2019年03月

2019年03月31日

運営会社「東北海道アイスホッケークラブ合同会社」設立

存続へ運営会社設立=アイスホッケーのクレインズ(2019年3月31日17時32分 時事通信)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019033100332
アイスホッケーの日本製紙クレインズの廃部に伴い、クラブチームとしての存続を目指す運営会社「東北海道アイスホッケークラブ合同会社」(札幌市)の設立が31日、北海道釧路市で発表された。今後は運営費を拠出するスポンサーを募り、新チームとしてアジアリーグ加盟を目指す。スポーツ用品販売会社を札幌市内で経営する茅森健一氏(40)が代表社員に就任した。安永敦美オーナー兼代表と茅森氏が同日、記者会見して明らかにした。


今日のファン感謝デーをもって、日本製紙クレインズとしての活動はすべて終了しました。
クラブチームの運営会社の設立は、とりあえず受け皿の「箱」ができた、という段階です。
肝心のスポンサー探しはこれからです。

運営会社の代表となった茅森さんは、トップリーグの西武でプレーした茅森さんのお兄さんですね。
ご自身も法政大のアイスホッケー部OBですが、トップリーグではプレーされていません。
札幌でホッケー用具の販売などをやっておられると聞いています。

日光アイスバックス方式のクラブチームとして存続を目指す方向性は明確になりましたが、しかし、ここからが本当の勝負です。
時間も限られている中、状況はきわめて厳しいと言わざるを得ません。
道新は「4月末までに資金が集まらなければ存続を断念する可能性」を報じています。


クラブチームで存続目指す アイスホッケー日本製紙(2019/03/31 19:08 北海道新聞)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/291966
釧路市内で開いた記者会見で、チームの安永敦美代表は「厳しい事業だが、各方面から支援してほしい」と話した。スポンサーに興味を示す企業はあるが契約に至っておらず、4月末までに資金が集まらなければ存続を断念する可能性もある。


schulze at 22:37|PermalinkComments(1) アイスホッケー | 日記

目黒川の桜

目黒川の桜 大崎ニューシティから御成橋付近


DSC_1133

DSC_1134

DSC_1135

DSC_1136

DSC_1137

DSC_1138

DSC_1139

DSC_1140

DSC_1142

DSC_1143

schulze at 20:45|PermalinkComments(0) 日記 | 写真

【予告】今年もやります 法科大学院別の入学者数情報の収集【ご協力のお願い】

当ブログでは恒例となりました、法科大学院別の入学者数情報の収集を今年も実施します。

(今年のまとめ記事はこちら)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52231260.html


読者の皆様にも、積極的な情報提供をいただければ助かります。
ご協力、よろしくお願いいたします。

コメント欄に情報をお寄せいただく際には、情報ソース・URL等もご紹介ください。


なお、当ブログではコメントを投稿する際には、いわゆる捨てハンドルではなく、他人と識別できるお名前を名乗るようお願いしております。
「名無し」や「通りすがり」はNGワードに設定していますので投稿できません。捨てハンドルでの投稿には原則として管理人は応答しません。
ご理解の上、ご協力をお願いいたします。


<過去の例>
2018年度(平成30年度)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210833.html
2017年度(平成29年度)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52183542.html
2016年度(平成28年度)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52150453.html
2015年度(平成27年度)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52118422.html
2014年度(平成26年度)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52069900.html

ロースクール開校以来(平成16年〜)の法科大学院別入学者数の推移
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52222393.html


続きを読む

schulze at 00:00|PermalinkComments(12) 司法試験 | 司法制度

2019年03月30日

ホリデー快速ビューやまなし、塩山(慈雲寺、周林禅寺)、勝沼ぶどう郷

「ホリデー快速ビューやまなし」に乗って、塩山(慈雲寺、周林禅寺)、勝沼ぶどう郷を巡ってきました。


DSC_0092国立
ホリデー快速の車内から無理やり撮影した、国立駅前の大学通りの桜。

DSC_0096
国立−立川間

DSC_0099
豊田車両センターに1両だけ残されている201系。

DSC_0101

DSC_0103
塩山で下車しました。

DSC_0109
塩山を出発するホリデー快速ビューやまなし

DSC_0115
塩山駅北口の桜


続きを読む

schulze at 22:28|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

2019年03月29日

京急800形、6月中旬に引退決定

京急の「だるま」800形電車、6月中旬引退 記念乗車券を発売、特別貸切列車も運転(2019.03.29 乗りものニュース)
https://trafficnews.jp/post/84852



引退は今年度内と聞いていましたので、少しだけ延びました。
すでにリバイバルカラーの823F以外は運用離脱しているもようです。
ゴールデンウィークもあるので、あと一回ぐらいは撮りに行ける機会があるかもしれません。



<京急関連>
逗子第一運動公園に静態保存されている京急旧600形デハ601(2019年2月16日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52229388.html
京急4駅の駅名変更を発表(2019年1月26日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52228376.html
八ツ山橋踏切(2019年1月19日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52228017.html
上大岡・京急百貨店「第10回 京急鉄道フェア」(2018年12月28日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52226797.html
京急2100形快特 前面展望(2018年12月28日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52226799.html
「京浜急行電鉄 名車の軌跡」(イカロス・ムック)(2018年12月6日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52225632.html
「鉄道コレクション」から京急旧600形冷房車2両セット発売(2018年12月2日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52225345.html
京急800形 827F(2018年11月25日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52225021.html
上京型のニセ電話詐欺 北品川で声掛け奏功 住民や駅員が未然防止(東京新聞)(2018年11月21日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52224793.html
引退間近、京急「800形」は画期的な車両だった 今は貴重な「片開き4ドア」(東洋経済オンライン)(2018年11月11日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52224244.html
京急800形@大森町(2018年10月20日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52223105.html
京急800形@鮫洲・平和島・北品川(2018年10月8日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52222372.html
京急800形@六郷土手河川敷(2018年9月24日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52221592.html
京急、46駅で駅名変更を検討(神奈川新聞) (2018年9月19日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52221267.html
京急品川駅(2018年9月3日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52220407.html
Nゲージ 京急旧1000形&700形(2018年8月23日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52219807.html
京急の写真(北品川、八ツ山橋踏切、神奈川新町)(2018年8月18日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52219522.html
京急800形リバイバルカラー823F@夜の八ツ山(2018年8月17日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52219473.html
権現山公園+八ツ山橋踏切(2018年4月8日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52211381.html
八ツ山橋踏切で京急を狙う(2018年3月26日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210485.html
D5300で初撮影(2018年3月10日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52209547.html
原鉄道模型博物館の京急展(2015年11月2日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52137696.html
京急の写真(日ノ出町・南太田・金沢文庫)(2011年4月29日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51852498.html
京急800形への思い入れ(2010年5月2日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51712321.html
京急蒲田駅の現状(2010年5月1日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51712253.html
デジカメ購入(2007年7月22日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51041347.html

schulze at 20:47|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2019年03月28日

日弁連法務研究財団の法科大学院認証評価 2018年度下期は不適合評価なし

日弁連法務研究財団の2018年度下期の法科大学院認証評価では、全4校(中央・岡山・日本・琉球)が適合となり、不適合評価はありませんでした。
https://www.jlf.or.jp/work/ninshohyoka_2018latter.shtml



<参考>今年度の法科大学院認証評価
大学改革支援・学位授与機構(横国大ローと近畿大ローが不適合)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52231297.html
大学基準協会(南山大ローが不適合)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52231255.html



<参考>昨年同時期の不適合評価ロースクール
法政大ロー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210675.html
専修大ロー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210772.html

schulze at 21:28|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

五反田ふれあい水辺広場 桜ライトアップ

目黒川沿いの五反田ふれあい水辺広場での夜桜ライトアップを見てきました。

(参考)
https://sp.jorudan.co.jp/hanami/news/jrd_190325_2.html
さくらのライトアップ2019
開催日時:〜4/14(日)
※点灯時間:17時〜21時
会場:品川区立五反田ふれあい水辺広場(東京都品川区東五反田2-9-11)
内容:目黒川沿いの桜並木をライトアップ/期間中キッチンカー出店


DSC_1117

DSC_1119

DSC_1120

DSC_1121

DSC_1122

DSC_1124

DSC_1125

DSC_1126

schulze at 21:26|PermalinkComments(0) 日記 | 写真

広電、駅前大橋ルート及び循環ルートを整備

駅前大橋ルート及び循環ルートの整備について(広島電鉄)
http://www.hiroden.co.jp/topics/2019/0327-hiroshimastation.html
駅前大橋ルートの整備
広島駅南口広場への路面電車の現行ルートは、広島駅と八丁堀・紙屋町地区間は迂回ルートとなるため所要時間が長くなっていますが、 稲荷町交差点から駅前大橋を経由する駅前大橋ルートを整備することで定時性や速達性の向上を図ります。

map1


循環ルートの導入
駅前大橋ルートの整備にあわせ循環ルートを新たに導入します。八丁堀、紙屋町における商業・業務施設、南区の大型商業施設や現代美術館、平和記念公園などの 施設を環状で結ぶことで、お客様の利便性向上を図るとともに、さらなる都心の賑わい創出や回遊性の向上を促します。

map2



これは、なかなかの積極策で、期待大ですね!
(・∀・)

schulze at 21:25|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2019年03月27日

法科大学院認証評価で横国大ローと近畿大ローが不適合

法科大学院、2校を不適合 認証評価で横浜国立大と近畿大(2019/3/27 15:50 共同通信)
https://this.kiji.is/483528862021010529?c=39550187727945729
大学改革支援・学位授与機構は27日、2018年度に実施した法科大学院13校の認証評価結果を公表し、横浜国立大と近畿大の両法科大学院について、評価基準に「不適合」とした。いずれも入学者数が定員の半分を下回り、司法試験合格率も低迷が続いていることを理由に挙げた。2校は19年度以降の学生の募集停止を発表している。機構は2校とも「教育の質に重大な欠陥がある」とし、募集停止で今後の改善も望めないと判断。近畿大法科大学院については、多くの授業科目で履修者が10人を下回り、討論型の授業などを適切に行うのが困難とも指摘した。ほかの11校は「適合」だった。


昨日の大学基準協会による認証評価での南山大ローに続き、今年度の認証評価での不適合は計3校になりました。
ただし、両校ともすでに募集停止を発表していますので、大勢には影響がないものと思います。


(備考)
法科大学院を対象とした認証評価機関は、日弁連法務研究財団、大学評価・学位授与機構、大学基準協会の3つがあります。
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/houka/1366313.htm


日弁連法務研究財団は、今年度下期の認証結果がまだ公表されていないようです。
https://www.jlf.or.jp/work/dai3sha.shtml



<参考>昨年同時期の不適合評価ロースクール
法政大ロー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210675.html
専修大ロー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210772.html

schulze at 23:04|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

単線区間で運転士「通票」忘れ、あわや正面衝突(読売新聞)

単線区間で運転士「通票」忘れ、あわや正面衝突(読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190326-OYT1T50284/
高知市のとさでん交通伊野線朝倉停留場付近で25日、単線区間に下りの路面電車(1両)が誤って進入して上り電車(1両)と37メートルまで接近する事案があり、国の運輸安全委員会は事故につながりかねない「重大インシデント」と判断、鉄道事故調査官2人を26日に同社に派遣した。同社は2016年にも近くで同様のミスを起こしており、委員会は運行管理の見直しを求めていたが、費用がかかるとして従来方式を続けていた。(中略)本来は下り電車が複線の停留場で待機し、上りの電車から単線区間に入るための「通票」と呼ばれる通行証を受け取ったあと、出発する決まり。同社によると、20歳代の男性運転士が失念していたという。伊野線は、信号で運行を管理する区間と通票を使う区間があり、委員会は16年の際の調査報告書で「(方式を)統一し、通票の廃止を検討することが望ましい」としていたが、同社は「信号導入には多額の金がかかる」として導入できていなかった。


これは、とさでんの自助努力に委ねるだけでは、永久に問題が解決しないでしょう・・・。
(´・ω・`)
公的な支援がないと、問題が放置されるだけのように思います。

schulze at 23:01|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

東京急行電鉄、「東急」に商号変更へ 鉄道事業は子会社「東急電鉄」に承継

東京急行電鉄、「東急」に商号変更へ 鉄道事業は子会社「東急電鉄」に承継(乗りものニュース)
https://trafficnews.jp/post/84758
東京急行電鉄は2019年3月27日(水)開催の取締役会で、商号を「東京急行電鉄株式会社」から「東急株式会社」に変更することを決議しました。変更日は定時株主総会で承認可決されることを条件として、2019年の創立記念日である9月2日(月)の予定です。(中略)鉄道事業(軌道事業の世田谷線を含む)は、現在の東京急行電鉄が100%出資して設立する新会社に承継させる吸収分割方式を検討。4月25日(木)に子会社「東急電鉄分割準備株式会社」を設立します。さらにこの東急電鉄分割準備株式会社は、9月2日(月)に、「東急電鉄株式会社」へ商号変更する予定です。



いつかこうなるだろうとは予想していました。
京王帝都電鉄が京王電鉄になってから、いつの間にかすでに丸20年になっているのですね。
この調子だと、京浜急行電鉄が京急電鉄に変更するのも時間の問題かもしれません。

schulze at 21:30|PermalinkComments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

2019年03月26日

【速報】法科大学院認証評価 南山大ローが不適合

公益財団法人大学基準協会が実施している2018(平成30)年度法科大学院認証評価において、南山大学法科大学院が不適合評価となっています。
https://www.juaa.or.jp/accreditation/law/result_2018.html

なお、評価報告書は公開予定となっており、まだ公開されていないようです。


<参考>南山大ローの入学者数の推移
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52222393.html
6(H30)←7(H29)←9(H28)←7(H27)←6(H26)←14(H25)←32(H24)←26(H23)←27(H22)←36(H21)←64(H20)←47(H19)←51(H18)←40(H17)←51(H16)


<参考>昨年同時期の不適合評価ロースクール
法政大ロー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210675.html
専修大ロー
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52210772.html



<余談>
法科大学院ではありませんが、公益財団法人大学基準協会による今回の認証評価では、東京医科大の2017年度適合評価が取り消しとなっています。

東京医科大は基準「不適合」 不正入試受け初の評価変更(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASM3T3SB9M3TUTIL00T.html
大学の教育状況などをチェックする認証評価機関の「大学基準協会」は26日、不正入試などが発覚した東京医科大が、協会の基準に「適合」するとした2017年度の評価を取り消し、「不適合」に変更した、と発表した。大学などの認証評価制度が04年度に始まって以来、「適合」の評価が取り消されて「不適合」になるのは初めて。


schulze at 21:57|PermalinkComments(0) 司法試験 | 司法制度

第一東京弁護士会 企業内弁護士委員会発行「企業内弁護士 雇用の手引き(第二版)」公開のお知らせ

第一東京弁護士会・企業内弁護士委員会にて発行しております「企業内弁護士 雇用の手引き」をこのほど改訂し、第二版として公開しました。
http://www.ichiben.or.jp/data/kigyonaibengoshitebiki2.pdf


この手引きでは、企業への就職に際して弁護士が企業と協議しておくべき事項、弁護士登録をしていることに伴う諸問題、弁護士会へ届け出が必要な書類等について、それぞれ解説してあります。

また、今回の改訂では、委員会のメンバーで現役インハウスの先生方に、自分がインハウスを志望した理由や就職活動の体験談などを語ってもらうコラムを執筆いただき、新たに収録しています。

企業への就職を希望している司法修習生、企業への転職を考えている弁護士、あるいは弁護士の採用を検討している企業の実務ご担当者の方、といった方々にご参照していただければ幸いです。


私がこのような手引きを作ろうと発案するに至ったのは、私なりに、インハウスになろうかと悩まれている皆さんの「道しるべ」となるものを提供できれば・・・という思いからでした。
ご自身のキャリアは、それぞれが選択し決断するものではありますが、この手引きではインハウスをめぐる最新の論点などにも触れていますので、会社へ入る前に一度読んでいただければ何かのお役に立てるかもしれないと思っています。


<関連>
いま求められているのは「夢」ではなく「現実に対処する道しるべ」だと思う
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52026232.html

schulze at 17:56|PermalinkComments(3) 企業法務 | 司法修習

NHK「いないいないばあっ!」ゆきちゃん卒業

「いないいないばあっ!」6代目おねえさん・ゆきちゃん番組卒業へ NHKが取材に認める(2019/3/25 18:23 J-CASTニュース)
https://www.j-cast.com/2019/03/25353460.html?p=all
【Eテレ】ついに「ゆきちゃん」が卒業か!? スイちゃんとのW卒業に子供よりパパママが震える
https://rocketnews24.com/2019/03/25/1189009/



子供が生まれるまで、まったく関心もなかったのに、今や我が家ではこの話題でもちきりです。
(´∀`*)

schulze at 12:06|PermalinkComments(2) 日記 

2019年03月25日

サイゼリヤ来客数減少の理由

サイゼリヤについて考えてみる。
https://blog.goo.ne.jp/hihi64/e/988bc2ae07ceac564db346cf8ecd5185

○ハンバーグが圧倒的にガストの方が美味しい。




全地球人類が同意すると思います!
(`・ω・´)



それでも、エスカルゴのオーブン焼き、食べに行っちゃうの・・・。
(´・ω・`)



<参考>
サイゼリヤの『エスカルゴのオーブン焼き』最強説 / コスパが一番高いのはミラノ風ドリアじゃない
https://rocketnews24.com/2018/05/06/1051432/

schulze at 20:52|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | ネタ

山陰ロー廃止、15年の歴史の幕(山陰中央新報)

最後の修了生 学位授与 山陰法科大学院 15年の歴史に幕(2019年3月23日 山陰中央新報)
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1553305809310/index.html
法曹養成機関として2004年度に開設された島根大大学院法務研究科(通称・山陰法科大学院)が、今月末で廃止となる。15年間で128人が専門課程を修了し、このうち30人が司法試験に合格した。


2015年度から学生募集を停止している山陰ロー(島根大法科大学院)ですが、最後の修了生をもって正式に廃止となります。

15年間で司法試験合格者が30人・・・という点は、突っ込まないでおきます。
(^_^;)


山陰ローと言えば、広域連携を検討していたはずだと思いますが
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52025810.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52149350.html

そちらのほうは結局どうなったのだろう?と思い調べてみたところ、山陰ロー出身の廣澤努弁護士という方が、以下のような寄稿を行っていました。


「閉校する山陰法科大学院/島根大の法学教育はどこへ」(2019年3月17日 山陰中央新報)
https://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1552796708420/index.html
「山陰法科大学院なんてまだあったの」という声が聞こえてきそうだが、実はまだあったのだ。13年6月、島根大が15年度以降の募集停止を発表した後、14年度に入学した学生が学び続けていたのである。
心の準備をしていたせいか、それとも私が冷たいせいか、母校がなくなるさみしさはそれほどでもない。ただ、募集停止決定後の数年間、法学教育分野での島根大の取り組みは先端的だっただけに、なんとなくモヤモヤしている。
募集停止と同時に発表されたのが「キャンパス分散型広域連合法科大学院構想」であった。その後、広域連合の拠点校になるはずだった静岡大学法科大学院も募集停止に追い込まれ、構想は画餅に帰した。それでも、ICT教育を活用して他の法科大学院との連合化を目指すというアイデアには先見性があったと信じている。


画餅に帰していたんですね・・・
('A`)
まぁ、そうだろうとは思っていましたが。


なお、廣澤先生は上記の寄稿で
いっそのこと、山陰法科大学院を復活させ、司法特別コースとの一貫教育を実現するよう求めたい。募集停止した法科大学院は全国で39校に上る。学生募集の再開を模索する大学があってもおかしくない。
とおっしゃっていますが・・・・廣澤先生は修了生のお立場ですから、このような意見でも仕方がないと思います。いや、もう何も申しますまい。

schulze at 17:56|PermalinkComments(2) 司法試験 | 司法制度

「豚コレラ」の読み方

豚コレラやアフリカ豚コレラは、なぜ「ぶたこれら」ではなく「とんこれら」なのか?(追記あり)
https://pelicanmemo.hatenablog.com/entry/2018/09/11/120000




私もテレビのニュースで初めて、「とんこれら」と発音することを知りました。



となると、「豚バッジ」は「とんばっじ」?
(´・ω・`)

schulze at 12:49|PermalinkComments(0) 日記 | ネタ

2019年03月24日

豚バッジ

法曹養成流行語大賞候補に「豚バッジ」をエントリーしましたので、お知らせします。
(´・ω・`)



「弁護士“余剰”加速、半数が年所得400万円以下…現行司法試験組は“豚バッジ”とバカにされ」(Business Journal)
https://biz-journal.jp/2019/03/post_26990.html
さらに、弁護士間の格差は新人とベテランの間に生じる「司法制度格差」抜きには語れない。この格差を生んだのもまた、99年の司法制度改革だ。
「改革によって弁護士界に旧司法試験(旧司)組と新司法試験(新司)組という2つのバッジが生まれてしまった。ある警察官などは、留置場に接見に来た弁護士が旧司だと下手な対応ができない“金バッジ”、新司は怖くないから“豚バッジ”と区分けしていると聞きます」(同)
一昔前は“新司”というだけで旧司組の弁護士にバカにされたり、顧客から敬遠されたりすることもあったという。いわゆる“新司組”が弁護士界で軽視されてしまうのは、なぜなのか。
「かつての旧司法試験は、合格率がおおむね3%といわれた難関でした。一方、制度改革後の新司法試験は、ここ数年の合格率がおおむね23%台。この合格率の開きから“新司”は実力が劣るとみなされ、現場で辛酸をなめることが少なくなかったと聞きます」(同)


(この記事に対する当ブログの論評はこちら。)
伝聞で書かれているので、本当にこんな呼び方をしている警察官がいるのかどうかは確かめようがありませんが、それにしても、さすがに「豚バッジ」はないでしょう。
(*`Д')
人を見ないで試験制度だけで一律に判断するなど、愚かしいことです。
言っていいことと悪いことがあるはずです。

豚バッジだというなら、弁護士資格の経済的価値が低下しているから豚バッジだ、ということではないのですかね。
それであれば、新とか旧とか、出身の制度は関係がない話だと思います。








2019年 法曹養成流行語大賞候補作品
No.1「被疑者修習」
No.2「モラルがない」
No.3「ひよこ食いメソッド」
No.4「ロー制度は卵かけご飯」
No.5「法科大学院は出会い系」
No.6「多くの法科大学院は、予備校にすらなれていない」
No.7「弁護士は稼げないよね、とは言いました」
No.8「豚バッジ」



<参考>過去の法曹養成流行語大賞受賞作品(勝手に選定)
2018年「会社員か公務員になった方がいいよ」
2017年「法科大学院のような失敗」
2016年「イノシシ狩り(岐阜の弁護士にはイノシシ捕獲の補助金狙いの人がいるほどの窮状)」
2015年「ハッピーリタイア」
2014年「知ったことか」
2013年「心の貧困」
2012年「定評のある法科大学院」
2011年「図書館に弁護士」
2010年「裁判に勝つため顧客に偽証を勧めていたベテラン弁護士から「質が落ちた」と言われてもピンときませんね」
2008年「独学で旧試験をやってると正確な知識が身に付かない」
2007年「旧試験の合格者について,300人から,平成20年は,今の案でいくと,いずれも200人にするという。これを更に,150や100に落とせるか。仮に,平成20年に100に落としたら,これは,司法試験委員会の強いメッセージになると思うが。」
2006年成仏理論(「問題の捉え方がそもそも間違っている。食べていけるかどうかを法律家が考えるというのが間違っているのである。」「世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない、と。」「飢え死にさえしなければ、人間、まずはそれでよいのではないか。その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、人間、喜んで成仏できるというものであろう。」)
2005年ロースクールの挑戦(「弁護士になって日本を変えたい」「腐った日本の司法を救うのは彼らかもしれない」)
2001年「これからの時代の高等教育制度の下で、経済的事情で、例えば大学あるいは大学院に進学できないという状況に追い込まれる人というのは、そんなにたくさんいるんだろうかと考えると、まず社会的な発展段階から考えてそんなにいるはずがない。」

schulze at 22:21|PermalinkComments(4) 司法試験 | 司法制度

「弁護士“余剰”加速、半数が年所得400万円以下…現行司法試験組は“豚バッジ”とバカにされ」(Business Journal)

「弁護士“余剰”加速、半数が年所得400万円以下…現行司法試験組は“豚バッジ”とバカにされ」(Business Journal)
https://biz-journal.jp/2019/03/post_26990.html
「今、弁護士の1年当たりの所得の中央値は実に約400万円です。弁護士の半数が平均的サラリーマンを大きく下回る収入で働いていることになります」
そう語るのは、弁護士の実態を取材したルポ『弁護士の格差』(朝日新書)を上梓したフリージャーナリストの秋山謙一郎氏だ。400万円という数字は、2014年に国税庁が発表した「所得種類別、所得金額」を分析して算出したものだという。
実際、日本弁護士連合会(日弁連)が発行する『弁護士白書2015年版』の所得に関するアンケートによると、回答者3128人中666人が「年間所得200万円以上500万円未満」と回答している。さらに、「年間所得額200万円未満」が466人、「0円以下」は79人と、弁護士の厳しい現実は数字にも表れている。
「弁護士が高収入職業の代表格だったのは、せいぜい1990年代のバブル崩壊前後まで。2000年代に入ると所得は減り続けています。弁護士が“稼げるエリート”である時代は終わりを告げ、ともすればブラック企業並みの低所得になる可能性がある職業になっているのです」(秋山氏)

(中略)

弁護士余りの時代では、低所得どころか就職もままならない弁護士も出てきているという。
「“イソ弁”(居候弁護士)と呼ばれる、一般企業でいうところの正社員扱いで弁護士事務所に勤めるという雇用形態が少なくなり、完全歩合制で法律事務所の軒先を借りているだけの“ノキ弁”や、司法修習修了後に即独立する“ソクドク”などの非正規雇用が増えているんです」(同)
さらに、弁護士間の格差は新人とベテランの間に生じる「司法制度格差」抜きには語れない。この格差を生んだのもまた、99年の司法制度改革だ。
「改革によって弁護士界に旧司法試験(旧司)組と新司法試験(新司)組という2つのバッジが生まれてしまった。ある警察官などは、留置場に接見に来た弁護士が旧司だと下手な対応ができない“金バッジ”、新司は怖くないから“豚バッジ”と区分けしていると聞きます」(同)
一昔前は“新司”というだけで旧司組の弁護士にバカにされたり、顧客から敬遠されたりすることもあったという。いわゆる“新司組”が弁護士界で軽視されてしまうのは、なぜなのか。
「かつての旧司法試験は、合格率がおおむね3%といわれた難関でした。一方、制度改革後の新司法試験は、ここ数年の合格率がおおむね23%台。この合格率の開きから“新司”は実力が劣るとみなされ、現場で辛酸をなめることが少なくなかったと聞きます」(同)
弁護士になれば社会的地位と高い収入を得られ、華々しい生活が待っているかと思いきや、その現実は想像以上に厳しいようだ。それにもかかわらず、弁護士になるまでの労力やコストは高止まりしている。
弁護士になるには、平均しておよそ500万〜600万円ほど必要だといわれている。法科大学院に入学すれば学費が年間で120万円前後かかり、2年次、3年次となれば、それがかけ算式で増え、合計で平均200万〜300万円ほどが必要だ。司法試験予備試験や司法試験自体にも受験手数料がかかる上に、予備試験対策の予備校に通う場合も、また費用がかかる。
コストがかかる上に仕事は奪い合い、加えて収入は安定せず……。“新司組”への風当たりは弁護士界ではキツい。そのため、職業として見た弁護士は、今や誰の目から見てもコストパフォーマンスの悪いものとなっているようだ。
「取材中、多く耳にしたのは、これ以上弁護士の低所得化が進めば、そのツケは司法サービスの受け手である市民に回ってくると懸念する声です。難易度の高い事件や専門性の高い事件ともなれば、ごく一般の人にとって、その弁護士費用の負担は大きなものとなります。採算度外視で法律家の矜持にかけて手弁当に近い価格で引き受ける志のある弁護士など、これからはいなくなるかもしれません」(同)
弁護士余剰の問題は、我々にとっても他人事ではないのだ。



豚バッジのくだりは、フリージャーナリストの秋山謙一郎氏のコメントとして紹介されています。
秋山さんは「弁護士の格差」(朝日新書)を出された方ですね。

伝聞で書かれているので、本当にこんな呼び方をしている警察官がいるのかどうかは確かめようがありませんが、それにしても、さすがに「豚バッジ」はないでしょう。
(*`Д')
人を見ないで試験制度だけで一律に判断するなど、愚かしいことです。
言っていいことと悪いことがあるはずです。

豚バッジだというなら、弁護士資格の経済的価値が低下しているから豚バッジだ、ということではないのですかね。
それであれば、新とか旧とか、出身の制度は関係がない話だと思います。

こういった不当なレッテルは、前からあって、過去にも新人弁護士の採用方針について初任給を新旧で区別していると公言するような事務所もありました。

(2009年1月19日の当ブログ記事)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51497418.html

上記の記事においても当時、私はその事務所の方針を批判しましたが、人を見ないで能力を判断することなどできるわけがないと思います。
経歴や試験制度だけで一律に判断するというのは、レッテルに他ならず、愚かなことだと言わなければなりません。

そういうレッテル張りとは別の次元の議論として、「今の司法試験が合格ラインを下げて無理に合格者を輩出していることから合格者の学力レベルが下がっているのではないか」とか、「合格者を濫造しているからOJTが追い付かず、質の低下につながっているのではないか」といった問題提起は必要だと思います。
でも、ここで言っている「学力の低下」とか「質の低下」は、新制度で輩出される全員がそうだという文脈ではないのは当然であり、「質の最低保証が担保されていないのではないか」という問題提起なのです。
このような問題提起にとっても、「新試験組は豚バッジ」といった愚かなレッテルは有害であり、問題提起の真意が誤解されかねないものだと危惧します。


「豚バッジ」のくだり以外にも、この記事の就職難に関する説明は、情報が古いように感じました。
65〜68期ぐらいの話であり、いまは条件を選ばなければ就職自体はできるような話も耳にします。

この記事の内容で、本当に注目しなければならないのは、「弁護士の所得が下がっていて、資格の経済的価値が低下している」点だと思います。
これも引用されているデータがやや古いように思われるのですが、これこそ深刻に捉えなければならない問題であるはずです。それゆえに「豚バッジ」など余計なことがなければ、無用な反発を招かずに記事の本質が正しく読者に伝わったはずだろうと、残念に思います。







<フリージャーナリスト秋山謙一郎氏関連の当ブログ記事>
司法試験に法科大学院はもはや無意味?(ジャーナリスト秋山謙一郎、読売新聞「深読みチャンネル」より)(2018年6月23日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52216338.html
年間所得200万円も…弁護士はもはや負け組?(ジャーナリスト秋山謙一郎、読売新聞「深読みチャンネル」より)(2018年4月5日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52211159.html


<関連>
メディアのインタビューで発言を捏造された東大学生「弁護士は稼げないよね、とは言いました」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52230775.html
2018年法曹養成流行語大賞 受賞作品「会社員か公務員になった方がいいよ」
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52225397.html
有識者会議が弁護士の経済的価値の低下に無関心なことが法曹志願者激減の最大の原因(タダスケの日記)
http://d.hatena.ne.jp/tadasukeneko/20180401/1522581439
法曹の収入・所得,奨学金等調査の集計結果(平成28年7月)
http://www.moj.go.jp/content/001198284.pdf
弁護士1人あたりの国民数 (1990年)8957人→(2016年)3352人→(2061年)1496人
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52176366.html

schulze at 20:37|PermalinkComments(4) 司法試験 | 司法制度

芦原温泉

芦原温泉に宿泊しました。

福井県内での宿泊は初。
これで「(ホテルや旅館などの商業施設への)宿泊経験のない都道府県」は、埼玉・滋賀・大分・宮崎・鹿児島の5県となりました。


DSC_0037
駅裏では新幹線建設工事の真っ最中でした。

DSC_0040

DSC_0041



泊まった宿にスーパーファミコンが置いてありました。ナツカシス。
(・∀・)
DSC_0035

DSC_0036


<これまで宿泊したことがある都道府県>
北海道:函館(市内、湯の川温泉)、苫小牧、札幌、旭川、富良野、稚内、名寄、十勝川温泉、釧路
青森:八戸、下北
秋田:秋田、田沢湖温泉
岩手:盛岡
宮城:仙台、石巻、鳴子温泉、気仙沼
山形:山形、小野川温泉、酒田
福島:郡山、会津若松、土湯温泉
茨城:鹿島
栃木:宇都宮、日光、中禅寺温泉、湯元温泉、鬼怒川温泉、那須温泉
群馬:前橋、伊香保温泉、草津温泉、沢渡温泉、川原湯温泉、猿ヶ京温泉
千葉:竹岡、館山
東京:赤坂、両国
神奈川:箱根(湯本、宮の下、仙石原、塔ノ沢、芦ノ湖)、相模湖、茅ヶ崎
山梨:甲府、湯村温泉、河口湖、石和温泉
新潟:新潟、瀬波温泉、妙高高原
長野:長野、佐久海ノ口温泉、上諏訪温泉、白樺湖、穂高温泉(安曇野)
静岡:熱海、稲取、下田、修善寺温泉、湯ヶ島温泉
愛知:名古屋
岐阜:恵那、新穂高温泉
富山:富山、宇奈月温泉
石川:金沢、和倉温泉
福井:芦原温泉 ←New!
三重:志摩、鳥羽
京都:京都、西舞鶴
奈良:奈良
大阪:大阪市内
和歌山:南紀白浜温泉
兵庫:三宮、新神戸
岡山:岡山
広島:広島
鳥取:鳥取
島根:玉造温泉
山口:岩国
香川:高松、丸亀、琴平温泉
徳島:鳴門
愛媛:松山(市内、道後温泉)
高知:高知、足摺岬
福岡:福岡、北九州(小倉、黒崎)
熊本:熊本、人吉温泉、八代
佐賀:嬉野温泉
長崎:長崎、雲仙、佐世保
沖縄:那覇、石垣島

<宿泊経験なし>
埼玉(司法研修所のいずみ寮を除く)
滋賀
大分
宮崎
鹿児島

schulze at 15:22|PermalinkComments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

伝承館ますのすし

DSC_1111

DSC_1112

DSC_1113


昨日は芦原温泉で一泊し、金沢へ移動してきました。
奮発して、伝承館ますのすしを購入。限定品ですが、たまたま店頭に残っていたので、買ってしまいました。肉厚で、美味しいです。

schulze at 11:58|PermalinkComments(0) 食べ物・飲み物 | 写真

2019年03月23日

ステーキ弁当

DSC_1105

新大阪に戻ってきました。
弁当を物色していて、旨そうなステーキ弁当だなと思ってよく見たら、値段の桁が違った。
(;・ω・)

schulze at 13:34|PermalinkComments(1) 食べ物・飲み物 | 写真

おおさか東線

DSC_1100

DSC_1101

DSC_1102

DSC_1103

DSC_1104


新大阪に来ています。これからおおさか東線の新規開業区間に乗車します。
1日4本しかない直通快速を狙ってきましたが、試乗目当てで先頭車両は人の山です。

直通快速、思ったほどにはスピードは飛ばさず、タラタラと走っています。赤川鉄橋を初めて渡れて、満足です。


DSC_0018

DSC_0019

DSC_0024

DSC_0029

DSC_0033

DSC_0034

schulze at 11:17|PermalinkComments(4) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

【本記事は削除しました】

本エントリーに記載した内容は、私に事実誤認がありましたため、お詫びの上削除させていただきます。申し訳ございませんでした。

schulze at 00:00|PermalinkComments(3) 司法試験 | ネタ

2019年03月22日

日テレ、イチロー会見冒頭で中継終了

日テレさん、イチローの引退会見をブチ切り
http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/9348027.html

イチロー「現役生活に終止符を打ち、引退することと・・・『このあとはテコ入れマイスター!イエーーイ』
新規
(GIF)




これはひどい。BS-TBSの中継みたいな終わり方・・・
(´・ω・`)




BS-TBS、めっちゃいい場面で中継が終わる
http://blog.livedoor.jp/livejupiter2/archives/7908678.html

新規
(GIF)

schulze at 22:36|PermalinkComments(0) 野球 | 動画・youtube