2012年05月

2012年05月31日

「読売 法科大学院キャンペーン事務局」なるものの存在

「読売 法科大学院・予備試験2013 法曹を目指す方のための進学相談会&講演会」
http://www.yomiuri.co.jp/adv/lawschool/
広告 企画・制作 読売新聞東京本社広告局
お問い合わせ先 読売 法科大学院キャンペーン事務局

(参考:類似事例)
朝日新聞デジタル:キャリアアップを目指す社会人のための大学院ガイド
http://www.asahi.com/ad/clients/daigakuin/guide/vol2.html
日経Bizアカデミー 法科大学院最新ガイド
http://campus.nikkei.co.jp/law/

(参考:過去の当ブログ記事)
「社会人のための大学院ガイド」があまりにヒドくて読むに堪えない件(2010年5月29日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51722491.html
朝日新聞サイト「社会人のための大学院ガイド」がさらにパワーアップ(2011年9月6日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51892455.html



例によって新聞社による広告企画の読売版ですが、「読売 法科大学院キャンペーン事務局」なる組織が存在するのですね。
思わず笑ってしまいました。
新聞社が堂々と「キャンペーン事務局」を名乗ってしまっている、と。

新聞社も広告を取らないと維持できませんから、広告主の意向に沿ったキャンペーンを張るのは勝手ですが、
その一方で、メディアとして社説を展開し、世論を誘導していることとの整合性は、厳しく問わなければおかしいと思います。
万が一にも社説が広告主の意向に左右されることがあっては、もはやメディアの自殺だと思いますし、そのような疑いを招く行為は、メディア自身が自らを正していくべきでしょう。

このようなことが繰り返されることは、国民のメディア不信を招くだけだと思います。



(参考:過去の読売新聞社説に関する当ブログ記事)
2011年9月15日付社説「新司法試験 合格者増へ法科大学院改革を」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51895109.html
2010年9月21日付社説「司法修習生給与 混乱を招く民主党の横やり」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51762795.html
2010年6月6日付社説「法科大学院 理念倒れの現状を改革せよ」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51725827.html

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

中田久美氏が久光製薬スプリングス監督に就任

中田久美氏が久光監督に就任 Vリーグで事実上初の女性監督(2012年5月30日17時28分 産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120530-00000580-san-spo
『バレーボール、V・プレミアリーグ女子の久光製薬は30日、元全日本女子セッターの中田久美氏(46)が監督に就任すると発表した。1994年のVリーグ発足以降、1部リーグの女性監督は名目的な例外を除き初めて。契約は7月1日からで、同月のサマーリーグで公式戦デビューする。前任の大東雅史監督は6月30日付で退団する。』



史上初の女性監督!
歓迎したいです。

郎平監督の成功以来、日本でも女性指導者の台頭を待ち望んでいました。
なので中田久美には頑張って欲しいです。
でも、「日本のトップリーグ初の女性監督」は、吉原知子かなと思っていたので、中田という人選は意外でした。

私が個人的に、一度Vリーグの監督をやって欲しいと常々願っているのは、佐藤伊知子なんですけどね。
彼女はきっと、いい指導者になれると思うのですが。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 日記 

2012年05月30日

杉内ノーノー達成

http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2012053001/top


おめ!!!
\(^o^)/

9回2死まで完全だったのに、最後の四球はもったいなかった。
2−2から外れてしまった一球が、本当に惜しい。
でも、素晴らしいピッチングでした。


達成の瞬間、あの号泣を思い出しました。
あれから2年です。




(おまけ)1998年夏 甲子園予選 鹿児島大会決勝


schulze at 20:16|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube

法科大学院の理念や必要性は、志望者に強制しないことには、了解も評価もされないことを前提にしている

「受験資格化を必要とする理由」(元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記)
http://kounomaki.blog84.fc2.com/blog-entry-458.html
『5月1日付けの日弁連委員会ニュースのなかにある「法科大学院センターニュース」で、現在作成中という「法科大学院Q&A」の一部が紹介され、その設問のなかに、この受験資格化についての理由を尋ねるものが出てきます。回答には次のように書いてあります。
「法科大学院は、従来の『点』による選抜ではなく『プロセス』としての法曹養成制度を新たに整備すべきという観点から、その中核をなす法曹専門教育機関として設置されました。現在の法科大学院には解決すべき課題が様々に存在しているのも確かですが、かといって、法科大学院の修了を司法試験の受験資格と切り離すとすれば、法科大学院を中核とするという理念が骨抜きになってしまいます。」「仮に受験資格を撤廃すれば、法科大学院は法曹になるために必要なものではなくなり、法科大学院における専門教育を法曹養成の中核とした理念に反することになります。」
この問題をご覧になってきた方からすれば、ざっと見る限り、聞き飽きた新味のない論調と思われるかもしれません。それはその通りですが、改めて見ると、不思議な感じがします。受験資格を切り離したならば、理念が骨抜きになる、法科大学院は法曹になるために必要なくなる――。要件から外した瞬間に、骨抜きになり、必要でなくなる法科大学院制度とは一体何なんだ、ということです。端的にいえば、志望者に利用されなくなる恐れですが、そうだとすれば、法科大学院の理念や必要性は、志望者に強制しないことには、了解も評価もされないことを前提にしているととれます。つまり、ここでは他のルートと対等に比べても、確かに法科大学院ルートは必要だ、という評価にならないという自信のなさが現れているとみることができるのです。その評価とは、例えば、志望者にとっては、やはり法科大学院に行かないと司法試験に受かりにくい(司法試験が本当に修了の効果測定的な意味を持つものとして存在できるとして)とか、合格後、実務家として活動していくうえで、他のルートの人より、差がつくとか、一方、社会的な評価として、法科大学院経由・非経由の法曹の質に違いがあって、「さすが法科大学院修了法曹だ」と言わせしめるものがあるとか、ですが、いわばそうした勝負は初めから難しいと、法科大学院本道主義を掲げる方々が考えているととれることになります。』


ちょっと引用が長くなってしまいましたが、河野さんのこの指摘はきわめて重要だと思います。
法科大学院制度の持つ矛盾が、よく現われていると思うからです。

本当に自分たちが価値ある教育を実践しているのなら、「(司法試験受験資格の)要件から外した瞬間に、骨抜きになり、必要でなくなる」なんてことはありえないのです。
司法試験の受験資格がかかっているから、やむを得ず行く(というより強制させられている)のがロースクールであって、誰も望んで進学するようなところではない、ということになります。

法科大学院制度には許せない点がたくさんありますが、何が一番イヤな感じを持つかというと、ロー関係者は既存の弁護士のことをさんざん批判するくせに、自分たちはその弁護士資格の取得ルートを独占することで利益を享受しているという点です。
自分たちが「資格商法」に手を出そうと思ったのも、弁護士の資格に信頼や価値があったからこそ、ではないですか。
でも、その信頼や価値は、既存の弁護士たちが努力して積み上げて、勝ち取ってきたものです。
そこに、他人のふんどしで相撲を取るような「いやらしさ」がありますね。

もともと大学は実務とは無縁で、実務家養成など興味もなかったはずなのに、受験資格を独占させることで「利権」が生まれた。
その利権に大学が一斉にむらがった結果、弁護士など誰もなりたいとは思わない資格に落ちぶれたのも、当たり前のことで、必然であったのでしょう。
なぜなら、大学に実務家養成ができるなど誰も信じていないし、実際に養成能力なんてないですから。世間からの評価など、勝ち取れるわけがないのです。

既存の弁護士が自分たちの実力で評価を勝ち取ったのと異なり、制度で与えられた利権にすぎないロースクールが評価されることなど、未来永劫無いと断言できます。

schulze at 00:34|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

実写版テトリス

予告編話題の“実写テトリス”、「バトルシップ」風のかっこいいSFに。
http://narinari.com/Nd/20120518085.html






いやいやいや。
実写版テトリスというのは、こういうの(↓)を言うんじゃないのか。





テトリス以外のシリーズはこちら

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 動画・youtube | ネタ

女子プロ野球の登録名問題

女子プロ野球の登録名が源氏名っぽい
http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/5544165.html



いやね・・・、これはね・・・、全くそのとおりでね・・・。
シーズン当初から違和感がぬぐい切れず。

今年に限って、「女子プロ野球を見に行こう」という気持ちがどうしても湧いてこない最大の原因になっています。
(´;ω;`)
せっかく新球団ができたというのにね。

フルネームで名前を覚えてもらう方が先なんじゃないかなぁ。
「友紀」なんて呼ばれても、誰も興味湧かないよ。
川端友紀だから、「川端慎吾の妹か。一度見てみようか。」となるのであって。

スポーツである以上、下手な小細工しないで、プレーを正面からアピールして欲しいです。
('A`)

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

2012年05月29日

ふりむけばヨコハマ

気が付いたら、広島と大洋が1ゲーム差に。

セ・リーグ順位表
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/standings/1/

交流戦順位表(5/28時点)
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/standings/26/
広島2勝7敗1分
ヤクルト1勝9敗

これはひどい。
大洋の弱さは初めから諦めてますが、広島とヤクルトは状態が悪すぎる。

schulze at 22:02|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

法科大学院制度は人々の恨みと憎しみしかもたらさなかった

【速報】明治学院ロー 2013年度新入生募集停止
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51955260.html

「2013年度新入生の募集停止について」(2012年5月28日 明治学院大学大学院法務職研究科教授会)
http://www.meijigakuin.ac.jp/~lawyers/info/20120528.pdf
『入学試験の実施には法科大学院の教育に対する考え方が反映しておりますが、次第に本法科大学院の教育理念に沿った入学試験の実施が難しくなってきています。ここ数年、適性試験について入学最低基準点を設定するようにという国側の働きかけが強くなってきています。本法科大学院としては、本法科大学院の教育に対する考え方に抵触しない範囲で、運用を通し、こうした国側の働きかけをできるだけ尊重してきました。しかし、今後、入学試験を行う際、適性試験について入学最低基準点の設定を強く求められ、本法科大学院の教育に対する考え方に沿わない入試制度へと制度の変更を余儀なくされるのは、本法科大学院の教育理念を維持するという面からも受け入れることのむずかしいものです。適性試験の成績と法科大学院の成績・司法試験の合格率との間に統計的相関はあることは否定できませんが、統計的相関があることをもって、適性試験の一定の点数を一人一人の受験生の合否を決する際の絶対的指標として用いるのは、多様な法曹養成という面からも行き過ぎではないかと考えています。』


ずいぶんと国に対する恨み節が書かれています。
私はここで書かれている明治学院ローの言い分には、まったく賛同できません。問題の本質は、適性試験の入学最低基準点などではないはずです。そもそも明治学院ローは、適性試験の下位15%に入ってしまうような層を学生として入学させたいということなんでしょうか。果たしてそんな学生を教育し、司法試験合格レベルにまで持って行けるとでも言うのでしょうか。それは結局、入学してくれる学生さえ確保できればよいのだという、恥も外聞もない思考としか言いようがないのではないですか。
そんなローであれば、学生が集まらないのも、もはや自明というべきでしょう。

ただ、私はこの文章を読んで、そんなことはどうでも良くなりました。
今さら撤退する底辺ローの捨て台詞など、取り上げても仕方ない。
それよりも、明治学院ローの叫びは、我々に「あること」を投げかけているのだと思いました。

それは、ロー自身がローの理念に束縛されて、自由な教育ができなかったということ。
「大学の自治」も、もはや名ばかりになっているのだということ。
そして、そのような現実に、ロー自身が公然と不満を表明しているということ。

この制度は、本当に何だったのだろうか!?と思いますよ。
この制度によって幸せになった人は、いるのでしょうか。

ロー制度は結局、人々の恨みと憎しみしかもたらさなかったのだと思います。
受験資格さえも奪われた旧試受験生の恨み。
三振によって時間とカネを浪費した学生の恨み。
そして、資格を取った後、就職先もなく借金だけが残る新人弁護士の恨み・・・。

それだけでなく、大学の教授自身も、自らの研究が満足にできず、ロー制度に不満を持っているかもしれない。
ロースクール自身も、自らの存在意義である「ローの理念」に縛られ、不満を隠そうとしない。

これらの人々の憎悪を、ロー制度を推進している人たちはどこまで認識して、受け止めているでしょうか。

schulze at 00:02|PermalinkComments(4) 司法試験 | 司法制度

法曹養成の中核は司法修習しかありえない

法科大学院は法曹養成の中核か?!
http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20120527172928
『日弁連の法科大学院に関する意見書には、たびたび「法曹養成の中核たる法科大学院」という文章が出てきます。しかし、法曹養成の中核は、あくまでも司法修習のはずです。法科大学院が法曹養成の補完的制度ではあっても、中核であるはずがありません。なぜなら、法科大学院を出た方が皆法曹になるわけではなく、従って、法曹を養成することのみが法科大学院の教育目的とはなり得ないからです。これに対し、司法修習は、近年弁護士としての就職先がないことから致し方なく法曹以外の職業に就かざるを得ないことは多いですが、それまではほとんど全員が法曹になる人達の集まりで、まさに法曹を養成するためのシステムです。』



私は実際に司法修習を経験してみて、司法修習こそが法曹としての力の源泉だと実感しました。
まさに「英知の殿堂」と呼ぶにふさわしい。
これは大げさな表現でもなんでもありません。研修所の教育は、日本のどの教育機関にも劣ることのない、素晴らしいものだと思います。
そして実務修習。あの経験を経ずして、法律家を名乗れるとでも言うのでしょうか。

自分はまだまだ未熟者ですが、それでも弁護士として、法律家として、一般の人々と少しでも違うところがあるとすれば、それは司法修習という過程を経ていることです。
司法試験に合格しているかなんて、ホントどうでもいいことです。あんなものは、所詮試験です。大切なのは、その先の過程なのです。

どれほどロースクールで素晴らしい教育をしていたとしても、司法修習の過程に勝るなどということはありえない。それだけは確信を持って言えます。
ロースクールに司法修習の代替をさせるなど、絶対に不可能である、と。

私は、これからも断固、司法修習の制度を守って欲しいと切に願います。
司法修習は法曹養成に不可欠な過程です。
その修習が骨抜きになることは、まさに法曹養成の危機と言ってよいと思います。

ところが、同じ弁護士の中にも、そのようには考えず、司法研修所から法曹養成の担い手たる地位を奪おうなどと考える人たちがいるのです。
全く愚かしい。バカバカしい。信じられません。
ロースクールで修習が代替できると考えたこと自体が愚かですが、何よりも悲しいのは、ロー制度を推進した弁護士会の人たちも司法修習の過程を経て育ったはずの弁護士であるということです。

あれだけの素晴らしい経験をさせてもらいながら、司法修習を否定し破壊しようと考えた弁護士がいたということ。
普通の弁護士であれば、どうやって修習を守るかを考えるはずだと思うのに、そうは考えなかった理由が私には分からないです。
理由は色々とつけられるのでしょう。きっと彼らはこう言うはずです。
「法曹人口の大量増員を前提にすれば、司法修習のキャパシティは限界になる。だから研修所に代わる教育機関が必要だったのだ。」
でも、それは本当の理由ではないと、おそらく思います。そうではなく、「自分たちの力だけで法曹養成を果たせる。果たしてみせる。」との驕りがあったとしか、私には思えないのです。
そして、法曹養成を自分たちの利権に組み入れようとした人々がいたのではないか。

司法修習を破壊しようとした戦犯が、我々弁護士の中にいたという事実は、ぬぐいがたい歴史の汚点となるに違いないと思います。

schulze at 00:01|PermalinkComments(13) 司法修習 | 司法制度

岩瀬年間58セーブペース

岩瀬年間58セーブペース
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/53654313.html
6:風吹けば名無し:2012/05/27(日) 22:26:51.99ID:7E6m6ycn
中日 46試合
岩瀬 26試合 19セーブ



ありえない!
浅尾も壊れてしまったというのに・・・。
去年あたりで限界が見えたような気がしたのだが、錯覚だったのか。
(´・ω・`)

なお、今日は点差が開いたので登板していないようです

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

2012年05月28日

【速報】明治学院ロー 2013年度新入生募集停止

明治学院大学法科大学院が、来年度(2013年度)からの新入生募集停止を発表しました。


「2013年度新入生の募集停止について」(2012年5月28日 明治学院大学大学院法務職研究科教授会)
http://www.meijigakuin.ac.jp/~lawyers/info/20120528.pdf
「明治学院大学法科大学院の2013年度新入生の募集停止について」(2012年5月28日 明治学院大学 学長 鵜殿博喜)
http://www.meijigakuin.ac.jp/news/archive/president20120528.pdf


(追記)
明治学院大 法科大学院の募集停止…入学者本年度は5人(2012年5月28日20:33 スポーツニッポン)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/05/28/kiji/K20120528003347320.html
『明治学院大(東京)は28日、来年度から法科大学院の学生募集を停止すると発表した。在学生が修了するまでは維持し、5年後をめどに廃止する方針。法科大学院の募集停止が明らかになったのは姫路独協大(兵庫県姫路市)、大宮法科大学院大(さいたま市)に続き3校目。明治学院大によると、新司法試験合格率が全国平均を大きく下回っていることなどから志願者数が減り続けており、入学者もピーク時の2006年度は88人だったが、本年度は5人に激減した。同じ学年だけでは模擬裁判ができないなど指導に支障があり、力を入れていた社会人や法学未修者の入学者も大きく減少。今後も改善の見込みがないと判断した。記者会見した鵜殿博喜学長は「残念だが、法科大学院をめぐる環境の悪さを考えると選択肢がなかった」と話した。文部科学省は、法科大学院の入試倍率が2倍未満で、新司法試験合格率が3年以上連続して全国平均の半分に満たない場合などに補助金を削減する基準を設定。明治学院大は昨年度の実績でこの基準に該当しており、本年度の補助金削減が決まっていた。司法制度改革で生まれた法科大学院は、新司法試験の合格率に大きな差が出て経営が厳しい学校も多く、姫路独協大が昨年度から募集を停止。桐蔭横浜大(横浜市)と大宮法科大学院大が統合を決め、大宮が募集を停止する。 』

法科大学院:明治学院大が募集停止 入学志願者減で(2012年5月28日21時04分 毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120529k0000m040059000c.html
『明治学院大によると、04年度には1329人(定員80人)だった入学志願者が12年度には59人(同40人)に激減。実際に入学したのは5人だった。11年度の司法試験の合格率は4.5%だった。 』


schulze at 20:30|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

バレーボール女子 五輪出場権獲得

バレーボール女子、ロンドン五輪切符を獲得(2012年5月27日22時44分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2012/news/ballgame/volley/1/20120527-OYT1T00603.htm
『バレーボール・ロンドン五輪世界最終予選兼アジア大陸予選女子最終日(27日・東京体育館)――世界ランク3位の日本は、同6位のセルビアに2―3で敗れたが、フルセット負けによる勝ち点1を獲得。勝ち点12で並んだタイをセット率で上回り、4位以下の中でアジア最上位に与えられる五輪出場権を獲得した。日本は3大会連続の出場。1位のロシアに加えて、2位の韓国、3位のセルビアも五輪切符を手にした。』


<試合前:獲得セットと五輪出場国の関係>
日本3-0セルビア→日本・タイ
日本3-1セルビア→日本・タイ
日本3-2セルビア→日本・タイ
日本2-3セルビア→日本・セルビア
日本1-3セルビア→タイ・セルビア
日本0-3セルビア→タイ・セルビア



試合前から、「両チームとも五輪出場権を獲得できるケース(フルセットでセルビア勝利)」が想定されていると、えてしてそのとおりの結果となりますね。
これを八百長と言ってしまうのは簡単ですが、勝負事というのは、どうしてもそうならざるを得ないのだと思う。
目の前の敵に対して死力を尽くして戦うのがスポーツなのに、勝たなくても良いのなら、なおさらのこと。

このシナリオが崩れるのは、両チーム間で実力差が明らかであり、一方的なストレート勝ちになるケース以外にないと思われ、残念ながらタイはこの状況に持ち込まれた時点で希望はなかったと言えるでしょう。

それにしても、日本は栗原がいないと、俄然攻撃に迫力がないですね。
レフトからの攻撃がほとんど威力がなく、あれでは世界相手に苦しいと思います。
ギリギリ最後の椅子で五輪出場というのも、今の日本の実力を表しているというところでしょうか。
日本は可能性を感じないわけではないのだけど、コマが数枚足りないのがもどかしい。真に頼れるスーパーエースと荒木以外のセンター1枚がどうしても必要です。それが揃えば、お世辞抜きにメダルを狙えるはずなんですが…。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 日記 

2012年05月27日

法科大学院 改善策の基本方針(NHK)

法科大学院 改善策の基本方針(2012年5月25日5時52分 NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120525/k10015363311000.html
『司法試験の合格率が低い法科大学院などについて、文部科学省は、補助金を出す条件をより厳しくすることや、統廃合も含めた組織改革を促すことなどを柱とした改善策の基本方針をまとめました。』


補助金が出なくなれば、「苦労している法科大学院」は潰れるでしょうね。
でも、それって法科大学院が「改善」したことになるのでしょうか?

法科大学院への志願者がどんどんが減っている中で、今年の適性試験の実受験者は6000人ほどしかいないものと見込まれます。
来年は5000人を切ってくる可能性があります。
実際に旧帝国大学のローでも定員割れが発生していますし、これからは「定評ある法科大学院」の中から「苦労する法科大学院」が出てくることになるでしょう。

今は「苦労している法科大学院」である下位ローがあるので、彼らを叩くことで、いわばスケープゴートに仕立てることも可能ですが、
彼らが市場から退場して、「定評ある法科大学院」だけが残った際には、果たして新しいスケープゴートを見つけることはできるでしょうか。
いかに制度を守ったところで、肝心の志願者が来ないようでは、どう生き残っていくつもりなんでしょうか。


最近思っていることですが、ロースクールに志願者を集められない原因が就職難ではなく司法試験の合格率にあるとロー関係者が本気で信じているのであれば、一度彼らが望むように合格者を出してみてはどうでしょうか。
今年の司法試験受験者が8387人ですから、約7割強として合格者6000人。
これならロー関係者も満足でしょう。

その代わり、合格者には「弁護士」の資格は与えないようにする。
名前は別にするのが良いでしょう。仮に「新弁護士」とでもしておきますか。
「弁護士」と「新弁護士」は、権限については同一で良いと思います。つまり、資格としての中身は一緒ですが、名称だけ別にする。
なぜ別にするのかと言えば、国民が区別できるようにするためですね。ロースクールという立派で定評ある教育機関を修了した人材と、論証パターンを暗記しただけの旧弁護士を選別する必要があるからです(笑)。

これで適性試験の志願者がどうなるのかは、一度社会実験として取り組んでみてはどうでしょうか。
ロー関係者の主張が正しければ、ロースクールに入学したいという人がじゃんじゃん殺到するでしょう。
「とかげのしっぽ切り」のごとき下位ロー潰しより、はるかに抜本的な改善策でしょうね。

schulze at 04:38|PermalinkComments(5) 司法試験 | 司法制度

2012年05月26日

ブレービー復活

全西宮が泣いた





オルガンの選曲がいいですね。

schulze at 20:18|PermalinkComments(5) 野球 | 動画・youtube

小久保腰痛登録抹消、2000本安打まで「あと1」

小久保、登録抹消…1999安打で足踏み(2012年5月25日18時49分 毎日新聞)
http://mainichi.jp/sports/news/20120526k0000m050024000c.html
『ソフトバンクの小久保裕紀選手(40)が25日、腰痛のため出場選手登録を抹消された。2000安打まであと1本に迫っての戦列離脱に「(達成を期待した)ファンの方々に申し訳ない」と謝罪した。復帰は、最短でも来月5日の巨人戦(ヤフードーム)となる。午前中に福岡市内の病院で精密検査を受け、椎間板(ついかんばん)ヘルニアと診断された。阪神戦の出場は「あと1本なので少々、無理しても出ようという思いはあった」とギリギリまで悩んだが、腰の痛みとしびれが「日常生活を送るのも厳しい状態」だった。現役時代に腰痛で苦しんだ秋山監督と話し合い「今のまま出場しても結果が出せない。良い状態で試合に出るのもプロの役割の一つ」と決断したという。』


あと1本と迫っておりました2000本安打、この1本をファンの皆様の夢の中で打たせていただきますれば、これに次ぐ喜びはございません。

schulze at 02:49|PermalinkComments(2) 野球 | 動画・youtube

2012年05月25日

パラシュートなしでスカイダイビング

英、パラシュートなしでダイブに成功
『高度730メートルのヘリコプターから勢いよく飛び出した人影。イギリス北部の上空を時速120キロで急降下するダイバーですが、なんと、パラシュートをつけていません。』



空中で忍者ハットリくんみたいになってて、ちょっとワラタ。
(^^;)


さすがにヤフドでは、パラシュートを使わないと無理と思いますが。



schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 動画・youtube | ネタ

「おそらくこんな感じだろうと思って作ってみた」

おそらくこんな感じだろうと思ってグーグルマップとフォトショップで作ってみた(Web屋のネタ帳)
http://neta.ywcafe.net/001220.html

・・・・を見て、たまげました。

『私がグーグルマップとフォトショップを使って「おそらくこんな感じだろう・・・」と作図したものです。数値的な根拠はありません。』

と言ってる人が作ってみたものがこれ。





工エエェェ(´д`)ェェエエ工






これはすげぇ…




( ゚д゚)ポカーン




数値的な根拠はありません!(キリッ






「地方ではやくざが紛争の仲裁をしているから、弁護士の需要はあるだろうと思って言ってみた。数値的な根拠はありません。」
なんてレベルを凌駕してますよ、これは。

Σ(゚д゚;)

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

2012年05月24日

MOCO'sキッチン

今日のMOCO'sキッチン
http://hamusoku.com/archives/7105300.html
419 名前:名無しさんにズームイン!:2012/05/23(水) 07:56:27.58 ID:3fuVsNj6
  ∧_∧
⊂(#・ω・)  ご家庭にバジルはない!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄


567 名前:名無しさんにズームイン!:2012/05/23(水) 07:57:44.65 ID:bWZUTZvk
  ∧_∧
⊂(#・ω・)  ご家庭にあんなパンはない!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄


610 名前:名無しさんにズームイン!:2012/05/23(水) 07:57:57.34 ID:E7ERzJuX
  ∧_∧
⊂(#・ω・)  ご家庭がない!
 /   ノ∪
 し―-J |l| |
         人ペシッ!!
       __
       \  \
          ̄ ̄


663 名前:名無しさんにズームイン!:2012/05/23(水) 07:58:20.91 ID:joGdJJAc
>>610
知るかww


schulze at 22:38|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | ネタ

【お知らせ】画像認証導入

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
コメント欄にスパム投稿が続いており、これまでも色々と手を打ってきたのですが、どうにもならなくなってきたので、今後コメント投稿に画像認証を導入することにします。

コメントを投稿される際に手間が増えますが、ご容赦いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

schulze at 19:30|PermalinkComments(0) 日記 

予備校の修習準備講座

伊藤塾のホームページを見たところ、予備校は公然と修習準備講座を有料でやるようになったのですね。
http://www.itojuku.co.jp/shiken/shihou/about/syuusyuu/index.html

最近は当たり前なのかもしれませんが、
ちょうど私が最終合格して、修習へ行こうかというころ、あのころがまさに予備校が修習ガイダンスなどを手掛け始めた時期だと思いますが、まだ無料のガイダンスという形だったと思います。
さすがに有料で講座を聞こうという気にはならなかったですね。

そのうち起案の添削などをやり始める予備校も出てくるかもしれませんね。
ところで司法修習生が修習中に予備校で起案の答練を受けるのは、修習専念義務に違反するでしょうか。
(^^;)

schulze at 00:24|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

2012年6月30日(土)西武新宿線ダイヤ改正

[西武]新宿線の日中がシンプル化&減便。急行通過駅は毎時6本に。快急、拝島快速、日中の準急は廃止
http://dia.seesaa.net/article/271092451.html
『西武鉄道は、2012年6月30日に多摩川線を除く各線でダイヤ改正を行う。新宿線では、日中のダイヤパターンが一新され、1時間あたり急行6本、各停6本、特急1本のシンプルなダイヤとなる。快速急行と拝島快速は廃止となる。準急も日中から姿を消す。現行では、特急以外の優等列車は、快急1本、拝島快速2本、急行2本、準急2本の毎時7本。近郊区間の各停は毎時8本。新ダイヤは、本数でみると明らかな減便だ。ただし、各停については、待避駅を下りが鷺ノ宮、上りが上石神井に固定し、それ以外の駅での通過待避を廃止することで、所要時間の短縮を図るとしている。また、急行も各停もほぼ10分間隔となり、ダイヤはわかりやすくなる。』

西武鉄道リリース http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2012/05/21/20120521daiyakaisei.pdf



ひどい減便で改悪と言うべき内容ですが、一般乗客からすると、急行・各停がそれぞれ10分おきの単純パターンダイヤのほうが分かりやすく、歓迎されるのかもしれませんね。
結局、色々な種別を設けて選別しようとしても、最終的には単純なパターンダイヤに戻ってしまう。
これは仕方がないのかもしれません。
ただ、優等が急行のみの10分パターンだと、かなり混雑しそうな感じがします。

せめて急行が新所沢と玉川上水まで優等運転をやってくれないものだろうかと思うのですが…。接続の各停を6両でも良いので区間運転してくれるとありがたいのだけど。それだとかなりストレスがなくなりますが、おそらくやらないでしょうね。

少子化が進む中、日中のパターンサイクルを減便方向で見直す動きは、これからも出てくるかもしれません。
それにしても、西武新宿線は地下急行線計画なんてありましたけど、もしあの計画を実行に踏み切っていたら、今ごろどうなっていたんでしょうか。

schulze at 00:01|PermalinkComments(3) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

衝撃緩和装置

"ワイドビュー南紀"用キハ85形に衝撃緩和装置
http://railf.jp/news/2012/05/21/172800.html
『"ワイドビュー南紀"で運用されるJR東海のキハ85系に,鹿との衝突対策として衝撃緩和装置が取り付けられました.』


これはダサい…。
(´・ω・`)

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | ネタ

2012年05月23日

ロー教授「それでも地球は回る。潜在的需要はある。」

変わる弁護士地図(2012年5月21日 朝日新聞北海道版)
http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000501205210001
『札幌弁護士会は昨年11月、「弁護士急増」を憂慮し、「合格者数を年間1千人程度を目標にして段階的に減少させ、さらに適正数を検討することを求める」ことを決議した。「(弁護士が)過当競争になれば、採算を度外視して取り組むべき人権問題などの活動に影響が出る。ひずみは生じつつある。市民にも不利益をもたらしかねない」と訴えている。この状況に対し、元北大教授で弁護士の木佐茂男・九州大教授(行政法・司法制度)は「地域には相続などの問題が山積しているが、多くの市民は弁護士に相談する発想がない。そうした市民の潜在的ニーズはあるはずだ。弁護士会は飽和と言う前に、ニーズを掘り起こすべきではないか」と指摘。さらに「かつて弁護士は少数だった。時代が変わることに戸惑うのは無理もないが、法曹資格を得たうえで淘汰(とうた)されていくのは仕方ない。それが市民のためにもなる」と主張している。』



いまだにバカのひとつおぼえのごとく、「潜在的需要はある!掘り起こさない弁護士が悪い!」との主張を繰り返す学者の醜態は、見るに堪えません。

これほど現実の見えない人が、果たしてローで実務を教えられるものだろうか、と疑問に思います。
九州大といえば、西山教授といい、この木佐教授といい、発言を読む限り、教員にもうちょっとまともな思考の人はいないのだろうかと、かえって心配になるほどです。
(参考)西山教授の発言
(1)図書館に弁護士 (2)上から目線 (3)修習を終えてから、もう一度ローで勉強するという提案


いくら「潜在的ニーズはあるはず」と言ったところで、もともと「弁護士に相談する発想がない」のであれば、弁護士に報酬を払おうという人たちなんて、いないのではないですか。
弁護士は採算無視で、無償で働けとでもいうんでしょうか。
(参考)高額費用を敬遠?「弁護士なし訴訟」増加


「潜在需要」というのは、弁護士の仕事に対して価値を認めて対価を支払ってくれるような需要でなければ意味がないことぐらい、どうして分かってもらえないのでしょうか。

挙げ句に、「法曹資格を得たうえで淘汰されていくのは仕方ない。それが市民のためにもなる」というのは、まったく理解できないですよ。
それは、自分たちロースクールが輩出した人材が淘汰されても仕方がない、という意味ですよ。
それをロー生や卒業生を前にして、口に出して言えるのですか。
「てめえらの将来、俺には関係ない」と言ってるに等しいではないですか。

もしローの教授がそこまで言うのであれば、ロースクールの募集要項では、
「ロー進学は、司法試験に三振してあなたの人生を狂わせるリスクがあります。また、無事に司法試験に合格して弁護士になっても、潜在的需要を掘り起こせなければ淘汰されてもやむを得ません。」
ときちんと表示して欲しいと思います。


(参考)朝日新聞 オピニオン「法科大学院は必要か」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51864569.html

schulze at 00:02|PermalinkComments(14) 司法試験 | 司法制度

野村克也トークショー

「テレビ愛知が見れる人は今すぐに見てほしい」
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51882474.html
28 名無し募集中。。。2012/05/22(火) 19:22:13.17 0
野球中継→雨でノーゲーム→急遽ゲスト解説者野村克也のトークショー(9時終了予定)
29 名無し募集中。。。2012/05/22(火) 19:22:15.77 0
7時過ぎてからノーゲームで中止になるという間の悪さ




こいつは見たかったな、野村克也トークショー。


野村克也歌謡ショーでも可ですが。
(^^ゞ




schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube

通勤ラッシュ

通勤ラッシュの超過密的ポートレート「Tokyo compression」
http://blogbu.doorblog.jp/archives/52399770.html



とりあえず、外国人にはこの動画を見せるべし。




schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 動画・youtube