灰色日記

3年で企業を辞めました。それでも忍耐力が無いと言いますか?求職中です。お話できる方募集しています。

給料が下がらないと言う絶望感

給与制度が変更された。

「今までの制度は明確ではなかったので・・・」
「現状に合わせて新しい制度に置き換えるので、下がることあありません」

それって同じこと。

また明日になって、キャリアプランだのライフプランだの打ち合わせと言う名のめんどくさい面接があるのですが、もう最近はどうでもいいので率直に言おうかと思います。

昇進、昇格、出世。給料が上がることが人生のライフステージのように言われてきた時代は久しいけど、今日のように日経平均が暴騰する。短期的情報のみで大きく揺れ動く。デイトレはしないにしろ、それなりに情報を得て、学習すれば多くは無くても収入は稼げるようになってきました。

それが仕事に直結する情報であればあるほどに正確性が高まって正しい判断ができるので、あくまでトレーディング単独のみで稼ぎきると言うことは難しいと思います。あくまで社会性と進展性を会社と言う場所でなく、広義な目で見て判断することの大切さはあると思うので、仕事と言うものは仕事としてやってかなくてはならない。それは今感じることです。

で、趣旨がずれてしまいましたが、評価制度の話題。

安定したサラリーマンであるので、上がろうと下がろうと自分の生活と人生には影響しないと言うのが大きいわけでして、むしろ時間給として増やして頂けるなら、休みを増やして頂きたい。

肉体仕事から頭脳労働へ。そんな転換をこの一年でしてきたわけですが、正直慣れと言うものは必ずあるので、一度できてしまったものに関しては、考えた上で作っているので変えづらい。と言うより代え難い。それが慢心となるので、一度考えて仕事してしまうと、新しいものに対して再び仕事をしない限り、工程は変えられなくなってしまいます。

年配の人の仕事。ものすごく変えづらいし、労力もいる。それが何よりめんどくさいので、経験と年数は大切だと感じても固執して欲しくないと思います。

新しいことに挑戦的な上司。そういう方がたくさん上にいる会社はきっと良い会社と言えるでしょう。

隣の世界と転職と

最近、社内認定の資格が増えました。それに伴い給料が上がったと言うと全く上がりません。むしろ3年働いてしまったがために住宅の手当てが落ちる。以前ほどの貧窮は感じていないけど、多いかと言えば決して多いとは言えないし、生活できるから少なすぎると言うことも無い。とりあえずの生活と安定は保証されています。

無責任、他人任せ。会社員として働いて当たり前のように感じ、当たり前すぎてどこでも変わらないものと認識し、社会への希望や夢と言うものも無くなり、好きって何だろうなんてことを少しだけ悩みます。

転職が当たり前になり、多くの人が努力をしなくなった。大学と言うものが当たり前になり、出ていれば学歴のみを問い、職業概念はその後で身につく。

働く前の世界。働いてみてからの世界。たくさんにあり、選択の正しさなんて理解できないだろうけど、隣が良く見えてしまうのは知らないからであり、現実での友人や社会性があれば広がるのかどうかは結局分かっていません。

定年まで働くのが当たり前のようになっているけど、30年同じ企業で働き続けられる人は1割2割もいませんと言う事実は世の中でどのように捕らえられているのだろうか。

多くの人が10年20年と経って、会社と言う場所を辞めていく。

その先にあるもの。家庭、家族。少なくとも辞めた後での再会社員は悲惨だと言う事実は今見ていても変わらない。30代40代の再就職。本気で難しいと今更ながらに感じます。

神戸製鋼と社会の歪

2日続けての大幅安、買おうか買わないか迷っています。

今日も先輩は生活残業、やりましょうか?と言う前に勝手に席外して残業しようとしているし、段取りをして、早く終わらせてあげても無駄だと感じたので、最近は放置です。

お金の話って誰もが好きだと思うし、儲かる話をすれば羨ましいような顔をするけど、お金を稼ぐっていうことはリスクであるし、リスクであるからこそどう感じるかが大切なわけです。お金ですべてが解決するわけでないけど、世の中お金で解決できることは多いし、個人として自動車、住宅を投資と考えられない人間って・・・

お金目的で働く、働かざる得ないって悲しいことです。

代価材料なんてありません。神戸製鋼の材料は神戸製鋼の材料ですし、強度改ざんというなら、どの部分を改ざんしていたのか知りたいところ。

あくまで仕事として今は材料技術者として働いています。アルミと一口に言いますが、鋼材と同じだけの種類があって、製造工程によって性質も変わってきます。要求強度はメーカー設計の責任であると思うし、それに対して適切に選べなければ技術者としての腕と能力の無さを恥じるべきかと。

日本の技術だとか品質だとか、楽しい話題が盛りだくさん。

しばらくはウキウキしながら過ごせます。

livedoor プロフィール

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ