Eテレの「おかあさんといっしょ」を観ている


logo_okaasantoissho_theme

小春が1歳頃の時に興味を示してそれから3年ずっと小春と一緒に観ているわけだが
大人と子どもの観方の違いを感じている

私は小さい頃、歌のお兄さんと歌のお姉さんがどんな顔だったか覚えていない
「にこにこぷん」の印象はあるがお兄さんお姉さんは全然だ
じゃじゃまる・ピッコロ・ポロリはたぶん永遠に忘れないんじゃないかな

私は夕方派だった
通っていた保育園では夕方になるとホールで「おかあさんといっしょ」をつけてくれたのだ
今ではそんな保育園無いんじゃないかな~「テレビに保育させるなんて!」みたいなクレーム上がりそう(;´∀`)

でもあの頃の私にとっては先生よりおもちゃより「おかあさんといっしょ」だったのだ
本当に毎日、欠かさず観て、楽しんで、真似をして
凄くお世話になったのに、お兄さんお姉さんに関しては全く覚えていない

調べてみると
坂田おさむさん
神崎ゆうこさん
の2人だそうな・・・
120043606
うーん・・・
やっぱり覚えていない

大人になると


でも大人になった今、娘と一緒に「おかあさんといっしょ」を観ていると
去年はたくみお姉さんの卒業に、
今年はだいすけお兄さんの卒業に胸を熱くし
ちょっと‘ロス’みたいになったりしている

「あぁ、替わってしまった・・・」
と少し悲しい気持ちで小春を見ると「ねぇみてみて!新しい歌のお兄さんだよ!」と

いつもと変わらないテンションで観ているのだ

そっか、あの頃の私も同じだったのかもしれない

大人になっていろいろ経験をして
変わっていく事に対して凄く臆病になっている

「現状維持 現状維持」

呪文のように頭の中を巡ってるこれは
子どもの頃はなかったんだろうな

子どもに気付かされる
今に満足しちゃだめだ