三重銀+第三銀=三十三FG☆再掲 【告知】「71期修習予定・有職社会人予備試験合格者の集い」のお知らせ(9月23日・土曜日開催)

2017年09月15日

気象予報士1万人時代

気象予報士制度は必要か?「予報士1万人」時代の気象業界を考える(1)
https://news.yahoo.co.jp/byline/katahiraatsushi/20170915-00075739/
気象予報士制度が始まって23年、まもなく四半世紀になる。気象予報士の人数は毎年着実に増え続け、現在は1万人に達する勢いだと聞くと、驚く人も少なくないだろう。ところが、一時は人気の国家資格として取得を目指す人が少なくなかった気象予報士だが、現在は試験の受験者数が少しずつ減ってきているのだ。


以上は、しかし、問題の捉え方がそもそも間違っている。
食べていけるかどうかを気象予報士が考えるというのが間違っているのである。
何のために気象予報士を志したのか。私の知り合いの医師が言ったことがある。
世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない、と。
人々のお役に立つ仕事をしていれば、気象予報士も飢え死にすることはないであろう。
飢え死にさえしなければ、人間、まずはそれでよいのではないか。
その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、人間、喜んで成仏できるというものであろう。
http://livedoor.blogimg.jp/schulze/imgs/6/1/6122fcf3.jpg



http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52157923.html


<参考>
【特別企画】成仏理論生誕10周年 フリートークエントリー(2016年3月29日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52150353.html

<関連>
ロー教授「弁護士が食えなくなっても誰も困らない」(2017年9月9日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52196347.html
弁護士の就職難をものすごくうれしそうに語るロー教授(2017年1月6日)
http://blog.livedoor.jp/schulze/archives/52176647.html

schulze at 23:19│Comments(0) 司法試験 | 司法制度

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
三重銀+第三銀=三十三FG☆再掲 【告知】「71期修習予定・有職社会人予備試験合格者の集い」のお知らせ(9月23日・土曜日開催)