2017年08月

2017年08月31日

神奈川県が司法試験合格者を一般行政職として募集

コメント欄で情報をお寄せいただきましたが、神奈川県が司法試験合格者を一般行政職として募集しています。

素直な感想として、給与額が現在の司法試験合格者の評価を表していると感じました。

なお、受験資格には旧司法試験合格者は対象に含まれないのでしょうか…?
(´・ω・`)


平成29年度(2017年度)神奈川県職員採用選考のお知らせ(一般事務【法務】)
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/life/1155047_4084231_misc.pdf
1 採用予定人員及び職務の内容
採用予定人員 5名程度
職務の内容
主として、高い法令知識を活かし、訴訟関連や許認可関連等の業務、権利関係に関する業務、法令の解釈・運用を行う業務、条例の制定に関する業務、これら業務に係る庁内への法的助言・指導

2 受験資格
昭和59(1984)年4月2日以降に生まれた人で次のいずれかに該当する人
(1)法科大学院の課程を修了した人であって司法試験に合格した人又は司法試験法及び裁判所法の一部を改正する法律(平成14年法律第138号)附則第10条の規定により同法附則第6条第2項に規定する新司法試験に合格した人とみなされる人
(2)司法試験予備試験に合格した人であって司法試験に合格した人

(中略)

10 給与
給与の月額は、次表のとおりです。(平成29年4月1日現在)
採用時 給与月額 約220,000円
・ この額には、地域手当が含まれています。
・ このほか、住居手当、通勤手当、時間外勤務手当、期末・勤勉手当等がそれぞれの支給条件に応じて支給されます。
・ 上表は、新規に法科大学院(2年課程)を修了した人の給与例で、法科大学院修了後に学歴又は職歴(司法修習含む)がある人は、この額に一定の基準で算出された額が加算されます。
なお、法科大学院修了後の職務経験が5年を超える場合の採用時の給与例は次のとおりです(あくまで例であり、職務経験の内容等により金額が異なる場合があります。)。
(例1)法科大学院修了後、民間企業等の正社員としての職務経験が5年の場合 約246,000円
(例2)法科大学院修了後、民間企業等の正社員としての職務経験が10年の場合 約264,000円

<参考>
ジュリナビのメルマガに紹介されている経験弁護士・法務人材の転職・就職事例(2017年8月25日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52195184.html

schulze at 00:00|PermalinkComments(20) 司法試験 | 司法制度

2017年08月30日

【再訪】有楽町・交通会館地下「ひょっとこ」の和風らーめん

妻と「ひょっとこ」の和風ラーメンを食べてきました。
(・∀・)
「ひょっとこ」のラーメンは、ほぼ1年ぶりです。


DSC_0965
妻は、「和風柚子らーめん」にわかめをトッピング。

DSC_0966
ワイは和風柚子チャーシューめん。

相変わらず行列ができて、繁盛してました。
親父さんも健在で、嬉しくなりました。



食べログのサイト
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13046637/
東京交通会館・あるある調査隊「こんな店、こんな逸品 見つけた!」麺めぐり
http://www.kotsukaikan.co.jp/special/3048/
お吸い物風の醤油ラーメン!有楽町「麺屋ひょっとこ」の和風柚子柳麺は、食事はもちろん飲んだ後の〆にだって食べたい、いつでも食べたい!
http://www.masaemon.jp/entry/2013/06/04/tokyo/yurakucho/ramen/hyottoko
前回訪問(2016年7月14日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52161241.html

schulze at 20:47|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 写真

2017年08月29日

Law未来の会が「今年度(平成29年度)の司法試験合格者を少なくとも2100名程度とする旨の要請文」の全文を公開

当ブログでもすでに取り上げておりますが、Law未来の会による「今年度(平成29年度)の司法試験合格者を少なくとも2100名程度とする旨の要請文」の全文が公式サイトに掲載されています。

法務大臣並びに司法試験委員会委員長への要請
http://www.lawyer-mirai.com/file/seimei_01.pdf
司法試験考査委員への要請
http://www.lawyer-mirai.com/file/seimei_02.pdf


<関連>
Law未来の会が今年の司法試験合格者決定に際し少なくとも2100名程度を合格させるよう法務大臣・司法試験委員会委員長へ要請(2017年7月30日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193107.html

<参考:平成29年司法試験の実施状況>
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52187339.html
出願者数 6,716人
受験予定 6,624人
受験者数 5,967人
短答合格 3,937人

対受験者短答通過率
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52189123.html
H29年 66.0%(5,967→3,937)
H28年 67.0%(6,899→4,621)
H27年 66.2%(8,016→5,308)
H26年 63.4%(8,015→5,080)

最終合格者が
1,600人の場合⇒対受験者合格率26.8%
1,500人の場合⇒対受験者合格率25.1%
1,400人の場合⇒対受験者合格率23.5%
1,300人の場合⇒対受験者合格率21.8%

※ここ最近の対受験者合格率の推移
H28年 22.9%(合格者1,583人)
H27年 23.1%(合格者1,850人)
H26年 22.6%(合格者1,810人)
H25年 26.8%(合格者2,049人)
H24年 25.1%(合格者2,102人)
H23年 23.5%(合格者2,063人)


修習期別に見た該当年度の司法試験合格者数
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166490.html
修習期------旧 ----新 ----計
第56期----*990--****--*990
第57期----1183--****--1183
第58期----1170--****--1170
第59期----1483--****--1483
第60期----1464--1009--2473
第61期----*549--1851--2400
第62期----*248--2065--2313
第63期----*144--2043--2187
第64期----**92--2074--2166
第65期----**65--2063--2128
第66期----****--2102--2102
第67期----****--2049--2049
第68期----****--1810--1810
第69期----****--1850--1850
第70期----****--1583--1583
(注:修習期に相当する年度の司法試験合格者数であって、その修習期の人数ではありません。)

適性試験の実受験者のうち、入学有資格者数の推移
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52191872.html
第*9回(平成23年、2011年) (1)5,463人/(2)6,663人(実人数7,211人)
第10回(平成24年、2012年) (1)4,656人/(2)5,274人(実人数5,801人、19.6%減)
第11回(平成25年、2013年) (1)3,930人/(2)4,374人(実人数4,792人、17.4%減)
第12回(平成26年、2014年) (1)3,278人/(2)3,578人(実人数3,994人、16.7%減)
第13回(平成27年、2015年) (1)2,860人/(2)3,068人(実人数3,517人、11.9%減)
第14回(平成28年、2016年) (1)2,503人/(2)2,806人(実人数3,210人、*8.7%減)
第15回(平成29年、2017年) (1)2,426人/(2)2,631人(実人数3,014人、*6.1%減)

年度別のロー定員と実入学者数
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52187280.html
平成16年度 定員5,590人、実入学者5,767人(既修2,350人、未修3,417人)
平成17年度 定員5,825人、実入学者5,544人(既修2,063人、未修3,481人) *3.9%減
平成18年度 定員5,825人、実入学者5,784人(既修2,179人、未修3,605人) *4.3%増
平成19年度 定員5,825人、実入学者5,713人(既修2,169人、未修3,544人) *1.2%減
平成20年度 定員5,795人、実入学者5,397人(既修2,066人、未修3,331人) *5.5%減
平成21年度 定員5,765人、実入学者4,844人(既修2,021人、未修2,823人) 10.2%減
平成22年度 定員4,909人、実入学者4,122人(既修1,923人、未修2,199人) 14.9%減
平成23年度 定員4,571人、実入学者3,620人(既修1,915人、未修1,705人) 12.2%減
平成24年度 定員4,484人、実入学者3,150人(既修1,825人、未修1,325人) 13.0%減
平成25年度 定員4,261人、実入学者2,698人(既修1,617人、未修1,081人) 14.3%減
平成26年度 定員3,809人、実入学者2,272人(既修1,461人、未修**811人) 15.8%減
平成27年度 定員3,169人、実入学者2,201人(既修1,431人、未修**770人)*3.1%減
平成28年度 定員2,724人、実入学者1,857人(既修1,222人、未修**635人)15.6%減
平成29年度 定員2,566人、実入学者1,704人(既修1,137人、未修**567人)*8.2%減
平成30年度 実入学者1,600人?(6.1%減で計算)

年度別のロースクール修了者数
http://www.moj.go.jp/content/001225085.pdf
平成17年度 2,176人(修了者全員が標準年限で修了、標準年限修了率92.6%)
平成18年度 4,418人(うち、標準年限修了者4,383人、標準年限修了率80.6%)
平成19年度 4,911人(うち、標準年限修了者4,541人、標準年限修了率80.0%)
平成20年度 4,994人(うち、標準年限修了者4,537人、標準年限修了率78.6%)
平成21年度 4,792人(うち、標準年限修了者4,263人、標準年限修了率75.9%)
平成22年度 4,535人(うち、標準年限修了者3,931人、標準年限修了率73.6%)
平成23年度 3,937人(うち、標準年限修了者3,263人、標準年限修了率68.7%)
平成24年度 3,459人(うち、標準年限修了者2,814人、標準年限修了率68.2%)
平成25年度 3,037人(うち、標準年限修了者2,425人、標準年限修了率68.7%)
平成26年度 2,511人(うち、標準年限修了者2,005人、標準年限修了率68.1%)
平成27年度 2,190人(うち、標準年限修了者1,732人、標準年限修了率68.1%)
平成28年度 1,870人(うち、標準年限修了者1,489人、標準年限修了率66.4%)
(注)
・「標準修了年限」とは、既修2年/未修3年。
・「標準年限修了率」は、文科省資料から転記。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/041/siryo/__icsFiles/afieldfile/2018/02/07/1401206_003_1.pdf
標準修業年限修了者数・修了率の推移

<参考:Law未来の会に関する記事>
法律時報2017年4月号「司法修習生への給費制復活」(須網隆夫・早稲田大学教授)(2017年5月2日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52186107.html
Law未来の会セミナー『今こそ、司法修習の意義を問う−「給費制」の議論を超えて−』(2017年5月25日開催)(2017年4月29日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52185860.html
Law未来の会セミナー「現役弁護士が司法試験(民法)を解いてみた−法曹養成をねじ曲げる司法試験の実態を暴く−」(2016年10月31日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52171110.html
司法試験合格発表から一週間 沈黙を続けるLaw未来の会(2016年9月13日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166995.html
「久保利英明ロースクール講義」(日経BP社)(2016年9月5日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166353.html
「そんな希望のない職業を目指す人が減るのは当然」(2016年8月29日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165406.html
「ネガティブキャンペーン」をしているのは誰なのか(2016年8月28日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165321.html
Law未来の会「弁護士会が弁護士が儲からんというようなことを吹聴しているのは問題である」(2016年5月19日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52156033.html
LAW未来の会「司法試験問題漏洩事件についての見解」(2015年9月15日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52132946.html
「今年(2015年/平成27年)の司法試験合格者数2100人」との主張に垣間見えるLAW未来の会の本音(2015年8月4日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52127976.html
弁護士のニーズは「供給」によって増大する by 久保利弁護士(2015年6月9日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52121519.html

日弁連が法科大学院に固執する理由(2011年8月21日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51888267.html

5月18日(月)LAW未来の会主催セミナー「司法試験をテストする」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52115370.html

Law未来の会主催セミナー「“弁護士就職難”の謎を解く」書き起こし(高瀬文人氏)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52111816.html
Law未来の会主催セミナー 「弁護士就職難」の謎を解く(2015年3月5日開催)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108387.html
就職難の謎を解いてみた
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108436.html
「law未来なんとか」潜入レポート! - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/791246

10/27「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」書き起こし
https://note.mu/pointscale/n/n211931293249
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」に参加しました
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096488.html
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の感想 その1(岡田弁護士による為末さんについての発言)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096696.html
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の感想 その2(需要の正体)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html
久保利英明弁護士『だから「合格者3000人」の実現を−「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の開催』(ザ・ローヤーズ2014年12月号)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52108596.html

法曹養成制度に関する推進派vs懐疑派の意見の違い
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52116948.html
http://ameblo.jp/mukoyan-harrier-law/entry-12018670989.html
対比表

Law未来の会の皆さんの発言
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52195028.html
(後藤富士子弁護士の発言)
「年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」
(岡田和樹弁護士の発言)
「就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。」
弁護士が年収300万円で雇えるとなれば、需要は劇的に増えるでしょう。

第18回法曹養成制度改革顧問会議(平成27年3月26日開催)【資料2−1】法曹人口調査報告書骨子試案
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52113821.html
(企業のニーズ 25〜26ページ)
『中小企業調査においては,法曹有資格者を通常の正社員として採用していると回答した企業も,任期付社員として採用していると回答した企業も,ともになかった。また,98.1%の企業は,法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はないと答えており(問10),採用は進んでいない。』
『大企業では,法曹有資格者を社員として採用している割合は未だにそれほど多くはなく,76.2%の企業においては,法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はないと答えている。』
(自治体のニーズ 30ページ)
『法曹有資格者を採用しているか(問10)に対しては,640自治体(有効回答733のうちの87.3%)が「法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はない」と回答している。』

<おまけ>
一炊の夢(タダスケの日記)
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20150303/1425370292

schulze at 22:09|PermalinkComments(3) 司法試験 | 司法制度

通常出勤



【重要】は、ミサイル発射にかかるのか、それとも、もしかして通常出勤にかかるのか…?
('A`)

schulze at 21:37|PermalinkComments(0) 企業法務 | 思わず保存した画像

2017年08月28日

「侠」の右が「夾」

ネット表記に不満? 「任侠山口組」に組織名変更(神戸新聞)
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201708/0010449505.shtml
指定暴力団神戸山口組(本拠地・兵庫県淡路市)から4月に離脱を表明した「任●(にんきょう)団体山口組」が9日付で組織名を変更するとの通達を関係者らに流していたことが分かった。新名称を「任侠(きょう)山口組」とし、理由については、この呼び名が短期間で広く世間に浸透したため、などとしている。
関係者らによると、通達はメールなどでまかれたといい、同組が「暴力団ではなく任侠団体であるという趣旨を発信するという第一段階の目的は達した」ことを機に改名したとの内容が記されているという。
「任●」の表記も「任侠」へと変更。捜査関係者らによると、同組側は4月30日の結成会見で旧字体の「●」へのこだわりを表明したが、一部のインターネット配信記事などで正しく表記されなかったり、「『侠』の右が『夾』」と注釈が付いたりすることなどへの不満を示していたという。
(注)●は「侠」の右が「夾」


「『侠』の右が『夾』」と注釈が付いたりすることなどへの不満を示していたという。
(注)●は「侠」の右が「夾」


・・・不満の原因は、神戸新聞じゃないか!!
(・∀・)

schulze at 22:05|PermalinkComments(0) ネタ | 日記

千円札ビリビリ

今日、仕事から帰宅したら、野口英世の千円札がビリビリに破かれて床に散乱しており、
「あちゃー!息子がやっちゃったか!?」
と一瞬呆然としましたが、
よく見たら、妻が買い与えていた「子供銀行券」でした。
(^_^;)

子供銀行券

schulze at 22:04|PermalinkComments(0) 成長記録 | ネタ

2017年08月27日

イチロー月間打率

http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/51958244.html
56: 2017/08/27(日) 13:04:54.85 ID:+y+USFTp0
2017 月間打率
4月.148
5月.195
6月.273
7月.321
8月.364

代打打率.286(77-22)
得点圏打率.342(38-13)


このおっさんwwwww

ワイと同い年とは思えん…
(´・ω・`)

schulze at 21:37|PermalinkComments(0) 野球 | 日記

2017年08月26日

株価フォーク

巨人・谷岡の東芝株価フォーク
http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/8926613.html
159: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 18:05:10.87 ID:WBluoLzB0
めっちゃ落ちたやんwwwwwwww

583: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 18:10:17.20 ID:tpCQZatQ0
すげぇ落差や

616: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 18:10:26.70 ID:ygZDJ2+I0
東芝の落ち方や!

625: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 18:10:28.81 ID:6VXSgH/e0
東芝株価フォークキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!w
新規

新規
<参考>谷岡竜平の経歴
成立学園高→東芝→読売ジャイアンツ(2016年ドラフト3位)



東芝出身だと、こんな言われ方するんか…
Σ(´д`;)



♪PL〜
♪青学〜
♪東芝!阪神!
♪坪井〜

schulze at 22:38|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

2017年08月25日

マエケン珍記録 MLBのオンリーワンになる

【朗報】ドジャース前田健太さん、メジャーナンバーワン投手になる
http://blog.livedoor.jp/i6469/archives/51940949.html
マエケン
27: 2017/08/24(木) 11:55:59.81 ID:HadytPrDd
ナンバーワンじゃなくてオンリーワンじゃねーか


オンリーワンじゃなくて
ワンオンリーじゃね?
(´・ω・`)


<参考>
【MLB】マエケンの今季成績の5項目が「1」のみで構成。26日に先発予定のため残り1日で見納め
https://www.baseballchannel.jp/mlb/37969/
前田の今季成績は22試合登板(20先発)で111.1回を投げ11勝5敗1セーブ、111奪三振、27四球、防御率3.88、WHIP1.11となっている。(8月25日現在)
111.1イニング・11勝・1セーブ・111奪三振・WHIP1.11と5項目が偶然にも「1」のみで構成されている。111.1イニングはリーグ49位タイとなっているが、11勝は11位タイ、奪三振も30位タイで、WHIPはワシントン・ナショナルズの主力投手であるスティーブン・ストラスバーグ、ジオ・ゴンザレスに匹敵する数字となっている。
前田の次回登板予定は25日(日本時間26日)のミルウォーキー・ブリュワーズ戦のため、この成績を見ることができるのは残り1日となっている。


schulze at 21:32|PermalinkComments(0) 野球 | 思わず保存した画像

ジュリナビのメルマガに紹介されている経験弁護士・法務人材の転職・就職事例

ジュリナビが企業の人事担当者等に配信しているメールマガジン(8月21日・22日配信)に、経験弁護士・法務人材の転職・就職事例が掲載されておりました。


(※画像はクリックすると拡大します。)
出典 http://www.juristix.com/report/345ジュリナビ転職事例
(注)上記報酬には残業代、その他諸手当は含んでいないとのことです。


金融や商社、企業法務系事務所だと条件は良いようです。
30代で1000万円超えが期待できるのは、ここでは商社・金融だけですね。
これぐらいもらえるのなら好条件だとは思いますが、おそらく入社後は激務でしょうし、そもそも求人数も多くないでしょう。

それ以外の実業系企業ですと、年齢見合いか、良くてそれにプラスアルファとして資格手当?というところでしょうか。
むしろ30代でも経験年数が少ないと年収300万円台がありうる、というのは驚きです。
この表でも、有資格者で年収300〜400万円台の例が散見されますね。
Law未来の会の皆さんも、さぞお喜びであろうと思います(小声)。


この一覧、企業の人事担当者向けとしては良いのかもしれませんが、
これから法曹を目指そうという皆さんが見たら、どう受け取られるでしょうか。
「これだったら、はじめから法曹など目指さず、新卒での就職を目指したほうが良い。」と考えるのではないでしょうか。

・法科大学院への学費負担
・司法試験不合格のリスク
・司法修習の貸与
・学部卒業時に就職しなかったことによる逸失利益
これらの経済的負担(投資)やリスクを背負ってまで目指すべき資格ではない…という結論にしかならないと思います。
(´・ω・`)

むしろ、これからの弁護士とは、新卒で企業に就職できなかったような人たちが企業就職をしようとするために取得する資格である、と。
企業が有資格者への処遇を変えない限り、そういう感じになっていくのかもしれないなぁ・・・と感じました。


<参考>
社内弁護士の基本的な給与や賞与は一般の正社員と同等
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52171605.html
企業内弁護士数の推移(日本組織内弁護士協会/JILA調べ、2017年6月30日現在) 伸び幅・伸び率とも鈍化傾向?
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193337.html
JILA調査 企業内弁護士に関するアンケート集計結果(2017年2月実施)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52182784.html

ジュリナビ「弁護士ならびに法科大学院修了生は決して就職難などではなく、むしろ、売り手市場である」(2017年4月19日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52184960.html
日経新聞「インハウスの人材供給が追い付かない。『弁護士は余っている』という見方は当てはまらなくなってきている。」(2017年8月22日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52194886.html
日経新聞が言う「企業が求める人材」の例
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51956761.html
・契約や業務をチェックできる能力や語学力が欲しい。
・経済や社会に関心があり、当該業界の知識もある。
・年収300〜400万からスタート。
Law未来の会の皆さんの発言
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52195028.html
(後藤富士子弁護士の発言)
「年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」
(岡田和樹弁護士の発言)
「就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。」
弁護士が年収300万円で雇えるとなれば、需要は劇的に増えるでしょう。

第18回法曹養成制度改革顧問会議(平成27年3月26日開催)【資料2−1】法曹人口調査報告書骨子試案
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52113821.html
(企業のニーズ 25〜26ページ)
『中小企業調査においては,法曹有資格者を通常の正社員として採用していると回答した企業も,任期付社員として採用していると回答した企業も,ともになかった。また,98.1%の企業は,法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はないと答えており(問10),採用は進んでいない。』
『大企業では,法曹有資格者を社員として採用している割合は未だにそれほど多くはなく,76.2%の企業においては,法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はないと答えている。』
(自治体のニーズ 30ページ)
『法曹有資格者を採用しているか(問10)に対しては,640自治体(有効回答733のうちの87.3%)が「法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はない」と回答している。』

法曹の収入・所得,奨学金等調査の集計結果(平成28年7月)
http://www.moj.go.jp/content/001198284.pdf
弁護士1人あたりの国民数 (1990年)8957人→(2016年)3352人→(2061年)1496人
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52176366.html
マーケッターを自認する「先駆者」の一人は、既にこの世界をビジネスの「妙味」としては見切っている
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52180567.html
週刊ダイヤモンド「弁護士にもうバラ色の人生はない。司法制度改革は失敗だった。もう法曹資格に経済的価値はない。」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52180590.html
弁護士の給料半減! 年収200万〜300万も当たり前の悲惨な現実 「おそらく最近合格した人たちの中に、圧倒的多数の貧乏弁護士が発生した」(プレジデントオンライン)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52161136.html
岐阜の弁護士にはイノシシ捕獲の補助金狙いの人がいるほどの窮状
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52149998.html
5年目の弁護士の年収は平均300万〜400万円(わかやま新報)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52146285.html

schulze at 17:55|PermalinkComments(10) 企業法務 | 司法制度

2017年08月24日

【2018年度(平成30年度)ロー入試情報】早稲田ロー夏入試の志願者数886名、昨年同時期より増加、一昨年並みの水準に

[受験者向け情報]2018年度入学者選抜試験(夏入試)志願者数について(早稲田大学大学院法務研究科)
https://www.waseda.jp/folaw/gwls/news/2017/08/23/8070/
2018年度入学者選抜試験(夏入試) 志願者数
法学未修者試験 :227名
法学既修者試験 :643名
学部3年次生特別入試枠: 16名
計886名
(参考:同時期での比較)
2018年度夏入試 志願者:既修643、未修227、学部3年次生特別入試16、計886
2017年度夏入試 志願者:既修595、未修220、計815
2016年度夏入試 志願者:既修627、未修243、計870
2015年度夏入試 志願者:既修861、未修358、計1,219


早稲田ローの夏入試の志願者数が公表されています。
昨年同時期より増加しています。学部3年次生特別入試枠を除けば、ほぼ一昨年並みです。
ただ、2015年度入試のレベルまでは回復していません。

冬入試を含めた最終的な志願者数が気になるところです。
例年、冬入試の志願者数は50人程度ですから、志願者総数は900人台を回復しそうです。


<参考>
早稲田ローのH29年度入学者数は過去最低の112人(昨年▲17人) 、100人割れ目前、慶應ローとの差は70人へ拡大
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52185593.html

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/041/siryo/__icsFiles/afieldfile/2017/05/19/1386006_002.pdf
出願者数の推移(夏入試+冬入試)
866(H29)←916(H28)←1,265(H27)←1,374(H26)←1,741(H25)←2,265(H24)←2,612(H23)
入学者数の推移
112(H29)←129(H28)←151(H27)←179(H26)←244(H25)←263(H24)←261(H23)←257(H22)←275(H21)←284(H20)←276(H19)


<参考:2018年度(平成30年度)法科大学院入試情報>
中央ロー志願者1012名(昨年▲134名、11.7%減)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52194537.html
2018年度東北大ロー入試 一般選抜前期・特別選抜出願者数49名(速報値) 昨年同時期からほぼ横ばい
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193979.html
慶應ロー2018年度入試 志願者数はほぼ横ばい924名
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193973.html
2017年法科大学院全国統一適性試験 実受験者数3,086人(昨年▲200人、6.1%減)、入学有資格受験者の実人数3,014人(昨年▲196人、6.1%減)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52191872.html

法科大学院別 平成29年度ロースクールの入学者数【5月17日最終:全43校の結果反映】
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52183542.html
【悲報】入学者数50人以上の法科大学院が8校しかない件(※平成19年は45校)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52187411.html

schulze at 00:28|PermalinkComments(3) 司法試験 | 司法制度

2017年08月23日

まとめブログ






はい!


まとめブログです。


呼んだ?


(^^ゞ




(まとめた記事)
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」に参加しました(2014年10月28日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096488.html
・来場者2人目
旭川の中村元弥先生が発言されました。司法試験3000人合格には賛同しない立場を明らかにされたうえで、「運動論としてニーズを言うのであれば、お金が伴うニーズであるのか。値段を払う価値が弁護士にあるということをアピールするべきである。」といった趣旨を発言されていました。

・来場者3人目
すみません、お名前を聞き取れなかったのですが、後藤富士子弁護士?のように聞こえました。(人違いだったら、すみません。)
正直、何をおっしゃっているのか、中身が理解できませんでした。ご自身の弁護士業務の経験から、新しい分野に挑戦する人材をどんどん輩出していくべきと確信している、というような内容だったかと思います。
ところで、先ほどの旭川の中村先生が最後に(謙遜か皮肉か分かりませんが)「私の弁護士業務での年収は300万程度しかなく、それが地方での実態である。私は趣味で弁護士をやっているのでそれでもかまわないが、これからの若い人がそれでも弁護士になろうと思うのか。」という問題提起をされたのですが、それに対して「中村先生のように年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」という発言を、この方はされていました・・・私には日本語としてはともかく、意味が理解できませんでした。(-_-;)

(中略)

最後に、Law未来の会副代表理事の岡田和樹弁護士が、閉会の挨拶をされていました。
なぜ自分が法曹人口増員を訴えるようになったのか。ご自身の経験を交えて説明されていました。
その中で、「数が増えるのだから、年収が下がるのは当たり前だ。それでもやるという人を集めるための増員だ。」ということを言っていました。
先ほどの後藤弁護士?の発言ときわめて近いと感じました。
また、元陸上選手の為末大さんの話を持ち出し、「彼は弁護士になりたいといっている。スポーツ仲裁の仕事をやってみたいと言っている。でも、今の合格者数で彼は資格を取れるだろうか。だったら、試験を簡単にして受からせてやればいい。」とも発言していました。

<参考>高瀬文人様によるまとめ
10/27「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」書き起こし
https://note.mu/pointscale/n/n211931293249
中村元弥(旭川弁護士会)
運動として「経済的な側面」を考えるべきだ。「その仕事にお金がついてくるか」というニーズのことである。地方経済は疲弊している。私の収入は300万しかないが、意地で弁護士をやっている。依頼者が他士業やコンサルにお金を払うよりも、弁護士にお金を払うという選択をさせる方法を考え、広報すべきだ。
旭川管内には6つのひまわり事務所があるが、2つは経営難で日弁連の補助を受けている。法テラスの受任費用が安いという問題も解決すべき課題だ。

後藤富士子(弁護士)
離婚と子どもの事件を長く手がけているが、いわゆる「連れ去り問題」など、手間がかかることばかり。道楽と割り切らないとできない。
婚姻中は父母の共同親権だが、実務が現行法を守っていない。弁護士は法律を見ずにマニュアルを見ているからだ。弁護士が最後まで仕事をせず、手数料稼ぎで終わっているから何も変わらない。弁護士は、最終解決に持ち込まれるところまでつき合っていただきたい。だから(まともに取り組んでくれる弁護士を求める立場から・高瀬注)3000人に増やしてもらいたい。

岡田和樹氏(弁護士、ロースクールと法曹の未来を創る会副代表理事)
今でこそ私は世界的な法律事務所のパートナーだが、もともと私は左翼系の労働弁護士であって、貧乏だったが、その頃から増員論者だった。弁護士になって10年ぐらいは共産党の労働相談を担当していた。家賃が払えない、とかDVなどの相談を受けていた。当時やっていたことは法律知識など関係なかった。給料は200万ぐらい。人が来てくれない。だから人を増やすしかないんじゃないかというのが、当時からの私の考え。
いま、就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。
もうひとつ、私が増員論を訴えるのは、近年関わっている原発事故の事件だ。詳しいことは語れないが、原発がどういう構造なのか、アメリカ側からレクチャーを受けた。アメリカ人の弁護士は、原子力学科を出て弁護士になり、原子力規制のみで食べている。つまり、政府のレギュレーションを解釈・解説する専門家だ。
法律家としての能力は何なのか。せっかく優秀な成績で弁護士になっても、英語ができなければ意味がない、伝わらないのだ。
為末大選手が弁護士になって、スポーツ仲裁をやりたいという。でも、あれだけの能力のある人が、今の制度で受かるだろうか。司法試験なんか適当にやさしくして受からせればいいではないか。法務省が、点数に拘泥する発想が、こういう停滞を生んでいる。善意だけど、企業はどう動いているのか、庶民はどう苦労しているのか、知ろうとしない。この集会の声を聞き、やっぱり我々は正しいと思った。この声を法務省に届けたい。

<関連>
日経新聞「インハウスの人材供給が追い付かない。『弁護士は余っている』という見方は当てはまらなくなってきている。」(2017年8月22日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52194886.html
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の感想 その1(岡田弁護士による為末さんについての発言)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096696.html
岡田和樹先生の為末さんに関する発言、あれは為末さんへの侮辱以外の何物でもないと思ったのは私だけなんでしょうか?
本当に信じられない思いがしました。どんなに善意的に解釈しようとも、私には受け入れ難いものがありました。
耳を疑うというか、もう呆然としてしまって、ほかの言葉が頭に入ってこないほどでした。
あんなことを公の場で発言できるこの人はなんなのだろう?と思ったのですが、私の感覚はおかしいのでしょうか?
岡田先生の名声や信頼が傷付かなければいいなと心配してしまうのですが…。
あの岡田先生のスピーチ、3000人合格を目指す人たちからしたら「そうだ!そうだ!」って賛同する話なんでしょうか。
私にはおよそ理解できない・・・('A`)
「司法試験3000人合格を実現する国民大集会」の感想 その2(需要の正体)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html
私はてっきり、彼らの主張とは、「法科大学院の教育は有益で、社会に有能な弁護士を多数輩出しているのだから、社会は必ずや弁護士の実用性を認めて、喜んで相当の対価を払うだろう。」というものだと思っていたのですが、そうではないようです。
対価なんていらない、という人材をたくさん輩出するのが目的らしい(!)のですよ。
ですから、中村先生が言う「需要」と、彼らが想定している「需要」は、まったく違うものなのですね。
これは成仏理論にほかならないのです。


<おまけ>
合格者3000人国民大集会では、「3000時間はムダだと考えられないか?」という名言(迷言?)も誕生しました。
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096616.html
https://note.mu/pointscale/n/n211931293249
(68期修習生)
私は、学校を作って教育をしたいと考えている。法律はその手段として選んだ。法曹は「いろいろなところに行けるスキル」だと思っている。私は、一度は司法試験に落ちた。そこで思ったのは「司法試験は学問ではない」ということだ。そこで、二年目は3000時間かけて試験勉強をし、合格した。もし、合格者が3000人だったら、私は一度目で合格できただろう。そう考えると3000時間はムダだと考えられないか?
タダスケのボコボコ相談室
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20141029/1414583746
質問
私は、一度は司法試験に落ちた。そこで思ったのは「司法試験は学問ではない」ということだ。
そこで、二年目は3000時間かけて試験勉強をし、合格した。
もし、合格者が3000人だったら、私は一度目で合格できただろう。
そう考えると3000時間はムダだと考えられないか?


答え
お前、もう少し世間を勉強したらどうじゃ。
選抜試験としての司法試験に、技術的側面があるのは当然じゃろ。気づくのが遅いんじゃ。
今までの時間がムダかもしれないと思ってがっかりしているのは、お前のようなアホに対して授業をしてくれたロースクールの先生方じゃ。
今までお前を育ててくれたご両親じゃ。
弁護士になったら、ご依頼者に迷惑かけんように、これからもしっかり勉強せいよ。
じゃあの。

フィニッシュブロー
お前は一般常識を3000時間勉強しろ!


schulze at 22:31|PermalinkComments(1) 司法試験 | 司法制度

2017年08月22日

日経新聞「インハウスの人材供給が追い付かない。『弁護士は余っている』という見方は当てはまらなくなってきている。」

インハウス弁護士 存在感 10年で10倍、IT企業が積極採用 新事業、法的リスク見極め(2017/8/21付 日本経済新聞 朝刊)
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO20126810Y7A810C1TCJ000/
企業が弁護士を社員や役員などとして抱える「インハウス(企業内)弁護士」が急増している。コーポレートガバナンス(企業統治)の意識の高まりを受けたばかりでなく、IT(情報技術)企業などでは新規事業を立ち上げる際にも重要な役割を演じる。半面、人材供給が追い付かないなど課題も多い。
(中略)
人材不足が課題
ただ、こうした需要増に、人材供給は追いついていないのが現状だ。弁護士の就職や採用支援のサイト「ジュリナビ」を運営するジュリスティックス(東京・港)にはここ数年「弁護士を採用したいが、思うように集まらない」との相談が増えたという。野村慧リーガルプレースメント事業部長は「超有名企業でも1年以上、希望の条件に合う人材を採用できない例がある」と話す。一因には、司法試験合格者数の減少がある。司法試験合格者が司法修習を終えた後の就職先をジュリナビが調べたところ、08年以降、法律事務所に所属するのは毎年1400〜1700人程度。これに対し司法試験合格者は14年から2千人を割り込み、16年は1583人に落ち込んだ。







<参考>
社内弁護士の基本的な給与や賞与は一般の正社員と同等
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52171605.html
企業内弁護士数の推移(日本組織内弁護士協会/JILA調べ、2017年6月30日現在) 伸び幅・伸び率とも鈍化傾向?
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193337.html
第18回法曹養成制度改革顧問会議(平成27年3月26日開催)【資料2−1】法曹人口調査報告書骨子試案
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52113821.html
(企業のニーズ 25〜26ページ)
『中小企業調査においては,法曹有資格者を通常の正社員として採用していると回答した企業も,任期付社員として採用していると回答した企業も,ともになかった。また,98.1%の企業は,法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はないと答えており(問10),採用は進んでいない。』
『大企業では,法曹有資格者を社員として採用している割合は未だにそれほど多くはなく,76.2%の企業においては,法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はないと答えている。』
(自治体のニーズ 30ページ)
『法曹有資格者を採用しているか(問10)に対しては,640自治体(有効回答733のうちの87.3%)が「法曹有資格者を採用していないし,今後も採用する予定はない」と回答している。』



私が言いたいことは、だいたい皆さんがすでにおっしゃってくださっています。

私の実感としても、「弁護士の数が足りなくて、人材供給が追い付かない」などという事態は発生していないと思います。

募集に応募がないのは、提示している条件が低いことが原因でしょう。
相応の対価を支払おうとはしない求人は、そもそも需要とは言えないのです。

・法科大学院への学費負担
・司法試験不合格のリスク
・司法修習の貸与
・学部卒業時に就職しなかったことによる逸失利益
これらの経済的負担やリスクを負ってまで弁護士となったことに見合う対価が得られなければ、これから弁護士になろうと思う人は出てこないでしょう。

この記事に対する一番の違和感は、
たしかに企業が提示した条件に応募がなかったのだとしても、その企業があまり困っている感じがしないところだと思います。
企業にとっては、「いると便利」かもしれないが、「いなくても別になんともない」のが、今のインハウスの実態ではないでしょうか。
・・・そういえば、「採用できなかったために、こんな不都合があった」という具体的な話は、あまり耳にしませんね。


<関連>
日経新聞が言う「企業が求める人材」の例
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51956761.html
・契約や業務をチェックできる能力や語学力が欲しい。
・経済や社会に関心があり、当該業界の知識もある。
・年収300〜400万からスタート。
Law未来の会の皆さんの発言
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52096748.html
(後藤富士子弁護士の発言)
「年収300万円でもいいという人を生み出すためにも、合格者増員が必要だ」
(岡田和樹弁護士の発言)
「就職先がないというのは300万とか500万とか貰えるのがないという話で、就職先自体はあるはずだ。」
弁護士が年収300万円で雇えるとなれば、需要は劇的に増えるでしょう。
ジュリナビが企業の人事・採用担当者へ配信しているメールマガジンに記載されている条件
(再掲)第16号(2016/10/19発行)より
〜〜今月の新規求職者ピックアップ〜〜

・30代 男性 弁護士
一般民事系法律事務所 実務経験1年以上
採用に必要な年収 450〜500万円程度

・20代 女性 司法修習生(70期生)
事業会社 法務経験2年以上
採用に必要な年収 500〜600万円程度

・30代 女性 弁護士
一般民事法律事務所 実務経験3年以上
採用に必要な年収 500〜600万円程度

・30代 女性 弁護士 
総合法律事務所 実務経験2年以上
採用に必要な年収 600〜700万円程度

・30代 男性 弁護士 
企業法務系事務所 実務経験2年、事業会社(インハウス)実務経験3年以上
採用に必要な年収 800〜900万円程度

・30代 男性 弁護士
大手渉外法律事務所 実務経験5年以上(事業会社に出向経験有り)
採用に必要な年収 1,000〜1,500万円程度


schulze at 00:00|PermalinkComments(7) 企業法務 | 司法制度

2017年08月21日

中日新聞社説「一日も速く最低賃金の時給1000円に到達すべき」⇒自社のアルバイトは910円で募集していることが話題に

中日新聞社説「一日も速く時給1000円に到達すべき」 自社のアルバイトは910円で募集と話題に
http://getnews.jp/archives/1874614



これ、どこかで見覚えのあるような既視感があるなぁ・・・と思ったら

「企業内弁護士の有用性を説きながら、自社では弁護士を採用しようとしない大手新聞社」

と同じパターンではないですかね。
(´・ω・`)

schulze at 22:57|PermalinkComments(0) ネタ | 司法制度

松山千春が1時間遅延の全日空機内で「大空と大地の中で」を熱唱

絶賛!松山千春の「神対応」 1時間遅延の機内で「大空と大地の中で」を熱唱(J-CASTニュース)
https://www.j-cast.com/2017/08/21306272.html
『2017年8月20日正午ごろ、松山さんは新千歳空港から大阪(伊丹)空港行きの便に乗った。だが飛行機は、混雑により出発予定時刻を過ぎても出発できず、乗客は約1時間待たされることに...。松山さんはそこで、自ら客室乗務員に掛け合い、マイクを借りると、自身の代表曲「大空と大地の中で」を歌い出したというのだ。』




以前に、シンディ・ローパーが足止めを食らったブエノスアイレスの空港のカウンターで「Girls Just Want To Have Fun」を即興で歌い始めた話を思い出しました。
(^^ゞ

http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51834084.html


schulze at 22:44|PermalinkComments(2) 音楽 | イイハナシダナー

徳川幕府 歴代将軍路線図





なんだこれwwwww

schulze at 21:47|PermalinkComments(0) ネタ | 思わず保存した画像

【急募】子育て期の電動アシスト付自転車の選び方

電動アシスト付自転車が欲しいと嫁が言い出しているのですが、
おススメとか、選ぶ際のポイントとか、どこで買ったらよいか(量販店の店頭か、それともネットか)とか、
経験者の方でアドバイスいただける方、いらっしゃいませんか。

私自身が、生まれつき足に障害があるため、これまで自転車というものに乗ったことがなく、
選び方がよく分かっていないのです。
使い勝手だけでなく、値段的な相場観もありません。

また、子育てをする上で、子供を乗せて走ったときにどうなのか、といった具体的な場面となると、
ますます想像できないのです。

迷ってるのは
・大きさ。大きいほうがよいのか小さいほうがよいのか?
・バッテリーの容量。大きければいいというものでもない?重くなる?
・子供は前に置くのが良いのか、後ろに置くのが良いのか?

こんなところです。

選び方を解説しているサイトでも結構です。
よろしくお願いします。

schulze at 21:42|PermalinkComments(18) 日記 | 成長記録

2017年08月20日

入学者の激減を人のせいにするロー関係者への反論用テンプレート【更新版】(2017年8月現在)

入学者の激減を人のせいにするロー関係者への反論用テンプレート【更新版】(2017年8月現在)
問題の捉え方がそもそも間違っている。
【 A 】からローの入学者が激減したというのが間違っているのである。
何のためにローを設立したのか。私の知り合いの医師が言ったことがある。
世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない、と。
人々のお役に立つ実務家を養成していれば、ローも潰れることはないであろう。
潰れさえしなければ、大学院、まずはそれでよいのではないか。
その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、ロー関係者も喜んで成仏できるというものであろう。
(元ネタ全文)
http://livedoor.blogimg.jp/schulze/imgs/6/1/6122fcf3.jpg


【 A 】に入れる言葉は、次の1〜7から適宜お選びください。
(・∀・)

1 司法試験の合格率が低い
2 予備試験に人気が集中している
3 法曹志望者の心の貧困
4 弁護士会らによるネガティブキャンペーン
5 新幹線に負けた
6 適性試験が志願者確保の障害になっている
7 東大法学部の権威ある教授を高給で多数採用しても全員やる気がないビンボー神だった ←New!


<参考>
2017年法科大学院全国統一適性試験 実受験者数3,086人(昨年▲200人、6.1%減)、入学有資格受験者の実人数3,014人(昨年▲196人、6.1%減)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52191872.html
法科大学院適性試験の志願者減少ぶりは歌志内市の人口減少に匹敵
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52148503.html
歌志内市の人口
最大 46,171人(昭和23年)
 ↓
現在 3,462人(平成29年7月末)…92.5%減

適性試験志願者数(実人数)の推移
39,350人(2003年 DNC)※JLFの志願者も含めると4万人以上は確実
 ↓
3,086人(2017年)…92.2%減
法科大学院別 平成29年度ロースクールの入学者数【5月17日最終:全43校の結果反映】
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52183542.html
【悲報】入学者数50人以上の法科大学院が8校しかない件(※平成19年は45校)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52187411.html

【悲報?】法科大学院、前文科事務次官から失敗認定される【朗報?】
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193509.html
佐藤幸治氏の特別講演での発言「認可される法科大学院数は20から30のはずだった」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52192128.html
麻生財務相「法科大学院のような失敗を繰り返さないように、との思いがあった」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52186712.html

今一度、法科大学院へ進学する経済的リスクを確認しよう
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52152035.html
中年男が「大学院なんか行くな」と呼びかける事案が発生
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52141928.html
日弁連速報 法曹養成号外No.39「法曹養成制度改革課題(1500人の実現へ向けて)」のイメージ図
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52140826.html
法曹志望者数回復「何とかならないか論」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52067851.html
消費者(=法曹志望者)を攻撃している時点でオワコン
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52065942.html
法科大学院の理念や必要性は、志望者に強制しないことには、了解も評価もされないことを前提にしている
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51955538.html
「法科大学院志願者の増加は司法試験合格者の増加以外に切り札はない」というのは、もはや信仰ではないか
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52134461.html
【特別企画】成仏理論生誕10周年 フリートークエントリー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52150353.html

<関連>
100万回生きたロースクール(タダスケの日記)
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20150625/1435276427
法科大学院に入学者が集まらないの…(タダスケの日記)
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20140405/1396710055
そしてロースクールには誰もいなくなった(タダスケの日記)
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20131103/1383439404
注文の多いロースクール(タダスケの日記)
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20131013/1381663197

schulze at 00:00|PermalinkComments(1) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | ネタ

2017年08月19日

【再訪】高田馬場「和」

桜の季節の頃に、高田馬場で入ったお店が美味しかったので、再訪してみました。

(2017年4月8日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52184092.html
和
「和」
東京都新宿区高田馬場2-8-3 佐々木ビル2F
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13139169/


再訪したのは蕎麦が目当てだったのですが、
なんと、日本蕎麦の提供は7月いっぱいで終了!!
長崎の五島うどんに変更になっていました。
Σ(´д`;)

ふぐ天丼セット

でも、このうどんもコシがあって美味しい!
今回はふぐ天丼とのセットにしてみましたが、この天丼も美味しかったです。
このボリュームで、茶わん蒸しとデザートもついて1500円は、かなりコスパが良いと思いました。


ベテラン風の店員さんに「以前に食べた蕎麦が美味しかったので、食べられなくて残念」と伝えたところ、
これまで仕入れていたお蕎麦屋さんの名前を教えていただきました。
\(^o^)/

さっそく、帰り道にそのお蕎麦屋さんに立ち寄って、「年末に生蕎麦の持ち帰りをやっているか」を問い合わせてみたところ、やっているということでしたので、今年の年越し蕎麦は、こちらで決定です。
(・∀・)

schulze at 23:02|PermalinkComments(1) 食べ物・飲み物 | 写真

靴がない

うちの息子、自力で立っていられる時間がかなり長くなり、まだ数歩ではありますが、歩けるようになってきています。

そこで、そろそろ外出用の靴を用意したほうが良いのではないか?という話になり、アカチャンホンポへ。

店員さんに相談したところ、
「初めてのシューズの場合、室内履き用の柔らかい素材のものから始めて、徐々に慣れさせてから、外出用のシューズを買うのが良い」
と勧められました。
(室内履き用のシューズを買わせるためのセールストークなのかもしれませんが、まぁそれは置いておいて)
なるほどね、それでは室内履きとやらから始めてみますか・・・ということで、息子の足の長さを測ってみたところ


13.5cm


もありました。
Σ(´д`;)


ピジョンのそだちおうえんシューズ、ファーストステップのシリーズは13cmまでしかないの…。
(ノД`)

やはり、うちの息子(親に似て)図体だけはデカい、デブちんなのです。。。。

結局、セカンドステップの14cmを購入しました。
これでも、セカンドステップの最大サイズ…。
(´・ω・`)

ピジョン育ち応援シューズ

schulze at 22:30|PermalinkComments(1) 成長記録 | 日記

仙台育英が大阪桐蔭にサヨナラ勝ちした瞬間、Koboスタ宮城の楽天戦が試合中断

【甲子園】マモノ暴れる!仙台育英が9回に奇跡的な逆転サヨナラ!!!!
http://blog.livedoor.jp/yakiusoku/archives/54761710.html

大阪桐蔭1-0仙台育英 9回裏2死1・2塁
仙台育英がショートゴロで試合終了
04354

・・・と思われたが、捕球時にファーストがベースを踏んでおらず判定はセーフ
04352

2死満塁で試合続行、センターオーバーで仙台育英サヨナラ
04355


仙台育英の逆転サヨナラ影響? 楽天の試合止まる(2017年8月19日21時1分 日刊スポーツ)
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1874665.html
仙台育英の逆転サヨナラ劇が、地元楽天の試合を止めた。仙台育英が9回裏に逆転サヨナラ勝ちを収めた瞬間、Koboパーク宮城のスタンド全体がざわつき、石山球審がタイムを宣告。場内が静まり返るまでの約10秒間、試合を止めた。3回表2死二、三塁で打者中村晃の場面。カウント1−1から楽天則本が投球動作に入ろうとしたタイミングでタイムが宣告された。スタンドの観客が甲子園の試合の様子を携帯電話を使ってインターネット動画で見ていたためとみられる。


これは、しゃーない。
試合を中断して、パブリックビューイングを始めたら神対応ですが。
(^_^;)

schulze at 21:25|PermalinkComments(0) 野球 | ネタ

2017年08月18日

【悲報】「東大法学部の権威ある教授を高給で多数採用しても全員やる気がないビンボー神」のもよう

元東大教授と天下り官僚に翻弄される私大の悲惨(ダイヤモンドオンライン)
http://diamond.jp/articles/-/137283
「麗しき花園ともいえる私立大学は、東大勢がはびこると“不毛の砂漠”となり果てます。三流の私大では学科長クラスの待遇で迎えるわけですが、東大の人は“親方日の丸”のメンタリティですから、生徒集めの苦心などはまるで知りませんからね。それでも意見は言うし、周りも受け入れざるをえない。その結果、入試志願者が激減してしまうことになる」
濱野氏が経験してきた実例を挙げてもらった。
「定員の5割減になっても、『今年は定員割れした』と他人事のように言うだけ。『定員割れとは96%で終わったときに言うセリフであって、5割減になってまで何を言うか』と、どやしつけた先生もいた。常識的判断しかできないし、過当競争でしのぎを削っている私大を経営的にサポートしようという気が全然ない。責任を取らないくせに、要職には就きたがる権力志向があさましいほど強い」
運営費交付金で手厚く保護されている国立大学の中でも、東大は特に安泰。そんな環境の中で生きてきたため、私大にとって大切な学生集めに関心もなく、当然のように愛校心もない。結局のところ、何もしない人が多いのだという。
「有名予備校の経営者が建学した、埼玉県にある某法科大学院では、当初、司法試験合格者数で東大に比肩できるぐらいの人気校にしようと、本郷の法学部の権威ある教授を高給で多数採用しました。ところが全員やる気がなく、ご自分が司法試験の審査員のくせに生徒をよう育てもせん教授たちだった。初年度も次年度も合格者数は数名という空振り三振ばかり。これが何年も続いて大学院経営はガタガタになった。経営者は神様を雇ったつもりになっていたら、とんだビンボー神だった、というお粗末です」


世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない一方で、
世の中の人々のお役に立つ仕事をしなくても成仏しない人たちもいるようです。

schulze at 21:32|PermalinkComments(5) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | 司法制度

重鎮の方々は見ていないようです

某MLにて、いまさらながらLL7が話題となっておりまして、
「こんなの知らなかった」などといったやりとりが重鎮の弁護士間でされているのを見ると、
ここのブログを重鎮の方々は見ていないことが確認できて、ちょっと安堵するものがあります。
(^_^;)



<関連>
「先導的法科大学院」(LL7)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193407.html
まだあわてるような時間じゃない
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52193761.html

schulze at 19:02|PermalinkComments(0) ロー進学、ダメ。ゼッタイ。 | ネタ

フェイスブック

私は、フェイスブックを登録だけしていて、ほぼ何も記載しないまま放置しているのですが、
ふと、自分の写真でも上げてみるかと思い付き、子供と一緒に写った写真をアップしたところ、30人近くもの方から「いいね!」をされて、驚いています。
フェイスブックの影響力というか、自分ってこんなに友達がいたんだ(苦笑)。

ラーメン屋の前で子供を抱いているというふざけた写真に「いいね!」されるのも、妙に気まずいような…。
(^_^;)
もっと真面目な写真にすれば良かった。

schulze at 18:53|PermalinkComments(0) 成長記録 | ネタ

話題のツイート




これはwwwww
改札出て、真っ先に「インパール作戦」とか「牟田口」といった文字が視界に入ったら、目を疑いますね。
(´・ω・`)


<関連>
現代のインパール作戦(2012年8月23日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51973029.html

schulze at 00:01|PermalinkComments(0) ネタ | 思わず保存した画像