おしま違い五戸町 ひばり野公園

2019年09月21日

JR八戸線・八戸臨海鉄道 下亀子谷地踏切

JR八戸線・八戸臨海鉄道 下亀子谷地踏切(八戸−長苗代間)

八戸市内から八食センター方向に向かう幹線道路にあり、非常に交通量の多い踏切です。
撮影時刻は9:44〜9:46ごろ。ちょうど貨物と旅客列車の双方が撮影できる時間帯になっています。


DSC_0487

DSC_0488

DSC_0494

DSC_0497

DSC_0548
八戸臨海鉄道のコンテナ貨物列車。
1日に定期列車3本、臨時列車1本が設定されています。
三菱製紙八戸工場からの製品輸送用です。

DSC_0560

DSC_0576
八戸線の車両は国鉄時代からのキハ40系列が淘汰され、新車に置き換わり、近代的なイメージになりました。

DSC_0577

schulze at 12:35│Comments(1) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

この記事へのコメント

1. Posted by みやこびと   2019年09月22日 22:11
鉄道も近代化しなければならないこと、頭では分かっているのですが…。コンテナ貨物列車とJR型のディーゼルカーばかりでは、やはり無味乾燥なのではないかと、どうしても考えてしまいます。今や、鉄道ピクトリアル誌のアーカイプスシリーズの増刊号の発売が、一番の楽しみになってしまいました。後は、J・Train誌とRM Library誌ぐらいでしょうか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おしま違い五戸町 ひばり野公園