法科大学院生に返済不要の支援金 金大が基金(読売新聞)新型レガシィ 空を飛ぶ

2015年06月06日

地方紙の論説に期待したい

「山学大法科大学院撤退へ 原点忘れた改革、地方を直撃」(6/4山梨日日新聞社「論説」)
http://www.sannichi.co.jp/article/2015/06/04/00055252
「給費制の復活も検討課題」(山梨日日新聞論説)(一聴了解)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-8fcf.html
『現行法曹養成制度の歪みのあおりを最も強く受けているのは地方です。メディアには大手紙にはできない現行制度批判を大いに期待しています。』
まだあった給費制復活に言及の地方紙社説(一聴了解)
http://ittyouryoukai.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-aa1e.html



山日の社説は、一聴了解さんの記事で初めて知りました。
私も一聴了解さんと同様、大手紙ではなく、地方紙・地方メディアの論説に期待しています。



<参考:当ブログで過去に取り上げた地方紙の記事>
法律家の卵に「借金の足かせ」 司法修習の給費制廃止(2010年11月15日 千葉日報)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51783643.html
司法修習給費制の存廃 養成制度全体で再度議論を(2011年8月29日 長崎新聞論説)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51895109.html
司法修習給費制 廃止なら法曹の将来歪める(2011年10月12日 宮崎日日新聞社説)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51902214.html
法科大学院の挫折 司法改革の方向を疑う(2012年6月20日 岩手日報・論説)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51960317.html
「司法制度改革/肝心の将来像が見えない」(2013年4月4日 神戸新聞社説)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52013762.html
弁護士激増考える市民集会 若手の就職難深刻化/さいたま(2013年12月14日 埼玉新聞)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52051106.html
給与なく、副業禁止、就職不安 あえぐ司法修習生(2014年1月25日 神戸新聞)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52057154.html


<参考:司法修習生の給費制廃止問題に関する大手紙の報道>
読売新聞「(貸与制は)当面の予算削減効果も大きいことが裏付けられた」(2011年12月4日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51915404.html
朝日新聞社説「法律家の養成―腰据え本題に取り組め」(2011年9月5日付)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51892411.html

schulze at 16:14│Comments(0) 司法修習 | 司法制度

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
法科大学院生に返済不要の支援金 金大が基金(読売新聞)新型レガシィ 空を飛ぶ