センター前ランニングホームラン匿名法科大学院

2018年09月28日

あおなみ線の中部空港延伸案、名鉄会長が不快感

名古屋・あおなみ線、中部空港まで延びる? 市が検討へ(2018年9月25日08時57分 朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL9P4SM0L9POIPE012.html
名古屋市は、あおなみ線(名古屋―金城ふ頭)を中部空港(愛知県常滑市)まで延伸できるか検討する組織を、来年度初めにも設置すると表明した。2027年のリニア中央新幹線開業に向けて中部空港のアクセスを強化する狙いがあり、県などにも検討に加わるよう働きかける。(中略)地元政財界では中部空港の第2滑走路建設への期待が高まっており、実現すればリニア中央新幹線とともに外国人観光客らの大幅増を見込む。現在、中部空港につながる鉄道は名鉄だけで、今後の需要増に対応できない可能性があるという。あおなみ線の延伸は、中部空港が開港する前の1990年代にも議論された。国や東海3県、名古屋市などによる検討組織が海底トンネルなどを検討したが、事業費が数百億円にのぼると見込まれることから、97年の取りまとめで「(延伸は)整備に向けた検討を進める」として見送られた経緯がある。名古屋市の担当者は「まずは需要予測をし、採算性を見極めないといけない。あらゆる可能性を検討しなければいけない」としている。

あおなみ線延伸

中部空港への鉄道延伸「必要あるのか」と不快感(2018年9月27日17時19分 読売新聞)
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180927-OYT1T50063.html
名古屋商工会議所の山本亜土会頭(名古屋鉄道会長)は26日の記者会見で、愛知県の「あおなみ線」(名古屋―金城ふ頭)を中部国際空港まで延伸する検討組織を発足させる名古屋市の方針について、「すごいカネを使ってあそこまで海底トンネルを掘ってやる必要があるのか」と否定的な見方を示した。山本氏は、名鉄常滑線の輸送力について、「(空港の)滑走路が2本になって発着が増えても十分に運べる」と強調。中部空港駅についても「ホームが4本あるが、今3本しか使っていない」と述べた。延伸ルートは名鉄常滑線に接続する可能性があるが、山本氏は「我々の会社(名鉄)には(市から)何の問い合わせもない」と不快感を示した。


名鉄激おこ!!
('д` ;)

そりゃそうですよ。これはセントレアへの延伸ではなく、実質名鉄に接続させるだけじゃないですか。
とても実現できるようには見えませんが…。
('A`)

schulze at 00:00│Comments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 日記

この記事へのコメント

1. Posted by みやこびと   2018年09月27日 22:44
これはひどい話ですね。まさに「他人の褌で相撲を取る」計画としか言いようがなく、名鉄のトップが激怒するのも当然です。あおなみ線は、いつ見ても本当に空いていますから、名古屋市としてはなりふり構わず増収策に走りたいのでしょうが。それに、この計画の裏側では、「名鉄潰しこそ我がライフワーク」でお馴染みの、JR東海の葛西敬之氏が暗躍していることも間違いないでしょう。何にせよ、実に不可解な計画であることは確かです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
センター前ランニングホームラン匿名法科大学院