灰色日記

3年で企業を辞めました。それでも忍耐力が無いと言いますか?求職中です。お話できる方募集しています。

人間関係の無理と無駄。

あと数日で元上司が異動する。世界が変わるかと言えば変わらない。


びっくりするようだけど、権力におぼれた人は権力から逃れることができない。同じようにお金に囚われている人はいつまでもお金に囚われ続ける。

権力を失った上司は未だに権力に固執する。無くなるものに対して執着を切れないままに、職長である今の期間は権力を行使し、自分の仕事と収入とをかさ増しする。情けないと言うか、そこまでして出世したかったのかとみじめにさえ思う。

悲しくもお金も権力も平等。誰もが同じように持ち、同じようにそれを行使できる。持てば持つほどに可能性は増え、それと同時に自己欲求も満たされる。無くなることも同じ、誰もが平等にそれを失う。そこに対して優越を比較すること時代が無意味だ。


勝負するなら時間を有効に使わないと。時間だけは公平。誰もが平等に与えられて、おなじ様に価値を持つ。持てる人も持てない人も存在しない。だから競争するならお金の使い方なんて競争せずに、時間の使い方競いましょうよ。

その方がよっぽど人生楽しめます。

池袋セントラルホテルで空を見上げて。

目指していた大会を終えた。体中のあちこちが痛くて、翌日はほぼ動けないくらいに消耗した。それだけ頑張っても、だれも抱きしめてくれなかったし、外にいる人間として自分の中の努力を否定しようとする。だから僕は夜の優しさを求める。

帰りの中で見つめる携帯電話。ひたすらに隠されてしまう情交の世界。汚らわしいモノ。欲望。不純。見つめる先の出勤予定を重ねていると、それは単純に消耗されたぼろ雑巾のようにしか見えなってしまう。終わればまた次がある。待ち時間と自分の予定と。そうであるなら少しでも彼女を休ませたい。そうであるから時々夜の女の子は自分がドキドキするような優しさを見せることがある。でも、それはあくまで自分を守るためなんでないだろうか。

帰りのバスの中でそんなことを思いながら携帯電話を見つめている。そして時々中村というアカウントを思い出す。そうしておもむろにもそれっぽい人をフォローなんてしてみる。

「お会いできる人いませんか?」

そう書かれたツイッターの最新を眺めて、冗談でもいくつかフォローしてみた結果、なぜか数人から返事が返ってきた。適当に「条件下さい」と簡約に問えば2万円と帰ってくる。高くもないし、安くも無いし、どうでもないから「良いですよ」とだけ返事をして、待ち合わせ場所で待機する。

時間になって連絡すると「遅れます」その言葉に安心して、適当に小説を読んで待っていたのだけど、どうやら冷やかしでもなんでも無くて、相手は自分のことを探していた様子。声をかけられるまでいくつかメッセージが届いていました。

「ひまりです」彼女はそう語ったけど、ツイッターで見る画像と今自分の前にいる彼女は違ったけど、綺麗な人だった。「行きましょうか」短い言葉と「ホテル知りませんのでお願いします」とだけ伝えて、彼女の横を歩いた。

入ってお金を渡す。その先なんてどうでも良かったし、ただ癒されたくて、シャワーを浴びたあと、僕はうつぶせでベットに横たわっていた。

「うつぶせの人初めて見た」

彼女はそう笑ったけど、「マッサージして欲しい」の言葉はしまっておいて、仰向けになれば彼女は慣れた手つきで、自分のそれを自分の中で受け入れていく。わざとらしい演技も演技だと分かるくらいに彼女の中は乾いていて、どうしようもない位に頑張っている彼女に対して、「そんなことしなくていいよ」と言えるはずも無く、ただ彼女の体を抱きとめて、力の限りの誠意を伝える。

その後はすることも無かった。お互いの恥ずかしい場所。それが少し前のことになると、今いる姿が普通のような気がして、なんとなくでも話は弾んだような気がする。

「次あるの?」そそくさと帰り支度をする彼女に聞いてみると「探さなきゃね」なんて言う。

「チップ頂戴」の冗談に1000円だけを手渡す。

「どうするの?」の質問に2回戦とは言わず、「ゆっくりしていくよ」と伝える。

香りも残さないままに、去っっていったベットの上でもう一回を済ませる。

部屋は簡素で清潔だった。イメージするラブホテルのような仕掛けがあるわけも無く、テレビからは今日のニュースが流れている。

あくまでセックスはお互いの意識を確認するための道具でしかないように思う。してほしいこと、やりたいこと、正解なんてあるようでないのだと思うし、それは人によってさまざまに変化していく。抱きしめた時の自分の感情、欲求。

人の関係って難しい。



新しい世界へ。

辛い時支えてくれる人って誰だろうかとふと思う。

働き出してからもうすぐ10年。正社員のみが社会人だとすると7年。最初の会社は3年で辞めて、1年ほど無職をして、そのあとの会社だって1年も続かなかった。そして今の会社。もうすぐ3年が経とうとしている。給料が上がったかと言えばそれほど上がっていないし、そうかと言って全く上げててもらえなかったかと言えばそうでもない。住宅手当が切れて生活が変わってしまうかと言うとそうでもない。もうしばらく働こうと思う。

そう言えば、パワハラクズだった元上司が移動することとなった。役職も無くなる、部下もいなくなる。給与は?変わらないだろうね。いつまでもクズはクズなのだから。

人のことを気にしていても何にもならないんてことは良く思う。パワハラ上司から左遷されて、子分であるクズな先輩から仕事を丸投げされ、それでも今はそれなりに完ぺきにこなし、クズの先輩の4分の1ほどの労力で仕事をこなしている。人間関係で悩むなんて本当に無用なことだ。

ここに書いたかどうか分からないけど、今僕は週末のトライアスロンに向けて努力をしている。仕事とは関係ないとかいうし、決してお金になんてならない。だけど、そうやって一つのことに打ち込めば必然的に周りだって黙ってみてはいられなくなる。元上司だって同じであって弾いた人間だとしても無視はできない。どうであれ行動が人を動かす。

なんだってすぐに解決することなんて決して無い。積み重ねた成果が表に出るのであれば、それが本来のその人となりだと僕は思う。

イケメンは飾れない。だけど収入や体面は誤魔化せる。

ゴミ上司なんてどうでもいい。今は違う場所にいるから、あなたがしたこと感じて下さいとしか思わない。

livedoor プロフィール

Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ