2012年10月

2012年10月31日

『法曹養成制度検討会議』第2回会議 伊藤委員による「寿司屋の時価」のたとえ話

引き続き、法曹養成検討会議での伊藤鉄男委員(元次長検事)の発言を取り上げます。


(過去の記事)
「司法試験の合格者を少なくしようという議論は審議会意見書に勝てるだけの理念がない」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51985840.html
「弁護士の数が増えて社会は喜んでいる」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51986020.html


『法曹養成制度検討会議』第2回会議の議事録より
http://www.moj.go.jp/content/000103552.pdf
『私,40年前に修習生をしているときに,私自身が一番嫌だったのは,お金の話をするときの自分が言うことが嫌だったし,それを聞いている依頼者というか,お金の話をするときのお客さんの態度,それが非常に私はなじめなかったものですから弁護士にならなかったんですけれども,今,弁護士になって,やはりお金の話というのはそのときと全く変わっていない。お客さんの顔も変わっていない。つまり寿司屋へ行って,「時価」と書いてあるのと同じなんですね,弁護士の業務は。やはり時価で商売をしている。だから,食べてもおいしくない,なかなか知らない店に入れない,これはもう数十年変わっていないと思うんですね。時価だけならお金の問題だからまだいいんですけれども,本当にそこで売っているのは立派なお寿司なのか,おにぎりかもしれない。そのサービスの中身が本当にこの事案にとって最もすばらしいものかどうかということはなかなか普通の人には分からない。うさんくさいとは言いませんけれども,非常に敷居が高いというのは,ここ何十年全然変わっていないと思うんですね。そこを弁護士は日弁連を中心として,集中的にそれを改善して,やはり普通の人が安心して相談に来られるようにしないと。』



これを次長検事から西村あさひに天下った人が言ってしまうというのは、かなりシュールではないでしょうか。
だって時価の寿司屋の典型みたいな事務所でしょうに。
( -д-)ノ

それにしても、この寿司屋の話、伊藤先生が何が言いたいのか、私にはまるで分かりませんでした。
時価ではなく定価が示されていれば、弁護士の敷居も下がるし、もっと相談件数も増えるはず。よって弁護士の需要も拡大する・・・・ということなのでしょうか。

でも、その直後にご本人自身が言われているように、「日本全体としてサービスに対してお金を払うということについて,当たり前だというところがない」のなら、問題の所在は時価なのか定価なのか、というところではないですよね。
そもそも国民は弁護士の仕事に対価を払う意義が見いだせていない、ということですからね。

サービスに対してお金を払わない国民が、定価を示されたらほいほい払うとでもいうのでしょうか。

まるで論じるべきピントがずれていますし、このズレっぷりには絶望するしかありません。
('A`)
今の法曹人口激増・濫造による問題点が、高級寿司屋の経営問題のごとく映っているんでしょう。
そんな認識では「弁護士が食えないという話では、司法制度改革の理念に勝てない」ということになるのも当然ですね。

いま起きていることは、そんな高級寿司屋の話ではなく、国家がコストをかけて本人に借金を背負わせてまで寿司職人を育成したのに、今や回転寿司にすら就職先がないってことです。
それがなぜ見えないのでしょうか。

schulze at 00:00|PermalinkComments(7) 司法試験 | 司法制度

2012年10月30日

東大ローも志願者減少傾向

東大ローも志願者が減少傾向にあるようです。
さすがに定員割れという事態はないでしょうが、ここしばらく900人台は維持してきたのが、一気に100人以上減り、今年は800人ちょうどです。
適性試験出願者数が一貫して減少している中、東大ローは志願者が盛り返した時期もあり(平成23年度入試で1215人)、さすが東大という印象もありましたが、今年の数字は底が抜けた感じがしなくもありません。
東大と言えども、他のロースクールと同じような運命が待ち受けているかもしれません。


平成25(2013)年度 法科大学院入学試験 出願者数について(平成24年10月29日 東京大学大学院法学政治学研究科)
http://www.j.u-tokyo.ac.jp/sl-1/news/20121029.html
法科大学院入学試験の出願者数が確定しました。
出願受付期間:平成24(2012)年10月9日(火)から10月16日(火)まで
<郵送のみ:10月16日までの消印有効>
法学未修者(3年制) 214名(受入予定人員:75名)
法学既修者(2年制) 586名(受入予定人員:165名)
合計 800名



<過去の東大ロー入試の出願者数>
平成24年度入試 919人(既修683人、未修236人)
平成23年度入試 1215人(既修897人、未修318人)
平成22年度入試 954人(既修666人、未修288人)
平成21年度入試 914人(既修629人、未修285人)
平成20年度入試 953人(既修616人、未修337人)
平成19年度入試 1759人(既修1052人、未修707人)

schulze at 01:09|PermalinkComments(1) 司法試験 | 司法制度

司法試験は合格経験者も再受験が可能らしい

先日、当ブログで触れました「新司法試験に一旦合格した人で、もう一度司法試験を受験しなおしている人たちが、少なからず存在するらしい」問題について、コメント欄に情報お寄せいただきました。


https://twitter.com/uwaaaa/status/207992638723465218
『【弁護士も司法試験を受験できるのか問題】法務省大臣官房人事課司法試験係に問い合わせたところ,「司法試験は,ロー卒・予備試験合格後5年以内で3回の条件さえ満たしてさえいれば,現役の法曹であっても受験可能である」とのこと。なお,予備試験に至っては完全フリー。』



へぇ〜、法務省がこんな回答するんだ。
(・∀・)
これはビックリです。

司法試験関係の法令に禁止する条項がないので、きっと認めているんだろうなとは思っていました。
だからと言って、実際に再受験している人は、それほど多くはないと思いますが、
それでも現実に重複合格者が存在するのは、ほぼ間違いないようです。

さすがに修習へ行ってしまうと、合格年次と修習期がズレてしまうのは問題でしょうから、修習中ないし弁護士登録後に再受験するというのは、正直意味がないと思います。
再受験をするとしたら、就職難を理由に「この順位では、どうせ修習へ行っても就職先がない」と修習を断念した人の中で、「順位が上がる可能性があるのなら、もう一度受けてみるか」とか、「より高順位を取れたら修習へ行こう」と考える人が、再受験しているのかもしれません。

ところで、これらは受験生側の「まともな」動機による再受験のシナリオですが、
もしかすると、下位ローで数人しか合格者を出せないようなところが、合格者に繰り返し受験してもらって、合格実績を水増しすることもできそうですね。

そう考えると、ロー別の累計の合格実績って、もはや意味がない可能性がありますね。

schulze at 00:50|PermalinkComments(3) 司法試験 | 司法制度

続・『法曹養成制度検討会議』第2回会議 伊藤委員「社会は喜んでいる」発言

昨日のエントリーの続き。

『法曹養成制度検討会議』第2回会議の議事録より
http://www.moj.go.jp/content/000103552.pdf
(伊藤委員の発言)
『それから,弁護士の数が増えた,毎年2,000から2,100人合格して社会に出ている,非常に多くの弁護士が誕生したわけですけれども,やはり社会は喜んでいるんではないか。これで迷惑している,困っているというのは,一部の弁護士さんはそうかもしれませんけれども,普通の人たちはやはりそれによって非常に利益を受けられるようになったのではないかなと思います。もっと増えれば,やはり当然競争をしていかなければならない,競争すればいいサービスになるに決まっているというのが世の中の当然のことであろうと思います。』


そうか!弁護士が増えて、社会は喜んでいたんですね!
困っているのは一部の弁護士だけだったんですね!
そいつは良かった!めでたいですね!

さすが、「オレオレ詐欺に引っかかる人は弁護士に相談すれば引っかからなかったし、弁護士に相談できないのが被害の原因だ」と考える人は、洞察力が違いますね。
感服いたしました。
これからはじゃんじゃん弁護士が増えますから、どこでもいつでも弁護士に相談ができて、何も問題が起きなくなるんですね!

これぞバルサンのごとく隅々にまで法の光が届く法化社会
素晴らしいですね。




・・・・・・・なら、あんたたちは、何を議論してるのさ?


検討会議なんて、いらなくね?



(ノ`Д´)ノ・・・~~┻━┻



<参考>
「未だに理念か・・・」(ニガクリタケは偶に生えます)
http://blog.livedoor.jp/hypholomafasciculare/archives/4247052.html
「泥船から降りる人、泥船にしがみつく人。」(福岡の家電弁護士 なにわ電気商会)
http://ameblo.jp/mukoyan-harrier-law/entry-11391616693.html
「法曹人口と市場原理への認識」(元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記)
http://kounomaki.blog84.fc2.com/blog-entry-565.html

schulze at 00:30|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2012年10月29日

『法曹養成制度検討会議』第2回会議

『法曹養成制度検討会議』第2回会議の議事録が公開されています。
http://www.moj.go.jp/content/000103552.pdf

議事録は長文ですが、黒猫先生が各委員の発言の要旨をまとめてくださっています。
http://blog.goo.ne.jp/9605-sak/e/59527c797e97a134e65c812ed484d955


いろいろ書こうかなと思ったのですが、なんだか疲れちゃいました。
('A`)
いつまでも司法制度改革の理念や、弁護士の潜在需要にしがみつきたい人は、そのまましがみついていればいいと思います。

(伊藤委員の発言)
『今出ている大幅な削減論というのは,言葉は悪いかもしれませんけれども,何だかんだと言ってみても,いわゆる弁護士は食っていけないじゃないかというところに,中心にその理由があると見ざるを得ないんじゃないか。やはり理念という面で,3,000人の審議会の意見書と比べると,今,法曹人口削減,司法試験の合格者を少なくしようという議論には,それに勝てるだけの理念がないと思います。』


勝てるだけの理念がない!(キリッ

・・・・理念で勝とうだなんて、はじめから思ってないですよ。
弁護士が食っていけないのは「現実」ですから。
食っていけない限り、弁護士になろうと思う人はいないですから。
上智も旧帝も定員割れです。ローに進学しようという人はいなくなっているということですね。
素晴らしき司法制度改革の成果。それは「理念だけが残り、そして誰もいなくなった。」です。



<続き>
『法曹養成制度検討会議』第2回会議 伊藤委員「社会は喜んでいる」発言
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51986020.html

schulze at 00:08|PermalinkComments(1) 司法試験 | 司法制度

2012年10月28日

上智ローが追加募集

コメント欄に情報をお寄せいただきましたが、上智ローが追加募集に踏み切っているようです。

http://www.sophialaw.jp/news/news_121025_01.html
2013年度上智大学法科大学院1月期入学試験(追加募集)のご案内
募集人員:
【標準(3年制)コース】10名程度
【短縮(2年制)コース】15名程度(併願あり)
出願期間:2012年12月17日(月)〜25日(火)
試験科目:
【標準コース】面接試験のみ
【短縮コース】法律論文試験および面接試験(同日に行います)


もともと上智ローの募集人員は90人(既修50人、未修40人)ですが、追加募集で25人も募集しているということは、当初入試で入学者を相当数確保できなかったものと思われます。
推測ですが、受験者数300人台、合格者150人前後、入学手続き60人前後、という感じでしょうか。

それにしても、未修コースは面接のみ、というのも、なんだかなぁ…。
入試として機能しているんでしょうか、これ。


<参考>上智ローの過去の入試結果
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2012/06/15/1322208_3.pdf
志願者数 550(H24)←949(H23)←969(H22)←1,392(H21)
受験者数 420(H24)←761(H23)←851(H22)←1,098(H21)
合格者数 171(H24)←186(H23)←214(H22)←202(H21)
入学者数 80(H24)←93(H23)←95(H22)←109(H21)

schulze at 18:47|PermalinkComments(8) 司法試験 | 司法制度

予備試験口述終了

受験された方、お疲れさまでした。
しばらくゆっくり休んでください。

schulze at 18:21|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

地方旧帝ローの入試志願者数

主要大学のロー入試が始まりつつありますが、地方の旧帝国大学のロースクール(東北・名古屋・九州)の出願状況を調べてみました。
(北海道大は現時点で志願者数未公表。)

どこも志願者を減らしているようです。
この状況では、定員の確保すらも厳しいのではないでしょうか。


【東北大学】
平成25年度入試 190人(既修130人、未修60人)
平成24年度入試 214人(既修157人、未修57人)
平成23年度入試 290人(既修217人、未修73人)
平成22年度入試 274人(既修195人、未修79人)
平成21年度入試 449人(既修302人、未修147人)
平成20年度入試 556人(既修328人、未修228人)

なお、募集要項によると、既修コースと未修コースの併願は不可のようです。

<参考>東北ロー過去の入試結果
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51947144.html


【名古屋大学】
平成25年度入試 214人(既修109人、未修105人、※併願57人)
平成24年度入試 366人(既修204人、未修162人、※併願114人)
平成23年度入試 415人(既修251人、未修164人、※併願102人)
平成22年度入試 526人(既修341人、未修185人、※併願135人)

ホームページではハッキリ書かれていませんが、併願者が重複してカウントされているように見えます。
そこで、併願者を重複しない志願者数は
平成25年度入試 157人
平成24年度入試 252人
平成23年度入試 313人
平成22年度入試 391人


【九州大学】
平成25年度入試 167人(既修66人、併願64人、未修37人)
平成24年度入試 247人(既修108人、併願80人、未修59人)
平成23年度入試 216人(既修55人、併願90人、未修71人)
平成22年度入試 280人(既修60人、併願96人、未修124人)

<参考>九州ロー年度別入学者数の推移
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51949698.html

schulze at 01:59|PermalinkComments(4) 司法試験 | 司法制度

475系廃車回送再現

【鉄道模型】 475系廃車回送



これは、よくできている。
愛を感じる。感心。
BGMもいい。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 動画・youtube

2012年10月27日

KFC「旨塩生姜チキン」

生姜の味と唐辛子のピリ辛が効いたKFC「旨塩生姜チキン」&「生姜スープ」試食レビュー(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20121025-kfc-uma-shio-ginger/



KFCの季節限定チキン、生姜味ながら、この冬も塩ベースなんですね。
甘だれ系より、さっぱりしたほうが好みなので、これは楽しみです。

schulze at 16:41|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

2012年10月26日

ロースクールと新司法試験に関して耳にした噂話

(※注意)
本エントリーは、あくまで噂話なので、事実かどうかの確認は取れていません。その点をあらかじめお含み置きください。



昨日、知り合いの弁護士の紹介で、今年の司法試験に合格された方とお目にかかる機会がありました。

その方は、社会人として働きながら某夜間ロースクールに通われ、今年見事に合格されたのですが、
働きながら夜間ロースクールに通うことが、どれほど体力的・精神的・経済的に辛いことなのか、お話を伺うことができました。

その中でビックリした話があり、その方のご出身ロースクールでは、毎年のように過労が原因と思われる死者が出ているというのです。
そのことは公然の秘密なのだが、誰も問題にできないというのが実情なんだそうです。
昼間の仕事を終えたあと、深夜まで授業を受けて、自宅に戻って復習をして・・・・そんな生活を続けていくうちに、体を壊してしまう人が多いとのことでした。

もともと社会人にとって仕事と勉強の両立を図るのが難しいのは分かりきったことですが、ロースクールを修了しない限り受験資格が得られないことの負担感は、想像以上のもののようです。
ここまで苦労して通っても、ローの授業が試験に役に立たないのでは、無駄どころかかえって有害であるとしか言いようがありません。

それにしても、「毎年のように死者が出ている」というのは衝撃的です。
もし本当なら、文科省は早急に調査すべきだと思います。


それと、もうひとつ驚いた話がありました。
どうやら新司法試験が始まって以降、新司法試験に一旦合格した人で、もう一度司法試験を受験しなおしている人たちが、少なからず存在するらしい(?)というのです。

弁護士の中に予備試験を受験して合格した人がいるとの話は聞いたことがありますが、合格者が司法試験を受けなおすというのは、これまで考えたこともありませんでした。
これは特に、合格時の成績順位が低かった人が高順位を目指してやっているようなのです。順位を上げたほうが就職活動に有利になる、という考えが背景にあるようです。

これは噂話なので、本当にこのようなことが行われているのかは確認しようがありませんが、法務省は出願時に「5年3回以内」の回数制限しかチェックしていないので、合格経験者かどうかをチェックしておらず、願書の受理がスルーになっているということでした。
たしかに司法試験法司法試験法施行規則には、「合格者は出願できない」ということは書かれていません。

ちょっとにわかには信じられない話ですが、もしこれが本当ならば、ロースクール別の修了者の累積合格率のデータなどが公表されていますけど、そのようなデータは意味をなさないことになります。

schulze at 20:33|PermalinkComments(2) 司法試験 | 司法制度

さいたま市議会「法曹養成制度の見直しを求める意見書」採択

さいたま市議会で「法曹養成制度の見直しを求める意見書」が採択されたそうです。


平成24年9月定例会 議員・委員会提出議案(さいたま市議会)
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1349158688458/index.html

http://www.city.saitama.jp/www/contents/1349158688458/files/2409iinkaiteisyutsugian10.pdf
委員会提出議案第10号
法曹養成制度の見直しを求める意見書
政府は、本年8月、内閣に法曹養成制度関係閣僚会議を設置し、同会議の下に学識経験者等の意見等を求めるために法曹養成制度検討会議を置くなど、司法を支えるにふさわしい法曹養成制度の検討に着手しました。これは、平成14年3月に閣議決定した「司法制度改革推進計画」に基づき司法試験合格者数を年間3,000人程度とすることを掲げた法曹養成制度が、当初の想定どおりには機能していないなど、様々な課題の指摘を受けたことによるものです。
実際の司法試験の年間合格者は2,000人程度でとどまっていますが、平成14年の閣議決定時に比べ、弁護士人口は大幅に増加しています。こうした中、新人弁護士の就職難が起き、法律家としての知識・技能等を修得するうえで困難が生じ、質的な面での低下が懸念されています。
このようなことから、埼玉弁護士会は、平成21年5月に司法試験の年間合格者数を1,000人程度とすべきことを政府に求める旨の総会決議を行っています。また、本年4月20日、総務省は、弁護士の供給過多による就職難の発生とともに、実務経験を積む機会の不足による質の低下を懸念し、司法試験の年間合格者数の目標値について検討することを法務省に勧告しました。
よって弁護士の質や市民の法的利益を適正に確保する観点から、社会情勢に伴う法的需要や司法基盤整備の状況とのバランスのとれた弁護士人口となるよう法曹養成制度の見直しを行うことを求めます。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。
平成24年10月23日提出
さいたま市議会総合政策委員会
委員長 小森谷 優



地方自治体で同様の動きが広がっていくのかどうか、注目したいと思います。


<参考>
川越市議会で「弁護士人口激増問題に関する意見書」を採択・可決(2012年6月28日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51961697.html

schulze at 19:43|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2012年10月25日

プロ野球スクール制度

「プロ野球スクール、開校。」(福岡の家電弁護士 なにわ電気商会)
http://ameblo.jp/mukoyan-harrier-law/entry-11387465003.html
『高校野球の世界で不祥事が多発した原因が、高校野球界における野球漬けの詰め込み生活にあり、一般社会人としての教育がおろそかになっていること、また、現役プロ野球選手やOBによる犯罪が多発していることから、プロ野球球団そのものの教育能力にも疑問符が付いた。そこで、プロ野球選手にも一般社会人としての常識や高潔な人格を涵養する機会を提供することを政策目標として、平成26年に「職業として野球を行う者の育成に関する法律(通称プロ野球選手育成法)」が成立し、プロ野球を志望する者はすべて国が指定するプロ野球スクールを修了しなければならないことになった。』




その結果、三振野球博士が量産されるんですね!分かります。
(・∀・)


<過去の同じネタ>
「ロースクール制度をプロ野球に例えると…」(2008年11月24日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51462438.html

schulze at 00:00|PermalinkComments(2) 司法試験 | 司法制度

2012年10月24日

蒲田ダッシュ誕生

さっそく苦情殺到 京急10月21日ダイヤ改正 新たな名物「蒲田ダッシュ」誕生
http://blogs.yahoo.co.jp/lastgame0331/7590060.html



今回のダイヤ改正が本線の快特通過駅軽視なのは分かりきっていたことですが、蒲田ダッシュの発生は予想外でした。
あの切り欠きホームから発車した普通って、本線上のホームでは客扱いやってくれないんだ・・・。
てっきり本線に移動して客扱い→発車、なのかと思ってましたが。
以前の東武線北千住では客扱いやってたように思いますが。

schulze at 22:25|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

「十年巻き戻って、十歳からやり直した感想」

「十年巻き戻って、十歳からやり直した感想」
http://himasoku.com/archives/51747015.html

(出典:げんふうけい





( ;∀;)イイハナシダナー




これはすごい!
月並みな感想だが、ちょっと感動してしまった。

schulze at 21:17|PermalinkComments(0) イイハナシダナー | ネタ

訃報

http://blog.livedoor.jp/yuriwan/archives/4239613.html



ご冥福をお祈りいたします。


いや、別に、昔お世話になった、とか、そういうことじゃなくて。

schulze at 20:29|PermalinkComments(0) 訃報 | 日記

初代ゴン太くん

初代ゴン太くんの画像
http://blog.livedoor.jp/christmas1224/archives/7531045.html



うぐぐぐぐ。



関係ないけど、「ペンタゴン」と「ゴン太くん」は、「灯台もと暗し」と「大正デモクラシー」並みに響きが似ている。

schulze at 00:08|PermalinkComments(2) 思わず保存した画像 | ネタ

2012年10月23日

京急蒲田止まり普通の折り返し方法

京急蒲田止まりの回送 京急川崎での折返し方法
http://pandaneko1.blog120.fc2.com/blog-entry-831.html



なるほど!
よく分かった。

それにしても、綱渡りなダイヤですな。
一旦乱れたら、どうするつもりなんでしょうか。
(^^;)

schulze at 00:24|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2012年10月22日

583系臨時あけぼの

JR東日本のリリースによると、583系使用の臨時「あけぼの81・82号」が運転されるとのことです。
http://www.jreast.co.jp/press/2012/20121010.pdf

運転日は、下りが上野発12月29日、上りが弘前発1月3日。
1往復のみなので、おそらく指定券は即完売、乗客は帰省客より鉄ちゃんばかりということになりそうです。

583系も寿命があとわずかでしょうから、乗車チャンスもなかなかないでしようね。
私も指定券が手に入るのなら乗っておきたいところですが、発売日の平日10時にみどりの窓口に並ぶのは難しいです。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2012年10月21日

羽田国際線ターミナル4Fせたが屋

9a106aff.jpg
ターミナルビル内のラーメン屋です。
つけ麺を注文してみましたが、ラー博の「頑者」のような、濃厚な魚介系スープです。

schulze at 21:29|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 写真

羽田国際線ターミナル

74d9d5a2.jpg
羽田の国際線ターミナルにいます。
友人が海外出張から戻って来るのですが、かなりへばっている様子だったので、心配で迎えに来ました。
クルマで来てしまったので、京急下り線の高架切り替えの試乗ではありません。
(^_^;)

schulze at 20:53|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

女子プロ野球後期 3チームが勝率5割で並ぶ可能性

今季はあまりチェックが行き届かなかった女子プロ野球ですが、後期は残り3試合で3チームともが勝率5割で並ぶ可能性が出てきています。


「最終戦に首位が同勝率で並んだ場合に関して」
http://www.girls-probaseball.jp/news/detail/id/1110
10月20日現在
1位 大阪ブレイビーハニーズ 18試合 8勝7敗3分 51得点 54失点 −3点(3位)残り2試合
2位 京都アストドリームス 17試合 7勝7敗3分 58得点 59失点 −1点(2位)残り3試合
3位 兵庫スイングスマイリーズ19試合 8勝9敗2分 69得点 65失点 +4点(1位)残り1試合


最終戦を終えた時点で大阪と京都が9勝8敗3分で同率首位に並んだ場合
 →後期シーズンの得失点差によって順位確定。

兵庫が9勝9敗2分、大阪と京都が8勝8敗4分と3チームが5割になった場合
 →勝ち星数を優先し、兵庫が優勝。

schulze at 03:01|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

「まじめに債務整理ひとすじ」の広告

ここ数日で、やたらとネット上で目につくのが、元自治大臣の弁護士による「まじめに債務整理ひとすじ」の広告。


一般の人が見たら、どう思うんですかね、あれ。
(´・ω・`)
失礼ながら、大臣までやった人が出すような広告には見えないのですが。

schulze at 01:51|PermalinkComments(0) 司法制度 | 日記

思わず保存した画像 リアルサザエさん

リアルサザエさん

無表情なタラちゃん
犬に見えるタマ
筋肉質な波平
カツオの運命

・・・・も気になりますが、一番目に入ってしまったのは「波平の結婚指輪」。
(´∀`*)

schulze at 01:41|PermalinkComments(1) 思わず保存した画像 | ネタ

2012年10月20日

仙石線と東北本線を接続

仙石線と東北本線との接続について(JR東日本仙台支社プレスリリース)
http://www.jr-sendai.com/wp-content/uploads/2012/10/press_20121018-sensekisen.pdf
『仙石線の高城町駅付近と東北本線の松島駅付近を結ぶ接続線を新たに整備します。これにより、石巻〜仙台間を走行する仙石線の一部列車が、東北本線へ乗り入れることが可能となり、所要時分短縮が図られます。』

東北本線と仙石線を接続、直通運転へ
http://www.tetsudo.com/news/765/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E6%9C%AC%E7%B7%9A%E3%81%A8%E4%BB%99%E7%9F%B3%E7%B7%9A%E3%82%92%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%80%81%E7%9B%B4%E9%80%9A%E9%81%8B%E8%BB%A2%E3%81%B8/
『計画では、両線が近接している塩釜〜松島間(東北本線)と松島海岸〜高城町間(仙石線)を接続箇所とし、約400メートルのレールを新設する。接続線の工事は、東日本大震災の影響で不通になっている仙石線の高城町〜陸前小野間の復旧工事と並行して行い、2015年中の全線復旧にあわせて使用を開始する予定。事業費は約20億円。(中略)車両は、東北本線が交流、仙石線が直流と電化方式が異なるため、気動車を使用する。』


まさかこんなことが実現するとは、震災前には夢にも思いませんでした。
ビックリです。
黒磯以北の東北線の普通列車には、今では交直流車両が走っていないんですね。
常磐線からお古でも持ってこれないでしょうか。

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記