2010年03月

2010年03月31日

路上でバッタリ

今日、修習の同期がいる事務所のすぐ近所まで出向く用件があって、「電話でもかけて昼飯誘おうかな〜、でも忙しいだろうから迷惑かな〜」などと考えながら歩いていたら、目の前をその同期が歩いてました(笑)。

schulze at 23:42|PermalinkComments(0) 企業法務 | 日記

岡田采配

3月31日(水)日本ハム 2-3 オリックス
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010033104/top


やはり今日の見どころは、
すべてをぶち壊したハムの抑え・ウルフでもなく、
T−岡田の決勝3ランでもなく、
坪井の大飛球をキャッチした坂口でもなく


カブレラヒット⇒代走バイナム
ラロッカヒット⇒代走バルディリス


の岡田采配。

バイナムが出てきたとき、バルボンかと思った。
Σ(゚д゚;)

schulze at 22:28|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

東京ドーム ハム×オリ

cdff3f15.JPG
ノー残業デーのため、会社帰りに東京ドームに寄ってます。
三塁側のスーツ大群は動員だな。


schulze at 19:01|PermalinkComments(0) 野球 | 写真

過度な試験対策

法科大学院24校「不適合」、教育内容に問題あり(3月30日10時16分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100330-OYT1T00016.htm
『不適合の理由として目立つのは、司法試験対策に偏った授業内容と、教育態勢の不備だ。約3割は過度の試験対策を指摘され、「受験予備校と連携して学内で答案作成の練習会を開いている」「カリキュラムが司法試験で出題される法律基本科目に偏っている」といった問題も明らかにされた。』



答案練習が「過度な試験対策」でダメだというなら、和光の研修所でやってる即日起案なんて、まさに二回試験のための「試験対策」そのものに他ならないと思うんですけどねぇ。
研修所の起案のことを、試験対策だなんて言う人はいないですよね。
なぜなら法律家になるためには、ある程度の「文章を書く訓練」は必要不可欠な過程だからでしょう。

予備校が目の敵ということならば、ローが自前で答案練習やる分には別にかまわないんでしょうか?
ローが主体で実施する答案練習であれば、どんなにガンガンやろうとも「適切な教育」だけれども、予備校が関わった瞬間に「過度な試験対策」に変わるとでも言うんですかね?

この論理って、まるで永年旧試験をやってきたヴェテラン受験生がローに入学した途端に「ポテンシャル」とやらが付与されるのと、何だか似てますね。
( ´_ゝ`)
中身が変わってなくても、ローが関わるものが「善」で、予備校が関わるものが「悪」であるってわけです。
そんな現実離れした論理が、いつまで通用するのだろうか。
( -д-)ノ

schulze at 01:36|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2010年03月30日

大橋Jct.対応カーナビ

カーナビ(地図)会社による走行調査(首都高オフィシャルブログより)
http://www.c2info.jp/blog/2010/03/3683/



ナビ会社の計測って、開通の直前にやるもんなんですか…。
もっと早い段階で準備しているのかと思ってました。

カーナビのデータを更新したいと思っていて、出来れば大橋ジャンクションに対応したものがいいと思っていたんですが、
もうしばらく時間がかかるのかな?

schulze at 00:02|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2010年03月29日

ハルラ アジアリーグ初優勝!

日韓両国の選手権チャンピオン同士対決となったアジアリーグアイスホッケーのプレーオフファイナルは、ハルラが激闘を制して、3勝2敗で初のチャンピオンに。
アジアリーグで韓国勢が優勝したのは初めてとなります。


公式ゲームシート
http://www.alhockey.com/sheet/14/game/ogs15.html
リーグリリース
http://www.alhockey.jp/news/pdf/100328_00.pdf
語りべ通信
http://lovehockey.jugem.jp/?eid=864


このファイナルは、5試合のうち4試合が延長戦に突入するという、かつてないほどの接戦の連続でした。

私が韓国のホッケー界の情報を追いかけるようになってから、今年が12年目なんですけど、
韓国チームが優勝する日が来るとは、夢のようです。

私が初めて韓国チームを日本で見たのが、今からちょうど10年前、2000年9月札幌・月寒でのSTVカップでした。
あのときハルラは王子製紙相手に0−9の大敗でしたし、その後のアジアリーグの開幕戦@新横浜(2003.11.15)もコクドに1−11でしたから、とても日本と対等に戦える感じがしませんでしたね。

それを思えば、この間の急成長には目を見張るものがあります。

いろいろな面で歴史的な優勝と言えると評価できると思いますが、今回の優勝を契機に、韓国勢につけられている外国人選手枠のハンディは、そろそろ見直してもいい時期かもしれませんね。

schulze at 23:02|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 日記

法科大学院認証評価

愛知学院大・法科大学院「不適合」認定(3月25日14時58分 読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000623-yom-soci

<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(3月25日12時17分 毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000045-mai-soci
『愛知学院大法科大学院が受験予備校と連携して答案練習会を開き、費用の一部を予備校側に納付する制度について「過度の受験指導」として廃止を求めた。』



過度な受験指導・・・。
では「適度な受験指導」とは、何なのでしょうか?
答案練習がいけないのか?予備校と連携したことがいけないのか?
仮にそれらがいけないのだとしても、なぜいけないのか。どのような根拠に基づく合理的な判断だと言えるのでしょうか。

この「法科大学院の認証評価」とやらが、そもそも適切と言えるのどうかを、誰かが検証することは出来ないんでしょうか。

schulze at 02:14|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

「トルキア」

もういっちょ『攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG』から。

なぜ今ごろにハマっているかというと、菅野よう子の「スペースバイオチャージ」を買ったばかりだからです。(^^ゞ

「トルキア」


なかなか壮大なスケールを感じるサントラ。
後半に男性コーラスが入ってくるところの盛り上がりが、何とも言えず素敵。

schulze at 02:14|PermalinkComments(0) 音楽 | 動画・youtube

2010年03月28日

「i do」

『攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG』より

「i do」
作詞:Ilaria Graziano
作曲:菅野よう子
編曲:菅野よう子
歌:Ilaria Graziano




泣きたくなるような、切ないメロディーがたまらない。
さすが菅野よう子。名曲。

schulze at 22:06|PermalinkComments(0) 音楽 | 動画・youtube

もう帰京

bb3b8771.JPG
せっかく沖縄まで来たというのに、もう帰らないといけない。
滞在時間は25時間しかありませんでした。トホホ…。


schulze at 08:56|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

ブルーシールアイスクリーム

34735c30.JPG
真夜中にブルーシールでアイスクリームを食す。
ブルーシールに入ったのは初めてでしたが、ウマー!!
(^_^)/~


schulze at 02:04|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 写真

2010年03月27日

中城城址公園

73c6dc17.JPG
中城(なかぐすく)に来ています。
知り合いから「ラピュタみたいなとこだよ!オヌヌメ!」と言われて来てみたんですが、
たしかに言わんとすることは分からんでもない。雰囲気は似てますね。


schulze at 12:27|PermalinkComments(0) 日記 | 写真

沖縄着

a37ae9ba.JPG
思ったほどは暖かくないですね。
沖縄に来たのは高校の修学旅行以来です。


schulze at 10:10|PermalinkComments(2) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

早朝の品川駅

dcc1671e.JPG
朝一番の飛行機で沖縄に行こうとしています。
それにしても、朝はまだ寒いですね。


schulze at 05:09|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

2010年03月26日

卵かけご飯

味の素のサイトが無駄にカッコイイと評判
http://news.livedoor.com/article/detail/4672899/
http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-2677.html

NEO TAMAGO KAKE GOHAN
http://www.ajinomoto.co.jp/aji/egg/generator/



卵かけご飯は、誰が何と言おうと「黄身だけ派」です。
白身を入れるのは邪道(断言)。
(・∀・)

本当は「醤油+味の素」より、だし醤油を使ったほうが美味でありますが、
味の素のサイトなので仕方がない。





※混ぜすぎに注意(笑)

schulze at 01:38|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | ネタ

2010年03月25日

ポンジュース「愛媛いよかん 旬」

最近のお気に入り。

ポンジュース「愛媛いよかん 旬」
http://www.ehime-inryo.co.jp/topics/shun09_2.php

これ、中身が少なくて、値段もやや高めなのですが、
呑んでみると、たしかに旨い。
(・∀・)

名前どおり、普通のみかんジュースではなくて、「いよかん」のテイストなんだけど、
そのぶん、今まで口にしたことのないような味覚となっていて、ちょっと不思議な味わいがします。
甘すぎず、苦すぎず、ちょうど良い感じ。

schulze at 01:46|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

JR停電トラブル

たるんだケーブル、電車が切断か…JRトラブル(2010年3月24日11時39分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100324-OYT1T00459.htm?from=nwla


先日の東海道新幹線といい、困ったもんですね。
当初は「パラボラアンテナが投げ込まれた」などと言われてましたが、これでは完全にJR側の責任じゃないですか。


ところでこの記事、E231系と205系がきちんと描き分けられているイラストが秀逸。
(^^ゞ

schulze at 01:39|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | ネタ

いざ釧路決戦

アジアリーグアイスホッケー2009-2010 プレーオフファイナル第3戦@アニャンアイスアリーナ
http://www.alhockey.com/sheet/14/game/ogs13.html
アニャンハルラ(2勝) 2-5 日本製紙クレインズ(1勝)


ハルラが王手の試合で、何とかクレインズが1勝。
舞台が釧路に戻ってきました。

ハルラとしては悲願のアジア初制覇を成し遂げたいところでしょうが、
ここからあと一つ、勝つのが難しいんだよね。
勝ちたい気持ちが上回ったほうが勝つでしょうね。

最終的にキーパー次第じゃないかな。
特にソンホソン。ハルラに来てから、カンウォンランド時代ほどには精彩を感じないシーズンが多かったけど、勝ちきるためには彼の力が必要だ。
ロースコアのタイトなゲームになるでしょうから、キーパーの出来とミスが大きく左右するでしょうね。

schulze at 01:22|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 日記

2010年03月24日

日本女子プロ野球リーグ

日本女子プロ野球機構公式サイト
公式戦日程表


2チームしかないのに「リーグ戦」と称して良いのか?という疑問はともかく・・・。

公式戦がゴールデンウィーク中に1試合しかないとか、
夏休みの8月に中断期間があるとか。

色々と良く分からない日程ですね。
(^^;)

おそらく、公式戦以外の交流戦やらイベントやらが入るのでしょうが。

schulze at 01:19|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

スーパーニュースアンカー

関西テレビのスーパーニュースアンカーという番組で、「受かっても落ちても苦難…司法試験の行方」という特集が放送されたようです。


内容もさることながら、
この番組のスポンサーって、債務整理系で有名な某司法書士事務所なんですね(笑)。
違った意味でこの業界の混迷ぶりを象徴しているところが、何とも言えない気分です。
( -д-)ノ

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2010年03月23日

つながるレール

九州新幹線:締結式 青森−鹿児島つながるレール(2010年3月22日 20時35分 毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/today/news/20100323k0000m040056000c.html



東京駅でレールがつながってないように思いますが…。
(´・ω・`)

schulze at 22:53|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | ネタ

カフェオレとカフェラテの違い

カフェオレとカフェラテの違いわかる?
http://gourmet.oricon.co.jp/74487/full/
『カフェオレとカフェラテの違いは何なのか? 社団法人全日本コーヒー協会に正解を聞いてみたところ、「カフェオレはドリップコーヒーと温かいミルクを半分くらいずつ入れたもので、カフェラテは“エスプレッソマシン”を使ったコーヒーに泡立てたミルクを注いだものを指すのが一般的です」とあっさり回答。』



うーーーん。本当にそうなのだろうか?
日本で、仮にそういう使い分けがされているとしても、
結局は、カフェオレがフランス語で、カフェラテがイタリア語ってことなんじゃないの?(^^;)
要は「コーヒーと牛乳」の意味でしょ?(笑)


ヨーロッパ人に、
『日本では、普段「コーヒー」と呼んでいるものに牛乳混ぜると「カフェオレ」になる』
と言うと笑いが取れる、という話を知り合いから聞いたことがあります。
この話のどこがおかしいのかというと、英語読みのものに牛乳を加えただけでフランス語読みに変化する、という感覚が、彼らには理解できないらしい。

schulze at 00:03|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

2010年03月22日

現行64期

ちらっと耳にした話ですが、
4月1日からスタートする現行64期は、2クラスになるらしいですね。

全体の人数が100人強とのことなので、
1クラスは50人ちょっと、という配分らしいです。

我々現行62期は1クラス65〜67人ぐらいでしたし、
新修習だと教室限界の75人近くまでギリギリに押し込んでますから、
これはうらやましい限りです。
あの教室に50人だと、相当にゆとりが感じられると思います。

同期全体の顔も判別するでしょうし、何よりまだ給与が出るのですから(笑)、理想的な修習になるでしょう。
64期の皆さんは、ぜひ楽しみながら頑張ってください!

schulze at 00:59|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

予備校答練の点数が当てにならない理由

3月も下旬に入り、かなり春めいた気候になってきました。
今年の本試験を受験される皆さんは、新試・旧試を問わず、そろそろ本番に向けてラストスパートという時期だと思います。

新試の方だと、ちょうど今ごろが予備校の直前答練の時期ではないかと思います。
受けられるという方も多いと思いますが、点数に関しては全く気にする必要がないと思います。

自分も添削に関わった経験が少しだけありますが、
予備校答練の点数は当てにならないという声がありますね。
それは、ある意味仕方がないところだと思うんです。

「添削者の質が低いから」とか
「添削者にやる気がないから」ということもあるのでしょうが(^^;)
それより「一人の添削者に回ってくる答案数が少ない」ことが原因じゃないかと、私は感じています。

一人の添削者が何通の答案を見るのかは、それこそ人によるのでしょうが、
よほど添削に集中的に時間の割けるような人でない限り、大量の答案を一度に見ることは難しい。
たとえば、現役の弁護士が仕事をしながら片手間で添削を引き受けるという場合に、旧試答練であれば1回に20〜30通、新試の大問であれば10〜20通ぐらいの割り当てが通常ではないでしょうか。
民事系の大大問だと、それこそ10通前後が限界だと思います。

そうなってくると、一人の添削者が目にする答案のサンプル数が、どうしても少なくなるのですね。
その弊害は、新試答練の方がより顕著に出てくると思います。

答練の添削って、結局は「相対評価」で採点するしかないんですよ。
他の受験生の答案までは出来が分かりませんから、自分の目にしたサンプルの中で相対的に順位を付けて、その中で評価をせざるを得ない。
だから、同じ答案であっても、そのサンプルが優秀であれば評価は下がるし、出来の良くないサンプルに入ってしまうと過大な評価になる恐れがあります。

特に新試答練だと、ロースクール単位で答練に申し込みをしているケースがあって、たとえば添削者に回ってくる答案のすべてが「同一会場で受験した、○○大学法科大学院、未修者3年生のもの」なんてケースもあるんです(私も現にそういう経験がありました)。
そうなると、答練の点数は、必然的にそのロースクールの未修コースの人の内部での相対評価にしかすぎないことになります。

本試験の評価が答練と異なるのは、もちろん採点者が一線級の実務家や学者であるということもあるでしょうし、偏差値的な統計処理をしているからということも挙げられるのでしょうが、それよりも「一人の試験委員が大量の答案を目にしている」というところが大きいと思うのです。
受験生全体の出来を把握しながら評価が出来るので、それこそ公平な評価が可能なんです。
だからこそ、本試験の成績評価は、きわめて重要であって、無視できないものだと言えると思います。

一方で、予備校答練の点数は、参考程度の価値しかないと認識しておいた方が正解です。
ただ、そうは言っても、自分の点数・評価と一切向き合わなくて良いということではありません。
ある程度信頼に足りると考えられるのは、全体の総合点です。科目ごとの点数が当てにならないものだとしても、トータルの数字で見ると、ある程度の傾向は見えてきます。
そこから自分の弱点なり課題を発見するということは必要でしょう。

受験生の方には、答練がこういった実態で運営されているということを頭に入れつつ、うまく活用されることをお勧めします。

schulze at 00:50|PermalinkComments(0) 司法試験 | 日記

冷凍庫の氷溶かす

冷凍庫の氷溶かす
http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-1234.html



いずみ寮の部屋の冷蔵庫も、さすがにここまでではないが、霜がこびりついて大変だったのを思い出しました。


ってか、「秋田県」がツボにハマりすぎて、笑い死にそうw
(・∀・)

schulze at 00:49|PermalinkComments(0) 司法修習 | ネタ