Saturday Champion's League 「ここに注目!」

草野球チームの「交流」と「真剣勝負」を両立した草野球リーグSCL。 「ここに注目!」では注目の対戦や注目の選手をピックアップし紹介。 草野球リーグSCLの熱い戦いが…男と男の真っ向勝負がここにある!!

【CT1回戦】レッドスピリッツ vs 肉骨茶

これまで何度も述べてきたいる通り、SCLの醍醐味って何か?と問われればやはり”交流”。知らないチーム同士がネット上でのやり取りだけで対戦を進めていく草野球リーグは数多くあれど、ここまで”交流”を全面に打ち出しているリーグは数少ない。代表同士、選手同士、チーム同士、そこには友情も生まれれば遺恨も生まれる。グランドに行けばより楽しさが増し、何よりも”負けたくない”という思いが強くなる。

SCLの中でチャンピオンズトーナメントは聖域。ドーム大会もない、雑誌取材もない、そこにあるのは知ってる奴らに負けたくないという強いプライドだけ。このプライドを守るために32チームが頂点を目指している。今週行われる肉骨茶とレッドスピリッツのCT一回戦はまさに”交流のSCL”を物語る一戦と言えるだろう。日頃より仲のいい関口代表と光田代表。交流戦や助っ人のやり取り等で発生するチーム同士の交流。交流の機会が多くなればなるほど、顔で笑って心はドキドキ、お互い絶対に負けたくない一戦。

2年連続のCT進出となるレッドスピリッツ。かつて低迷が続いたレッドスピリッツにとってのCTは夢舞台。昨年に続く進出となった今季は更なる躍進を狙う。今季は最終的にはWCでのCT進出となったが、成績は4勝2敗と十分な結果を伴っている。序盤に1勝2敗と黒星先行となるも、ここから怒濤の3連勝で巻き返し、勝負強さを見せつけた。

エース小林投手の出席減少により、投手陣は中村投手、星野投手がその穴をカバー。中村投手に関しては2勝をあげ防御率1.62と安定を見せ、今節でも先発が予想される。そして、この若いエースをベテラン攻撃陣がサポートする。打率.667と絶好調を誇る須貝選手をはじめ、上内、伊藤、椎名選手が3割をキープ。さらに若大将・風間選手が加わり、厚みのある攻撃を展開する。新旧のバランスが見事に噛み合った今年こそがレッドスピリッツに取って最大の勝負所。チーム一丸で盟友撃破に燃える。

一方の肉。5年連続でのCT進出となる。もはやこの舞台に立つことは彼等に取って日常。今季は2010年に残した最高成績ベスト4以上へのチャレンジとなる。猛打が特徴の彼等。予選もしっかりと打ち勝ってきた。木村選手の.538を始め古川、村田、板倉、相原選手ら主力がことごとく3割以上のアベレージを残す。予選での得点率6.81は全32チーム中4位。この攻撃力がある限り、肉骨茶の今の強豪としての立ち位置は不動の物と言えるだろう。

投手陣に目を向けると、今季より満を持してマウンドに立った相原投手の奮闘が目立つ。5試合に投げて4勝1敗とチームを牽引した。そしてもう一つ特徴的なのが、SCLレジェンド、木村投手のストッパー転身。ここまで4試合を投げて自責点0の3セーブ。投手の実力は如何にマウンドに多く立ったかという経験によるところが大きい。久々のマウンドでロングイニングの経験に乏しい相原投手のサポート役としてこれほど頼もしい存在はいない。この2人の黄金リレーで頂点を目指す。

さて試合展開だが、関口代表は「相原の速球は打てない」述べ、さらには「中村の球速は肉レベル強打線は大好物」とも(居酒屋での盗み聞き)。このコメントやこれまでの実績を考えれば肉の有利。レッドスピリッツが勝機を作るとすれば椎名監督がコツコツと積み上げてきたスモールベースボールで風穴を空けたい。レッドスピリッツと幾度も対戦させて頂いている筆者も、近年のレッドスピリッツの1点を取るためのひたむきなプレースタイルは、数年前との大きな違いを感じる部分。活動量が幾分低下している肉に風穴を空けるには絶好の戦略とも言える。

仲が良ければ良いほど、負けたくない気持ちは強いもの。そして勝った時の相手の落ち込みも理解できれば、負けた時に素直に相手をたたえることが出来る。SCLを象徴するような、交流の先にある清々しいガチンコ勝負を期待したい。


(筆者 マサ”アップ遅くなって本当に本当にごめんなさい”ルゴ)

Trackback

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【2015年SCL参加草野球チーム】

スタンダーズ
BUILDINGS
選手会ソルジャーズ
ダークス
SLASH
BY-KINGS
モリソンズ
レッドスター09
肉骨茶
BLUES
ブルーサンダース
MIX
レッドスピリッツ
アロハ
ドンマイ・ロックス
TWINS
成城ソネッツ
Whitetails
SMSタイフーン
風船会FARAWAYS
エースハンターズ
学研野球部
Raugh
KRB SATURN
横浜ゴーヘッズ
金太郎ベースボールクラブ
CLUTCH
ライオン野球部
玉ノ井ダリーズ
湾岸サムライズ
getters
SCOTTIES

※リンク切れ等ございましたら【草野球リーグSCL 「ここ注担当」】までお知らせ下さい。
livedoor プロフィール
最新記事
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
Saturday Champion's League 「ここに注目!」