2015年07月

2015年07月31日

法科大学院全国統一適性試験に関する日弁連会長声明

法科大学院全国統一適性試験に関する会長声明(日本弁護士連合会)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2015/150731.html
 去る7月6日、中央教育審議会法科大学院特別委員会は「適性試験の在り方に関する検討について(たたき台)」と題する文書を資料配付し、適性試験の在り方に関する検討を開始した。これは、政府の法曹養成制度改革顧問会議において、適性試験の在り方について検討すべきとの意見が出され、「法曹養成制度改革の更なる推進について」(平成27年6月30日法曹養成制度改革推進会議決定)においても、適性試験の在り方について文部科学省において検討するとされたことを受けてのものと思われる。
 法科大学院制度は、多様なバックグラウンドを有する人材を広く法曹に受け入れるため、法学未修者を原則とする制度設計が行われた。その理念の下、法律科目試験を課さない入学者選抜方法としてアメリカのロースクールで実施されていたLSAT(Law School Admission Test)を参考に考案されたのが適性試験である。
 しかし、適性試験によって入学者の適性が適確に評価できているかについては、試験実施から15年を経た現在においても、なお疑問の声は少なくない。当連合会は、「法科大学院制度の改善に関する具体的提言」(2012年7月13日)において、適性試験の改善を図るために、各法科大学院が適性試験実施機関に対して適性試験の検証に必要な情報の開示を義務づけるべきとする提言を行ったが、同提言は未だ実現しておらず、そのため、 適性試験の有用性に関する全国的・総合的な調査も実施されないまま推移している。
 他方で、適性試験の実施団体である適性試験管理委員会は、2015年度より、受験地を従来の全国17地区から14地区に減らし、うち3地区については他地区では2回実施される試験のうち1回のみの実施とする措置をとるなど、適性試験の受験機会は減少してきている。また、現在の適性試験が、5月後半と6月前半という近接した時期に2回実施されるのみであることに対しても、その時期以降に法科大学院への進学を志した者の当該年度における法科大学院受験の途を閉ざすことになっているとの指摘がある。しかし、近年の適性試験受験者数の減少による受験料収入の減少などの事情により、受験地区の維持・増加や実施時期の見直しは困難とされている。
 このように、適性試験の有用性についての疑問の声が払拭されず、他方で適性試験の存在が法曹志願者確保の障害になっているとの指摘が少なくない現状を踏まえるならば、国は、法学未修者を原則とした現行制度の在り方を変容させることのないよう留意しつつ、適性試験について存廃を含めた検討を早急に開始し、速やかに結論を得るべきである。
 なお、適性試験の実施を継続する場合には、地方の法曹志望者が法科大学院を受験する機会を奪うことのないよう十分な受験会場を確保するとともに、春と秋など期間を空けた時期に年2回以上実施するなど、受験機会を十分に確保するための方策を講じることが前提とされるべきことを付言する。
2015年(平成27年)7月31日
日本弁護士連合会
会長 村 越 進


「法学未修者を原則とした現行制度の在り方を変容させることのないよう留意しつつ」

いまだにこんなことを言っているようでは・・・だめだ、こりゃ。
┐(´〜`)┌


<関連>
法学既修者の適性試験免除 法科大学院で文科省検討 2018年度ごろからを想定(2015年7月4日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52124114.html
「国家的詐欺」の本当の中身(2009年9月12日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51614170.html
(再掲)『法律を学んだことのない者でも、ローに入って3年間勉強すれば、法律家になれるのだ、と。ここで言う「法律家になれる」というのは、単に新試験に合格出来るというだけでなくて、既存の法律家と同レベルの知識水準がローの3年間で獲得できるのだと。そういう「安易な期待」を、人々に抱かせてしまった。これはロー制度の、最大の罪ではないかと思います。(中略)ローは専門職大学院なんですから、ある程度の法律の基礎がなければ入学を認めるべきではないし、本当に法律知識ゼロの人間をたった3年間で実務に堪えうるレベルまで引き上げられると本気で信じていたのかと、制度設計者を問い詰めたくなります。』




schulze at 20:45|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

専門職大学院




自宅警備員養成専門職大学院
(((( ;゚д゚)))

schulze at 20:34|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法制度

【速報】慶應ロー志願者激減 893名(昨年▲265名、22.9%減)

コメント欄に情報お寄せいただきましたが、慶應ローが入試志願者数を公表しています。


2015年9月入学、2016年4月入学 入学者選考試験 志願者数(慶應義塾大学法科大学院)
http://www.ls.keio.ac.jp/nyushiinfo/2015/2015920164-1.html
2015年9月入学、2016年4月入学 入学者選考試験 志願者数は下記の通りです。
法学未修者コース(3年制): 206名
法学既修者コース(2年制): 687名         
合計:893名


<参考>
2013年度/平成25年度入試 未修199名、既修911名、合計1110名
 ↓
2014年度/平成26年度入試 未修269名、既修935名、合計1204名
(注)2014年度入試から、未修コースと既修コースの併願が可能
 ↓
2015年度/平成27年度入試 未修280名、既修878名、合計1158名
 ↓
2016年度/平成28年度入試 未修206名、既修687名、合計893名
(注)2015年9月入学分を含む


未修も減ってますが、既修の減り幅が大きいですね。
今年度入試では競争倍率2倍ギリギリ(2.09倍)でした。
いよいよ、これはだめかもわからんね。
┐(´〜`)┌


慶應ローの過去7年間の入試結果推移
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/05/18/1357974_6_1_1.pdf
定員 230(H27)←230(H26)←230(H25)←230(H24)←230(H23)←260(H22)←260(H21)
志願者数 1,158(H27)←1,204(H26)←1,110(H25)←1,412(H24)←1,612(H23)←1,743(H22)←1,737(H21)
受験者数 1,096(H27)←1,116(H26)←1,014(H25)←1,290(H24)←1,492(H23)←1,609(H22)←1,623(H21)
合格者数 525(H27)←457(H26)←430(H25)←413(H24)←423(H23)←475(H22)←497(H21)
競争倍率 2.09(H27)←2.44(H26)←2.36(H25)←3.12(H24)←3.53(H23)←3.39(H22)←3.27(H21)
入学者数 204(H27)←199(H26)←216(H25)←230(H24)←229(H23)←235(H22)←248(H21)


<関連>
慶應ローが秋入学実施
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52123505.html
「強制閉校」で追い込まれる「定評ある法科大学院」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52120663.html
2015年法科大学院全国統一適性試験 実受験者数3,621人(昨年▲470人、11.5%減)、入学有資格受験者の実人数3,517人(昨年▲477人、11.9%減)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52125011.html

schulze at 20:04|PermalinkComments(2) 司法試験 | 司法制度

火も電気も使わず加熱調理できる弁当型調理器「BAROCOOK」

火も電気も使わずに熱々のご飯が作れるお弁当型調理器&タンブラー「BAROCOOK」を使ってみた
http://gigazine.net/news/20150730-barocook/



これは手軽で便利そうですね。
キャンプなどの外出時だけでなく、災害や停電時などにあると重宝するかもしれません。

schulze at 18:06|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 日記

2015年07月30日

弁護士にとって年収300万円の意味








弁護士にとっての「年収300万円」というのは、弁護士会費や税金・社会保障費を負担し、その上さらにロースクールの奨学金と司法修習の貸与金という名の「借金」を背負うのだということを、忘れてはなりません!
(`・ω・´)

これからロースクールへの進学を検討している皆さんは、この現実を深刻に受け止めてください。
法曹人口激増派の先生方が発する言葉の意味を、よく理解することが必要です。


<参考>
「年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」(後藤富士子弁護士)
「就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。」(岡田和樹弁護士)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html


<追記>
異色座談会 年収3億円×年収300万円 開成→東大 同じ学歴でもこんなに違う生活と考え方(週刊現代)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51979619.html
この座談会では、年収300万円のCさんが「負け組弁護士」とされています。

schulze at 19:31|PermalinkComments(10) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法制度

女「どうして助けてくれたんですか?」

女「えっと…どうして、命懸けで助けてくれたんですか? 初対面ですよね?」 ← 一番切ない理由考えた奴優勝
http://himasoku.com/archives/51913196.html




女「どうして・・・ですか?」



松田龍平「あっ、オレ、今日・・・誕生日なんだ。関係ねぇか。」





このやり取りしか思い浮かばん。
(・∀・)つ





<参考>
自分の夢に嘘はつけない(2004年10月21日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/8318895.html
ジャックスカードのCM(2005年8月2日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/29452783.html
脱ぐのは誰だ?(2011年7月17日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51878696.html
また一人、理想の女性を失った(2011年8月9日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51885095.html

schulze at 18:44|PermalinkComments(0) 司法試験 | ネタ

学校業務で一番うざい業務が文科省からのアンケートだということが文科省のアンケート結果で明らかに

文部省「教員ってどんな仕事が大変なのかな? 調査するから教えて!」 → 教員「お前らへの対応だよ!」
http://togetter.com/li/853466





  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、     ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 ) ┃                ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



<関連>うざいアンケート例
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51811481.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51916327.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52059723.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52060735.html

schulze at 18:31|PermalinkComments(1) 日記 | ネタ

北大路欣也の無駄遣い

くら寿司頭おかしい
http://hamusoku.com/archives/8914213.html
13 :ハムスター名無し2015年07月30日 14:10 ID:o.PmyTCk0
北大路欣也の無駄遣い

北大路欣也




「北大路欣也の無駄遣い」といえば・・・




食後の余韻の最中だろうが!




佐藤(砂糖)はゼロ!




東京特許許可局!





こういう仕事を嫌がらない北大路欣也を評価する。
(・∀・)

schulze at 18:24|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 思わず保存した画像

2015年07月29日

大学生協が在学中予備試験合格推し




母校の生協が、まさかの在学中予備試験合格推し!
(・∀・)

schulze at 21:32|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法試験

東京五輪のエンブレムにデザイン盗用疑惑

東京オリンピックのエンブレムにデザイン盗用疑惑か 海外のデザイン事務所が抗議
http://news.biglobe.ne.jp/international/0729/blnews_150729_3471509253.html
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1848494.html
東京五輪エンブレム
153: 名無しさん@1周年 2015/07/29(水) 17:33:52.15 ID:9zHNUQ1l0.net
何でアレで東京のTを指すのか理解できなかったが
オリジナルにはしっかりLの意味もあったわけか



なるほど、そうだったのか!
たしかにTを表しているにしては、どこか違和感があると感じていましたが、
TとLを組み合わせていると言われれば、納得できるものがあります。
妙にスッキリした気持ちになってしまいました。
(^^;)

schulze at 20:58|PermalinkComments(3) 日記 | 思わず保存した画像

法科大学院生の方への検察庁説明会 定員に達せず追加募集中

法務省サイトに「法科大学院生の方への検察庁説明会」の案内が掲載されていますが、
定員に達しておらず、追加募集がされているようです。

任官志望者はそれなりにいるでしょうし、直接実務の話を聞けるというのは貴重な機会ですから、定員が埋まっていないというのは少々意外な感じがしました。

検察志望者が減っているのか、法科大学院の在学者数が減っていることの影響なのか、それとも単に平日だと参加しにくいというだけのことなのか・・・。
実際のところ、どうなんでしょう?

schulze at 17:44|PermalinkComments(5) 司法試験 | 司法制度

北干住

北千住が「北干住」!? 千代田線の駅名標識にまさかの誤植判明
http://j-town.net/tokyo/news/localnews/209499.html?p=all
北干住


よく見つけましたね、こんなの。
( ・Д・)
一旦気付くと、気になるもんですね。

東京メトロの広報が発注ミスを認めているというのも興味深い。
制作業者ではなくて、メトロ側のミスなんですか。


【追記】
毎日新聞の報道によると、『21日に、同駅を通過した運転士が誤植に気付いて報告。』というのもすごいな!

schulze at 12:08|PermalinkComments(3) 鉄道・交通・乗りもの | 思わず保存した画像

2015年07月28日

毒舌bot



知ったことか

schulze at 19:57|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | ネタ

2015年07月27日

【悲報】久保利先生が黒化

東芝の真っ黒な不正会計に久保利英明弁護士が怒りを露わにするも「黒いのはあんただよ」というツッコミが入って終了
http://netgeek.biz/archives/44106
『当初、「不適切会計」と極めてオブラートに包まれた報道がなされていた東芝の不正会計問題。すき家(ゼンショー)の労働環境問題について第三者委員会を率いた久保利英明弁護士が日経ビジネスの取材にて「東芝についても十分な対応がとられていない」とバッシングした。しかし、全く内容が頭に入ってこない。久保利英明弁護士が黒すぎるのだ。なんじゃこりゃあああああああああ!』

(参考画像:日経ビジネス記事より)
kubori




  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、     ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 ) ┃                ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・




これは、久保利先生の体調を本気で心配するレベル・・・。


なお、本記事には
『ネット上では他にも、久保利弁護士とつきあいがありそうな人が「これはゴルフ焼け」という指摘をしているのが確認された。』
との言及もあります。



<黒関連>
松崎しげるがどれだけ黒くなったら人は気付くのか
http://hamusoku.com/archives/7708070.html
清原黒すぎワロタ
http://blog.livedoor.jp/guusoku/archives/5992043.html

schulze at 20:26|PermalinkComments(5) 司法制度 | 思わず保存した画像

2015年07月26日

都立大学駅北口「Hibusuma」

今日は上京した友人と一緒に、都立大学駅北口「Hibusuma」で食事をしてきました。

http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52073490.html
(食べログ)
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13017685/
(ぐるなび)
http://r.gnavi.co.jp/bupr4zba0000/

何度来ても、何食べても、美味しいですわ!
.。゚+.(・∀・)゚+.゚


1437911027324

1437910929897

1437910942209

1437910936475

1437910948310

1437910954757

1437911015391

DCIM1202

1437911021511

1437911033624


schulze at 21:25|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 写真

【速報】司法修習の起案成績は予備試験組がロー修了組を上回ることが明らかに

ブログ「一聴了解」さんよる情報公開請求により、重大なデータが明らかになりました。


政府による予備試験合格者の「法曹としての質」問題視は“捏造”か“デマ”の類(一聴了解)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-6c71.html


一聴了解さんが情報公開で入手された資料は、以下の4つです。

司法修習生考試結果集計表(第66期)
66koushi1

司法修習生考試結果集計表(第67期)
67koushi1

集合修習成績集計表(第66期)
66shugo1_2

集合修習成績集計表(第67期)
67shugo1_2


(一聴了解の管理人様のご了承いただき、画像を転載させていただきました。)


河井克之衆議院議員のブログでも
『考試では民事裁判、刑事裁判、検察、民事弁護の各科目で予備試験出身者の方が法科大学院出身者よりも成績「優」を得た者の割合が高く、集合修習では民事裁判、刑事裁判、検察、民事弁護、刑事弁護の全科目で予備試験出身者の方が「優」を多く得ています。』
と書かれていた点は私も注目しており、何かしらの資料がまとめられていることは間違いないと思われましたが、これまで非公開とされていました。

司法修習生考試(いわゆる二回試験)結果については、内訳が黒塗りになっていますが、河井議員のブログでの記述からは、予備試験組のほうがロー修了組を上回っていることはほぼ確実だと思います。

「法曹の質」は起案成績だけで測れるものではないとの意見もあろうかと思いますが、客観的にこのようなデータがある中で、なぜ予備試験組だけが「法科大学院教育を経ていないことによる弊害が生じるおそれ」であるとか、「質の維持」が問題とされるのかが理解できません。
このデータからは、法科大学院の教育の質こそが問題とされるべきであると思います。


<参考>
根拠なく予備試験合格組の「法曹としての質」「弊害が生じるおそれ」を問題にした可能性が濃厚(一聴了解)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-3a3b.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52126160.html

schulze at 13:39|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2015年07月25日

甲南ロー「院長が語るBecause, KONAN」の予備試験に対する視線

甲南大学法科大学院の渡辺院長によるコラム「院長が語るBecause, KONAN」が更新されていました。

『法科大学院集中改革期間』のこと 甲南大学法科大学院のサバイバル(2015年7月20日)
http://www.konan-u.ac.jp/lawschool/because/column.php?id=215&p=1


中身については、相変わらずのところがあり、
予備試験に対する受験資格制限を暗に求めていたり、弁護士の職域拡大に関するくだりなど、大きな変化はないところかと思います。

ただ、今回のコラム、従前のものとやや趣が変わっているところもあり、それは予備試験や司法試験問題に関する記述です。

『予備試験の論文試験の問題をみると,法律実務基礎科目も含め実務に沿った良問揃いだ。司法試験の過去問と共によき事例問題にしっかり起案を書けることが,現在の法律実務を担える法曹基礎力を試すものである。予備試験も司法試験も実務をよく理解した良問を問うている。これらを学習教材にして真の実務基礎力を養成すること。これこそ法科大学院の役割だ。』


この部分は、私はひとつの見識として評価できると感じました。

いま、法科大学院制度推進側から、司法試験の出題内容を問う声や、予備試験組が法科大学院を修了していないことの弊害までもを問う声が聞こえてきます。
もともと旧試批判狂想曲ともいうべき狂信的な旧試験批判は従来からあったところですが、ここにきてさらにエスカレートしているきらいがあると思うのです。

しかし、司法試験にせよ予備試験にせよ、法曹実務家としての基礎力を試すものでしかありません。
その土台作りを無視して、法曹養成を語れるものでしょうか。

まず、きちんと答案を作成できることが、実務家になるうえでなにより不可欠であり、答案作成能力の育成が法科大学院としての第一の役割だ、と。
そのことを明言した渡辺院長の見識は、これまでの「法科大学院では受験指導はなされるべきではない」との考え方とは一線を画すものであり、私は評価して良いと思いました。

ただ、このことに気付くのが、いかんせん遅すぎました。
渡辺院長が予備試験(の出題)に好意的な姿勢を見せているのも、予備試験を利用した入試を予定していることを正当化しようという意図に過ぎないのかもしれないことは、私も理解しています。
でも、たとえそうだとしても、もし法科大学院が設立当初からこのような考え方で運営され、法曹養成に対する謙虚さを法科大学院が少しでも持ち合わせていたら、今のような志願者激減という状況にはなっていなかったのではないかとも思うのです。

甲南ローの命運はもはや尽きており、平成30年度以降には生き残れず、強制閉校の対象となっていくでしょう。
渡辺院長の文章にも、半ばそれを覚悟しているようにも感じられる箇所があります。
しかし、それも自らが招いた運命です。まさに「世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない」と。
10年以上にも及ぶ法科大学院制度の「兵どもが夢の跡」と称すべき現状と合わせ、ロー制度の置かれた環境の変化に感慨深いものも感じました。
合掌。


<参考:甲南ローに関する当ブログの過去記事>
甲南ローが計画する予備試験を利用した既修者入試(続き)(2015年6月3日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52120896.html
甲南ローが「予備試験の成績を加味した入学試験」を実施(2015年5月30日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52120358.html
甲南ロー 前期一般および未修者特別入試出願者数 延べ102名(2013年8月13日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52033436.html
院卒の学位が国際標準という話(2013年6月8日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52023576.html
甲南ロー 入学者13名(2013年4月5日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52013544.html
『既修2年120万円/未修3年180万円』の法曹養成がマーケットに支持されるか(2012年10月8日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51982003.html
「21世紀の日本に、どのような資質のローヤーがどこにいるべきなのか」by甲南ロー(2012年6月12日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51958201.html
もはや徳川埋蔵金状態の「質の高いローヤーの需要」を追求するのは無理ゲーでは?(2012年5月19日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51953075.html
「企業トップ群がローヤーである時代がすぐ来る。」by甲南ロー(2011年1月5日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51809018.html

schulze at 12:34|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

2015年07月24日

フジテレビの彼氏いらない女子特集問題

フジテレビの彼氏いらない女子特集、取材を受けた女の子の証言で衝撃の事実が!
http://hamusoku.com/archives/8904573.html
フジテレビの「彼氏いらない女子」特集に批判集まる 「断ってるのに無理やり放送された」との声も
「一人でも楽しい女子と彼氏いらない女子はちがう」などの声も。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1507/24/news149.html

(本件の経緯)
彼氏いらない女子という闇がテレビで放送される
http://hamusoku.com/archives/8904409.html




これは、ひどい話ですね。

この女性の証言がどこまで真実かという問題はありますが、
マスメディアの報道のウラには、こういうこともあるのでしょう。


メディア

とっさにこのイラストのことが、頭に浮かびました。

メディアも、ネット時代にはウソは簡単に暴かれるということを自覚すべきでしょうね。

schulze at 22:30|PermalinkComments(1) 日記 

NHK「にっぽん縦断 こころ旅」2015年春の旅が終了

俳優の火野正平が日本全国を自転車で旅するNHKの「にっぽん縦断 こころ旅」2015年春の旅が、今日の放送で終了しました。
最終回は、興浜南線の終着駅だった北海道雄武町でした。


次回の「秋の旅」は、9月21日から再開。
それまでしばらくお休みで、嫁が悲しんでおります…。


<関連>
とうちゃこ!(2015年1月15日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52105714.html
にっぽん縦断 こころ旅2014 サントラCD(2015年4月18日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52115955.html

schulze at 22:28|PermalinkComments(0) 日記 

【速報】根拠なく予備試験合格組の「法曹としての質」「弊害が生じるおそれ」を問題にした可能性が濃厚(一聴了解)

根拠なく予備試験合格組の「法曹としての質」「弊害が生じるおそれ」を問題にした可能性が濃厚(一聴了解)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-3a3b.html
先日決定されたの政府方針「法曹養成制度改革の更なる推進について」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/07/15/1359973_02.pdf
ここで予備試験合格組の司法試験合格者の「法曹としての質」「弊害が生じるおそれ」が問題にされたことに関し内閣官房に情報公開請求を試みました。
(中略)
結局、予備試験合格組の「法曹としての質」「弊害が生じるおそれ」を問題する合理的根拠がないまま、問題があることを前提とする政府方針が決まったんですね。どんな闇の力が働いているんでしょうか。



一聴了解さん、GJ!!

   _、_
 ( ,_ノ` )      n
 ̄     \    ( E) グッジョブ!!
フ     /ヽ ヽ_//


情報公開請求、お疲れさまです!!



予備試験組に「法科大学院教育を経ていないことによる弊害が生じるおそれ」とか、「法曹の質の維持(が問題)」とか



なんか そういうデータ


あるんですか?



なんかそういうデータあるんですか

なんかそういうデータあるんですかaa



データ(根拠)なんて、あろうはずがありません!(断定)


(以下、再掲

予備試験合格組とロー修了組の司法試験合格率の推移
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52120999.html

平成27年/2015年【69期予定】
・予備試験合格者の結果
 出願307→受験301→短答合格294
・予備組を除いたロー修了生の結果
 出願8,765→受験7,715→短答合格5,014

平成26年/2014年【68期に相当】
・予備試験合格者の結果
 出願251→受験244→短答合格243→最終合格163(対受験者合格率66.8%)
・予備組を除いたロー修了生の結果
 出願9,004→受験7,771→短答合格4,837→最終合格1,647(対受験者合格率21.2%)

平成25年/2013年【67期に相当】
・予備試験合格者の結果
 出願184→受験167→短答合格167→最終合格120(対受験者合格率71.9%)
・予備組を除いたロー修了生の結果
 出願9,994→受験7,486→短答合格5,092→最終合格1,929(対受験者合格率25.8%)

平成24年/2012年【66期に相当】
・予備試験合格者の結果
 出願95→受験85→短答合格84→最終合格58(対受験者合格率68.2%)
・予備組を除いたロー修了生の結果
 出願11,005→受験8,302→短答合格5,255→最終合格2,044(対受験者合格率24.6%)

法科大学院ルートより予備試験ルートの方が上位で合格できる(一聴了解さんの分析)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-70cb.html
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-3824.html

待ったなし法曹養成・法曹人口の抜本改革〜∋碧―そ過程で明らかに、予備試験合格者の優秀さ〜(河井克行衆議院議員のブログ「あらいぐまのつぶやき」)
http://ameblo.jp/katsuyuki-kawai/entry-11776079783.html
『第66期の司法修習生考試結果と集合修習成績を分析すると、法科大学院修了生と比べ司法試験予備試験合格者の方がほぼ全ての科目で評価が高いことが分かります。考試では民事裁判、刑事裁判、検察、民事弁護の各科目で予備試験出身者の方が法科大学院出身者よりも成績「優」を得た者の割合が高く、集合修習では民事裁判、刑事裁判、検察、民事弁護、刑事弁護の全科目で予備試験出身者の方が「優」を多く得ています。』



ウソつくの


やめてもらっていいですか



ウソつくのやめてもらっていいですか


<関連>
「(予備試験ルートについて)法科大学院教育を経ていないことによる弊害が生じるおそれ」とは何なのか
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52121882.html
予備試験の弊害より、法科大学院制度による弊害を直視すべきである
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52122053.html
【そういうデータあるんですか?】法科大学院教育を経ていないことによる弊害が生じるおそれ【ウソつくのやめてもらっていいですか】
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52123119.html


【追記】
政府による予備試験合格者の「法曹としての質」問題視は“捏造”か“デマ”の類(一聴了解)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-6c71.html
司法修習の起案成績は予備試験組がロー修了組を上回ることが明らかに
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52127075.html

schulze at 20:25|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

今日のNHK特報首都圏

日航ジャンボ機墜落事故の高濱機長の娘さん、その後JALのCAになっていたんですか…。
これは今回初めて知りました。
すごい人生の決断ですね。どれほどの苦悩や思いがあった上での選択だったか。他人にはきっと分からないものがあるでしょう。
あれから30年。幸多き人生を歩まれることをお祈りします。

schulze at 19:54|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

東京ディスニーシー

今日は年休を取得し、朝から東京ディズニーシーへ行ってきました。

昨年結婚した際に、知り合いの弁護士からお祝いとしてギフトパスポートをいただいていたのですが、
なかなか足を運ぶ機会がなく、そうこうしているうちに有効期限が近付いてきてしまい(^^;)、
ようやく今日、行ってきたという次第です。

実は私、東京ディズニーランド/ディズニーシーいずれも、これまで行ったことがありませんでした。
まったく勝手が分からず、妻に言われるがままに付いていくだけでした。
(´・ω・`)

園内があんなに広いとは、知りませんでした。
歩き疲れてしまいましたね…。

ジェットコースター的なアトラクションは避けて、ゆったりとした乗り物系を中心に楽しんできました。
炎天下でアトラクションの列に並びたくないので、開園の朝8:30に合わせて入園しましたが、正解だったと思います。


1437725971276

1437726046452

1437726054377

1437726064635
エレクトリック・レイルウェイの車庫?

1437726122309
暑さと混雑を避けるため、お昼前には切り上げ、銀座の「ぴょんぴょん舎」で焼肉ランチを済ませて、帰りました。
(・∀・)


(追記)ディズニーリゾートラインのモノレールにも乗車しましたので、千葉県内の鉄道は全線完乗となりました。

schulze at 19:29|PermalinkComments(0) 日記 | 写真

2015年07月23日

Law未来の会のセミナー 空席ありのもよう

本日、Law未来の会による主催セミナー「法曹養成制度改革推進会議決定を読み解く−法科大学院と法曹の未来をどう切り開くか−」が開催されたはずですが、直前に事務局よりメールが来まして、「お席に若干の余裕がございますので、事前申し込みなしでも当日参加可能」とのことでした。

実は時間的に行けなくはなかったのですが、どうにも気分的に乗らず、結局行きませんでした…。
(´・ω・`)
いまさら、彼らの主張を聞いたところで、時間を無駄にするだけのように思えてしまって。

彼らの活動に関心はありますけど、彼らの主張が世の中から大きな支持を得ることはないように感じています。
現実のほうがよほど切迫していますし、彼らが今後の政策決定に影響を与えることはほとんどないでしょう。

法科大学院は完全にオワコン
「お席に若干の余裕」という直前の案内メールにも、そんな空気感を感じてしまいました。


平成30年度までの法科大学院集中改革期間の間には、大きな変動は期待できないのかなとも思っており、
その意味で、憂鬱な時間は、まだしばらく続くのだろうとは思っています。
ただ、その一方で、この期間が終わった後には、いよいよ原爆投下が待っている気がしてなりません。


【追記】
事務局からのメールによりますと、セミナーの内容は、次のとおりとのことです。
1.法科大学院は決定をどう受け止めるか
  小早川光郎 氏(成蹊大学法科大学院 法務研究科長)
2.経済界は決定をどう受け止めるか
  齋藤弘憲 氏(経済同友会 政策調査部長)
3.マスコミからみた決定
  沢辺隆雄 氏(産経新聞 副論説委員長)


<参考 Law未来の会関係記事>
法曹養成制度に関する推進派vs懐疑派の意見の違い
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52116948.html

Law未来の会 主催セミナー「法曹養成制度改革推進会議決定を読み解く−法科大学院と法曹の未来をどう切り開くか−」(2015年7月23日開催)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52124255.html
5月18日(月)LAW未来の会主催セミナー「司法試験をテストする」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52115370.html
http://www.lawyer-mirai.com/contents/houkoku_007.html
Law未来の会主催セミナー「“弁護士就職難”の謎を解く」書き起こし(高瀬文人氏)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52111816.html
Law未来の会主催セミナー 「弁護士就職難」の謎を解く(2015年3月5日開催)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108387.html
就職難の謎を解いてみた
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108436.html
「law未来なんとか」潜入レポート! - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/791246

10/27「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」書き起こし
https://note.mu/pointscale/n/n211931293249
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」に参加しました
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096488.html
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の感想 その1(岡田弁護士による為末さんについての発言)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096696.html
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の感想 その2(需要の正体)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html
久保利英明弁護士『だから「合格者3000人」の実現を−「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の開催』(ザ・ローヤーズ2014年12月号)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108596.html
一炊の夢(京都産業大学大学院法務研究科の学生募集停止)(タダスケの日記)
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20150303/1425370292

<金融ジャーナリスト伊藤歩氏の東洋経済記事に関する当ブログ記事>
「弁護士は食えない」のウソ
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52120808.html
「そこまで言うなら自分の事務所で大量に雇え」 by 宇都宮弁護士
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52121447.html
弁護士のニーズは「供給」によって増大する by 久保利弁護士
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52121519.html
8人の若手が語る、イマドキ弁護士のホンネ 「食えない」の定説とギャップのある実情(東洋経済)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52122425.html

<関連>
弁護士の年収が悲惨なことに…もはや年収200〜300万円は珍しくない
http://matome.naver.jp/odai/2142085754561920001
・「昔ほど稼げない」って意味じゃないの? ※違います…


schulze at 22:02|PermalinkComments(5) 司法試験 | 司法制度

向き・不向き








ロースクールへ行けない環境の人が大変なのはもちろんだけど、
ロースクールへ行ける人も、それはそれで大変なんですね。
いま法曹を目指している人たちは、本当に気の毒だと思います。

もっとロー生や修了生の本音が出てきてもいいと、個人的には思うのですよ…。

schulze at 21:26|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法試験

滑川総合の代打

高校野球、とんでもない代打が現れる
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4445529.html





ちゃんとオチがあってワラタ
(^^;)

schulze at 20:32|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube