2008年02月

2008年02月24日

車掌が突風で線路に転落

車掌が突風で線路に転落、気づかず電車発車 JR阪和線
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200802230074.html
『23日午後0時40分ごろ、堺市堺区のJR阪和線浅香駅で、熊取発天王寺行き普通電車が発車する際、男性車掌(27)が突風にあおられてバランスを崩し、ホームから線路上に転落した。運転士が気づかないまま電車は走り出し、約2分後に次の杉本町駅(大阪市住吉区)に到着。ドアが開かなかったため、運転士が開けた。車掌は自力でホームに戻り、指令所が浅香駅に臨時停車させた快速電車で杉本町駅まで追いつき、普通電車は15分遅れで運転を再開した。車掌は手にすり傷を負った。
JR西日本によると、車掌はホームに立った状態で乗客用ドアを閉める操作をした直後、車両の後ろに倒れ込むように落ちたという。浅香駅は大和川左岸の河川敷に隣接している。このトラブルで上下8本が運休、5本が最大15分遅れ、約5700人に影響した。』


ホームで立った状態でのドア閉めがイクナイ!(・∀・)と思われますな。

ちゃんと電車に乗り込んで、車掌室のドアを閉めてから、顔だけ乗り出してドア閉め作業が原則でしょう。


ところで、たまたま杉本町のホームが二面4線でなかったら、後続の快速では追いつけなかったはずですよね。どうするつもりだったのだろう?

schulze at 02:30|PermalinkComments(0) 日記 | 鉄道・交通・乗りもの

三浦和義元被告逮捕

<三浦元被告>米当局が殺人容疑で逮捕 旅行中のサイパン島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000098-mai-soci
『米紙ロサンゼルスタイムズ(電子版)は23日、ロス銃撃事件(ロス疑惑)で殺人罪などに問われ、最高裁で無罪が確定した三浦和義元被告(60)が22日、旅行中のサイパン島(米国自治領)で米当局に殺人容疑で逮捕されたと報じた。同紙によると、サイパンの空港で、1981年11月に妻、一美さん(当時28歳)を殺害した疑いなどで逮捕されたという。ロサンゼルス市警は渡航の情報を得てサイパン、グアム(米領)両当局と連絡を取っていた。』


これはビックリのニュースですなぁ。
まさか!と思った人も多いのではないでしょうか。

時効の面では、日本国内に滞在していればアメリカの公訴時効はきっと停止していたのでしょうが、
よく分からないのは、日本で確定判決を受けていることが一事不再理には該当しないのだろうか?という点です。
アメリカに言わせれば「そんなの関係ねぇ」ということなのかもしれません(^^;)

もし日本が逆の立場だったら、果たして日本の法律で処罰できるのでしょうか?
過去の判例では「既に占領軍軍事裁判所の裁判を経た事実につき、重ねて我が国で処罰しても憲法39条には違反せず、また右判決が確定しても刑訴337条1号の『確定判決を経たとき』には該当しない」と言っているものがあります(最判昭和29.12.23)
日本においても、外国の確定判決は一事不再理の対象にはならず、事実上訴追していないだけなのかもしれませんね。


(2/24 13:00追記)
「外国において確定判決を受けた者であっても、同一の行為について更に処罰することを妨げない。ただし、犯人が既に外国において言い渡された刑の全部又は一部の執行を受けたときは、刑の執行を減軽し、又は免除する。」との刑法5条がありました。
ちゃんと明文規定があるじゃないか(^^;)
私はずっと刑訴の条文ばかりめくってました。とほほほ。。。
こんな条文あることすら忘れているとは、もう俺はダメだな。・゚・(ノД`)



三浦元被告:米捜査当局が新証拠つかむ? 専門家の見方
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080224k0000m040084000c.html?inb=yt
『前田雅英・首都大学東京法科大学院教授(刑事法)は「米国の捜査当局も、三浦元被告の無罪が確定したことは当然知っている。それでも逮捕したのは、日本の裁判では出てこなかった有力な証拠を握っている可能性が高い。ロス市警が日本の警察と太いパイプを持っているとも考えにくく、独自の捜査を続けていたのだろう」とみる。』

この前田先生のコメント、ややピントがずれているように私には思えるのですが。
もちろんアメリカはアメリカで独自に捜査をしていたわけだから、新証拠を握っている可能性はあると思います。
しかし、新証拠がなかったのなら逮捕しなかったのか?といえば、それはおそらく違うでしょう。
むしろ新証拠の有無に関わらず、アメリカは虎視眈々と狙っていて、入国すればいつでも逮捕した上で自分たちの刑事手続きで処罰する準備を進めていた…と考えるのが自然でしょうね。


いずれにせよ、この先の展開に目が離せないと思います。
それにしても不思議なのは、訴追のリスクがあるにもかかわらず、三浦元被告がサイパンまで出向いてしまった理由です。
時間が経っていること、日本で無罪判決が確定していること…などの事情があるにせよ、認識が甘かったのではないか?と言わざるを得ません。

schulze at 00:02|PermalinkComments(0) 日記 | 司法修習

2008年02月18日

今月の運勢

たまたまネットで見ていたページに、結婚情報サイト(^^;)の広告が出ておりまして、
何気なしにクリックしてしまい、そこのサイトがやってる占いなんかをやってみました。
(別に深い意味はないっす。)



で、結果なんですが・・・





今月の運勢





「転勤や引越しがあるかもしれません。」





・・・(-_-)
これって運勢なのか?


今月いきなり転勤だ引越しだ言われてもなぁ(^^;)
来月には会社を辞め、4月に引越しする予定なんだけどなぁ(笑)

schulze at 00:16|PermalinkComments(0) 日記 

2008年02月17日

インターネットカフェ

先日、久しぶりにインターネットカフェに入ってみたんですが、
何というか…たまたま私が入ってみた店のせいかもしれないけど、あまり居心地がいいとは思いませんでしたね。

どこかに篭って集中して作業をやりたかったので試しに使ってみたんですが、テーブルの使い勝手が悪く、椅子の高さとも合っておらず、何とも不便。挙げ句にテレビやらネットやらをつい見てしまう(^^;)ので、結局はろくに作業は出来ずじまいの結果になってしまいました。
椅子も半端で、寝るには中途半端な角度だし、パソコンを操作するにも姿勢が安定しない。あそこまで居住性が良くないところだとは思わなかったです。

ところで、あれのことを「カフェ」と名付けたのは、一体誰なんですかね?(^^;)
昔から疑問なのだけど、全然「カフェ感」がないですよね。
カフェ、と名乗るなら、少しはカフェらしくあって欲しい(?)んですが。
韓国では「PCバン」というそうだけど、「バン」とは部屋とか、そういう意味ですよね。そちらのほうが実態に合ってる気がしますね。

schulze at 01:53|PermalinkComments(0) 日記 

2008年02月13日

カフェ・ベローチェ

「ベローチェ」が講談社提訴 「おとなの週末」でランク最下位にされ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080213/trl0802132046015-n1.htm
『月刊誌「おとなの週末」に掲載されたコーヒーチェーンのランキングで名誉を傷付けられたとして、コーヒーチェーン「カフェ ベローチェ」を運営するシャノアール(本社・東京都豊島区)が、出版元の講談社(本社・東京都文京区)に1100万円の損害賠償と出版差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に起こしていたことが13日、分かった。シャノアール側は「ブランドイメージに重大な影響を与えるもので被害は甚大」と主張している。』


ほぅ〜。
この講談社の記事は読んでないので何とも言えないけど、
私はベローチェ好きだなぁ(^^ゞ

結構、使い勝手がいいと思うんだけどね。
知り合いとダベったりするのに、よく使ってます。
ベローチェの良さがわからんとは、講談社もまだまだだな(笑)。

一方で、シャノアール系の店でイマイチなのは、お冷やが不味いと思う(^^;)
あれは露骨に水道水だと思うんだけど。
せめて浄水器通してくれればね。

schulze at 23:59|PermalinkComments(7) 食べ物・飲み物 | 日記

2008年02月12日

がんばれタブチくんDVD

プロ野球のパロディ・アニメ映画『がんばれ!!タブチくん!!』がDVD化!
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=17415


これは買いです!!(^^ゞ
速攻で決断。


「諸問題から映像ソフト化は難しいとされてきた人気作」という説明文が笑えます。
諸問題かぁ(^^;)
たしかに、いろいろと問題がありそうだもんなぁ。


今から考えると、よくこんな作品が平気に作れてたよなぁと思わないでもないですね。
いい時代だったんでしょうか。


個人的に、もう一度見てみたい映画は「プロ野球を10倍楽しく見る方法」です。
DVD化するのは難しいかなぁ?

schulze at 01:09|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

2008年02月11日

キャンベルのクリームマッシュルームスープ

私の大好物のひとつに、キャンベルのクリームマッシュルームスープがあります。
http://www.campbellsoup.co.jp/soup/s-05.html


これが旨いんですわ(^^ゞ
ちょっと濃厚な牛乳で溶いて、マッシュルームの缶詰をこれでもかっ!というぐらいに加えて、ざくざく食べる感覚。
特に冬の寒い日にはウマー(・∀・)


そういえば、最近食べてないなーと思って、近所のスーパーに行った際に探してみたんだけど、売ってなかったんです。
食べたい!と思ったときに食べられないと、結構ストレスになりますよね。


売ってないんなら、ネット通販で買えばいいんじゃね?と思って、
調べたのが、上の公式ページ。
あっさり注文ページを見つけてしまう。
衝動的に注文しちゃいましたが…1ダースは多すぎだね。orz
ま、缶詰だから日持ちするのでいいんだけどね。

schulze at 21:37|PermalinkComments(3) 食べ物・飲み物 | 日記

2008年02月04日

ワーキングプア・ローヤーズ(泣)

弁護士希望の修習生 3人に1人が就職難 日弁連調査
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2008020302084701.html
『司法試験に合格し、二〇〇八年中に弁護士登録を希望する司法修習生約二千二百人のうち、八百人ほどが弁護士事務所など就職先をみつけられない恐れがあることが、日本弁護士連合会(日弁連)の調査で分かった。司法制度改革による合格者急増が理由だが、三人に一人の就職難という数字は関係者に衝撃を与えそうだ。(中略)合格者の質の低下や年収が極めて低い「ワーキングプア・ローヤーズ(法律家)」の存在が注目され、鳩山邦夫法相は先月下旬、一〇年以降の合格者数削減も視野に入れた見直しの検討を明らかにしていた。』



もう、司法改革って失敗が明らかじゃないですか…。orz
ワーキングプア・ローヤーズ。・゚・(ノД`)


でも、まぁ、就職難なんて一部の合格者・修習生だけの話だから、まだマシな部類でしょう。
今後、より大きな問題になってくるのは、裁判員制度のほうでしょうねぇ。
滅茶苦茶なことになると思うなぁ。

schulze at 01:13|PermalinkComments(0) 司法修習 | 日記