和泉(二女)の歯が生え始めた
まだ歯磨きをするほどではないが一応歯ブラシだけは用意しました
IMG_2208[1]

小春の時もこのタイプから始まった

【生え始め専用の歯ブラシ】
・喉付き防止のプレートが付いている
・毛先が柔らかく、歯ぐきに触れる事を想定して作ってある
・ヘッドが大きい

歯磨きにおけるこの時期って「練習の為の練習」って感じ
磨いている方も出来ているのかよく分からず

「ん~よく分かんないけど、おしまい!」

と必要性について半信半疑
ここから前歯4本揃うまではこの感じが続きます

【前歯用歯ブラシ】
・ヘッドが前の物より小さい
・前歯の間に詰まった汚れを落とせるように毛先は細くなっている

市販のものはこの段階でシリコン製と合成繊維に分かれます
シリコン製は歯ぐきに触れる事を大前提で作られているので汚れを落とす能力は低めです
合成繊維は各社で製造技術が変わるのでお家の好みが出るのかな

この頃、仕上げ用歯ブラシも併用して使っていました
ヘッドが凄く小さいやつ
妻はしっかりそれで仕上げていましたが、私は子どもが使ってる歯ブラシで仕上げすることもしばしば

【子ども用歯ブラシ(奥歯が生えた頃用)】
・ヘッドがさらに小さい
・子どもが自分で磨けるようにかわいいデザインのものが多い
・合成繊維

ただ遺体の目安は12カ月頃なんだけど、他の発達と一緒で
個性があるからその子自身の生え具合に合わせて歯ブラシを変えていけばいいと思う

歯ブラシ選び

最初はネットで調べたりして材質なんかを大切にしてたんだけど
使い始めて気づく

〈口に入れない!〉
〈持とうともしない!〉

あ~子どもって単純
小春(長女)を薬局に連れて行ってどれが良いか選ばせたら自ら「歯磨き♪歯磨き♪」と
するようになった

小春が今使っているのはプリキュアの歯ブラシ
1000111902_1
柄のところに好きなシールが張れるやつ
歯ブラシ3本に対してシールが4つ!
残りの1枚は各家庭で行き場が違うんだろうけど、うちの場合最初に使う1本に4つのシールを張ったので
そもそものスタートが違う・・・ね。