【朗報】弁護士会館B1出入口が自動ドアに改修日弁連 73期司法修習生予定者向け司法試験合格祝賀会(10月21日開催)

2019年08月24日

司法研修所の教官 旧60期の刑弁教官、66期の所付教官が誕生


教官名簿2019年5月






5大法律事務所でも60期台のパートナーが誕生していますし、いよいよ司法制度改革世代が養成する側の表舞台に立つようになってきましたね。

schulze at 13:07│Comments(3) 司法修習 | 司法制度

この記事へのコメント

1. Posted by つもひこ   2019年08月26日 12:08
先日の鳥取の県警本部長さんの件といい,同世代が,そういった地位につく時期になっているんですね。
気が付けば自分も40代半ばですからなぁ
(心はまだ16のまま なのに)
2. Posted by schulze   2019年08月26日 12:12
先日の記事でご紹介しました鳥取の県警本部長の方(この8月で東京へ異動になったそうです)は、たしかに私と司法研修所の同期でクラスメートだったのですが、司法試験の合格は大学在学中で、平成ひとケタ台前半の合格だったはずです。大学卒業後すぐに警察庁へ入られ、研修所には出向で来られていました。つまり合格年次と修習期が大きくずれていますし、年齢的にも私より年配です。誤解させてしまい申し訳ありません。
3. Posted by つもひこ   2019年08月26日 14:06
>>2
いえいえ、ニュース記事で昨年4月時点で47歳でいらしたから、同年代という点で特に誤りはないかと(^.^)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【朗報】弁護士会館B1出入口が自動ドアに改修日弁連 73期司法修習生予定者向け司法試験合格祝賀会(10月21日開催)