって知った事実

今頃になって知った、衝撃の事実。



ジブリの「ホーホケキョ となりの山田くん」の中で、居間のテレビにパペポTVが映ってるシーンがある。



工工エエエ(´Д`;)エエエ工工



俺、映画館で見てたはずなのに!?

そんなバカな!?

全く気が付かなかったYO!!

誰か教えてくれよ!!!(←謎)


たまたまWikipediaを読んでいたら、そんな記述に出会ってしまって、ビックリしたのなんの。

当時、自分はてっきり「おじゃまんが山田くん」の最新作をジブリが作ったのかと思って(^^;)、映画館まで期待して見に行ったのに、あまりにテイストが違いすぎるのでガッカリした記憶があるのですが(爆)
まさか、そんな隠しモードがあったとは…(^^;)

schulze at 00:51|PermalinkComments(0) 日記 

2007年11月11日

弁護士会費

新人弁護士の会費半額に=人数増で給与減、負担に配慮−日弁連
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071110-00000056-jij-soci
『弁護士人口の増加に伴い、司法修習生の弁護士事務所への就職難や新人弁護士の給与の低下が予想されることを受け、日弁連は10日までに、経験2年未満の弁護士の会費を半額にすることを決めた。今年修習を終えた新人から対象になり、来年1月から始める。
弁護士は、強制加入の日弁連と所属弁護士会に毎月計5万〜8万円の会費を納める必要がある。減額されるのは、このうち日弁連が徴収している月1万4000円の一般会費で、司法修習修了から2年間、半額にして負担を減らす。12月の臨時総会で正式決定する。』


日弁連だけでなく地方の各弁護士会も値下げしてくれないことには、あまり意味はないですな。
しかし、これからは「弁護士会費払えないので、弁護士廃業します」という人も、たくさん出てくるのでしょうね 。・゚・(ノД`)

schulze at 04:05|PermalinkComments(0) 日記 | 司法修習

社会人の経験

ぷーさん、口述305点ですか…。
うーーん、参った(笑)


ぷーさんも書かれてますが、社会人経験って口述ではかなり左右するような気がします。
私も、なんだかんだでギリギリ踏み止まれたのは、会社での経験が大きかったと思うんですよ。
もちろん実力が一番なのは当然なんだけど、論文通るぐらいの人ならば実力なんてそうは大差はないと思うんですよね。
なので、実力以外での部分が最後にモノを言ったかなというのが正直な感想です。

schulze at 03:45|PermalinkComments(0) 司法試験 | 日記

アメーバニュース自作自演?

アメーバニュースというサイトが、なかなか面白くて、頻繁にチェックしているんですが、
実はこのサイト、私の大学時代の同期でプロ研(プロレス研究会)出身の人が立ち上げたらしいんですな。

それだけだと「へぇ〜」というだけの話なんですが、
そのアメーバニュースで、少し古いんですがこんな記事(↓)を発見しました。


『外山恒一氏の宣伝手法を参考に自己アピールをした』
http://news.ameba.jp/special/2007/04/4372.html
「政府転覆」「私が当選したら、奴らはビビる!! 私もビビる!!」といった政見放送で東京都知事選に大きなインパクトを残した外山恒一氏だが、東京都内のとある大学のサークル紹介日に、彼の政見放送をパクって自身のサークルの紹介(プロレス研究会)をしている学生を発見した。



完全に自作自演です。
本当にありがとうございました。(゚∀゚)アヒャヒャ

schulze at 03:14|PermalinkComments(0) 日記 

2007年11月08日

平成19年度旧試験最終結果

今年の旧試験の最終結果が出ました。
http://www.moj.go.jp/PRESS/071108-1/19soukatu.html

合格されたみなさん、研修所では同期になりますが、ひとつよろしくお願いします(^^ゞ
来年春に和光でお会いしましょう。

248人という数字は、結構衝撃的ですね。
「300人を目安にする」と予告されていた中での248人ですからね。
話がちがうよね…(-_-)

この52人の差は、小さいようで大きいですよ。
採ってやってもいいと思うんだけどねぇ。
法務省も厳しいというか鬼ですな。
おそらく口述の受験者は280人前後だと思うので、30人強は落とされている感じですね。
ということは、1割以上が口述落ち…ですか?
うーーん、いくらなんでもヒドくないですか?(-_-)
私の事前の予想では、口述落ちは10人程度で、おそらく270人近くはなんだかんだで合格すると思ってました…。甘かったです。


今日は東京ドームまでSKを見に行こうかと思ったけど、
それよりぷーさんの合否を知りたくて、会社からまっすぐ帰ってきました(^^ゞ
本当におめでとうございます。
なんだか他人事とは思えないほど嬉しいです。

schulze at 21:13|PermalinkComments(0) 司法試験