ドナルド・ノーマンさんといえば、『誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論』の本で有名です。

同じくノーマンさんの著作である『未来のモノのデザイン』は昔買っていたのにまだ読んでいませんでした。パラパラとめくっていると、「デザインの科学」という節があることを知りました。以下に部分的ですが、引用したいと思います。
-----
今日、デザインは一つの芸術様式や技能として教えられたり、実践されたりしている。実験で検証され、新しいデザインアプローチを引き出すために使えるような、既知の原理に基づく科学としてではない。多くのデザイン学校は今日、メンター方式や徒弟方式で教えている。生徒や、専門家になりたての人は、作業室やスタジオで、指導者やメンターが目を光らす中で技能を練習するのである。これは技能を学ぶのには素晴らしい方法だが、科学を学ぶやり方ではない。
-----
ここでは二つのことを書いているように思えました。一つは、デザイン自体の理解のやり方です。もう一つは、理解されたことのデザイナとしての学び方です。

続きの文はこうなっています。
-----
今や、デザインの科学の時代だ。なんといっても我々は、社会学と芸術、工学、経営学など、関連する多くの分野からデザインに関するたくさんのことを知っている。今日まで、技術者たちは、デザインの中の機械的、数学的側面を最適化するために公式的方法やアルゴリズムを適用しようと試みてきたが、社会的側面や美的側面をないがしろにしがちだった。一方芸術側は、体系化に対して、それはデザインの創造的な心を損なうとして、強く抵抗している。しかし、我々が知的機械のデザインへと向かうとき、厳密さが間違いなく本質的なのである。だがそれは、技術者の冷徹で客観的な厳密さではありえない。なぜならば、それが焦点を当てているのは測定できるものに対してだけであって、本質的で重要なものに対してではないからである。我々は、経営学と工学の緻密さや厳密さ、社会的インタラクションへの理解、芸術の審美性を結びつける新しいアプローチを必要としている。

-----

他にもいくつか参考になるものを紹介しておきます。

ハーバート・サイモンさんの『システムの科学』という本には、「デザインの科学」という章があります。

論文としては、2008年の"The Sciences of Design: Observations on an Emerging Field"が私の知る限り、一番新しい内容に思えます。

またデザインの研究という視点では、2008年の"Design research: a revolution-waiting-to-happen"という論文を参考にすることが多いです。

ところで、「デザインの科学(science of design)」という言葉も説明が難しいかもしれません。たとえば、次の言葉は「デザインの科学」と同じ意味でしょうか?
・デザイン科学(design science)
・科学的デザイン(Scientific Design)
Designerly Ways of Knowing』という本では、この辺りのことを議論している章があります。