てつうた学歴

2009年10月26日

旧国鉄〜JR101系

スキャナーを新しく購入しました。

そろそろブログに書くネタも尽きてきたので(笑)、
ここらで私の過去の遺産でも公開しようかと思います。

ということで、昔撮った、鉄分の多い写真です。
第1回目は、旧国鉄〜JRの101系です。


国鉄の101系は、子供のころの私が一番好きだった電車で、何といっても運転台正面の開放的な窓が魅力的でした。
103系とデザインはそれほど変わらないのに、101系の表情のほうが愛らしく感じられるのが不思議です。

思い入れが強かっただけに、良い写真を収めたいと何度か挑戦してみましたが、当時の私には最後まで納得できる写真が撮れませんでしたね。


01
総武線の101系。西船橋
非冷房なのが、時代を感じさせますねぇ。



02
南武線の101系。立川


03
同じく南武線。
照明が一灯なのが美しい。
個人的に気に入っている一枚。
尻手


04
矢向


05
関西線。
実は101系ではなく103系への改造後の姿。
しかしルックスは101系のまま。
新今宮


06
同じく関西線103系改造。警戒帯なし。


07
南武線。私が一灯車を撮った最後の一枚。
尻手


08
南武支線の101系ワンマン改造。
尻手


09
反対側より。

schulze at 22:33│Comments(2) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

この記事へのコメント

1. Posted by ch   2009年10月28日 22:32
schulzeさん、お久しぶりです。また、コメントさせて頂きます。写真凄いですね〜
でも、101系と103系の違いが私には見抜けないようです。
2. Posted by schulze   2009年10月31日 01:53
やはり違いは運転台正面の窓ではないですかね。
101系の方が103系よりも幅が広くて、高さも若干低い位置にあるように感じられます。おかげで車内からの眺めは、開放的な感じがするのですよ。
顔の表情も、101系の方が柔和な感じが個人的にしますね。
あとは、方向幕の幅が101系の方が狭いように思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
てつうた学歴