2012年04月

2012年04月30日

秩父宮杯第60回関東大学アイスホッケー選手権大会 2012年4月28日(土) 東海大学3-5慶應義塾大学

この日最後の試合は、東海大学と慶応義塾大学の対戦です。
両チームとも準々決勝で敗退し、5〜8位の順位決定戦に回っています。
この試合の勝者は、30日(月)に法政大学との5位決定戦に進出します。


公式ゲームシート
http://tihf.jp/doc?did=133562202537914100


続きを読む

schulze at 03:05|PermalinkComments(2) アイスホッケー | 写真

秩父宮杯第60回関東大学アイスホッケー選手権大会 2012年4月28日(土)準決勝 東洋大学0-2中央大学

早稲田−明治に引き続き、準決勝の第2試合、東洋大学と中央大学の対戦です。


公式ゲームシート
http://tihf.jp/doc?did=133561318801878200


続きを読む

schulze at 01:20|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 写真

秩父宮杯第60回関東大学アイスホッケー選手権大会 2012年4月28日(土)準決勝 早稲田大学1-5明治大学

連休中もホッケー見てんのかよ!?という突っ込みはなしで。
(^^;)
関東大学選手権の準決勝を見てきました。
今シーズンは結局、大学の試合を全く見られなかったので、新しい選手のことを全く知らないものですから、ここらで見ておく必要があるかな、と。


秩父宮杯第60回関東大学アイスホッケー選手権大会(東京都アイスホッケー連盟公式サイト)
http://tihf.jp/?ctg=19&cnt=133267903683770700
2012年4月28日(土)準決勝 早稲田大学1-5明治大学 公式ゲームシート
http://tihf.jp/doc?did=133561317524474500


続きを読む

schulze at 00:02|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 写真

ベイスターズが過去3年より弱いことが判明

ベイスターズが過去3年より弱いことが判明
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/53616980.html


知ってたwwwww

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

2012年04月29日

米野智人9回逆転満塁ホームランにむせび泣く斉藤一美アナ

米野逆転満塁ホームランの時のラジオ
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/53614990.html


米野智人9回逆転満塁ホームランにむせび泣く斉藤一美アナ(文化放送)



これは歴史に残る名実況!!
(・∀・)



見たかこれが決意のコンバート!


プロ野球生命を賭しての一振りだ!


schulze at 22:58|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube

西武、稲尾の24番を永久欠番

ライオンズ鉄腕稲尾「24」西武で永久欠番(2012年4月28日7時5分 ニッカンスポーツ)
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20120428-941522.html
『西武が、前身の西鉄でエースとして活躍した稲尾和久氏(故人)の背番号「24」を、永久欠番にすることが27日、分かった。西武での永久欠番は球団史上初。歴代のユニホームを復刻するイベント「ライオンズ・クラシック」の一環として、7月上旬の試合で、監督、コーチ、選手全員が同氏が着用した西鉄時代の背番号「24」のユニホームでプレーする予定で、球界初の試みで同氏の功績をたたえる。
◆稲尾和久(いなお・かずひさ)1937年(昭12)6月10日、大分県生まれ。大分・別府緑ケ丘高から56年、西鉄に入団。エースとして69年の引退まで276勝137敗、通算防御率1・98、2574奪三振。「鉄腕」「神様、仏様、稲尾様」と言われ、一時代を築いた。主なタイトルはMVP2回、最多勝4回、最優秀防御率5回、ベストナイン5回。70〜74年に西鉄・太平洋監督、78〜80年に中日投手コーチ、84〜86年ロッテ監督を歴任した。93年に競技者表彰で野球殿堂入り。07年11月13日に死去した。180センチ、98キロ。』



工エエェェ(´д`)ェェエエ工



これはちょっと・・・・。あまりに突然、降って湧いたような話で、どう受け止めて良いか混乱しています。
あれだけ西鉄の歴史を抹殺しようしてきた球団が、こんなことを考えるようになるとは。
時代の変化というか、時の流れを感じざるを得ません。

若いころの私であれば、到底受け入れることができなかったでしょうが、
ライオンズクラシックといい、西鉄と稲尾さんが人々の記憶に刻まれるのなら、それでもいいかなと思ってしまうのは、自分が歳をとって丸くなったせいなのか・・・。
もう「返せ!返せ!ライオンズを返せ!」は封印しておくことにします。


(参考)
「西鉄ユニ復刻」(2008年5月20日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51344061.html
「稲尾和久氏死去」(2007年11月13日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51183278.html




schulze at 02:24|PermalinkComments(4) 野球 | 動画・youtube

2012年04月28日

日弁連会長選挙決着

日弁連会長選、山岸憲司氏が現職・宇都宮氏破る(2012年4月27日18時57分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120427-OYT1T00882.htm
『2回の投票で当選者が決まらず、初めて再選挙となった日本弁護士連合会(日弁連)の次期会長選の投開票が27日あり、元日弁連副会長の山岸憲司氏(64)(東京弁護士会)が、現職の宇都宮健児氏(65)(同)を破り、次期会長に内定した。来月9日の選挙管理委員会で正式に決まる。任期は2014年3月まで。4か月に及んだ異例の選挙戦が決着した。』

平成24年度・同25年度 日弁連会長選挙(再選挙)開票結果仮集計
http://yoshimine.dreama.jp/blog/486.html
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/updates/data/2012/2012_2013_saisenkyokarisyukei.pdf
選挙人数32049
投票総数16376
投票率51.10%
山岸候補有効票8546
宇都宮候補有効票7673
白票85
疑問票72
投票と認めないもの18
山岸候補獲得会19
宇都宮候補獲得会32
同点1


(参考)
1回目の投票結果 2012年2月10日
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/updates/data/2012/2012_2013_syukei.pdf
尾崎3,318(獲得単位会2)
森川1,805(獲得単位会0)
山岸7,958(獲得単位会12)
宇都宮6,608(獲得単位会37)
※同点単位会1(高知)

2回目の投票結果 2012年3月14日
http://yoshimine.dreama.jp/blog/476.html
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/updates/data/2012/2012_2013_saitouhyoukarisyukeikekka.pdf
・得票総数(疑問票を割り振る前の集計)
宇都宮7,486
山岸8,558
・獲得単位会
宇都宮37
山岸14
引き分け1(静岡)

(参考:前回/2010年の結果)
第1回目(宇都宮8555票・42会、山本9525票・9会、同点1会)
再投票(宇都宮9720票・46会、山本8284票・6会)



3回目の投票で、ようやく決着しました。
宇都宮候補は、現職会長でありながら、結局3回とも山岸候補を得票数で上回れなかったのですから、負けは認めざるを得ないでしょうね。

これ以上、投票を繰り返すのは日弁連にとって不利益にしかならないと思っていましたので、決着して良かったと思います。
どちらが会長になっても、これからは茨の道だと思います。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 司法制度 | 司法試験

2012年04月27日

ヤフド屋根開放

ヤフードームが4年ぶりに屋根を開放
http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/04/26/0005004889.shtml
『ソフトバンクは26日、ヤフードームの屋根を開放する「ルーフオープンデー」を実施した。実戦では2008年9月以来、約4年ぶり。』



屋根開放しないと、倍返しできないじゃん。
(・∀・)





schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube

2012年04月26日

米野劇的グランドスラム

感動した!!
9回から2死から、ファルケンボーグから、まさかあの米野が打つとは!!
統一球なんて、関係ねぇ!!





<追記>
米野智人9回逆転満塁ホームランにむせび泣く斉藤一美アナ
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51948829.html

schulze at 23:43|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube

方南町ホーム延伸

丸ノ内線方南町のホーム延伸、有楽町線豊洲の折返線は今年度利用開始、2012年度事業計画
http://dia.seesaa.net/article/266601823.html
http://www.tokyometro.jp/corporate/profile/scheme/pdf/plan_h24_2.pdf


まさか、今さらホーム延伸とは・・・。
そこまでカネかけてやる話じゃないと思うが。

schulze at 22:22|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

貞子始球式

日本ハムvsロッテ戦で貞子がノーバン始球式
http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51712290.html







くそっ、こんなのでwwwww


(^^;)



今日ノー残業デーだったのに残業している場合じゃなかったな。
東京ドーム行けば良かった。

schulze at 00:40|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube

「受験期間と回数制限の撤廃」がロースクールの廃止につながる?

真っ赤な文字のハガキが届く。。。本当にそれでいいですか?(Perfect & Complete 井藤公量弁護士)
http://itolaw.blog134.fc2.com/blog-entry-811.html
『受験期間と回数制限の撤廃はすぐに実施すべきだ。これこそローの生き残る道である。』


激しく同意します。
そもそも、予備試験の拡大はまだしも、「受験期間と回数制限の撤廃」がロースクールの廃止につながるって発想が、私には理解できません。
おそらく司法試験の合格率が低いとローに学生が集まらないということなんでしょうが・・・・どう考えても三振制を撤廃したほうが、まだ参入しやすいと思いますがね。

schulze at 00:01|PermalinkComments(1) 司法試験 | 司法制度

男は草食系でいいんだよ

「男は草食系でいいんだよ」
http://livedoor.3.blogimg.jp/chihhylove/imgs/f/c/fc913b8a.jpg



きれいなジャイアンが言うんだから、間違いない。
(`・ω・´)

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

2012年04月25日

2位とマイナス0.5ゲーム差で首位

日経新聞朝刊のパ・リーグ順位表を見ていたら、ゲーム差の表記のところに変な線があって、最初髪の毛の一部かなんかが付着しているのかと思って必死にはたこうとしたんだけど、全然取れなくて、あれが


マイナス0.5ゲーム差


という意味だと気付くまで、数秒かかりました。

schulze at 23:33|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

いよいよ給費制と修習専念義務がピンチ

給費制復活完全消滅と、修習専念義務の見直しへ(花水木法律事務所、小林正啓弁護士)
http://hanamizukilaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-408e.html



まだまだ!
諦めたら、そこで試合終了ですから。


(参考)
最悪のシナリオは(2011年8月8日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51884664.html
司法修習不要論への足音(2011年10月10日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51901539.html

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

ベ・リーグ順位表

ベ・リーグ順位表
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/53610992.html



ベイスターズの連覇危うし。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

2012年04月24日

本当にそれでいいですか?

今年の流行語大賞は、てっきり「定評のある法科大学院」だと思ってましたが、
ここに来て「本当にそれでいいですか?」が有力候補に浮上しました。


いやぁ、ものすごい破壊力です(笑)。
最後の最後で、爆弾を投下してきましたね。



18 :無責任な名無しさん:2012/04/24(火) 19:52:36.78 ID:Z0mhtRf/
     ____________
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|  皆さんの希望ならローは廃止する・・・・!
     / 二ー―''二      ヾニニ┤    廃止はするが・・・
    <'-., けんじ      _,,,..-‐、 〉ニニ|  今回 まだ その時と場所の
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|    指定まではしていない
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|    そのことを
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|    どうか諸君らも
    |  /    、          l|__ノー|    思い出していただきたい
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \  つまり・・・・
.     |    ≡         |   `l   \__ 我々がその気になれば
    !、           _,,..-'′ /l     | ~''' ロー廃止は
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |    |  10年後 20年後ということも
 -―|  |\          /    |      |  可能だろう・・・・・・ということ・・・・!
    |   |  \      /      |      |   でも、本当にいいんですか?

schulze at 21:10|PermalinkComments(5) 司法制度 | 司法試験

選挙ハガキ

選挙期間中なので、ブログでは候補者に関係する話題は極力控えるようにしてきましたが、
今日届いたハガキには、少々絶句してしまいました。

「予備試験の拡大、受験期間と回数制限の撤廃は、ロースクールの廃止につながります。本当にそれでいいですか?」

(2012/4/24 21:00修正 ハガキの表現に正確に合わせました。)

どちらの候補者のハガキとは言いませんけど(バレバレだけど:笑)、
佐藤幸治先生の「定評のある法科大学院」といい、みなさん露骨に本音を言うようになってきたんですね。
(^^;)

schulze at 00:00|PermalinkComments(9) 司法試験 | 司法制度

2012年04月23日

女子野球日本代表候補 プロから6選手を追加

女子野球日本代表候補 プロから小西美加ら6選手を追加(2012年4月22日16:37 スポーツニッポン)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/04/22/kiji/K20120422003099440.html
『日本女子野球協会は22日、今夏にカナダで開催される女子ワールドカップ(W杯)で3連覇を目指す日本代表の候補24人に、新たに女子プロリーグから小西美加(大阪)川端友紀、三浦伊織(京都)厚ヶ瀬美姫、田中幸夏、中村茜(兵庫)の6選手を加えると発表した。』


実際に強化試合ではプロ側が圧倒してましたからね・・・。
妥当な人選かと思いますが、今シーズンは小西の調子がいまいちなのが気になるところ。


(参考)2012年4月21日強化試合の結果
第1試合 日本代表候補チーム 1 -6 女子プロ野球リーグ選抜
http://www.girls-probaseball.jp/sokuhou/game/report/32/
第2試合 女子プロ野球リーグ選抜 9-0 日本代表候補チーム
http://www.girls-probaseball.jp/sokuhou/game/report/34/

schulze at 00:48|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」に関するネット上の反応(まとめ)

総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」に関するネット上の反応をまとめてみました。


総務省から政策評価書が出てる。(追記:日弁連の反応有)(ニガクリタケは偶に生えます)
http://blog.livedoor.jp/hypholomafasciculare/archives/3958940.html
総務省の「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」が出た。(弁護士のため息、寺本ますみ弁護士)
http://t-m-lawyer.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-8124.html
法曹の増員策、見直し勧告 総務省(Perfect & Complete、井藤公量弁護士)
http://itolaw.blog134.fc2.com/blog-entry-806.html
総務省は,「リピーター商売」を容認するらしいです。(黒猫のつぶやき)
http://blog.goo.ne.jp/9605-sak/e/3d3f41e7b0aa4755081c3562389a2816
総務省、弁護士増員見直し勧告(花水木法律事務所、小林正啓弁護士)
http://hanamizukilaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-55c7.html


最後のオチは、もちろんコレです。

弁護士の増員路線が転機に 総務省、見直しを勧告 「供給過多で質低下懸念」 法務省と文科省に(ロースクール(法科大学院)等についてのメモ)
http://d.hatena.ne.jp/tochimenbo/20120421/1334935200
『(コメント)世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない、と。』



(参考)
総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」関係リンク集
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51946839.html
総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」雑感
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51946905.html

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2012年04月22日

神鉄粟生線大幅減便

神戸電鉄粟生線志染以遠は毎時1本に激減、「存続のための施策」と説明。5/19にダイヤ改正
http://dia.seesaa.net/article/264199132.html
『神戸電鉄は2012年5月19日、ダイヤ改正を行う。粟生線では、日中の一部区間を大幅に減便する。神鉄側は、路線そのものの「維持・存続」のための「収支改善計画」の一環と説明している。粟生線は日中、毎時4本のうち、3本を志染発着に短縮する。現在、志染−小野間は毎時4本、小野以遠は2本だが、これがいずれも毎時1本になる。さらに志染発着も含めた毎時4本のうち2本を、急行化し、速達化をはかる。ただし、通過駅救済のための普通の増発はない。』

神戸電鉄リリース
http://www.shintetsu.co.jp/release/2011/120319.pdf
Wikipedia「神戸電鉄粟生線」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E9%9B%BB%E9%89%84%E7%B2%9F%E7%94%9F%E7%B7%9A


毎時1本はきつい。
せめて毎時2本は確保できないものか。

schulze at 23:56|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

東北ロー定員割れ

今まで知らなかったのですが、東北大のローですら、入学者数が定員を大きく割り込んでいるんですね。


「平成24(2012)年度 東北大学法科大学院入学試験の結果概要について」
http://www.law.tohoku.ac.jp/lawschool/admission/results/120420-gaiyo.html
入学定員 80名(既修55名程度、未修25名程度)
出願者 214名
最終合格者 91名(既修64名、未修27名)
最終入学者 58名(既修39名、未修19名)


旧帝国大学なんですから、さすがに「定評のある法科大学院」側だと思ってますが、
それでも学生の確保に苦労しているんですね。

そのうち「真に定評のある法科大学院」と「定評はあるが、苦労している法科大学院」に分かれていくんじゃないでしょうか。


(2012/4/22 20:30追記)
コメント欄にご意見をお寄せいただきましたが、私が示したデータだけだと、「大学が辞退者数を読み間違えただけ」とのツッコミを受けるんだそうです。
この結果をどう読むと、そういうツッコミになるのかと思いますが、たしかに単年度の結果だけだとこの事態の深刻さが伝わらないと思いますので、過年度の結果も記載することにします。

平成23年度
入学定員 80名(既修55名程度、未修25名程度)
出願者 290名
最終合格者 98名(既修67、未修31)
最終入学者 77名(既修51、未修26)

平成22年度
入学定員 80名(既修55名程度、未修25名程度)
出願者 274名
最終合格者 94名(既修65、未修29)
最終入学者 79名(既修56、未修23)

平成21年度
入学定員 100名(既修55名程度、未修45名程度)
出願者 449名
最終合格者 132名(既修75、未修57)
最終入学者 102名(既修56、未修46)

平成20年度
入学定員 100名(既修55名程度、未修45名程度)
出願者 556名
第3次選考合格者(最終合格者) 113名 (既修60、未修53)
最終入学者 103名(既修54、未修49)

平成19年度
入学定員 100名(既修55名程度、未修45名程度)
出願者 493名
第3次選考合格者(最終合格者) 126名(既修71、未修55)
最終入学者 112名(既修67、未修45)

平成18年度
入学定員 100名(既修55名程度、未修45名程度)
出願者 470名
最終合格者 119名(内追加合格4名を含む、既修65、未修54)
最終入学者 97名(既修55、未修42)

平成17年度
入学定員 100名(既修60名程度、未修40名程度)
出願者 389名
最終合格者 110名(内訳不明)
最終入学者 98名(既修51、未修47)

平成16年度
入学定員 100名(内訳不明)
出願者 633名
最終合格者 124名(追加合格10名を含む、内訳不明)
最終入学者数 100名(既修54、未修46)

schulze at 02:52|PermalinkComments(6) 司法試験 | 司法制度

2012年04月21日

総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」雑感

総務省による「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」に対する感想を、手短に記します。


一昨年12月の「法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書」に対する意見募集に際しては、私も意見を提出しましたので、今回の総務省による政策評価には、非常に大きな期待をしておりました。

その意味では、やや期待はずれな結果に終わった感は否めません。
やはり、法科大学院制度自体の是非には踏み込めなかったという点が、私には不満なところです。私が提出した意見でも触れたとおり、「改革の目的に妥当性があるのか。そもそも必要な改革だったのか。」という視点を持ってもらいたかったですし、あわよくば法科大学院による司法試験受験資格独占の見直しについてまで盛り込んでもらえるのではないかという期待が強かったものですから、どうしても「無難な線に落ち着いた」という印象を持ってしまいます。
「法科大学院における教育の質の向上」「法科大学院の入学定員の更なる削減、他校との統廃合の検討」「未修者対策の強化」、これらはいずれも法科大学院の存在を認めることが当然の前提になってしまっています。

ただ、これはやむを得ないことなのかもしれません。法曹養成の主管ではない総務省が、そこまで言及するのは立場的に越権とも言えます。改革の目的・必要性は是認した上で、それを実現すべき政策の評価にとどまざるを得ないのは、この政策評価に内在する限界かもしれません。

一方で、肯定的に評価ができる点としては、閣議決定までされた司法試験年間合格者3,000人目標について、明確に否定しているところは、大変頼もしいです。
「弁護士に対する需要は顕在化しておらず、司法試験合格者が3,000人に達しないことについては国民への大きな支障は認められない」「現状の2,000人の合格者数でも弁護士の供給過多となり、就職難が発生、OJT不足による質の低下が懸念」
と明記されています。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000156306.pdf
これでもう、長い間苦しめられてきた「3,000人の呪縛」からは完全に解き放たれることができるのではないでしょうか。3,000人が多いというだけでなく、「2,000人でも供給過多」とまでハッキリ言及されていることから、今年度の司法試験から合格者の減員が具体化する可能性が高くなったと思います。

schulze at 00:00|PermalinkComments(1) 司法試験 | 司法制度

2012年04月20日

総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」関係リンク集

総務省より「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」が出ましたので、取り急ぎ関連ページへのリンクを掲載します。


法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価<評価の結果及び勧告>(総務省)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/000056940.html
【ポイント】
法曹人口の拡大及び法曹養成制度の改革に関する政策について、総体としてどの程度効果を上げているかなどの総合的な観点から、政策評価を初めて実施し、
 1 司法試験の年間合格者数に係る目標値の検討
 2 法科大学院における教育の質の向上
 3 法科大学院の入学定員の更なる削減、他校との統廃合の検討
 4 未修者対策の強化
 5 法科大学院に対する公的支援の見直し
 6 修了者の進路の把握、就職支援の充実

等について、法務省及び文部科学省に対し勧告を実施


総務省「法曹人口の拡大及び法曹養成制度の改革に関する政策評価書」に関する日弁連コメント(日本弁護士連合会)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2012/120420_3.html

弁護士の増員路線が転機に 総務省、見直しを勧告(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E3EBE2E19A8DE0E2E2E6E0E2E3E09F9FE2E2E2E2
弁護士、深刻さ増す就職難 日弁連は勧告歓迎(日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819695E0E2E2E3E58DE0E2E2E6E0E2E3E09180E2E2E2E2


(過去の資料)
「法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書」(2010年12月 総務大臣政務官主宰「法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会」)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000095209.pdf

総務省の「法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書」に対する意見(2011年1月24日 法科大学院協会)
http://www.lawschool-jp.info/press/press10.html

「法科大学院(法曹養成制度)の評価に関する研究会報告書」に対する意見書について(要望)(2011年1月25日 日本弁護士連合会)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2011/110125.html

法曹養成制度の改善に関する緊急提言(2011年3月27日 日本弁護士連合会)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/opinion/year/2011/110327_3.html

法曹人口の拡大及び法曹養成制度の改革に関する政策評価に対する意見(2011年6月15日 法科大学院協会)
http://www.lawschool-jp.info/press/press11.html

法曹の養成に関するフォーラム第一次取りまとめにあたっての会長声明(2011年8月31日 日本弁護士連合会)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2011/110831.html

法曹養成制度の全体的な見直しと給費制の維持に関する会長声明(2011年12月22日 日本弁護士連合会)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2011/111222.html


(参考)
総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」雑感
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51946905.html
総務省「法曹人口及び法曹養成制度の改革に関する政策評価」に関するネット上の反応(まとめ)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51947297.html

schulze at 19:43|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

条文を引かない民法の授業の愚かさ

ボ2ネタさんのコメント欄で紹介されていましたが、民主党・前川議員のホームページにて、鹿児島法科大学院を視察した様子が掲載されています。

「2012年4月16日(月) 鹿児島大学法科大学院」
http://www.maekawa-kiyoshige.net/active.html
『90分の授業のうち、私たちが傍聴した前半45分は「意思表示とは、動機に導かれて、効果意思が発生し、表示意思、表示行為に至る」等と、実務では何ら役に立たない観念論が、あたかも「お経」のように延々と続きました。(中略)六法を開くことは1度もなく、条文に言及することもありません。「民法」の授業なのに。(中略)「法社会学」専攻の法科大学院長は、学生らが徳之島や沖永良部島へ赴いて、弁護士が何人とか、司法書士か何人とか、奄美市役所の法律相談がどうだとかをまとめたレポートを鼻高々に紹介していました。しかし、これが「法科大学院」のやるべき教育とは到底思えません。奄美市役所の法律相談のことよりも、実務に必要に基礎的な知識をキッチリと教えることが法科大学院の使命です。



ダメじゃんwwwww
┐(´〜`)┌

これは「苦労している法科大学院」の話だから、「定評のある法科大学院」には関係ないんですかね?

実務では何ら役に立たない観念論のお経が延々と続くというのは、まさにこれから成仏しようとするロー生に向けて唱えているんですね、わかります。
・・・・なんて言ったら、ロー生に気の毒かな。
('A`)

色々と話にならないことばかりですが、何が一番どうしようもないって、民法の授業なのに条文を引かないってところですよ。
もうこれは最低だと思いますね。
無意味な観念論のお経を唱えるより、条文を素読するだけでも、全然意味があるのに。

そんなこともやらないでおきながら、旧試験の短答試験は知識偏重だとか言っているのだとしたら、本当に愚かしいことだと思います。
バッティングを教えるのに、打席に立たせないで、ひたすら打撃理論を講釈しているようなものです。

でも、学者のセンセは六法を引かないんですかね。
私のお袋が修習生時代に研修所で我妻栄先生の講演を聞く機会があったそうなんですが、そのときの我妻先生は、話をしながら頻繁に六法を引いて、しかもその時の表情が嬉しそうなのがとても印象的だった・・・という話を聞いたことがあるんです。
あの我妻先生ですら、話をするたびに人前で恥ずかしげもなく六法を引くんだ、と。しかも嬉しそうに。
こういう話を聞かされていた私は、法律家というのはそういうものだと思ってたんですけどね。


(参考)
「僕ならこう答える。」(福岡の家電弁護士 なにわ電気商会)
http://ameblo.jp/mukoyan-harrier-law/entry-11219133172.html
「修了生による『法科大学院』の評価」(黒猫のつぶやき)
http://blog.goo.ne.jp/9605-sak/e/a63e05dd44a28a8784c9441e7fd8b7e0

schulze at 01:48|PermalinkComments(8) 司法試験 | 司法制度