2010年12月

2010年12月31日

三ツ矢サイダー ザ・プレミアム

「三ツ矢サイダー ザ・プレミアム」というのをコンビニで発見。
http://www.asahiinryo.co.jp/products/carbonated/mitsuya__the_premium/

私はラムネ好きでして、三ツ矢サイダーにも目がないので、さっそく飲んでみましたが・・・

うーん、微妙(^^;)

『多くの高級菓子に使用される高純度砂糖、「白ざら糖」を贅沢に使うことで濃密な甘さと香りを実現』
とのことですが、
甘さも香りもいまいちかな?
通常の三ツ矢サイダーと、あまり変わらない感じでした。
甘さよりも、香りの方を期待してたんですけどね。
両方買ってきて飲み比べてみたら、違いを感じるのかもしれませんが。

ただ、瓶入りにしたのは評価できますね。
炭酸飲料って、缶やペットボドルのものより瓶のほうが風味が良いように感じるのですが、気のせいでしょうか。

schulze at 02:58|PermalinkComments(2) 食べ物・飲み物 | 日記

今年も残りわずか

今年も残すところ1日となりました。

公約にしていた「ブログ毎日更新」も、何とか達成です。
(^^ゞ
ご覧いただきまして、ありがとうございました。
新しい年も、よろしくお願いいたします。

schulze at 02:02|PermalinkComments(2) 日記 

2010年12月30日

年賀状作成

いま、ようやく終わりました・・・
(*´∇`*)

schulze at 22:05|PermalinkComments(0) 日記 

2010年12月29日

伊藤正己氏死去(元最高裁判事)

伊藤正己氏死去(元最高裁判事)(2010/12/29 16:13 時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2010122900367
『伊藤 正己氏(いとう・まさみ=元最高裁判事)27日午後0時27分、呼吸不全のため東京都新宿区の病院で死去、91歳。兵庫県出身。葬儀は親族で済ませた。後日お別れ会を開く。喪主は長男克己(かつみ)氏。43年東京帝国大(現東大)法卒。東大法学部教授、同学部長などを経て80年に最高裁判事に就任。89年に定年退官した。最高裁では、森林法の規定を違憲とした大法廷判決に携わったほか、殉職自衛官の護国神社への合祀(ごうし)を合憲とした大法廷判決では反対意見を述べた。』


受験時代にも、数多くの補足意見・反対意見を読み込みました。
特に「パブリックフォーラム論」の考え方には、感銘を受けました。
非常に印象の残る最高裁判事の一人ではなかったかと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

schulze at 21:06|PermalinkComments(0) 司法試験 | 訃報

二回試験合格者の弁護士登録状況の推移

弁護士白浜徹朗先生のブログに、二回試験合格者の弁護士登録状況のデータが掲載されています。
http://www.shirahama-lo.jp/blog/2010/12/post-106.html

引用させていただきますと

二回試験合格直後に法曹にならなかった人の推移
59期    27人  2.33%(合格者数1,158人)
現行60期   69人  4.94%(合格者数1,397人)
現行61期   33人  5.42%(合格者数609人)
新61期    88人  5.08%(合格者数1,731人)
現行62期  51人 14.4%(合格者数354人)
新62期  132人  6.6%(合格者数1,992人)
現行63期  44人 22.6%(合格者数195人)
新63期  214人 11.0%(合格者数1,949人)


白浜先生も書かれているとおり独自調査による数値とのことですが、だいたい私が調べた範囲での数字とも合致しているので、大きな誤差はないと思われます。

また、これも先生がご指摘されているところではありますが、一括登録日以降の登録者は含まれていないので、この表は必ずしも「就職できなかった人数」を意味しないこと、また逆に登録をしていたとしてもノキ弁や即独を含んでいることから、この数値の意味は慎重に取り扱う必要があります。

ただ、そうは言っても、一括登録日の人数はひとつの目安にはなりうるので、修習期別の推移から傾向は読み取れるのではないかと思います。

ところで、この表には新60期のデータがありませんが、61期以降で見ていくと、新に比べ現行のほうが登録率が悪くなっています。
ただ、これには若干注意が必要で、というのも現行の二回試験は比率的に再受験者の割合が多いわけです。
たとえば現行62期で言えば、二回試験の合格者は354人でしたが、その内訳として再受験による合格者が100名おり、現行62期からの合格者は254人である一方で、上記の表の「14.4%」には再受験者も含まれているのです。
二回試験に不合格となると内定が取り消されてしまうケースも多いと思われますので、それだけ数値的には悪くなる傾向にあると考えられますから、現行の数字が突出しているからと言って必ずしも現行修習生が新修習に比べて苦戦していることにはなりません。

そこで、年度による単純比較としては、新の修習期で見ていくのが手っ取り早いと思われますが、61期→62期→63期と登録率が年々悪化しているのは明らかですね。
就職状況が日増しに悪化していることは間違いないでしょう。
これに即独者の数値も加えたら、現状を正確に示すデータになると思います。
増員論者に見せつけてやりたい気分です。
(-_-;)

schulze at 04:35|PermalinkComments(4) 司法修習 | 司法制度

任官者数の伸び悩み

判事補任官数検察任官数の推移を見ていると、任官者数は増えるどころか、横ばいか、むしろ減少傾向にあるのが残念でなりません。
法曹増員計画が杜撰な見込みによるものであることを端的に示していると思います。

思ったほどに任官者数が増えない理由としては、全体の事件数が減少している中、任官者の数の確保が必要とされていないということが考えられます。
しかし、内閣の官房長官が「不足気味だ」とまで指摘していたはずなのに、この掌の返し方はどうなのか?と思いますし、
むしろ事件数が減っているのであれば、増員分がすべて弁護士に集中したところで受け皿がないという結果になるはずです。
増員計画自体が適正なものだったかどうかを、今すぐにでも再検討しなければなりません。

もう一つ、気になる点としては、新しい法曹養成制度を最高裁や法務省がどのように評価しているのだろうか、ということ。
58〜59期のころに比べて司法試験の合格者は大幅に増えているというのに、任官者数がこれだけ伸び悩んでいるということは、それだけ欲しいと思う人材がいないということかもしれません。

ただ、採用数は予算の関係が第一でしょうし、新試験組だけでなく旧試験組からの採用も絞られているので、このことだけをもって修習生の評価ができるわけではないのは言うまでもありませんが、
一方で、もし本当に優秀で確保しておきたいという人材がいるのなら、多少の無理はしてでも採っておきたいと思うはずではないでしょうか。
採用数の伸び悩みの背景に修習生の質の低下があるというのは、あながち間違いとは言い切れないと思います。

そうなると、わざわざ法科大学院を作って教育プロセスを充実しておきながら、かえって旧試験時代より優れた人材を輩出出来なくなっているということであれば、この制度改革は一体何だったのかということにならないとおかしいです。

法科大学院は司法試験の合格者数のことには執着しながら、任官数についてはあまり関心がないように感じるのですが、とても奇妙なことだと思います。
「もっと採用数を増やせ」といったアピールなり働きかけがあっても良さそうに思うのですが。
自分たちの教え子の就職先として任官も重要なルートであるということもありますが、それだけでなくて、この司法制度改革の根本に関わる話であって、法科大学院にとっても自分たちの存在の評価ないし正当性につながってくる話だとも思うからです。

法科大学院にとっては、教え子が司法試験にさえ合格出来れば良いのであって、あとはどうなろうと知ったことではないのかもしれませんけどね。

schulze at 03:30|PermalinkComments(1) 司法修習 | 司法制度

2010年12月28日

函館本線・山線回り

新青森からは、スーパー白鳥で青函トンネルを抜けて函館へ。
このままスーパー北斗で札幌まで行ってしまうのでは少々つまらないと思い、長万部から函館本線(山線)回りで目指すことにしました。


函館本線の山線区間の乗車は、学生以来でした。


DSC_0037
長万部に着いたときには、かなり吹雪いてました。

DSC_0040
ホームも凍結しています。

続きを読む

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

2010年12月27日

新青森探訪

ちょっくら札幌まで行ってきました。
東北新幹線・八戸−新青森間の新規開業区間を制覇すべく、行きはJRを利用することにしました。


DSC_0007
七戸十和田

DSC_0008
七戸十和田

DSC_0010
新青森

続きを読む

schulze at 22:13|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

新63期新任判事補98人

新任判事補、3分の1女性 最高裁が採用決定(2010/12/24 20:47 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E6E2E1EB8DE0E6E3E0E0E2E3E29180EAE2E2E2;at=DGXZZO0195583008122009000000
『最高裁は24日、司法修習を15日に終えた1949人のうち、98人を判事補として採用することを決めた。うち女性は31人でほぼ3分の1を占めた。閣議を経て来年1月16日付で発令される。』


判事補任官者数の推移
58期 124人
59期 115人
60期 118人(旧52人新66人
61期 99人(旧24人、新75人)
62期 106人(旧7人新99人
63期 102人(旧4人、新98人)

ここ3年ほどは横ばいではありますが、50期台後半には及んでいないですね。

schulze at 20:47|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

2010年12月26日

車内広告放送

札幌市営地下鉄にて
「債務整理無料法律相談の××法律事務所へは、こちらでお降りください」
という車内放送を耳にしてしまい、「オレって今、囚われの聴衆だな」と実感。
(*´Д`)=з

schulze at 18:43|PermalinkComments(0) 司法制度 | ネタ

月寒そば

9f0519bb.jpg
月寒体育館内の立ち食いそば。
そんなにうまいとは思わないんですが、ホッケー観戦で冷え切った状態で食うと抜群に美味いので、どうしても食べちゃうんですよね。
(・ω・)/

schulze at 18:10|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 写真

2010年12月25日

上大岡トメさんグッズ

926e6fb9.jpg
札幌の月寒体育館にて、アジアリーグアイスホッケーのクリスマスゲームズを見ています。
上大岡トメさんのグッズが売られていたんですが、レフェリーのキャラのミニタオルがあり、つい衝動買い。
(^^;)
このレフェリーのキャラ、かわいいんだよな。
トメさん、最近ホッケーは見てくれてるのかな。

schulze at 19:09|PermalinkComments(3) アイスホッケー | 写真

2010年12月24日

小樽

21ae043c.jpg
ようやく小樽まで来ました。
北海道に入ってから、やたらと中国人観光客ばかりが目につきます。

schulze at 18:28|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

蘭越

72bca538.jpg
蘭越にて小休止。
時間調整中。

schulze at 16:00|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

長万部

b0d93314.jpg
長万部まで来ました。
これから函館本線山線回りで札幌を目指します。

schulze at 14:28|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

新青森

4cf7c845.jpg

新青森に来ています。
東北新幹線は完乗防衛です。

新青森の在来線ホーム、狭すぎ&吹きっさらしでワラタ
(>_<)
横殴りの吹雪が舞うホームで、ろくな待合室もなく、乗客があふれています。
これはひどい。
( -д-)ノ
在来線ホームが一面2線しかないのは、無理がありますね。

schulze at 10:24|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

2010年12月23日

法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書

法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書
http://www.soumu.go.jp/main_content/000095209.pdf
法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書の公表及び意見募集(平成22年12月21日 総務省)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/38572.html
「法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書」に対するご意見の募集について(平成22年12月21日 総務省)
http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/38572_1.html


なかなか興味深い報告書ですね。
ロー関係者には耳の痛い内容のオンパレードとなっています。
(・∀・)

特に「第3 研究会での指摘」が注目です。
やや突っ込みが足りない感じもありますが、それなりに自由な議論がなされているという印象を受けました。

欲を言えば、私がもっと言及して欲しかったと思うところは

・法曹志願者にとって参入障壁でしかないロースクールが「多様な人材確保」を標榜するのは自己矛盾以外の何物でもなく、現実に適性試験志願者激減の事実からしても、もはやお笑いの域に達していること。
・ローの教育の軸足を実務教育に置くのか、それとも試験対策に置くのかの議論はともかくとして、そもそも「大学」に「教育」を期待したことが間違いであったこと。
・これほどまでに適性試験の志願者が激減しているということは、法曹志望者が新制度にNOを突き付けていることにほかならず、このままだと人材の枯渇化が急速に進み、「質の劣化」が加速度的に進んでいく懸念があること。


といったあたりかと思いますが、言いだし始めるとキリがないですね。
とりあえず総務省としては十分に頑張ってくれたんじゃないかと、私は評価しています。


ところで、この報告書の中で、次のような言及がされています。

・ 次のような、志願者への説明不足と志願者の認識不足を解消する努力・工夫が必要ではないか。
- 学生諸君の「根拠なき楽観」=自分は違う、真面目にやれば通る、三振したときのことは考えていなかった。
- 通れば、専業弁護士として喰っていけると思い込んでいる。
- 三振した場合の「人生ロス」についての認識不足=官庁を含めて、新卒22 歳から働いている者と30 歳近くになって入社(省)するものとの「生涯格差」の認識の欠如。
- 新卒時にあった、多彩な人生選択が一般的に失われたという事実の不認識。


説明不足と認識不足を解消する努力や工夫をしたら、誰もローに行かなくなるわけですが。
(^^;)

っていうか、みんな認識しているからこそ、適性試験の志願者があれほど減ってるんじゃないの?
┐(´〜`)┌

schulze at 01:36|PermalinkComments(13) 司法試験 | 司法制度

2010年12月22日

女子プロ野球初の交換トレード

2010年シーズンタイトル受賞選手、新入団選手発表について(2010/12/20 日本女子プロ野球機構)
http://www.girls-probaseball.jp/news/detail.php?id=3202
『来シーズンに向け、さらにお客様を魅了するゲームを繰り広げることを期待して、京都アストドリームス・兵庫スイングスマイリーズから、各2選手のトレードを敢行いたしました。対象選手は以下の通りです。
【京都アストドリームス→兵庫スイングスマイリーズへ入団】
深澤美和選手 中村茜選手
【兵庫スイングスマイリーズ→京都アストドリームスへ入団】
小久保志乃選手 松本育代選手』


まぁ、2チームしかないですからね。
今シーズンのように戦力バランスが崩れてしまうと面白くないので、戦力均衡を図るためにも必要な取り組みだと思いますが、どうせなら均衡ドラフトの実施・やり方をきちんとルール化したほうがいいと思いますね。
前期と後期の間にも再分配ドラフトやるというのも一案でしょう。

schulze at 01:23|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

検察任官数 4年連続で減少

新任検事66人に辞令 改ざん事件は「衝撃」(2010/12/20 17:29 共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122001000338.html
『司法修習を終えた新任検事66人に20日、辞令が交付された。いずれも法科大学院出身者。25〜33歳でうち女性は22人。京都大と中央大が10人ずつ、慶応大7人、東大と一橋大が5人ずつなど。』


現行63期と合わせて、63期からの任官者は70名となり、4年連続の減少です。


http://www.moj.go.jp/keiji1/kanbou_kenji_03_index.html
57期 77人
58期 96人
59期 87人
60期 113人(旧71人、新42人)
61期 93人(旧20人、新73人)
62期 78人(旧11人新67人
63期 70人(旧4人、新66人)



司法試験の合格者数以上に「話が違う!」と思ってしまうのは、私だけ?
増えた分は、すべて弁護士業界で吸収しろということですか。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

2010年12月21日

クイズ日本人の質問のイメージ強し

http://www.j-cast.com/2010/12/21084124.html


芸能人のプライベートには全く興味はありませんが、
大桃美代子が45歳だったことには、衝撃を受けました。
Σ(´д`;)

漠然と同い年ぐらいなのかと思いこんでました・・・。
いつまでも「クイズ日本人の質問」のイメージ引きずってる場合じゃないなぁ〜。
(´・ω・`)

schulze at 23:46|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

サウンドロゴを探しています


「エキサイティングリーグ・パ!」





「Oh!グレートセントラル〜」


のサウンドロゴ音源のCD化ないしネット配信を熱烈希望。
(´・ω・`)





schulze at 01:59|PermalinkComments(1) 野球 | 動画・youtube

2010年12月20日

ポンジュース「愛媛みかん旬」

以前も同じような紹介を書きましたが、
ポンジュースが出している「旬」シリーズで、「愛媛みかん」が出ています。


これがまた、うまいんです。(^^;)
オレンジジュースではなくて、「みかんジュース」の味わい。
まさに「みかん」そのものの味が表現されていて、お気に入りです。


もともとポンジュース大好き人間なんですけど(^^ゞ
今の時期だけは「愛媛みかん」一択です。

schulze at 01:07|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

ホームランファンファーレ

野球バカの友人と飲んでいるときに、ナゴヤ球場と広島市民球場のホームランファンファーレネタで盛り上がりました。
動画がないかと探してみると、やっぱり落ちてるもんですね。
ネットってすごい。
(^^;)


ナゴヤ球場ホームランファンファーレ


広島市民球場ホームランファンファーレ


1984年日本シリーズ
簑田のホームランシーンで、ファンファーレの音が入ってます。


schulze at 00:00|PermalinkComments(1) 野球 | 動画・youtube

2010年12月19日

登録番号からの推測

日弁連の弁護士検索によると、登録番号が43780番台まで来ているようです。
たしか現行63期の人たち(今年の8月登録)が42000番前後のはずですから、新63期の人たちもすでに登録されているようですね。

ちなみに日弁連発行「自由と正義」2010年12月号によりますと、今年の9月末の時点で登録した人の番号は、42150番台となっています。
氏名などで検索してみる限りでは、新63期の方の一番若い番号は42200番台のように思われます。(10月〜12月上旬登録者もいるため)
とすると、これは推測でしかありませんが、新63期の弁護士登録者は、今のところ1500人+α程度ではないでしょうか。

今回の修習修了者は1949人ですから、大雑把に言って、裁判官に100名・検察官に100名任官したとしても、修習修了時点での未登録者が200名前後いることになりますね。
おおよそ1割の修習生が、修習修了時点で弁護士登録してないということに・・・。
(((( ;゚д゚)))

schulze at 02:20|PermalinkComments(2) 司法修習 | 司法制度

日弁連の弁護士検索

日弁連の弁護士検索で、知り合いの名前が出てこない・・・。
(´−д−;`)
こいつは困ったな。

schulze at 01:51|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度