2015年11月

2015年11月30日

【速報】山手線E235系 初日からダウンか!?




マジっすか!?
Σ(´д`;)








schulze at 23:38|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

難関の予備




でも、難関に合格したという認識はあって、良かったですね!

「心が貧困!」とか「司法制度改革のことも知らず自分だけはできると勘違い!」などと言われるよりは・・・ねぇ?
┐(´〜`)┌

schulze at 23:04|PermalinkComments(0) 司法試験 | ネタ

プロフェッショナル仕事の流儀〜女性土木エンジニアの回

今日放送されたNHKの「プロフェッショナル〜仕事の流儀」、女性土木エンジニアの回。
http://www.nhk.or.jp/professional/2015/1130/index.html

職場の書棚に「鉄道ジャーナル」が置かれているのが、とても気になる…。
(・∀・)

schulze at 22:36|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

♪マツモトキヨシでお買い物

お子さんが娘3人という先輩と話をしていたときに、
中西太も子供3人が全員女の子ですよ」と言ったら


「♪今日もナカニシフトシでお買い物!」


と唄い始めたので、ちょっと驚く。



どういう会話をしているんだ、俺。
(・∀・)

schulze at 22:28|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

山手線E235系営業運転開始

JR山手線に13年ぶりの新型車両(2015年11月30日16時29分 NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151130/k10010324381000.html



NHKニュースウォッチ9で「恋の山手線」
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


ちゃんと小林旭のオリジナル版でした。
モダンチョキチョキズだったら、どうしようかと(笑)。

schulze at 22:08|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 音楽

2015年11月29日

石和温泉

大学時代の同期らと、山梨の石和温泉まで行ってきました。
新宿から特急で1時間半、手軽に行ける場所ですね。
温泉も良かったです。


1448791169530

1448791181689

1448791190025

1448791199226

1448791237249

1448791244142



(これまで宿泊したことがある都道府県)
北海道:函館、苫小牧、札幌、旭川、富良野、稚内、名寄、十勝川温泉、釧路
青森:八戸
秋田:秋田、田沢湖温泉
岩手:盛岡、気仙沼
宮城:仙台、石巻、鳴子温泉
山形:山形、小野川温泉、酒田
福島:郡山、会津若松、土湯温泉
茨城:鹿島
栃木:宇都宮、日光、中禅寺温泉、湯元温泉、鬼怒川温泉、那須温泉
群馬:伊香保温泉、草津温泉、沢渡温泉、川原湯温泉、猿ヶ京温泉
千葉:竹岡
東京:赤坂、両国
神奈川:箱根(湯本、宮の下、仙石原、塔ノ沢)、相模湖、茅ヶ崎
山梨:湯村温泉、河口湖、石和温泉
新潟:新潟、瀬波温泉、妙高高原
長野:長野、佐久海ノ口温泉、上諏訪温泉、白樺湖、穂高温泉
静岡:熱海、稲取、下田、修善寺温泉、湯ヶ島温泉
愛知:名古屋
岐阜:恵那、新穂高温泉
富山:富山、宇奈月温泉
石川:金沢、和倉温泉
三重:志摩、鳥羽
京都:京都
奈良:奈良
大阪:多数
和歌山:南紀白浜温泉
兵庫:多数
岡山:岡山
広島:広島
鳥取:鳥取
島根:玉造温泉
山口:岩国
香川:高松、丸亀、琴平温泉
徳島:鳴門
愛媛:松山(市内、道後温泉)
高知:高知、足摺岬
福岡:福岡、北九州(小倉、黒崎)
熊本:熊本、人吉温泉
佐賀:嬉野温泉
長崎:長崎、雲仙、佐世保
沖縄:那覇、石垣島

(宿泊経験なし)
埼玉
福井
滋賀
大分
宮崎
鹿児島

schulze at 19:21|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

2015年11月28日

歌い放題

カラオケ店で「歌い放題」とあるのを目にしましたが、居酒屋の飲み放題とは異なり、あまりお得感はないような…。
時間無制限なら分かりますが。

schulze at 20:11|PermalinkComments(2) 日記 | ネタ

2015年11月27日

札幌市電のループ化開業は12/20

[札幌市]市電のループ化開業は12/20。本数は維持、終車も若干繰り下げ
http://dia.seesaa.net/article/430251360.html
第10回定例市長記者会見資料(平成27年11月5日、札幌市)
https://www.city.sapporo.jp/city/mayor/interview/text/2015/20151105/documents/romen.pdf



乗り潰しの計画を立てないとアカンのですが、
あいにく札幌への出張予定は、当面ないんだよなぁ…。
(´・ω・`)

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

訃報

http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/35662094.html
https://www.facebook.com/kozo.kanto.3/posts/907874805968186


情報のソースは今のところこれらだけですが、どうやら事実のようです。

以前には当ブログへも多数のコメントをいただき、ご支援をいただいておりました方ですが、
ご本人にしか分かりえないご苦労や心労があったのだろうと推察します。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 訃報 | 司法制度

2015年11月26日

68期の二回試験(予備組は三回試験?)終了

68期の修習生の方から、二回試験が終了した旨の報告をいただきました。
受験された皆さん、お疲れ様でした。
ちなみに、合格発表は12月15日だそうです。


<参考>三回試験
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52122399.html


<二回試験関連記事>
【速報】司法修習の起案成績は予備試験組がロー修了組を上回ることが明らかに(2015年7月26日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52127075.html


<二回試験 修習期別結果>
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52103213.html
(各種公式資料)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000082034.pdf
http://www.moj.go.jp/content/000084022.pdf
http://www.moj.go.jp/content/000084023.pdf

59期  1493→1386 不合格者107人(7.16%)
[不合格10人+合格留保97人]
(実質)不合格者16人(1.07%)
※合格留保者97人のうち91人は追試で合格

旧60期 1453→1393 不合格者60人(4.12%)
再受験組(上記以外)15→4 不合格者11人(73.3%) 合計71人(4.83%)

新60期 986→927 不合格者59人(5.98%)
再受験組(上記以外)69→52 不合格者17人(24.6%) 合計76人(7.20%)

旧61期 569→549 不合格者20人(3.51%)
再受験組(上記以外)73→60 不合格者13人(17.8%) 合計33人(5.14%)

新61期 1811→1710 不合格者101人(5.57%)
再受験組(上記以外)33→21 不合格者12人(36.36%) 合計113人(6.12%)

旧62期 263→254 不合格者9人(3.42%)
再受験組(上記以外)114→100 不合格者14人(12.28%) 合計23人(6.10%)

新62期 2044→1974 不合格者70人(3.42%)
再受験組(上記以外)23→18 不合格者5人(21.74%) 合計75人(3.62%)

旧63期 148→136 不合格者12人(8.11%)
再受験組(上記以外)75→59 不合格者16人(21.33%) 合計28人(12.56%)

新63期 2016→1931 不合格者85人(4.22%)
再受験組(上記以外)23→18 不合格者5人(21.74%) 合計90人(4.41%)

旧64期 102→92 不合格者10人(9.8%)
再受験組(上記以外)83→69 不合格者14人(16.87%) 合計24人(12.97%)

新64期 2024→1968 不合格者56人(2.77%)
再受験組(上記以外)23→23 不合格者0人(0.00%) 合計56人(2.74%)

旧65期 74→69 不合格者5人(6.76%)
新65期 1995→1957 不合格者38人(1.90%)
再受験組(上記以外)57→54 不合格者3人(5.26%) 合計46人(2.16%)
65期の情報は中村先生のツイッターより。

66期 2031→1992 不合格者39人(1.92%)
再受験組(上記以外)46→42 不合格者4人(8.70%) 合計43人(2.07%)

67期 1972→1934 不合格者38人(1.93%)
再受験組(上記以外)43→39 不合格者4人(9.30%) 合計42人(2.08%)

schulze at 21:10|PermalinkComments(0) 司法修習 | 司法制度

北海道新幹線の乗車率、想定26%と異例の低水準(日本経済新聞)

北海道新幹線の乗車率、想定26%と異例の低水準 JR北海道(2015/11/26 20:09 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26I1C_W5A121C1TJC000/
『北海道旅客鉄道(JR北海道)の島田修社長は26日、2016年3月に新函館北斗―新青森間で開業する北海道新幹線について「最低でも1日当たり(往復で)5000人程度に利用してもらえるように努める」と話した。定員731人で1日13往復、延べ1万9006席に対し乗車率は26%となる。他の新幹線の実績に比べ極めて低い想定で、利用促進策が急務となりそうだ。運輸審議会が北海道函館市で開いた新幹線の料金に関する公聴会で、島田社長が利用者数の試算を明らかにした。ほぼ1年先行して開業した北陸新幹線は、10月末までの高崎―軽井沢間の上下線の乗車率が62%。九州新幹線の14年度の乗車率は博多―熊本間が同47%、熊本―鹿児島中央間が同34%だった。現在、津軽海峡線を経由する在来線の特急列車の利用者数は1日あたり3700人。同社はこれを基に、他の交通機関から新幹線に切り替える需要を見込んで推定した。』


たしかに厳しい数字であるという感想を持ちましたが、現在の在来線でも一日3700人しかいないのなら、5000人レベルを確保するのすら、実際は難しいかもしれませんね。

この試算は現実的な想定を示すものかもしれませんが、他の地域の整備新幹線計画の需要予測にも影響を与えるように思います。


<参考>
東京〜新函館北斗間2万2690円(2015年10月13日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52135898.html
はやぶさ宇都宮駅停車「利用者の支持得られない」 JR北海道社長が言及(下野新聞)(2015年6月13日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52121887.html

schulze at 21:09|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

あながちありえない話ではない?

ツイッターで「明治が法科大学院を畳むらしい」というつぶやきを目にしたのですが、
もちろん、今の時点で公式的な情報は何も見当たりません。

こういった噂にいちいち惑わされる必要はないとはいえ、
ほんの数年前だったら、「明治がローを畳む」と言われても、デマだと一笑に付していたでしょうが、
今では「あながち、ありえない話ではないかも!?」と思ってしまいますね。

青柳事件はもちろんのことですが、補助金基礎額は60%のままとされましたし、入試出願者も減っているのではないかと推測されます。
明治が合理的な「経営判断」を迫られる日も、そう遠くないのかもしれません。

ただ、明治クラスが本当にロースクール廃校ということになると、これまでとは比較にならないぐらいインパクトがあるでしょうね。

schulze at 20:43|PermalinkComments(1) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法制度

ロースクールが楽しくない理由




私はロースクールを経験していないので、実態が分かりませんが、
ロー生の皆さんも、それぞれの立場で苦労されているのだと思いました。

司法修習だと「楽しくない理由が人間関係」だとは、(そういう人も中にはいるかもしれないけど)、多数派にはならないと思うのですが…。
ロースクールの闇を感じます。

こういう本音は、もっと表に出てきて良いと思うのですよ。


<関連>
向き・不向き(2015年7月23日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52126053.html

schulze at 19:46|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法制度

樋ロー葉




お、おぅ・・・
(´・ω・`)

schulze at 19:28|PermalinkComments(0) 司法試験 | ネタ

2015年11月25日

マックの電子マネー専用注文機

4ef7142e.jpg
出張で名古屋に来ています。
時間調整で栄のマクドナルドでコーヒーを飲んでますが、
電子マネーで決済できる自動注文機がありました。
でもEdyやWAONしか使えず、鉄道系が使えないためか、利用する人はほとんどいないですね。

昼時なのに、店内も空席が目立ちます。
業績不振が伝えられているマックですが、たしかに客が減った感じがします。
自動注文機を使うまでもなく、普通にカウンターで注文する方が早いですね。

schulze at 12:47|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 写真

2015年11月24日

敗戦処理







ルート66先生の論旨に全面的に賛成ですが、受験資格要件の撤廃は、ポツダム宣言の受諾であっても、原爆投下ではないでしょう。

私が考えるところの「原爆投下」とは、もっと悲惨な事態といいますか、より破滅的な事態です。
推進派がどんなにあがこうとも、もはや法科大学院制度は永続不可能であることが誰の目にも明らかになる事態なのだと思います。

それが何なのかは、私には予想がつきません。
いや、本音を言うと、予想はできていますが、ちょっとここでは書くのが憚れるレベルです。
でも、いつかその日が来るのではないかと、私は恐れているのです。


<関連>
「法科大学院制度の改変は、大学制度全体に対する大打撃となるから、おいそれとは廃止などできない」という考え方について(2012年8月26日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51973735.html
現代のインパール作戦(2012年8月23日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51973029.html

schulze at 22:12|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法制度

法科大学院の入学定員を2500人程度に削減

2500人程度に削減へ 法科大学院の入学定員(2015.11.24 19:17 産経新聞)
http://www.sankei.com/affairs/news/151124/afr1511240026-n1.html
『司法試験の年間合格者を「1500人以上」とする政府の数値目標を受け、中教審の法科大学院特別委員会は24日、法科大学院の入学定員規模を200人以上削減し、「当面2500人程度にする」との改革案を取りまとめた。定員削減のため、平成29年度から補助金制度を見直すことも提言した。法科大学院は16年度以降に74校が開校したが、募集停止が相次ぎ、来春の入学定員は45校で計2724人の見込み。27年度の総入学者は2201人で、2500人を割り込んでいる。合格者を1500人、法科大学院の全修了者の合格率をおおむね7割以上とする政府の数値目標から、必要な入学定員を2350人と試算。その上で司法試験を受けない学生がいることも考慮し「当面2500人程度」とした。』


もはや手遅れのもよう…。
すでに平成27年度の入学者数が2200人しかいないんですけど。。。
定員2500人も、とても埋まりそうにないですね。
(-_-)

2500人とする根拠が
合格者を1500人、法科大学院の全修了者の合格率をおおむね7割以上とする政府の数値目標から、必要な入学定員を2350人と試算。その上で司法試験を受けない学生がいることも考慮し「当面2500人程度」
というのが、もう終わってます。
この調子で法曹志望者が激減してくれれば、7〜8割の司法試験合格率など余裕で達成できそうですね。
これでロースクールへの志願者もV字回復ですね!(棒読み)


同じ記事ですが、朝日新聞の記事も引用します。

法科大学院の定員を大幅減へ 文科省、2500人程度に(2015年11月24日20時51分 朝日新聞)
『文部科学省は24日、法科大学院の入学定員を今春募集があった54校の計3169人から2500人程度に減らすことを決めた。法律家になるための司法試験の合格者数の目標が毎年3千人から1500人以上に引き下げられたため、受験資格を持つ卒業生を絞ることにした。文科相の諮問機関「中央教育審議会」に案を示し、了承された。2017年度の入学定員から適用し、数年間での達成を目指す。』


「司法試験の合格者数の目標が毎年3千人から1500人以上に引き下げられたため、受験資格を持つ卒業生を絞ることにした。」って、ええ?そうなの!?という感じです。
定員減らしても減らしても、入学者数の減少に追いつかないからだと思ってました。
モノは言いようですね。

ところで、2500人の定員って「数年間での達成を目指す」ものなんですね。
てっきり来年度からだとばかり…。
┐(´〜`)┌


<参考>
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52125011.html
法科大学院全国統一適性試験の志願者延べ人数(全2回)の推移
2011年 13,332人(5,946+7,386)
2012年 11,152人(5,185+5,967)16.4%減
2013年 *9,351人(4,387+4,964)16.1%減
2014年 *7,669人(3,599+4,070)18.0%減
2015年 *6,694人(3,153+3,541)12.7%減


適性試験の年度別結果
☆志願者数の推移(左からJLFDNC
第*1回(平成15年、2003年) 20,043人39,350人
第*2回(平成16年、2004年) 13,993人24,036人
第*3回(平成17年、2005年) 10,725人19,859人
第*4回(平成18年、2006年) 12,433人18,450人
第*5回(平成19年、2007年) 11,945人15,937人
第*6回(平成20年、2008年) *9,930人13,138人
第*7回(平成21年、2009年) *8,547人10,282人
第*8回(平成22年、2010年) *7,820人*8,650人
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,946人(2)7,386人(実人数7,829人)
第10回(平成24年、2012年) (1)5,185人(2)5,967人(実人数6,457人、17.5%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)4,387人(2)4,964人(実人数5,377人、16.7%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,599人(2)4,070人(実人数4,407人、18.0%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)3,153人(2)3,541人(実人数3,928人、10.9%減)
※JLF=日弁連法務研究財団、DNC=大学入試センター
※第1回(平成15年、2003年)のDNCの志願者数については、特例措置志願者8,049人を含む。
※第9回(平成23年、2011年)以降は運営主体がJLFに一本化。年2回開催。

☆実受験者数の推移(左からJLFDNC
第*1回(平成15年、2003年) 18,355人35,521人
第*2回(平成16年、2004年) 12,249人21,429人
第*3回(平成17年、2005年) *9,617人17,872人
第*4回(平成18年、2006年) 11,213人16,680人
第*5回(平成19年、2007年) 10,798人14,323人
第*6回(平成20年、2008年) *8,940人11,870人
第*7回(平成21年、2009年) *7,737人*9,370人
第*8回(平成22年、2010年) *7,066人*7,909人
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,481人(2)6,692人(実人数7,249人)
第10回(平成24年、2012年) (1)4,753人(2)5,391人(実人数5,967人、17.7%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)4,008人(2)4,486人(実人数4,945人、17.1%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,338人(2)3,642人(実人数4,091人、17.3%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)2,918人(2)3,146人(実人数3,621人、11.5%減)

☆入学有資格者数の推移
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,463人(2)6,663人(実人数7,211人)
第10回(平成24年、2012年) (1)4,656人(2)5,274人(実人数5,801人、19.6%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)3,930人(2)4,374人(実人数4,792人、17.4%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,278人(2)3,578人(実人数3,994人、16.7%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)2,860人(2)3,068人(実人数3,517人、11.9%減)


ロー入試 志願者数の推移(各法科大学院志願者の累計)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/05/18/1357974_5.pdf
平成16年度 72,800人
平成17年度 41,756人
平成18年度 40,341人
平成19年度 45,207人
平成20年度 39,555人
平成21年度 29,714人
平成22年度 24,014人
平成23年度 22,927人
平成24年度 18,446人
平成25年度 13,924人
平成26年度 11,450人
平成27年度 10,370人


年度別のロー定員と実入学者数
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/05/18/1357974_5.pdf
平成16年度 定員5,590人、実入学者5,767人(既修2,350人、未修3,417人)
平成17年度 定員5,825人、実入学者5,544人(既修2,063人、未修3,481人) *3.9%減
平成18年度 定員5,825人、実入学者5,784人(既修2,179人、未修3,605人) *4.3%増
平成19年度 定員5,825人、実入学者5,713人(既修2,169人、未修3,544人) *1.2%減
平成20年度 定員5,795人、実入学者5,397人(既修2,066人、未修3,331人) *5.5%減
平成21年度 定員5,765人、実入学者4,844人(既修2,021人、未修2,823人) 10.2%減
平成22年度 定員4,909人、実入学者4,122人(既修1,923人、未修2,199人) 14.9%減
平成23年度 定員4,571人、実入学者3,620人(既修1,915人、未修1,705人) 12.2%減
平成24年度 定員4,484人、実入学者3,150人(既修1,825人、未修1,325人) 13.0%減
平成25年度 定員4,261人、実入学者2,698人(既修1,617人、未修1,081人) 14.3%減
平成26年度 定員3,809人、実入学者2,272人(既修1,461人、未修**811人) 15.8%減
平成27年度 定員3,169人、実入学者2,201人(既修1,431人、未修**770人)*3.1%減
平成28年度 定員2,724人


年度別のロー入学者総数と社会人・法学部出身者の人数
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/05/18/1357974_6_1_1.pdf
平成21年度
入学者総数4,844人
うち社会人出身1,298人(26.8%)
うち法学部以外出身1,224人(25.3%)

平成22年度
入学者総数4,122人
うち社会人出身993人(24.1%)
うち法学部以外出身868人(21.1%)

平成23年度
入学者総数3,620人
うち社会人出身763人(21.1%)
うち法学部以外出身748人(20.7%)

平成24年度
入学者総数3,150人
うち社会人出身689人(21.9%)
うち法学部以外出身591人(18.8%)

平成25年度
入学者総数2,698人
うち社会人出身514人(19.1%)
うち法学部以外出身502人(18.6%)

平成26年度
入学者総数2,272人
うち社会人出身422人(18.6%)
うち法学部以外出身346人(15.2%)

平成27年度
入学者総数2,201人
うち社会人出身405人(18.4%)
うち法学部以外出身351人(15.9%)

schulze at 21:29|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

三大意味不明な言葉

三大意味不明な言葉 「円満離婚」 「清純派AV女優」 あとひとつは?
http://himasoku.com/archives/51929752.html



ハッピーリタイア・・・
('A`)

schulze at 17:48|PermalinkComments(0) 司法制度 | ネタ

法科大学院の適性試験、受験料上げ 志願者減で(日本経済新聞)

すでに速報でお伝えした通り、適性試験の受験料が値上げされる旨の報道が出ました。
共同通信の配信記事を日経が掲載しています。
内容は既報から変わりありませんが、「試験会場数を維持するための措置」と明記されています。


法科大学院の適性試験、受験料上げ 志願者減で(2015/11/24 11:48 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H1I_U5A121C1000000/
『日弁連法務研究財団などでつくる「適性試験管理委員会」は24日までに、法科大学院の志願者に1次試験として課す適性試験の受験料について、2016年は従来の1万6200円から2万1600円に値上げすると発表した。志願者が大きく減少している中で、試験会場数を維持するための措置としている。16年の適性試験は5月29日と6月12日の2回。2回受けた場合、受験料はそれぞれ必要になる。全国の14会場で行うが、熊本市の会場は5月のみ実施する。適性試験の志願者数は初めて実施された03年の延べ約5万9千人がピークで、15年は延べ約6700人まで減少した。〔共同〕』


【追記】
日弁連法務研究財団の公式サイトにも「お知らせ」が掲載されました。
https://www.jlf.or.jp/jlsat/pdf/2016_tekisei_nittei.pdf
■受験料
各回それぞれ21,600 円(税込)
新しい法曹養成制度の中核として法科大学院が創設された当初(平成15年(2003年))と比して法科大学院入学志願者数が著しく減少している現状などに鑑み、適性試験を継続的・安定的に実施するとともに試験会場数を維持・拡大すべく(2014 年より1回のみ実施としていた金沢、岡山会場について2回実施と拡大)、受験料を上記のとおりに見直すものとしました。


<参考>
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52125011.html
法科大学院全国統一適性試験の志願者延べ人数(全2回)の推移
2011年 13,332人(5,946+7,386)
2012年 11,152人(5,185+5,967)16.4%減
2013年 *9,351人(4,387+4,964)16.1%減
2014年 *7,669人(3,599+4,070)18.0%減
2015年 *6,694人(3,153+3,541)12.7%減


適性試験の年度別結果
☆志願者数の推移(左からJLFDNC
第*1回(平成15年、2003年) 20,043人39,350人
第*2回(平成16年、2004年) 13,993人24,036人
第*3回(平成17年、2005年) 10,725人19,859人
第*4回(平成18年、2006年) 12,433人18,450人
第*5回(平成19年、2007年) 11,945人15,937人
第*6回(平成20年、2008年) *9,930人13,138人
第*7回(平成21年、2009年) *8,547人10,282人
第*8回(平成22年、2010年) *7,820人*8,650人
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,946人(2)7,386人(実人数7,829人)
第10回(平成24年、2012年) (1)5,185人(2)5,967人(実人数6,457人、17.5%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)4,387人(2)4,964人(実人数5,377人、16.7%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,599人(2)4,070人(実人数4,407人、18.0%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)3,153人(2)3,541人(実人数3,928人、10.9%減)
※JLF=日弁連法務研究財団、DNC=大学入試センター
※第1回(平成15年、2003年)のDNCの志願者数については、特例措置志願者8,049人を含む。
※第9回(平成23年、2011年)以降は運営主体がJLFに一本化。年2回開催。

☆実受験者数の推移(左からJLFDNC
第*1回(平成15年、2003年) 18,355人35,521人
第*2回(平成16年、2004年) 12,249人21,429人
第*3回(平成17年、2005年) *9,617人17,872人
第*4回(平成18年、2006年) 11,213人16,680人
第*5回(平成19年、2007年) 10,798人14,323人
第*6回(平成20年、2008年) *8,940人11,870人
第*7回(平成21年、2009年) *7,737人*9,370人
第*8回(平成22年、2010年) *7,066人*7,909人
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,481人(2)6,692人(実人数7,249人)
第10回(平成24年、2012年) (1)4,753人(2)5,391人(実人数5,967人、17.7%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)4,008人(2)4,486人(実人数4,945人、17.1%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,338人(2)3,642人(実人数4,091人、17.3%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)2,918人(2)3,146人(実人数3,621人、11.5%減)

☆入学有資格者数の推移
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,463人(2)6,663人(実人数7,211人)
第10回(平成24年、2012年) (1)4,656人(2)5,274人(実人数5,801人、19.6%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)3,930人(2)4,374人(実人数4,792人、17.4%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,278人(2)3,578人(実人数3,994人、16.7%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)2,860人(2)3,068人(実人数3,517人、11.9%減)

schulze at 14:06|PermalinkComments(6) 司法試験 | 司法制度

2015年11月23日

ご存じですか?

DHC「ご存じですか?今までのコラーゲンは肌に浸透してませんでした」と新商品を発表
http://blog.livedoor.jp/kinisoku/archives/4530953.html
DHC「ご存知ですか?今まで販売していたコラーゲンは肌に全く浸透していなかった事実を」→自爆して炎上
http://hamusoku.com/archives/9074316.html






ご存じですか?


法科大学院の教育効果は


5年で薄れる




んですよって、奥さん!!

ヽ(#`Д´)ノ

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法制度

骨川スネ夫リサイタル

スネ夫が「とんぼ」を唄っているのは知ってましたが、
「ルビーの指環」を唄っていたのは、知らなかった。
Σ(・ω・ノ)ノ


「ルビーの指環」は、ちょっと無理があるようにも聞こえるが(^_^;)

schulze at 00:00|PermalinkComments(0) 音楽 | ネタ

2015年11月22日

第72回法科大学院特別委員会 11/24(火)開催

次回の法科大学院特別委員会は11/24(火)開催だそうです。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/kaisai/1364571.htm
(議題)
1.法科大学院の定員規模及び公的支援の在り方について
2.法科大学院全国統一適性試験の在り方に関する検討ワーキング・グループの審議状況について
3.その他


私が注目しているのは、今のところ平成27年予備試験の法科大学院生・大学生の法科大学院・大学別合格者数がまだ公表されていない点です。
昨年は法曹養成制度改革顧問会議の場で資料が公表されていましたが、今年は後継の会議が設けられていません。
上記議題を見る限り、法科大学院特別委員会での公表はなさそうに感じますね。
文科省傘下の委員会なので、法務省が管轄する司法試験に関するデータは出てこないのでしょうか。
こうなると、公表の可能性があるとすれば、司法試験委員会のほうかもしれませんが、こちらは次回会議の日程は未定となっています。


【2015/11/24追記】
法科大学院の総定員につき、「当面2500人程度」とすることを示されました。
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52139820.html


<参考>
平成26年司法試験予備試験 法科大学院生・大学生の大学別合格率
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52099555.html
平成25年司法試験予備試験 法科大学院生・大学生の大学別合格率
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52053135.html

schulze at 20:38|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

【速報】適性試験の受験料値上げか?

2ちゃんねるの書き込みですが、来年度から適性試験の受験料が値上げされるとの情報があります。

(当該書き込み)
10 :氏名黙秘:2015/11/21(土) 18:09:27.58 ID:veYPZ3yF
◆適性試験の受験料値上げ 2015年(平成27年)11月21日(土)新聞発表/ネット記事未発見
日弁連法務研究財団などでつくる「適性試験管理委員会」は20日、法科大学院の志願者に1次試験として課す適性試験の受験料について、2016年は従来の1万6200円から2万1600円に値上げすると発表した。16年の適性試験は5月29日と6月12日の2回。2回受けた場合、受験料はそれぞれ必要になる。金沢市など全国の14会場で行うが、熊本市の会場は5月のみ実施する。


「ネット記事未発見」とありますが、たしかにネット上で検索しても出てきませんし、日弁連法務研究財団の公式サイトにも言及がありません。
ただ、当方の独自ルートで確認したところ、このようなリリースがされているのは間違いないようです。
会場で金沢市が挙げられていることから、この記事は北國新聞がソースと推測します。
おそらく連休明け以降に、日弁連法務研究財団の公式サイトが更新されるものと思われます。

14会場は今年度と同様ですが、会場数を維持する代わりに、受験料を値上げするということでしょうか。
(参考 開催14都市:札幌市、仙台市、東京都、神奈川県、金沢市、愛知県、京都市、大阪府、兵庫県、岡山市、広島市、福岡市、熊本市、沖縄県)
今年は金沢市、岡山市、熊本市が1回のみの実施でしたが、上記報道では1回のみの会場は熊本市だけとされています。

それにしても、受験料が1回2万円超、2回の受験で4万円超は、決して安くない負担です。
ただでさえ受験者が減少している中、受験者数にどのような影響を与えるか、注視したいと思います。


【2015/11/24追記】新聞報道が出ました。
法科大学院の適性試験、受験料上げ 志願者減で(日本経済新聞)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52139781.html



<参考>適性試験の年度別結果
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52125011.html
☆志願者数の推移(左からJLFDNC
第*1回(平成15年、2003年) 20,043人39,350人
第*2回(平成16年、2004年) 13,993人24,036人
第*3回(平成17年、2005年) 10,725人19,859人
第*4回(平成18年、2006年) 12,433人18,450人
第*5回(平成19年、2007年) 11,945人15,937人
第*6回(平成20年、2008年) *9,930人13,138人
第*7回(平成21年、2009年) *8,547人10,282人
第*8回(平成22年、2010年) *7,820人*8,650人
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,946人(2)7,386人(実人数7,829人)
第10回(平成24年、2012年) (1)5,185人(2)5,967人(実人数6,457人、17.5%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)4,387人(2)4,964人(実人数5,377人、16.7%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,599人(2)4,070人(実人数4,407人、18.0%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)3,153人(2)3,541人(実人数3,928人、10.9%減)
※JLF=日弁連法務研究財団、DNC=大学入試センター
※第1回(平成15年、2003年)のDNCの志願者数については、特例措置志願者8,049人を含む。
※第9回(平成23年、2011年)以降は運営主体がJLFに一本化。年2回開催。

☆実受験者数の推移(左からJLFDNC
第*1回(平成15年、2003年) 18,355人35,521人
第*2回(平成16年、2004年) 12,249人21,429人
第*3回(平成17年、2005年) *9,617人17,872人
第*4回(平成18年、2006年) 11,213人16,680人
第*5回(平成19年、2007年) 10,798人14,323人
第*6回(平成20年、2008年) *8,940人11,870人
第*7回(平成21年、2009年) *7,737人*9,370人
第*8回(平成22年、2010年) *7,066人*7,909人
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,481人(2)6,692人(実人数7,249人)
第10回(平成24年、2012年) (1)4,753人(2)5,391人(実人数5,967人、17.7%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)4,008人(2)4,486人(実人数4,945人、17.1%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,338人(2)3,642人(実人数4,091人、17.3%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)2,918人(2)3,146人(実人数3,621人、11.5%減)

☆入学有資格者数の推移
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,463人(2)6,663人(実人数7,211人)
第10回(平成24年、2012年) (1)4,656人(2)5,274人(実人数5,801人、19.6%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)3,930人(2)4,374人(実人数4,792人、17.4%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,278人(2)3,578人(実人数3,994人、16.7%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)2,860人(2)3,068人(実人数3,517人、11.9%減)

schulze at 13:44|PermalinkComments(1) 司法試験 | 司法制度

2015年11月21日

3位決定戦 勝利監督インタビュー

【悲報】東京ドーム、小久保監督のインタビューで静まり返る
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54556408.html


残当・・・・
(ノД`)

schulze at 20:55|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

2015年11月20日

【超絶悲報】これは余裕の完封リレーだな→(安心して入浴)→日本3-4韓国 逆転負け→ほげぇぇぇぇぇ!?

【プレミア12】 日韓戦 大反省会
http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/8245418.html
小久保監督、9回の逆転に「僕の継投ミス」
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54555214.html
テレビ朝日の決勝戦放送は深夜午前3時45分からのダイジェストに
http://www.tv-asahi.co.jp/pr/contents/20151121_13612.html



精神的にくる敗戦ですな。
でも、これが野球・・・。
(´;ω;`)

schulze at 00:36|PermalinkComments(0) 野球 | 日記