土下座要求時効期間の統一

2008年11月03日

弁護士からプロ野球選手へ

弁護士2人、野球を仕事に 関西独立リーグ入団テストへ
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001550567.shtml
『来春開幕する野球の「関西独立リーグ(仮称)」が2日から始める合同トライアウト(入団テスト)に、神戸市内で働く弁護士が挑戦する。弁護士になって5年目の坂口裕昭さん(35)=尼崎市。合格して選手になると、シーズン中の副業は禁止されており、弁護士の仕事はできなくなるが、「収入は下がっても夢をかなえたい」と意気込む。』


いやはや…。何とも…。
('A`)


なんと言いますか…夢を追うのは結構ですが、あまり無理しない範囲で頑張っていただきたいものです。
(´・ω・`)
腰などにガタが来てる年齢だと思いますので、あまり張り切りすぎてケガされませんように。


修習生の中にも、大学時代に体育会の野球部にいたという人がいますので、チャレンジを勧めてみようかしらん。
( ´_ゝ`)

schulze at 21:52│Comments(0) 野球 | 司法修習

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
土下座要求時効期間の統一