法務省の検事採用情報ホームページ「検事を志す皆さんへ」司法試験合格「お気の毒に」 禅寺の和尚から思わぬ言葉が…(産経新聞)

2016年08月30日

司法試験合格後に裁判所事務官になる人が増えている模様



<参考>弁護士法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO205.html
(法務大臣の認定を受けた者についての弁護士の資格の特例)
第五条  法務大臣が、次の各号のいずれかに該当し、その後に弁護士業務について法務省令で定める法人が実施する研修であつて法務大臣が指定するものの課程を修了したと認定した者は、前条の規定にかかわらず、弁護士となる資格を有する。
一  司法修習生となる資格を得た後に簡易裁判所判事、検察官、裁判所調査官、裁判所事務官、法務事務官、司法研修所、裁判所職員総合研修所若しくは法務省設置法 (平成十一年法律第九十三号)第四条第一項第三十五号 若しくは第三十七号 の事務をつかさどる機関で政令で定めるものの教官、衆議院若しくは参議院の議員若しくは法制局参事、内閣法制局参事官又は学校教育法 (昭和二十二年法律第二十六号)による大学で法律学を研究する大学院の置かれているものの法律学を研究する学部、専攻科若しくは大学院における法律学の教授若しくは准教授の職に在つた期間が通算して五年以上になること。 【以下略】


たしかに貸与制下では合理的選択。


このように司法修習を回避して弁護士登録を目指す人は、心の貧困だの精神構造の問題だのとは言われないのでしょうか?
(`・ω・´)


【本記事の続き】
問題は「法曹志望者の心得違い」にあるのではない
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166173.html


<追記>
記事をアップした後、向原先生がツイッターでまったく同じことを呟かれているのを目にしましたwwwww
向原先生、ネタがかぶってしまい、申し訳ありません。
(^^ゞ



schulze at 21:13│Comments(11) 司法修習 | 司法制度

この記事へのコメント

1. Posted by 弁護士HARRIER   2016年08月31日 16:47
schlzeさん、引用してくださってありがとうございます(^ ^)
なんでカンパンSPは何も言われないんでしょうかね。不思議です。
2. Posted by アキラ   2016年09月01日 22:37
近年、裁判所職員総合研修所の書記官養成過程には、1学年に10人近い司法試験合格者が在籍していると、書記官さんから聞いたことがあります。
3. Posted by schulze   2016年09月01日 23:21
情報公開請求できないかな…
4. Posted by みかん   2016年09月02日 10:35
なぜ司法試験を目指したのでしょうか?
5年間,事務官をしている間に法曹として
助けられる人,力になれる人が沢山いると思います。

時は金なりです。貸与金は厳しいですが,それに負けないくらいがんばろうとは思えないのでしょうか。
5. Posted by ロートル新人弁護士   2016年09月02日 20:25

まさに成仏理論ですよね。これ。

>貸与金は厳しいですが,それに負けないくらいがんばろうとは思えないのでしょうか。

その結果が、そもそも司法試験を目指そうとする層の激減です。
やりがいだけ強調しても人を惹き付けることは出来ませんよ┐(-。-;)┌
6. Posted by schulze   2016年09月02日 20:44
みかん様
ロートル新人弁護士さんのおっしゃるとおりではないかと思います。この問題について、事務官を目指す人たちの心得違いを非難することは筋違いだと思います。このような選択を強要している制度側に問題があると考えるべきだと思います。
本当の問題は、もっと先にあります。首尾よく事務官になれたとして、5年後に弁護士資格を取得できたとして、本当に弁護士としての仕事があるかどうかです。おそらく、かなりの確率で、彼らは一生を事務官として過ごすことになるリスクがあります。でも、その選択もまた(経済的な意味では)合理的なのです。このことが何をもたらすか。ロートル新人弁護士さんがおっしゃる通り、そもそも志望者が法曹を目指さなくなるという未来です。
7. Posted by うな重   2016年11月05日 13:13
俄には信じられません
本当に司法試験合格者で事務官なんているんでしょうか?
8. Posted by 70期すーすーせー   2017年04月09日 12:47
ちょっとスレ違いかも知れませんが2017年度公務員試験に関して情報提供です〜

引用:公務員試験日程一覧(http://90r.jp/nittei.htm)
「平成29年度の大卒レベル公務員試験は、以下の試験で日程が平成28年度と比較して大幅に変更となりました。
国家公務員総合職が平成28年度の5月22日から4月30日へと約3週の前倒し
東京都1類B・特別区1類が平成28年度の6月5日から5月7日へと約1ヶ月の前倒し
東京都1類Aが平成28年度の5月29日から5月14日へと約2週の前倒し
裁判所職員が平成28年度の6月5日から5月14日へと約3週の前倒し」

参考:裁判所|採用試験日程(http://www.courts.go.jp/saiyo/siken/nittei/)

裁判所職員採用試験は司法試験直前の日曜日に実施されることになったため、司法試験とのダブル受験が事実上難しくなりました。
9. Posted by schulze   2017年04月09日 21:51
70期すーすーせー様
ずいぶんと年によって日程が違うんですね。
裁判所職員の試験と司法試験は、一応はかぶらないように配慮がされているのでしょうか?
10. Posted by 来年で弁護士になれるらしい公務員   2017年08月16日 23:57
まあ、ずいぶんと前の記事にコメントするのもアレだけど、本当に弁護士先生って全く公務員の業界のことを解ってないのね。
試験日程が年によって大幅に変動することも知らないのか...

長いこと「最難関資格」とかいってチヤホヤされてきたせいなのか、それとも相変わらず「反体制」を気取っていれば人権擁護の使命を果たした気になれりような幼稚な精神状態の下にあるのか知らないけれど、認識不足も良いところ。

ロー在学中から公務員志望で、そもそも修習行くつもりも余りなかった私としてはこの程度のことに驚いてるのがむしろビックリだし、合格者の事務官がみんな修習ショートカットだと決めつけてれのが腹立たしい。
多分、みんな向こう10年以上は事務官・書記官するつもりで入ってると思うよ。
裁判所の総合職も行政ほどではないけど昇任は早いし、必ず最高裁事務総局にも勤務できる訳だから公務員として政策に携わりたい合格者にとっては合理的な選択肢の一つ。
任官任検できたとしても、最高裁や法務省に勤務する機会を与えられるのはごく一部であることを考えれば、特に任官任検が現実的でないと考える層にとっては魅力的な選択肢だと思う。

今の世代は必ずしも弁護士を公務員よりも魅力的な仕事とは考えませんよ。
私も認定制度使って弁護士になる気はありません。

11. Posted by 安藤   2018年02月23日 11:15
いやあ公務員試験を受験しないのに
公務員試験の日程に関心を持つ人というのは
かなりの少数派じゃないですかね。
それに驚くのですか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
法務省の検事採用情報ホームページ「検事を志す皆さんへ」司法試験合格「お気の毒に」 禅寺の和尚から思わぬ言葉が…(産経新聞)