2017年03月20日

未修コース入学者の半分近くは3年間(標準年限)でロースクールを修了できない


<基礎資料>
法科大学院修了認定状況の推移(平成17年度〜平成27年度)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/012/siryo/__icsFiles/afieldfile/2016/05/20/1370787_04.pdf
開設当初の平成18年度と比較すると、標準修業年限修了率は、以下のように変化している。
全体の標準修業年限修了率は、8割程度⇒7割程度
法学既修者の標準年限修了率は、9割程度⇒8割程度
法学未修者の標準年限修了率は、7割5分⇒5割程度

なお、未修コース入学者数
H18年度 3,605人⇒H28年度 635人


もう未修コースは廃止してもいいんじゃないでしょうかねぇ…
(´・ω・`)


<関連>
「国家的詐欺」の本当の中身(2009年9月12日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/51614170.html
『私が考える詐欺性の1点目は、「未修コースの存在」ですね。法律を学んだことのない者でも、ローに入って3年間勉強すれば、法律家になれるのだ、と。ここで言う「法律家になれる」というのは、単に新試験に合格出来るというだけでなくて、既存の法律家と同レベルの知識水準がローの3年間で獲得できるのだと。そういう「安易な期待」を、人々に抱かせてしまった。これはロー制度の、最大の罪ではないかと思います。(中略)ローは専門職大学院なんですから、ある程度の法律の基礎がなければ入学を認めるべきではないし、本当に法律知識ゼロの人間をたった3年間で実務に堪えうるレベルまで引き上げられると本気で信じていたのかと、制度設計者を問い詰めたくなります。』

年度別のロー定員と実入学者数
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52155106.html
平成16年度 定員5,590人、実入学者5,767人(既修2,350人、未修3,417人)
平成17年度 定員5,825人、実入学者5,544人(既修2,063人、未修3,481人) *3.9%減
平成18年度 定員5,825人、実入学者5,784人(既修2,179人、未修3,605人) *4.3%増
平成19年度 定員5,825人、実入学者5,713人(既修2,169人、未修3,544人) *1.2%減
平成20年度 定員5,795人、実入学者5,397人(既修2,066人、未修3,331人) *5.5%減
平成21年度 定員5,765人、実入学者4,844人(既修2,021人、未修2,823人) 10.2%減
平成22年度 定員4,909人、実入学者4,122人(既修1,923人、未修2,199人) 14.9%減
平成23年度 定員4,571人、実入学者3,620人(既修1,915人、未修1,705人) 12.2%減
平成24年度 定員4,484人、実入学者3,150人(既修1,825人、未修1,325人) 13.0%減
平成25年度 定員4,261人、実入学者2,698人(既修1,617人、未修1,081人) 14.3%減
平成26年度 定員3,809人、実入学者2,272人(既修1,461人、未修**811人) 15.8%減
平成27年度 定員3,169人、実入学者2,201人(既修1,431人、未修**770人)*3.1%減
平成28年度 定員2,724人、実入学者1,857人(既修1,222人、未修**635人)15.6%減
平成29年度 定員2,566人(見込み)
(適性試験の入学有資格者実受験者数8.7%減をそのまま当てはめると、H29年度の実入学者は1,695人と推計。)


年度別のロー入学者総数と社会人・法学部出身者の人数
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52155106.html
平成21年度
入学者総数4,844人
うち社会人出身1,298人(26.8%)
うち法学部以外出身1,224人(25.3%)

平成22年度
入学者総数4,122人
うち社会人出身993人(24.1%)
うち法学部以外出身868人(21.1%)

平成23年度
入学者総数3,620人
うち社会人出身763人(21.1%)
うち法学部以外出身748人(20.7%)

平成24年度
入学者総数3,150人
うち社会人出身689人(21.9%)
うち法学部以外出身591人(18.8%)

平成25年度
入学者総数2,698人
うち社会人出身514人(19.1%)
うち法学部以外出身502人(18.6%)

平成26年度
入学者総数2,272人
うち社会人出身422人(18.6%)
うち法学部以外出身346人(15.2%)

平成27年度
入学者総数2,201人
うち社会人出身405人(18.4%)
うち法学部以外出身351人(15.9%)

平成28年度
入学者総数1,857人
うち社会人出身363人(19.5%)
うち法学部以外出身268人(14.4%)

schulze at 21:30│Comments(3)司法試験 | 司法制度

この記事へのコメント

1. Posted by つもひこ   2017年03月20日 22:42
基本六法をそれなりに理解するには相応の時間がかかるはずなんですよ。
なのにたくさんの人がゼロから始めて3年で司法試験合格レベルに達するって無理な話なわけでして。
ロー関係者(特に法学者)は自分達の研究対象の価値を自ら下げたんですよね。
2. Posted by イノシ士   2017年03月21日 14:57
法学部出身者であっても、未修で入った方もそれなりにいるので、本当の意味で未修かどうか、または修了できなかったうちの本当の未修の割合というのを調べたら……こわいこわい。
3. Posted by rumo   2017年04月11日 20:24
とあるローで聞きましたが開校当初の学生は7割合格が約束されてたために、勉強していない人は本当に全く勉強してなかったようです。
自習室に自分のPCを持ち込んでネトゲ三昧してたら、怒られたみたいなこともあったり学生の延長そのものだったと聞きます。
それでも卒業は今よりもできてたということは、いったいどういうことなんでしょうね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字