赤ちゃんが言葉を覚えていく・・・

これって凄い事だと思う。本能というか、何というか。
自発的にコミュニケーションを取ろうとする‘力’みたいのを感じるよ

izuizu

クーイング

2~3か月頃になると「クーイング」が始まる。
この頃の赤ちゃんの喉は喉頭が高い位置にあり、口から音が抜けていきません。
大人が表現すると口を閉じて喋っているような状態(?)かな・・・ちょっと違うような気もするが。
「coo」や「uuu」が発音しやすいと思う。

喉の発達は喉頭が下がってくる事に伴い、口から発声出来るようになり劇的に変化していきます。

喃語

「あー」「うー」という母音の喃語が出始め
次第に口を閉じる事と組み合わせた子音が混じってくるのです。

で、うちの娘が今何処かというと
この‘子音’真っ最中!!

毎日「パパ」「パァ~パ」と言いまくっています。
父親にとってはただのご褒美期間なのだ。

わかってる

わかってるんだけど

和泉「パァ~パ」

私「何? 呼んだ?」

と聞き返すのが日課になっています。
だって、どうせそのうち「くさい」とか覚えるんでしょ。。。

和泉は今子音の「P」や「G」「B」が多い。
一般的に離乳食が始まると頬の筋肉や舌の筋肉が発達すると言われているが
周りに離乳食なしの完母で2歳くらいまで育てた子が居ないのでちょっと謎
パッと見離乳食を食べている時よりもおっぱいを吸っている時の方が口周りの筋肉を使っている気がする。

この子音の種類がこの先増えていき基準となる単語に繋がっていくのだ。

小春の時はどうだったか・・・
一番最初の言葉とか
どんな感じで喋るようになったとか

ごめん、全然覚えてないや

あぁ大きくなったら小春に怒られそう。