2014年02月

2014年02月28日

予備試験・司法試験合格によるロースクール中退者数

第6回 法曹養成制度改革顧問会議(平成26年2月25日開催)の資料を、引き続き取り上げます。



「予備試験・司法試験合格による中退者数等一覧」
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hoso_kaikaku/dai6/siryou14.pdf

予備試験合格を理由とした中退
平成23年度 3人
平成24年度 9人
平成25年度 4人

司法試験合格(予備試験合格の資格)を理由とした中退
平成24年度 14人
平成25年度 29人



ロー中退の理由としては、司法試験合格を理由とする方が予備試験合格を理由とする者より多いのですね。
これは意外な感じがしました。
予備試験に合格したのなら司法試験の受験資格を得ているので、もはやロースクールに在学している理由がないようにも思えるからです。

理由は私にはハッキリしませんが、司法試験合格が確定するまでは学生の身分を捨てにくい(=無職にはなりたくない)ということなのか、それとも司法試験合格までは中退をさせないような事情(たとえば学費の減免や奨学金の返済等に影響する、など)があるのでしょうか?

schulze at 00:00|PermalinkComments(12) 司法試験 | 司法制度

2014年02月27日

司法試験受験資格による司法修習生採用者数の内訳

司法試験受験資格による司法修習生採用者数の内訳
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hoso_kaikaku/dai6/siryou15-1.pdf
予備試験資格者の年齢分布
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hoso_kaikaku/dai6/siryou15-2.pdf


(66期)
採用者数2035人、うち司法試験受験資格が予備試験合格による者40人(2.0%)
年齢分布 24歳以下=20人、25〜29歳=2人、30〜34歳=10人、35〜39歳=4人、40歳以上=4人

(67期)
採用者数1969人、うち司法試験受験資格が予備試験合格による者112人(5.7%)
年齢分布 24歳以下=61人、25〜29歳=11人、30〜34歳=17人、35〜39歳=15人、40歳以上=8人

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

66期二回試験結果 不合格者の内訳判明

第6回 法曹養成制度改革顧問会議(平成26年2月25日開催)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hoso_kaikaku/dai6/index.html


予備試験を中心に、興味深いデータが公開されています。
ひとつずつ見ていこうと思いますが、まずは66期二回試験の不合格者内訳が判明(↓)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hoso_kaikaku/dai6/siryou31-1.pdf
しましたので、期別結果のまとめを更新します。



【参考:二回試験不合格率まとめ(判明分)】

(各種公式資料)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000082034.pdf
http://www.moj.go.jp/content/000084022.pdf
http://www.moj.go.jp/content/000084023.pdf

59期  1493→1386 不合格者107人(7.16%)
[不合格10人+合格留保97人]
(実質)不合格者16人(1.07%)
※合格留保者97人のうち91人は追試で合格

旧60期 1453→1393 不合格者60人(4.12%)
再受験組(上記以外)15→4 不合格者11人(73.3%) 合計71人(4.83%)

新60期 986→927 不合格者59人(5.98%)
再受験組(上記以外)69→52 不合格者17人(24.6%) 合計76人(7.20%)

旧61期 569→549 不合格者20人(3.51%)
再受験組(上記以外)73→60 不合格者13人(17.8%) 合計33人(5.14%)

新61期 1811→1710 不合格者101人(5.57%)
再受験組(上記以外)33→21 不合格者12人(36.36%) 合計113人(6.12%)

旧62期 263→254 不合格者9人(3.42%)
再受験組(上記以外)114→100 不合格者14人(12.28%) 合計23人(6.10%)

新62期 2044→1974 不合格者70人(3.42%)
再受験組(上記以外)23→18 不合格者5人(21.74%) 合計75人(3.62%)

旧63期 148→136 不合格者12人(8.11%)
再受験組(上記以外)75→59 不合格者16人(21.33%) 合計28人(12.56%)

新63期 2016→1931 不合格者85人(4.22%)
再受験組(上記以外)23→18 不合格者5人(21.74%) 合計90人(4.41%)

旧64期 102→92 不合格者10人(9.8%)
再受験組(上記以外)83→69 不合格者14人(16.87%) 合計24人(12.97%)

新64期 2024→1968 不合格者56人(2.77%)
再受験組(上記以外)23→23 不合格者0人(0.00%) 合計56人(2.74%)

旧65期 74→69 不合格者5人(6.76%)
新65期 1995→1957 不合格者38人(1.90%)
再受験組(上記以外)57→54 不合格者3人(5.26%) 合計46人(2.16%)
65期の情報は中村先生のツイッターより。

66期 2031→1992 不合格者39人(1.92%)
再受験組(上記以外)46→42 不合格者4人(8.70%) 合計43人(2.07%)

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

2014年02月26日

あらためて第62期弁護士キャリアパス研究会の第2回調査について

(参考:前回の記事)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52059723.html


あらためて、第62期弁護士キャリアパス研究会の第2回調査について取り上げます。


前回記事をアップした後、研究会の代表者である宮澤節生教授(青山学院大学)より直接メールをいただきました。

実は3年前の調査の際に、回答者へ直接ヒアリングを実施するということが書かれていたのに、今に至るまで連絡が来ていないという実態があります。
私はてっきり、自分のように「ロー進学、ダメ。ゼッタイ。」などと書いてる奴にヒアリングしたくないのだろう('A`)、とか、ロースクールを修了してない奴は心が貧困と思われているに違いない(´・ω・`)、とか、そういう理由で候補から外されているんだろう(笑)と思っていたのですが、
宮澤先生のメールを見てビックリ!
なんと、関東地方の弁護士にはまだヒアリングに着手できていないんだそうです。。。。


はぁ?
Σ(´д`;)


なにそれ。本当にそれでいいの・・・!?
この調査、日本学術振興会の科学研究費補助金を受給してる事業のはずなんですが。。。。
地方から着手しているようですけど、関東地方が対象者数では当然、一番多いはずです。
それができていないというのは。。。。。

どうやら宮澤先生ご本人がヒアリングしようとしていて、それでいながらカリフォルニア大学のロースクール教授を兼職することになってしまったりとか、そういう事情があるようなのですが、そんなのはこっちが知った話じゃないしね。

私が愕然とするのは、「当初予定していたヒアリングはできていないけど、計量的分析のための調査は補助金受給の際に決まっていたことだから、回答よろしく」的なニュアンスのメールを平気で出せる感覚です。
何と言うべきか・・・今回の2回目調査、回答率がきわめて低いらしいのですが、それも当然のように思います。
およそ人の心をつかむ対応ではないと思いますし、心ある人ほど、この調査に協力したことに後悔や脱力感を感じているのではないでしょうか。

これほど回答の面倒くさいアンケートであるにもかかわらず、私が3年前の調査に応じたのも、ひとえに新規登録弁護士の実情・窮状を分かって欲しかったからです。
そのことに自分が役に立てるのなら、いくらでも協力したいと、素朴に思っていました。

でも、きっと彼らとは熱量が違ったのでしょう。
こんなことなら、初めから調査などやらなければいいのに、と思います。

schulze at 00:02|PermalinkComments(5) 司法修習 | 司法制度

25日に分かった(?)東海大ローの募集停止

15年度から学生募集停止 東海大法科大学院(2014/2/25 10:21 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2404H_V20C14A2CC0000/
『東海大が東京都渋谷区にある法科大学院の学生募集を2015年度から中止することが25日、分かった。入学者数の減少に歯止めがかからないためで、学内手続きを経て文部科学省に届け出る。東海大法科大学院は04年に開設された。昨年の司法試験合格者はゼロで、文科省は14年度の補助金削減を決めている。〔共同〕』


共同通信配信の記事なんですが、これはひどくないですか?
東海大ローの募集停止は、すでに昨年の10月17日に公式サイト上で公表されていて、当ブログでも取り上げ済みだというのに、「25日に分かった」もないでしょうに。



<参考>学生募集を既に停止し又は停止することが決まっている法科大学院
・姫路獨協(平成23年度〜)
・大宮(桐蔭ローと統合、平成25年度〜)
・駿河台大(平成25年度〜)
・明治学院(平成25年度〜)
・神戸学院(平成25年度〜)
・東北学院(平成26年度〜)
・大阪学院(平成26年度〜)
・島根大(平成27年度〜)
・東海大(平成27年度〜)
・大東文化大(平成27年度〜)
・信州大(平成27年度〜)

ほか、龍谷大も平成27年度以降は募集停止する方向を募集要項で表明

schulze at 00:01|PermalinkComments(1) 司法試験 | 司法制度

2014年02月25日

久々のバッジ着用

弁護士会の会報への掲載用として企画された座談会にお声掛けいただき、企業内弁護士の近時の動向についてお話をさせてもらいました。

掲載用の写真撮影の際に弁護士バッジを着用しましたが、バッジを付けたのは何年振りだろう・・・。
自分は普段法廷に行かないし、刑事事件もやっていないので、バッジを付ける機会はほぼ皆無なのですよ。

自分のバッジだけ、やけに金色に輝いていて、なんだか恥ずかしい気分。。。。

schulze at 22:24|PermalinkComments(0) 企業法務 | 司法制度

「待望の母国凱旋、まさかの1得点 アレクサンドル・オベチキン」(日経夕刊)

待望の母国凱旋、まさかの1得点 アイスホッケー アレクサンドル・オベチキン(ロシア)(2014/2/24付 日本経済新聞夕刊)
http://www.nikkei.com/article/DGKDZO67295480U4A220C1UB9000/
『アイスホッケー界のスーパースターが屈辱にまみれた。待ちに待った母国での五輪でアレクサンドル・オベチキン(28)はヒーローになれなかった。強国復活の期待を背負ったFWは1得点にとどまり、ロシアは前回に続いて準々決勝敗退に終わった。』


日経の田中克二さんの署名入り記事です。
ネットでは冒頭部分しか読めませんが、思わず涙してしまうほど。
これは田中さんでなければ書けない文章です。
彼の書く記事は、選手に対する視線が常に温かいのです。
(ノД`;)

田中さんは在京の大手紙の中では、一番アイスホッケーに愛情を注いでくれている記者だと思います。
これからも頑張ってください。



<参考>田中さんの署名記事
「葛西「22年後」のメダル 人生を信じ続けた天才」2014/2/17 11:14
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDH16024_W4A210C1UB9000/
『ソチ五輪を前にして葛西は「ソチで金メダルを取る運命にあると信じている」と繰り返していた。この自分を「信じる力」が、今回の銀メダルの要因のように思う。所属先の消滅など、数々の苦難は経験したくない事柄だっただろう。だが、それを乗り越えたのを肥やしとし「いつかは絶対にいいことがある」と信じる強さを身につけたのではないか。』


schulze at 00:04|PermalinkComments(1) アイスホッケー | 日記

鉄道事故頻発

東横線の追突といい、京浜東北線の横転といい、最近鉄道の事故が多くて心配ですね。

原因はそれぞれ異なるのでしょうが、運行システムも整備されている中、「事故など起きるはずがない」という油断や心の隙みたいなものがあるのかもしれないですね。
安全を徹底するのは難しいものだと痛感します。


<参考>Wikipedia「日本の鉄道事故 (2000年以降)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%89%84%E9%81%93%E4%BA%8B%E6%95%85_%282000%E5%B9%B4%E4%BB%A5%E9%99%8D%29

schulze at 00:00|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2014年02月24日

平成26年司法試験の出願者数の公表はいつ?

1月20日に「平成26年司法試験の出願者数 公表間近か」と書いたのですが、
本日(2月24日)現在、まだ法務省サイトにて公表されていないようです。

昨年と比較して公表が遅れているようですが、実は昨年、当初公表された出願者数から最終確定値が数名ズレるという事態が発生していました。
残念ながら記録をきちんと残していないのですが、1月の発表と3月の時点では数値に変化があったのです。

その原因はハッキリしませんが、出願資格のチェック等の過程で出願資格のない人が発見されたとか、そういうことではないかと勝手に推測しています。

そういう経緯もあるので、今年は出願者数の公表が遅れているのかもしれません。

schulze at 22:43|PermalinkComments(2) 司法試験 | 司法制度

2014年02月23日

バリバリ鶏

b70a4374.jpg
この「バリバリ鶏」という看板、どう見てもケンタッキーの新商品にしか見えませんが、2階にある別の店らしいです。便乗商法では?
(゜◇゜)

schulze at 11:01|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 写真

2014年02月22日

プラレール 5灯式信号機

改造プラレール 5灯式信号機と京急



この無駄な細かさがたまらん。

schulze at 01:04|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 動画・youtube

2014年02月21日

クレディセゾン新CM「頭は使いよう。カードも使いよう。」

クレディセゾン新CM「頭は使いよう。カードも使いよう。」




このCM、かなり気になっていたんですけど、
メイキングを見たら、ますます武田梨奈が気に入った!
(・∀・)
空手に対して真面目な姿勢がイイ。






(参考)KG 武田梨奈スペシャルエキビジョンマッチ 後楽園ホール


schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 動画・youtube | ネタ

2014年02月20日

浅田真央

まるで平成14年の司法試験短答の際の自分を見ているようで、気の毒で仕方ない。
でも、自分のやってきたことの意味を消化できる日が、いつか必ず訪れるはずです。
下を向く必要など、微塵もない。

ここまで来れたことの誇りを失わず、最後まで頑張って欲しいです。

schulze at 12:42|PermalinkComments(0) 日記 

明治ブルガリアヨーグルトの砂糖の添付終了

【悲報】明治ブルガリアヨーグルトの砂糖の添付終了
http://hamusoku.com/archives/8261016.html



最近、ブルガリアヨーグルトのシリーズで砂糖の添付されてないラインナップが増えてきたので、いずれ止めるんだろうなとは思ってました。

ただ、あの溶けやすい砂糖の、独特の味と感覚は捨てがたいものがあるのが不思議。

schulze at 01:47|PermalinkComments(1) 食べ物・飲み物 | 日記

2014年02月19日

ヴェテに好感持たれてるもよう

弁護士会の企画で修習生相手にインハウスについて語ってきましたが、懇親会で私に話しかけてくるのは、「年齢が行ってるのに職歴がないので書類審査で切られちゃうんですけどどうしよう」みたいな人ばかりなのはなぜなのか。

schulze at 23:36|PermalinkComments(1) 司法修習 | 企業法務

2014年02月18日

第14回「本格ミステリ大賞」候補作決定

【速報】第14回「本格ミステリ大賞」候補作決定!(本格ミステリ作家クラブ公式サイト)
http://honkaku.com/
【小説部門】候補作(タイトル50音順)
『教場』長岡弘樹(小学館)
『水族館の殺人』青崎有吾(東京創元社)
『スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ』森川智喜(講談社)
『ノックス・マシン』法月綸太郎(角川書店)
『螺旋の底』深木章子(原書房)


深木章子の『螺旋の底』がノミネートされています。
ありがたいことに、深木章子は2年連続で大賞候補に選んでいただきました。
驚くと同時に、ご支援いただいた方には私からも御礼申し上げます。
候補に選ばれただけでも十分に光栄なことだと思います。
ありがとうございます。


<参考>
第13回本格ミステリ大賞発表(2013年5月12日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52019482.html
第13回「本格ミステリ大賞」候補作決定(2013年2月21日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52006029.html

schulze at 00:01|PermalinkComments(1) 深木章子 | 日記

第62期弁護士キャリアパス研究会の第2回調査について

3年前に私も回答に協力したことがある「第62期弁護士キャリアパス研究会」による調査ですが
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51811481.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51916327.html
このほど第2回目の調査を行うとのことで、協力のお願いが来ています。
(参考)http://www.crs.or.jp/oshirase/about_0130.htm

しかし、今回は協力しようという気がまるで起きません。
ただでさえ業務に忙しい中で、質問項目が細かく量も膨大なアンケートが送付されてきて、とても応じている余裕がありません。
そもそも、前回の調査結果にしても、それを受けてどうしようとしているのか、どのようにデータを利用しようとしているのか、評価の道筋が全く分かりませんし、それについての報告もないのです。
分厚い集計結果がドンと送られてきただけ。
これでは、傍からは調査することが目的になっているようにも見えてしまって、回答したところでロースクール制度推進側・増員推進側に都合良く利用されるだけのように思えてしまい、バカバカしくなってきました。

ということで、今回は回答せず、無視します。


(つづき)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52060735.html

schulze at 00:00|PermalinkComments(1) 司法修習 | 司法制度

2014年02月17日

ソチ五輪 アイスホッケー男子予選 ロシアvsアメリカ

【ソチ五輪】8人目まで突入した対ロシアGWS、米オーシー「まだ震えている」 アイスホッケー
http://www.iza.ne.jp/kiji/sports/news/140216/spo14021612230026-n1.html
『通常3人目で終わるGWSが8人目まで突入。1人目で決めたオーシーは、4人目以降も5回連続で相手キーパーとの神経戦を任された。6回打って外したのはわずか2度。しかも、外せば負けの崖っぷちを2度もくぐり抜け、「まだ手足が震えているよ。すごくドキドキした」。表情に歓喜と安堵が交錯した。』


めっちゃ興奮しました!
(☆゚∀゚)
すごい試合というか、まだ予選リーグだというのに、この内容の濃さ。
これだからアイスホッケーからは目を離せません。

GWSまでの展開、そしてアメリカが王手をかけた後にロシアが追いつく展開は、長野五輪での日本vsオーストリアを思い起こしました。
ただ、あのときと違ったのは、神様が開催国に微笑まなかったことでしょうか。

あれだけの濃密な試合を見たのが、アジアリーグの観戦後というのが空しいと言いますか、内容の差に愕然とします。
ちょっと、あのレベルには追い付けそうにありません。
('A`)

schulze at 00:13|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 日記

葛西銀メダル

五輪=銀メダル獲得の葛西、年下のライバルたちが称賛(2014年2月16日14:14 ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA1F00W20140216
長野団体金の原田氏、葛西を絶賛「レジェンドだ!本当にレジェンドだ」(2014年2月16日6:08 スポーツニッポン)
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/16/kiji/K20140216007599680.html



41歳でメダリストになるとは・・・
本当に信じがたいことです。

金メダルを獲ると公言していた彼のことを、どれだけ人々は真剣に受け止めていたでしょうか。
金メダルにこそ届かなかったものの、それに匹敵する銀メダルです。
諦めないことが、この結果につながったのですね。

スポーツと一緒にするなと言われるかもしれませんが、
私が回数制限とか年齢制限の考え方を基本的に受け入れられないのも、こういう挑戦する「志」を否定されたくないという思いが強いからです。
もちろん、そのことと結果は別の話です。でも、チャンス自体は閉ざされるべきではないと思います。

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

JR発足以来初の新型ラッセル車「キヤ143形」

JR発足以来初の新型ラッセル車、JR西日本が「キヤ143形」を投入へ。
http://narinari.com/Nd/20140224757.html




キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



しかし、民営化から何年経っているんだという中での初投入で、しかもそれがJR西日本というのが、なんとも言えず。
もっと先に投入されていてしかるべき会社があるはずですが。
北海道は投入の余裕なしか…
(ノД`)

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2014年02月16日

八戸でニアミス

某保険会社の超有名インハウスローヤーのFさんのFacebookを見たら、同じタイミングで八戸に行っていて、笑いました。
向こうは出張で、こっちはプライベートだけどね。
もしかしたら、東京発で同じ「はやぶさ」じゃなかろうか・・・!?
なんだ、事前に言ってくれれば良かったのに(謎)

schulze at 17:46|PermalinkComments(0) 企業法務 | 日記

晴れました

834c40f0.jpg
一晩経って、晴れ間が見えてきましたが、大変な積雪量です。
新幹線は何とか動いているようです。

schulze at 12:03|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

2014年02月15日

帰れま10

八戸の新井田のリンクにてアジアリーグアイスホッケー(東北フリーブレイズ対ハイワン)を見てきましたが、試合後猛烈な吹雪状態で、本日中の帰京を断念しました。とほほ。
(ノД`)

schulze at 22:46|PermalinkComments(0) アイスホッケー | 日記

雪国の朝

f20eba0c.jpg
寒いです。
新幹線が動いてくれれば良いのですが。

schulze at 08:34|PermalinkComments(0) 日記 | 写真

2014年02月14日

雪の中のはやぶさ

大雪の中ではありますが、東北へ行こうとしています。
320km/hはやぶさに初乗車です。
行くのはいいんですが、帰って来れるんでしょうか、この天気。

schulze at 10:01|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記