2010年02月

2010年02月28日

撮り鉄の心理

多くの鉄道ファンがカメラを構える中、東京駅を発車する下り最終の500系のぞみ号=JR東京駅で2010年2月28日午後0時半
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/500kei/6.html



なんか必死だなwwww

最終列車に立ち会いたいという気持ちは、まだ分からんでもないですが、
こんな状況でまともな写真を撮れないことは分かり切ってるのに、あえてカメラを向ける心理が、私にはよくわからんです。
それにより、光景を心に刻んだ方がいいんじゃね?
('д` ;)

schulze at 16:48|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

しいたけ

「中止ボタンがしいたけに見えて困る 0.3.3」



なんだこれwwww
意味がわからんが、さっそく入れてみましたw
(゚∀゚)


(元ネタはベア速さんです。)

schulze at 00:35|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

2010年02月27日

準決勝 カナダ×スロバキア

http://www9r.nhk.or.jp/olympic2/r/dnews/000647/000647_flv.html


いやぁ、めっちゃ面白かった!
スロバキアは大健闘ですね。最後の10分の攻防は、本当に見ごたえがあった。
こういうゲームがアジアリーグでも見たいぞ!
(・∀・)

schulze at 21:18|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 日記

勝どき駅ホーム増設

[都営地下鉄]大江戸線、2編成増備、全駅にホーム柵。勝どき駅はホーム増設
http://dia.seesaa.net/article/142154421.html
『東京都交通局は、2010年度から3年間の経営計画「交通局経営計画〜ステップアップ2010」を発表した。
都営地下鉄大江戸線は、11年度に2編成を増備して、ダイヤ改正を行い、朝ラッシュ時の増発をする。また、13年度までに全駅に可動式ホーム柵を設置する。混雑状況がひどい勝どき駅は抜本的な工事を行う。ホームの増設や新出口の設置を行う予定で、こちらは15年度に完成予定。』


勝どき駅は、ホームを増設しないとならないほど、ひどい混雑なんですか。
まだ開通して10年ですが、ここまで利用数が伸びるとは思いませんでしたね。

schulze at 18:38|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

ペリーの提案書

「ペリーがパワポで提案書を持ってきたら」
http://portal.nifty.com/2010/02/21/b/


なかなかおもろいネタではありますが、
あれは「提案」という生易しいものではなく、実質「強要」だと思うんだけどね。
(´・ω・`)

schulze at 16:14|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

2010年02月26日

新入生ゼロ確定

姫独大法科大学院 再募集断念で新入生ゼロ確定
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002738635.shtml


しかしまぁ、このような大学院にも国から補助金が出ていて、
一方で、修習生の給与が貸与になってしまうというのは、
なんだか世の中、間違ってますな。
( -д-)ノ

schulze at 01:35|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2010年02月25日

女子フィギアSP

浅田真央もキムヨナも、どちらもノーミスというのが良かったですね。
非常に見ごたえがありました。


キムヨナは、たしかに妖艶で、何とも言えない美しさがありますね。
正直なところ、浅田とあれほどまでの点差がついてしまうものなのかという思いもありますが、
演技に見とれてしまうのは、キムヨナの方かもしれないです。


それでも、今まで誰も五輪のSPで成功させたことのないトリプルアクセルに挑戦した浅田真央のことを、僕は尊敬します。
あえて困難に挑戦して、きちんと結果を出す。その精神力は素晴らしいものです。
トリプルアクセルにこだわる彼女の姿勢は、採点基準とか点数とかメダルであるとか、そういうものを超越したアスリートとしての「本能」なのでしょう。


でも、そういう「秘めた思い」を持っている方が、きっと最後には微笑むことになるような気がしますね。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 日記 

2010年02月24日

見解

「平成22年2月20日付け日本経済新聞記事に対する見解」
http://www.shutoko.jp/topics/100223.html



「記事に対する見解」というタイトルなのに、
どこにも見解が書かれていないような・・・?
(´・ω・`)


ちなみに、2月20日付けの日経記事とは、こちら(↓)。


「首都高、初の架け替え検討 老朽化進む、まず羽田線の一部」
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20100222ATFB0903B20022010.html

schulze at 01:09|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2010年02月23日

スルメ

知り合いから




schulzeくんって、




スルメみたいな人だよね。




噛めば噛むほど味が出る。





・・・って言われますた。
(;´Д`)



これって褒め言葉ですか?
(゚∇゚ ;)




スルメだけに、一口目は固いんですよ(笑)。
なので、よく噛んでお召し上がりください。

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 日記 

2010年02月22日

三六丸

Xbox特命課 三六丸のガイドライン
http://guideline.livedoor.biz/archives/51430167.html



やばい。
このセンスはたまらなく好きだ。
( ゚∀゚)

schulze at 23:32|PermalinkComments(0) 日記 

祝!結婚

平成22年2月22日の「2」並びの今日、
私の無二の親友が入籍しました。
\(^o^)/

本当におめでとうございます。
自分のことのように喜ばしいです。
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

でも、婚姻届の証人に僕が署名するという話だったのに、
全然連絡が来ず。。。
(-_-)

schulze at 21:51|PermalinkComments(0) 日記 

浅田真央とキムヨナの違い

雑音に惑わされない=わが道信じる浅田(2010/02/21 15:18 時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010022100123


浅田真央は、精神的に強い人だなぁと感じますね。
結果がどうなるかは、もちろん分からないけど、彼女の芯の強さは特筆すべきだと思います。

精神力という意味では、キムヨナのほうが繊細でナーバスな感じがしますね。
もちろん五輪は彼女2人だけの戦いではないのですが、あえて2人に焦点を当てるなら、「攻めの浅田真央、守りのキムヨナ」の構図ではないかと思います。
トリプルアクセルという難度の高い技に挑戦する浅田真央。
完成度と美しさを追求するキムヨナ。
男子でもプルシェンコとライザチェクが似たような関係で、ライザチェクが勝ったわけですが、女子ではどうなるか。

非常に楽しみですが、私は演技内容だけでなく、彼女たちの周囲の環境も、演技同様に対照的であるように感じるんですね。
キムヨナが韓国民から受けている期待とプレッシャーは、気の毒なぐらいです。それだけ彼女が韓国のスターであるということの証明なんだろうけど、その度合いが極端で、浅田真央には勝って当然だというぐらいの空気がある。このことは、どこか「守りのキムヨナ」のイメージを強くしていると思いますね。内容よりも、金メダルという結果が求められてるような。メダルを得たときよりも、取れなかったときのダメージの方が大きい感じがするのです。

これに対して、浅田真央も日本国民から期待されているにせよ、その中身は、キムヨナとは異質な感じもするのですよ。
応援というか、本当の意味での後押しというか…。金メダルが取れれば、もちろん最高だけど、必ずしもメダルの色だけが日本の関心ではないと思うのです。彼女が納得できる演技が出来るかどうか、ということが注目されている。このことは、浅田真央にも良い影響があるのではないかと思います。

今、この2人の精神面では、浅田真央の方が良い状態にあるんじゃないかと思います。

schulze at 00:04|PermalinkComments(0) 日記 

2010年02月21日

公認会計士も就職難(2)

合格増やしたら不況…“計算外”公認会計士の卵、就職難
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20100220-OYO1T00787.htm


公認会計士は、すぐに合格者の減員が出来るので、まだいいですね。
新司法試験は、ロースクールという巨大な利権団体があるので、合格者数の調整一つとっても難しい…。
(-_-;)

schulze at 15:59|PermalinkComments(0) 司法制度 | 司法試験

振り出しに戻る

この1か月ほどの懸案事項が、振り出しに戻る。
orz


また択一からやり直さないといけない受験生のような気分です…。
(-_-;)
でも、この1か月は楽しかったから、まぁいいか。

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 日記 

2010年02月20日

不二家のレストラン

男2人で不二家レストランでだべってきました。
周囲は女性だらけw

お互い、甘党だからしょーがない。
(・∀・)

schulze at 23:24|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

当たり

昨日、修習の同期と飲みに行った店が、当たり。
街を歩きながら、適当に選んで入った店なんですが、どれを頼んでも旨くて、値段もそこそこ。
隠れた名店という感じ。
こういう店に当たると、何だか得した気分になりますね。

schulze at 14:18|PermalinkComments(0) 日記 | 食べ物・飲み物

2010年02月19日

独禁法社内研修講義

うちの会社、独占禁止法の社内講習会をやることになりまして、その講師を、何と私が務めることになりました。
(^^;)

今日が初回の講義だったんですけど、
大勢の社員を前にして1時間30分も話をするというのは初めての経験でして、かなり緊張しました。
そのわりには、内容的にも時間配分的にも、比較的うまくいったと思います。
「とても初めてとは思えない出来だった」と周囲からも声をかけていただき、少し安堵しました。
修習中に行った尋問やら弁論やらの経験が生きているのかもしれません。

今後、同じ内容の講義を、年内にかけて全部で40回近くもこなさなければなりません(泣)。
何せ今回の研修は、営業系の全社員が対象で、本社だけでなく全国の営業拠点やグループ会社も含めて、すべて講義して回ることになっているので、かなり大変なんです。
('A`)

司法試験予備校のようにビデオ収録してしまって、ビデオ講義やストリーミング配信にしてくれれば、楽なのにと思うんですけどねぇ…。
ただ、全国を出張出来るのは、ちょっとだけ楽しみかも。(^^ゞ

schulze at 00:05|PermalinkComments(1) 企業法務 | 日記

2010年02月18日

講師

明日、仕事の関係で、人前で話をしなければならないのですが、
準備が後手後手に回っており、ちょっと焦ってます。
('A`)

schulze at 00:29|PermalinkComments(0) 企業法務 | 日記

2010年02月17日

公開プロポーズ失敗

公開プロポーズでまさかの失敗、ムッとして立ち去る彼女に周囲も呆然。
http://narinari.com/Nd/20100213092.html



これ、仕込みだとしたら、意味が分からないんですが…。
( -д-)ノ
レンジャーズも、なにやってんの!?という感じ。

schulze at 22:09|PermalinkComments(0) アイスホッケー | ネタ

「上村愛子はなぜ勝てなかったのか?」

上村愛子はなぜ勝てなかったのか?
http://news.livedoor.com/article/detail/4607684/
『上村愛子選手は、結局勝つことの意味――とりわけ「オリンピックでメダルを取ることの意味」を、最後まで取り違えていたのではないかと思う。特に彼女は、「オリンピックに勝つということは、『自分に勝つこと』に他ならない」というふうに勘違いして、そのための努力を、この4年、あるいはそれ以前の10数年前から積んできたのではないだろうか。それが、結局はブログで述べたような目標(オリンピックでメダルを取ること)を遠ざけることとなり、今回の結果につながった――そう思うのだ。』



この人の言ってることは、全然違うと思いますね。

「自分に勝つこと」を追い求めてきたからこそ、今回4位だったんですよ。
「他の選手に勝つこと」を目標にしていたら、きっと4位にすらなれていないでしょう。
なぜなら、「自分」というのは、己のベストを尽くさない限り勝つことの出来ない、いわば「究極の敵」だからです。
目標として、これ以上のものはないんです。

自分自身の経験から言っても、単に「司法試験に受かりたい(=合格点を超えたい)」とだけ考えていたときは、全く結果が出なかったですね。
途中から意識が変わって、試験に受かるかどうかよりも、自分の納得がいく答案が書きたい、と。
そういう発想に切り替えてから、格段に結果が出るようになりました。

当時の私は、本当に自分のベストと思えるような答案が書けるのなら、その結果がたとえ不合格だろうと、きっと自分自身は納得出来るだろう、と。そう信じていました。
結果的に、実際に12通、すべて自分が満足の行く答案を揃えることが出来た年に、自分は最終合格することが出来ました。
でも、あのパフォーマンスは、単に試験に受かることだけを目標にしていたら、出せなかっただろうと思うのです。
自分に勝ちたい、自分に負けたくないという思いが伴わなければ、絶対に実現できませんでした。

1500人時代の平成16年と17年、2年続けて惜しい成績で私は不合格でした。
オリンピックで言えば、まさにメダル目前の4位とでも言うべき成績だったと思います。

でも、あのときの感覚としては、納得のいく答案が書けなかったことは、誰よりも分かっていましたね。
敗因がどこにあるかも分かっていました。
要は、自分自身に負けたんです。

きっと上村愛子も、同じだと思います。
彼女は「なぜメダルが取れなかったんだろう」と自問自答こそしているけど、きっと自分自身では原因なんて分かっているんです。
そうではなく、彼女の真の悩みは、なぜ自分に勝てなかったのか。そういうことではないのですか。もっとやりようがあったと思えるからこそ、そういう問いかけになるのです。

自分で納得のできるパフォーマンスを尽くせて、それでもメダルに手が届かなかったのなら、「なぜメダルが取れなかったんだろう」などという思いには、なるはずがないのです。
自分に負けたこと。自分に後悔があること。それが分かっているからこそ、彼女は試合後に涙を流したんですよ。

彼女は、勝つことの意味を誰よりも理解していたんだと思います。
そして、その難しさを誰よりも理解していた。
それは、彼女が積み重ねてきた努力の結果でもあると思います。
そんな彼女に「オリンピックでメダルを取る意味を取り違えているね」なんて言葉を、私はかけることが出来ないですね。

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 日記 | 司法試験

2010年02月16日

法科大学院、淘汰の動き本格化

法科大学院、淘汰の動き本格化 姫路独協、入試合格者ゼロ(2010年2月15日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201002150165.html
『法科大学院協会の関係者は「姫路独協大のことが明らかになり、ここ1、2年の間に(撤退の)決断をする動きが広がる可能性もある」と指摘する。走り出しながら揺れた制度のツケを払ったのは、結局は高い学費を払って通った学生ということになる。』



マスコミもさんざん煽っておきながら、手のひらを返したような論調ですね。
┐(´〜`)┌


今は下位ローというスケープゴートがあるからいいですけど、
本当の問題の核心は、上位ローにこそあると思いますけどね。
下位ローが淘汰されれば問題がすべて解決するとは、私には到底思えません。

schulze at 00:04|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2010年02月15日

最近のお気に入り

100%オレンジジュースを炭酸水で割る。
あまり甘くないのがイイ。
(・∀・)

schulze at 23:53|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

フライドチキンの部位

「ケンタ店員だけどなんか質問ある?」
http://minisoku.blog97.fc2.com/blog-entry-928.html



フライドチキン好きな私(^^ゞとしましては、思わず全部読んじまいました(^^;)

この店員さんはキールが好みのようですが、ワタシの場合、キールは火が通りすぎていることが多くて、食感が固く感じるんですよね〜。
たしかに軟骨は旨いんですけどね。


(参考)
チキンのカット方法
ケンタッキーでなどで得する裏知識!


ワタシの好みは、揚げたてのウィングとドラム。
とにかくめちゃくちゃ旨い。

リブは皮ばかりで、肉の部分が少ないのが難点かな。
やはりサイが王道なんでしょうね。皮と肉のバランスが絶妙ですよね。

schulze at 00:02|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

2010年02月14日

上村愛子の成績

長野 7位
ソルトレイクシティー 6位
トリノ 5位
バンクーバー 4位


少しずつであるけれど、確実に前進している。
そんな彼女の生き方は嫌いじゃない。

schulze at 15:34|PermalinkComments(0) 日記 

中学受験こそ日本のエリート教育の本流

「中学受験こそ日本のエリート教育の本流、東大なんてクソ」
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51654318.html



この人の言葉を借りるなら、
「旧試験こそ日本の法曹教育の本流、ロースクールなんて・・・」
などと書いたら怒られますか?
( ´_ゝ`)

schulze at 01:37|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度