7ee94c20.jpg

雷が落ちるだけじゃなく、時には、上に上がるものだって知ってました?雷雲から上空に放たれた落雷というよりは昇雷?は、地上から約90kmの電離層まで達するそうです。そして、上空の空気は地表の空気より薄いため、上空に放たれた雷は、通常の雷よりゆっくりと上がっていくのだそうです。

 

この現象自体は、2001年から知られていたそうなのですが、なかなか観察するのが難しいらしく、その詳細は謎につつまれていました。それが、今回の論文の著者たちは、幸運にも2008年7月21日にアメリカ・ノースカロライナ州沿岸に発生した台風によってもたらされた雷雲から、上空に放たれた昇雷を見事観測することに成功したのです。そして同時に測定されたそのエネルギーは、通常の落雷の最大規模のものに匹敵するくらい大きなものだったそうです。

 

この結果から、雷というのは、雷雲から下ばかりでなく上にも、恐らく均等に放たれているものなのかもしれないということのようです。このエネルギーを何とか有効利用できないものでしょうかねぇ?

 

後記:先週の日曜日にスウェーデンからの輸入家具で有名なIKEAに行ってきました。何の予備知識もなかった私は、何の疑問も抱かずレジから中に入ってしまったのです。最初の大きな倉庫のような所では、あまり気づかなかったのですが、そのまま奥に進むと、どうも自分だけ人の流れと逆行していることに気づきました。知らなかったぁ。IKEAでは、一方通行の順路に沿ってショッピングするのだということを。でもこれって初めての人にはわかりやすいのかもしれませんが、何回も来てて、どこに何があるのか知っている人にとっては、途中で近道してすぐレジに行けないこのシステムは不便じゃないんでしょうかねぇ。もうあの人ごみの中を、最初から最後まで歩く気力はありません・・・