2015年06月01日

「強制閉校」で追い込まれる「定評ある法科大学院」

先日も取り上げましたが、法科大学院の強制閉校が今後議論される方向となりそうです。
強制閉校については、法曹養成制度改革顧問会議の場でも相当に揉めたのではないかと推測され、「法曹養成制度改革推進会議決定に向けた結論の取りまとめ骨子(案)」が非公開になったこととも関連しているのではないか?と私は勝手に推測しているところです。


さて、今後の関心は「強制閉校」に向けた展開となりますが、
朝日新聞の報道によりますと、『学校教育法に基づき、問題のある学校には文科相が改善勧告、問題点の変更命令、組織の廃止(閉校)を段階的に命じる』ことが想定されているようです。

そうなりますと、どうやって「問題のある学校」かどうかを選別するのか、という疑問が出てきますが、
ここでは「法科大学院の認証評価」が影響するのではないかと考えます。

そこで、個別の法科大学院がどのような認証評価を得るのかが焦点となりますが、
この認証評価基準、実は4月1日付で「学校教育法第百十条第二項に規定する基準を適用するに際して必要な細目を定める省令」が改正されているんですね。

<参考>
学校教育法第百十条第二項に規定する基準を適用するに際して必要な細目を定める省令の一部を改正する省令案の概要(H27.1.20中教審法科大学院特別委員会、およびH27.1.27法曹養成制度改革顧問会議 配布資料)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/hoso_kaikaku/dai15/siryou05.pdf
『平成26年10月9日中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会における提言「法科大学院教育の抜本的かつ総合的な改善・充実方策について」(以下単に「提言」と言う。)等を踏まえ、法科大学院における教育研究の質の確保や水準の向上に重要な役割を担う認証評価について、判定の厳格化や認証評価機関ごとのばらつきの是正等の改善のために、学校教育法第百十条第二項に規定する基準を適用するに際して必要な細目を定める省令について所要の改正を行う。(施行期日:平成27年4月1日)』

これを見てみますと、客観的指標として、次の4種類が挙げられています。
・入学者選抜における競争倍率(目安:2倍未満)
・入学定員充足率(目安:50%未満)
・入学者数(目安:10名未満)
・司法試験合格率(目安:司法試験合格率が全国平均の半分未満)

要するに、これらの客観的指標をクリアできない法科大学院には不適合評価が下り、改善できない場合には文科相からの改善勧告/問題点の変更命令/閉校命令へと進む可能性がある…ということになりますね。

当然ですが、この客観的指標は、いわゆる「下位ロー」はクリアできないものと思われます。
入学者数ひとケタのローや、司法試験合格率が全国平均の半分未満のローは、ほぼ死刑宣告に等しいと思われます。
<参考>平成27年度ロースクール別入学者数ほか
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52118422.html


問題は中位〜上位ロー、いわゆる「定評ある法科大学院」への影響です。
これが結構、深刻ではないかと思われます。
というのも、「入学者選抜における競争倍率(目安:2倍未満)」の項目がしれっと復活(?)しているからです。

昨年末から年初にかけては、補助金増減率が法科大学院側の最大の関心事であったと思われますが、そこではいわゆる「入試2倍基準」はさほど重視されていませんでした
加算プログラムへの加算率について影響があるという程度でしたが、そのため合格者を大量に輩出して入学者数を確保するという法科大学院も出てきたところです。

今後は、定員が大きいのに入試倍率2倍を下回っている法科大学院、その中でも特に中央と明治は苦しい選択を迫られると思います。
定員充足率を維持し、かつ入試競争倍率2倍を維持するためには、来年度から予定されている小手先の定員削減では到底追いつかなくなるのではないかと予想します。


【2015/6/3追記】
2ちゃんねるからの転記で恐縮ですが、上記4指標に該当する法科大学院がまとめられていました。
H27年度の入学者数が10人未満
金沢4、中京4、北海学園5、國學院5、成蹊6、名城6、南山7、福岡7

H27年度の対定員での入学者比率が50%未満
金沢、広島、大阪市立、北海学園、青山学院、國學院、成蹊、専修、立教、桐蔭横浜、中京、南山、名城、立命館、近畿、関学、福岡

H27年度入試の競争倍率が2倍未満
東北、千葉、横国、金沢、岡山、広島、琉球、首都、青山学院、学習院、國學院、駒澤、成蹊、専修、中央、日本、法政、明治、立教、桐蔭横浜、中京、南山、名城、立命館、関学、甲南、西南学院、福岡

H26年度司法試験の合格率が全国平均(22.58%)の半分未満
北海学園、青山学院、國學院、駒澤、専修、日本、桐蔭横浜、名城、関西、近畿、関学、甲南、西南学院、福岡
(2015/6/4追記)基礎資料と照らし合わせてみたところ、いくつか誤記がありましたので、修正しました。

<基礎資料>各法科大学院の入学者選抜実施状況等
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/05/18/1357974_6_1_1.pdf

schulze at 18:07│Comments(0) 司法試験 | 司法制度

コメントする

名前
URL
 
  絵文字