【画像大量】新幹線の秘境駅(?)奥津軽いまべつ駅訪問記【画像大量】青函トンネル記念館訪問記

2019年09月22日

青函トンネル入口広場訪問記

青函トンネルの本州側入口は広場として整備されており、駐車場、トイレのほか、展望台が設置されています。

今別町のウェブサイトに、新幹線の予想通過時間が掲載されていますので、事前に調べてから訪れることをお勧めします。
https://www.town.imabetsu.lg.jp/news/kankou/2017-1219-1714-9.html
https://www.town.imabetsu.lg.jp/news/kankou/files/jikoku.pdf
青函トンネル入口下り列車通過予想時刻

青函トンネル入口上り列車通過予想時刻






DSC_0001
広場には売店もありました。

DSC_0002
広場の案内図。

DSC_0003
トンネル神社もありました。

DSC_0004
展望台のほうへ移動してみます。

DSC_0005
展望広場へ上がってみました。

DSC_0006
展望台が設置されています。

DSC_0007
展望広場は、線路とほぼ同じ高さにあるので、真横を列車が通過する感覚です。
これは迫力がありそうです。

DSC_0008
トンネル入口。
「青函隧道」の字は、開通時の中曽根首相によるものだそうです。

DSC_0009
下りはやぶさ95号が通過(9:23ごろ)

DSC_0010
この列車は仙台始発ですが、車両はJR北海道所属のH5系ですね。

DSC_0011
青函トンネルへと突入していきます。

DSC_0012
一瞬で通り過ぎてしまいます。


【後編】
竜飛からの帰りにも、レンタカー返却までの時間に余裕があったので、広場へ立ち寄ってみました。

DSC_0332
トイレも完備しており、安心です。

DSC_0340
展望広場にも新幹線の通過予想時間が掲示してあります。
ただし、臨時列車と貨物列車の時刻はありません。

DSC_0349
展望台に上がって列車を狙うことにします。
13:32ごろ通過の、上り「はやぶさ22号」を狙います。

DSC_0357
時間が近付くと、ゴォーという音が次第に強くなり、列車が見えてきました。

DSC_0368

DSC_0377
こちらも通過は一瞬です。
ただ、貨物列車との併用区間はスピードが最大160km/hに制限されているので、落ち着いて撮影は可能です。

DSC_0387
貨物列車用の狭軌との三線軌条になっています。

DSC_0408
この近さで新幹線を撮れるのは貴重かも。

DSC_0410
案外、楽しめました。
多客期の臨時列車が運転されている時期に来れば、もっと楽しめると思いました。
本当は貨物列車も撮りたかったのですが、ダイヤを調べずに来てしまい、後悔しました。また今度来る機会があれば狙いたいと思います。

schulze at 23:33│Comments(0) 鉄道・交通・乗りもの | 写真

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【画像大量】新幹線の秘境駅(?)奥津軽いまべつ駅訪問記【画像大量】青函トンネル記念館訪問記