【ジュリナビ調べ】69期の弁護士登録状況は大きく改善か10年以上、曲名を探し求めていた曲の正体が判明

2017年02月06日

【ジュリナビ:69期司法修習終了者の就職状況調査】新興事務所の隆盛とマチベンの斜陽化が明白に

先ほどの記事からの続きになりますが、
ジュリナビによる「69期司法修習終了者の就職状況調査」のレポートを分析してみたいと思います。


1.ベリーベスト、アディーレといった新興勢力の採用数増加が顕著である

<69期の採用者数の例>
弁護士法人ベリーベスト法律事務所…42人(68期は27人)
弁護士法人アディーレ法律事務所…36人(68期は26人)
弁護士法人心…14人(68期は5人)

たしかに、これはすごい規模だと思います。
登録状況の改善は、新興勢力の拡大が大きく寄与したものであることは、どうやら間違いないようです。

ただ、心配になるのは、これら新興事務所の経営が好調なうちは良いのですが、
ひとたびビジネスモデルが崩れると、大量失職者が生み出される恐れはないのでしょうか。


2.いわゆる5大事務所の新人のうち、3人に1人が予備試験合格組である

5大事務所の69期採用者数(左から 69期の人数/うち予備組の人数/予備組の割合)
*NA 43/15/34.9%
AMT 34/*9/26.5%
MHM 29/12/41.4%
NOT 35/15/42.9%
TMI 15/*3/20.0%
総計 156/54/34.6%

ジュリナビは、よく調べましたね。
69期司法修習生の受験資格別の採用者数の内訳は公表されていませんが、
69期の中心を占める2015年(平成27年)司法試験の合格者で見ますと、合格者総数1850人に対して、予備試験組は186人ですので、おおよそ1割です。
それを考えますと、たしかに大手事務所では予備組の比率が高いと思います。
大手事務所への就職を考えるなら、予備試験合格経験のキャリアが有利になることは間違いなさそうです。

しかし、これは市場の評価であって、問題とされるべきは「なぜロー修了生が評価(採用)されないのか」のほうでしょう。
ジュリナビは、この事実をもって、「予備試験制度が経済格差の差別を助長している」などと意味不明な論旨を展開していますが、経済格差を助長しているのは法科大学院の存在というべきでしょう。


ジュリナビは、大手事務所の予備組の女性比率が著しく低いことも問題視しています。
私も、たしかにこれは不思議な現象だと思います。大手事務所での仕事は体力的にも激務でしょうから、女性よりも男性のほうが好まれる傾向はあるのかな?とは思いますが、予備組に限って女性比率が極端に低い理由は、私にもよく分かりません。
しかし、これをもって、「予備試験制度が性差別を助長」している結果なのかどうかは、一概には言えません。予備試験の「制度」との因果関係が本当にあるのでしょうか。ジュリナビが何か予備試験を叩けそうな材料がないかと探してきた結果にすぎないように思えます。女性を採用しない事務所を非難するのならまだしも、この事実から予備試験制度の是非を論じるのは無理があります。

以前にも書きましたが、今の法曹養成制度で女性が法曹になりにくいという事情がもし仮にあるのだとすれば、それは法科大学院制度そのものに内在する問題であって、女性を含めた経済的に弱い立場にしわ寄せが来て、法曹になれない制度になっていることこそが問題とされるべきです。
法科大学院が社会人出身者や非法学部生などの多様な人材の獲得に失敗している事実を棚に挙げて言える話ではないでしょう。


3.事務所規模別でみると、たしかに大規模事務所の採用者数は増えているが、弁護士数2名以下の事務所では、むしろ新人を採用した事務所数は減っている

新人を採用した事務所数のデータを見てみると、「事務所の弁護士数2名以下」の事務所の数は
67期196事務所→68期143事務所→69期139事務所
と減少傾向にあります。

このことから、伸びている採用とは中堅〜大規模事務所が中心であり、マチベンを中心とする個人事務所では採用が広がるどころか、むしろ縮小していることが分かります。
マチベンの事業環境が年々厳しくなっていることを裏付けているように思います。


4.インハウスの新人採用は頭打ちか

69期の組織内弁護士としての採用者数は63人しかおらず、全体で3.6%しかありません。
67期の72人より減少しています。
弁護士職域拡大の筆頭のように言われる組織内弁護士も、需要としてはこの程度のものなのでしょう。
インハウスに関しては、新人弁護士の採用は消極的ではないかと思います。企業として欲する人材は、むしろ経験者のほうではないでしょうか。
そうすると、事務所弁護士として見切りをつけた人から、順次インハウスへ転職する・・・という流れが主流なのかもしれません。



<参考>
【69期の登録状況】
69期司法修習を終えた者は1762人。69期の弁護士一斉登録日時点での未登録者は416人で確定(2016年12月22日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52175380.html


【白浜先生による分析の紹介】
弁護士白書からみた弁護士からの離職者の推移(白浜徹朗弁護士のブログ「白浜の思いつき」より)(2016年12月12日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52174522.html
「60期以降の弁護士人口の変動状況」(白浜先生による調査)(2016年8月10日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52163696.html
請求退会者数の増加傾向と、修習期別の弁護士登録者数(白浜先生の調査)(2013年6月25日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52026075.html


【弁護士の所得水準低下に関するデータ・報道等】
法曹の収入・所得,奨学金等調査の集計結果(平成28年7月)
http://www.moj.go.jp/content/001198284.pdf
弁護士1人あたりの国民数 (1990年)8957人→(2016年)3352人→(2061年)1496人
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52176366.html
社内弁護士の基本的な給与や賞与は一般の正社員と同等(タダスケの日記)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52171605.html

週刊SPA!9/6号(8/30発売) [貧乏弁護士]急増にはワケがあった
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166319.html

別冊宝島「弁護士の格差 食えないセンセイ急増中!!」(発売日:2016年8月29日)
http://tkj.jp/book/?cd=12147501
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52166186.html

(NEWSポストセブン)
32歳弁護士 毎食カップ麺でコンビニおにぎりがご馳走
http://www.news-postseven.com/archives/20160822_440221.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52164856.html
ヨレヨレのスーツを着た年配の弁護士、人呼んで「枯れ弁」
http://www.news-postseven.com/archives/20160827_440602.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165307.html
49歳弁護士 学生に「悪いこといわないから弁護士はやめとけ」
http://www.news-postseven.com/archives/20160828_440622.html
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52165364.html

(プレジデントオンライン)
弁護士の給料半減! 年収200万〜300万も当たり前の悲惨な現実 「おそらく最近合格した人たちの中に、圧倒的多数の貧乏弁護士が発生した」
http://president.jp/articles/-/18443
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52161136.html

(日本経済新聞 2016/8/9)
弁護士の年収、低下傾向 新人は5年前比210万円減
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52163663.html

schulze at 17:52│Comments(8) 司法修習 | 司法制度

この記事へのコメント

1. Posted by 平等主義者   2017年02月07日 00:36
機会の平等が与えられてるんだから女少なくても全く問題ないですよね
2. Posted by うな重   2017年02月07日 09:37
まぁ誰を雇うかは自由ですからね。
3. Posted by しろくま@すみっコ社畜   2017年02月07日 11:45
インハウスに関しては、修習終了と入社時期にしばらくタイムラグがでる場合がありますし、入社後しばらくしてから弁護士登録する方もかなりおられますから、ニーズが頭打ちと言えるかはもう少し様子を見たほうが良いかな、と感じます。
4. Posted by schulze   2017年02月07日 22:26
しろくま@すみっコ社畜様
ご指摘はそのとおりでありまして、たしかにインハウスだと4月入社の方も少なからずいます。本記事では確定値ということではなく、前年同時期との比較では昨年より大きく人数が伸びることは期待できないであろうという意味で「頭打ち」と表現してしまいましたが、少し説明が足りませんでしたね。
5. Posted by 雲   2017年02月09日 09:42
予備試験に合格して4大の説明会に行ってみたら、「子供を育てようと思うような人はいらない」と言い放つ弁護士さんがいたとか。ちなみにその参加者は女性です。SNSの発達で、後輩の間にすぐ広まりますし、言っている方は確信犯的なのかも。
6. Posted by schulze   2017年02月09日 17:47
雲 様
そのお話が本当であるなら、ますます非難すべきは予備試験制度ではなくて、事務所の採用方針だと思います。でも、ジュリナビが五大事務所を非難することなど、およそ期待できないでしょう。
7. Posted by 69期   2017年02月10日 08:24
クラスではインハウスでも弁護士登録せずに働いている人がちらほらいます。
また、インハウスに当たるのかわかりませんが、クラスで3人ほど税理士法人で勤務しているのが印象的です。

予備で四大の内定をもらってJ・Pになる人は比較的多い気がします。
8. Posted by 65   2017年02月16日 00:45
女には向かない職業なんだよなぁ。無理矢理男の畑荒らしにこられてもね。看護士でもやってりゃいいんじゃないの

あと未登録は弁護士じゃないんだからインハウスとは言わず、ただのリーマンだぞ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ジュリナビ調べ】69期の弁護士登録状況は大きく改善か10年以上、曲名を探し求めていた曲の正体が判明